• トップページ
  • Topics & News
  • 【函館新馬戦】チギリ 親子&師弟の契りでVロード切り開く!鹿戸師は“藤沢和雄流”驚異の好成績

2024.06.11

スポニチアネックス

【函館新馬戦】チギリ 親子&師弟の契りでVロード切り開く!鹿戸師は“藤沢和雄流”驚異の好成績

 2025年へVロードを切り開くのは親子の契り、師弟の契りだ。新馬戦で驚異的な成績を挙げる鹿戸雄一師(62)が2歳世代の先陣を切ってチギリ(牝)を15日の函館5R新馬戦(芝1200メートル、牝馬限定)に出走させる。スプリンターズS連覇を遂げた父レッドファルクス譲りのフットワークで前評判も上々。師と仰ぐ藤沢和雄元調教師直伝のスタンスで初陣に臨む。

「新馬の鹿戸厩舎」の先陣を切って土曜函館の新馬戦に出走するチギリ

 切っても切れない親子の縁を「親子の契り」という。父レッドファルクスを想起させる大きなストライドで加速する芦毛のチギリ。その毛色(父も2歳時はチャコールグレー)も同じなら、シャドーロールを着けたりりしい顔つきにも父の面影が重なる。「稽古ではいい動きをしている。跳びが大きい分1200メートルは少し忙しいかもしれないが、スピードがあるし、素直で真面目な気性。距離の融通も利くはず」と鹿戸師は言う。

 22年セレクトセール当歳セリで1210万円(税込み)で落札。「体が凄く小さかったから高値は付かなかったが、バランスがとれて雰囲気のいい馬だった。今は馬体重450キロぐらいありますよ。初戦から動けるだけの体力もついている」と続けた。

 「新馬の鹿戸」と呼ばれるほどデビュー戦に強い。現管理馬の新馬成績は47戦16勝2着10回で勝率・340。師匠の藤沢和雄元調教師は03~04年に新馬8戦8勝の記録を残したが、愛弟子も驚異的な数字を挙げている。体力がついてくるまでせかさずにデビューを待つ藤沢流を踏襲しているからだろう。ゲート試験に合格してもすぐにデビューさせず、再放牧で成長を促してからトレセンに戻し、入念に調教を重ねて初陣に臨むのが師匠のスタイル。「チギリもゲート試験に受かった後、2本時計を出して、再び山元トレセン(宮城県)へ戻してやり直した」(鹿戸師)という。先月初旬に美浦再入厩後は1カ月調教を積んで今月5日に函館へ移動。「一番元気がいい時にレースを迎えられるように…藤沢先生にそう教わってきましたから」

 父レッドファルクスの近親にはスティンガー、サイレントハピネスなど旧藤沢和厩舎のオープン馬が名を連ねる。「サラブレッドは一にも二にも血統だから優れた血統を次の世代につなげていくのが調教師の本分」とは師匠の名言。「僕も藤沢先生から何度も聞かされた。師匠の教えを守っていきたい」と鹿戸師は言う。血で走るサラブレッド。チギリを走らせるのが「親子の契り」なら、その血統を次代へ継承するのは「師弟の契り」である。

 ≪母系も優秀 祖母はオークス馬の姉≫チギリは母系の血統も優秀だ。母ナチュラルスタンスは15年毎日杯を勝ったミュゼエイリアンの半姉。祖母エールスタンスは11年オークス馬エリンコートの半姉。父、母系とも3代前にサンデーサイレンスが入っている。

 ≪鹿戸厩舎 夏福島&新潟にも有力2歳馬≫鹿戸厩舎は夏の福島、新潟にも有力2歳馬をデビューさせる。マックスキュー(牡、父サートゥルナーリア)は7月13日の福島新馬(芝1800メートル)、エリーナストーム(牝、父サトノアラジン)は同14日の福島新馬(芝1800メートル、牝馬限定)へ。エルムラント(牡、父フィエールマン)は新潟デビュー(日程未定)を目指している。