インフォメーション

インフォメーション

  • 19.08.19 オリオンムーン18 満口御礼 多数のお申込ありがとうございます。先着順での受付につき、申込フォームより送信が完了して自動返信メールを受け取っていてもご出資いただけない場合がございます。申し訳ございませんが、満口到達後にお申込いただいた方へは、その旨をメールにてご連絡をさせていただきます。
    ※ご新規で予約のお客様はお早めに書類の送付をお願いいたします。

     

  • 19.08.15 更新情報 2歳馬の近況を更新しました。

    2019 募集馬所在地(2019.8.15現在)
    ※2019年産1歳馬の現所在地を更新しました。
    ※2019年産1歳馬の近況更新は8月末からとなります。
    ※2019年産1歳馬の見学は10月1日(火)からとなります。

     

  • 19.08.08 7月ご入会の新規のお客様 7月にご入会いただいた新規のお客様の計算書及び会員証は8月8日(木)までに発送を完了いたしました(簡易書留にて送付)。計算書が届きましたら出資内容をご確認いただき、ご不明な点がございましたらクラブまでお問い合わせください。

    ※既存会員様の7月通常募集分の計算書は8月発送の請求書に同封させていただきます。
    ※8月分のお申込みにつきましては、既存新規会員様いずれも、8月9日(金)より順次発送いたします。

     

コラム

コラム

チーム・オブライエン

アイルランドを拠点に、世界中でG1レースを勝ちまくっている
エイダン・オブライエン調教師ですが、勝利に対する貪欲さを
これほど燃やすトレーナーは広い世界でも第一人者でしょう。
クラシックなど最重要レースは、ほとんどの場合が多頭出しで
臨み、チームプレー戦略を駆使しペースメーカーが流れを創り
後続勢も各々のポジションでレースを支配しようと試みます。
有名なのは16年の凱旋門賞にファウンド、ハイランドリール、
オーダーオブセントジョージのガリレオ勢3騎がチャレンジ!
好位を占めると交互に馬群を引っ張るようにレースを支配して
ガリレオには不向きと思われた良馬場のレコード決着でしたが
最後は底力の違いを見せて1-2-3フィニッシュを決めました。
当時からチームワークの勝利と大きな話題になったものです。

今年の英ダービーには13頭立ての半数を超える7頭がチーム・
オブライエン。どんな流れにも対応できるようにと要所要所に
各馬を位置させて勝負は直線の追い比べに。ペースメーカーが
役目を終わると馬場の中央からサードラゴネットとブルームが
内を粘る他厩舎のマッドムーンに並びかけ、先頭を伺う態勢!
さらに最内に突っ込むアンソニーヴァンダイクが急浮上すると
大外から鋭く強襲するジャパン。どの馬に凱歌が上がるのか?

今年のエプソムは前日のオークスもそうでしたが、内が伸びる
馬場だったようで最内のアンソニーが半馬身抜け出し、さらに
マッドムーンが粘り込んで大外を衝いたジャパンは僅かハナ差
凱旋門賞での武豊騎乗が決まったブルームと、1番人気の良血馬
サードラゴネットが短アタマ+短アタマで続きます。どの馬が
勝っても不思議はない大激戦でした。2着を粘ったマッド以外は
すべてがチーム・オブライエンの調教馬だったのは無論です。

昨夜のヨーク・G1インターナショナルSでもオブライエン師の
チーム戦略が見事に嵌ります。9頭中2頭だけだったのですが、
ロイヤルアスコットでセントジェームズパレスSを勝って来た
サーカスマキシマスが先導役を引き受けます。仮にも、G1馬に
ペースメーカー役を命じるとは、冷徹非情?と言えば良いのか
師の勝利への執念は並大抵でありません。貪欲そのものです。

この執念が乗り移ったかのように急激な成長を遂げているのが
ジャパンです。ダービー3着の20日後にロイヤルアスコットの
G2キングエドワード7世Sでは後方一気に馬群を一飲みにして
4馬身半突き抜ける圧勝!ウェスタンオーストラリアとともに
遠征したパリ大賞は、ウェスタンに先導され好位を進むという
新境地にチャレンジ、あっさり抜け出しG1初勝利を飾ります。
そして昨夜のヨークも、サーカスの刻む心地良いラップに乗り
3番手から競馬を進め、強豪クリスタルオーシャンと長い直線で
激しく叩き合い、ゴール寸前でアタマだけ差し切りました。

これでG1を2連勝、英ダービー馬のアンソニーヴァンダイクや
愛ダービー馬ソヴリンを差し置いて、チーム・オブライエンの
エース格にのし上がりました。次走は凱旋門賞なのでしょうが
絶対女王エネイブルに次ぐ2番人気に支持されるのでしょうね。
しかしエネイブルの強さは半端じゃありません。やはり本来の
持ち味である後方一気の強襲策が唯一の活路かもしれません。
近づくほどに胸の高鳴りを抑えることができませんね。

続きを読む

 

ホーストピックス

ホーストピックス

レッドフレイ、根性発揮で3勝目!

近2走も連続4着と決して悪い成績ではないものの、
デビューからの連勝で見せたポテンシャルを思えば
少々物足りなく感じるところはありました。
それはファンも感じていたのでしょう。
本来の能力さえ発揮できればフレイが一番との見立てから、
これで4戦連続の一番人気の支持を仰ぐこととなりました。

デビュー戦以来のコンビ結成となった北村騎手が選択したのは逃げ。
近2走の結果を受け戦前から頭にあったプランのようです。
最も支持を集めた馬がマイペースの逃げを打ち、
さらに最速上がりを繰り出せば負ける理由は見当たりません。

ただし、実際レースを見ている側とすれば、
直線で一瞬後続に飲み込まれるようなシーンもあって
肝を冷やしたというのが正直なところではあります。
そこから最加速して再び前を捉えるという芸当は
能力があればこそなのですが、騎手のコメントにもある通り、
このあたりの気性面が今後の課題かもしれません。
とはいえ心身ともにまだ未完成の状態で早くも3勝目。
ゆくゆくはOP馬への期待が高まります。
引き続きレッドフレイ号へのご声援よろしくお願いします。

続きを読む

 

今週の出走予定馬

今週の出走予定馬

19.08.24 (土)場所 / Rレース名距離騎手出否
レッドクレオス札幌 / 4R3歳未勝利芝1500C.ルメール確定
レッドアクトレス札幌 / 6R3歳未勝利芝2000荻野極確定
レッドアステル札幌 / 9Rルスツ特別芝1800武豊確定
レッドラウダ新潟 / 10R稲妻S芝1000M.デムーロ確定
レッドシルヴァーナ小倉 / 6R3歳未勝利(牝)ダ1700松山弘平確定
19.08.25 (日)場所 / Rレース名距離騎手出否
レッドルーナ札幌 / 4R3歳未勝利ダ1700岩田康誠確定
レッドフィオナ札幌 / 8R3歳上1勝クラス(牝)芝2000藤田菜七子確定
レッドジェニファー小倉 / 4R3歳未勝利芝1800酒井学確定
レッドムルガン小倉 / 9R鳥栖特別芝2000和田竜二確定

19.08.24 (土)

19.08.25 (日)

このページのトップへ