ニュース

【東京ジャンプS】登録馬 ヒロシゲセブンなど15頭

6月26日(土)、東京競馬場で行われる第23回東京ジャンプステークス(J・GIII、障害3歳上、芝3110m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:15頭】(フルゲート14頭)

スマートアペックス
ヒロシゲセブン
フォイヤーヴェルク
マイネルプロンプト
マイブルーヘブン

スマートボムシェル
グローブシアター
コウユーヌレエフ
キャプテンペリー
トゥルボー

ホッコーメヴィウス
メイショウウチデ
ビッグスモーキー
マイティウェイ

以下、除外対象馬

ザメイダン


 

インフォメーション

インフォメーション

  • 21.06.21 2021 東京サラブレッドクラブ新規1歳馬募集について 日頃はひとかたならぬお引き立てにあずかり、深く感謝申し上げます。
    さて、6月21日より開始予定でございました2021東京サラブレッドクラブ新規1歳馬募集ですが、新サイトリニューアルに伴うシステムの不具合により募集に遅延を生じてしまいました。楽しみにされていた皆様方には大変なご不便とご迷惑をお掛けしましたことお詫び申し上げます。
    つきましては先行募集期間は旧サイトにて1歳馬募集を開始させていただきますこととなりましたことご容赦くださいませ。
    今後はこのような不手際のないよう、万全の体制で取り組んで参る所存ですので、引き続きご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

     

  • 21.06.21 【お詫び】HP切り替えに伴う不具合について HP切り替え後の一時的な不具合についてマイページログイン後のプロフィールにて閲覧されたお客様のものではない情報が表示された事象が確認されました。
    調査の結果、表示された情報はすべて開発用のデモデータであり会員様の個人情報が第三者に閲覧された事実はございません。
    この度はご心配ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

     

  • 21.06.15 新着情報 2歳募集馬の近況を更新しました。
    ※2歳募集馬については、6月30日(水)18時で募集を締め切ります。
    ご出資を希望される方はお電話・メール・書面にて承ります。

     

  • 21.06.11 2021 新規募集スケジュールのご案内 日頃より東京サラブレッドクラブへの変わらぬご声援ご鞭撻を賜り、誠にありがとうございます。会員の皆様と共に更なる高みを目指すべく、本年も東京サラブレッドクラブ1歳馬募集を開始させていただきます。
    この度の新規募集につきましても時代の趨勢を的確に捉え、血統や配合に一切の妥協は許しません。すべてのホースマンの憧れでもあるクラシック制覇の夢を実現のものとするために珠玉の良質馬41頭をラインナップいたしました。
    下記に募集スケジュールをご案内させていただきますのでご参照ください。

    一次募集(先行募集)
    ■ 6月18日(金)カタログ発送予定
    ■ 6月21日(月)WEBカタログ公開(動画公開予定)
    ■ 6月21日(月)12時より受付を開始(先着順ではなく抽選)
    ■ 6月30日(水)12時時点で1000口を超えた募集馬は受付終了(抽選実施)
    ■ 7月01日(木)1000口を超えた募集馬の当落通知メール送信
    ■ 7月06日(火)一次募集の受付終了

    二次募集(通常募集)
    ■ 7月14日(水)12時~18時
    ※先着順での受付となります。正確な申込口数と受付順を把握するため、初日はWEBのみの受付とし、正午12時から18時限定での受付となります。
    ■ 7月15日(木)10時より受付開始
    ※WEBフォーム・電話・書面による先着順にてお受けします。

    人生を少しだけ豊かにしてくれる、そんな希望とロマンに満ち溢れたもうひとつのサラブレッドライフを、美しく鮮烈な勝負服、東京サラブレッドクラブを通じて存分にお楽しみ頂ければ幸いです。募集開始まで今しばらくお待ちください。

     

  • 21.06.08 新着レース写真 所属馬レース写真サイト に 【5月30日出走分】 までのレース写真をUPしました。
    ※コロナウィルスの影響により撮影できた馬のみの掲載となります。

     

コラム

コラム

ロイヤルアスコット開幕!

イギリスの短い夏、人々はテニスのウィンブルドン、ゴルフの全英オープン、そして競馬のロイヤルアスコットの訪れを心待ちにしています。今年はロックダウンがまだ全面解禁されない状況の中ですが、明日火曜日から無事にロイヤルアスコットが開幕の運びとなりそうです。エリザベス女王陛下がウィンザー城から馬車で来臨されるのを待って、ゲートが開く第1レースのG1クイーンアンSは、先日発表されたロンジン社のレーティングで125ポンドの世界一にランクされたパレスピアが主役を務めます。素晴らしいスピードと凄まじい瞬発力の持ち主で、今や世界中で売り出し中のキングマンの血統です。この新進血統はアメリカでドメスティックスペンディングがG1を危なげなく3連勝して芝チャンピオンの王座に忍び寄り、日本ではシュネルマイスターがG1NHKマイルCを制覇し、古馬相手の安田記念でも3着とポテンシャルの高さを証明しています。欧米日、世界を制圧しそうな勢いがありますね。
 
今年のロイヤルアスコットは、この世界No.1の実力馬パレスピアに象徴されるように、例年に遜色のない顔ぶれが揃いました。直線1000mの瞬速を競うアスコット名物G1キングススタンドSには、当代きっての韋駄天自慢バターシュが満を侍して登場します。軽微な骨折で今回は休み明けの久々になりますが、アスコットは自分の庭のようにしている馬で、差のつき難い1000mレースでも、ゴール前で2馬身、3馬身以上も軽々と突き放す瞬発力は、何度見ても惚れ惚れさせられます。ここはバターシュにとって、先ごろ亡くなった欧州屈指のオーナーブリーダーだったハムダン殿下の弔い合戦になります。天国のオーナーに、昨年に続いてロイヤルアスコット連覇の吉報を届けてくれることでしょう。
 
5日間、1日7レースのすべてが選りすぐり、かつロイヤル競馬出走に誇りをかけるサラブレッドばかりで、見逃せない好一番の連続ですが、2日目には凱旋門賞候補の先頭を争う女傑ラヴが、G1プリンスオブウェールズSで今季のスタートを切ります。昨年の英オークスを9馬身差で圧勝した馬です。今年のオークスを16馬身差でブッチギったディープインパクト産駒のスノーフォールも強烈でしたが、ラヴが力通りの結果を生みやすい良馬場、スノーが着差のつきやすい道悪だったことなどから、パフォーマンスの質としては両者にほとんど差はないと思います。ラヴの走りも楽しみでなりません。
 
3日目に行われるエリザベス女王お気に入りの大一番、距離4000mのG1ゴールドCはステイヤー無双を誇るストラディヴァリウスが4連覇の偉業に挑戦します。4連覇は既に、名門エイダン・オブライエン厩舎のイェーツが達成していますが、オブライエン師は偉大なストラディヴァリウスに敬意を表して有力馬を緊急招集、愛ダービー馬サンティアゴ、英ダービー馬サーペンタイン、未勝利の身で英ダービー3着に奮闘したアーランナヴィーアンで分厚い包囲網を敷いてきます。これも見逃せません。 明日から5日間、ロイヤルアスコットの醍醐味を堪能させてもらいます。

続きを読む

 

今週の出走予定馬

今週の出走予定馬

21.06.26 (土)場所 / Rレース名距離騎手出否
ルージュフェリーク東京 / 7R1勝クラスダ2100武藤雅
ルージュアドラブル東京 / 12R1勝クラス芝1600戸崎圭太
レッドバロッサ阪神 / 1R2歳未勝利芝1600未定
レッドザグロス阪神 / 6R3歳未勝利芝2000西村淳也
ルージュパルファン札幌 / 4R3歳未勝利芝1500秋山稔樹
レッドソルダード札幌 / 8R1勝クラスダ1700横山武史
21.06.27 (日)場所 / Rレース名距離騎手出否
レッドベレーザ東京 / 9R八ヶ岳特別芝1800未定
レッドヴァイス阪神 / 4R3歳未勝利ダ2000岩田望来
レッドベルアーム阪神 / 5R2歳新馬芝1800福永祐一
レッドカムイ阪神 / 7R1勝クラス芝2200武豊
レッドアダン札幌 / 9R1勝クラス芝1500未定

21.06.26 (土)

21.06.27 (日)

このページのトップへ