近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドヴェイロン牡5歳 石坂正厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2020.09.18 : ノーザンファーム早来
週1回は坂路2本16-15、週2回は周回コース2700~3600mのハッキングから坂路1本15-16、週3回は周回コース2700mのハッキングといったメニュー構成で調整を進めています。馬体重は522キロ。乗り込みを進めてきましたが脚元は安定しており、体調面・精神面ともいい意味で変わらず良好なコンディションで乗り進めることができています。まだ現時点では秋の始動予定など具体的なプランは届いていませんが、アクシデントのあった馬ですので、そのあたりも踏まえ状態を確認しながら無理なくピッチを上げていく考えです。

2020.09.11 : ノーザンファーム早来
状態を確認しながら徐々に調整ピッチを上げており、現在は周回コース2700mのハッキングから坂路1本15-16を週1回、週1回は周回コース2700mから坂路1本16-17で1本、週4回は周回コース2700mのハッキングという内容です。坂路ではある程度のところを乗っていますが、稽古後も気になる点は特になく、精神状態も安定しており飼い葉もしっかりと食べてくれています。ここまでは順調にきていますので、引き続き状態を見ながら無理なく乗り進めていければと思います。馬体重は528キロです。

2020.09.04 : ノーザンファーム早来
週2回はトレッドミル(ダク)、週3回はトレッドミル(キャンター)といった調整メニューで進めてきました。トレッドミルで動かして脚元や体の使い方を見てきましたが異常は確認できませんので、周回コース2700mのハッキングをメニューに加えて進めています。馬体重は530キロ。周回コースとトレッドミルでメニューを構成しつつ、次のステップへの移行を視野に調整していきます。

2020.08.28 : ノーザンファーム早来
患部のケアをおこないながらマシン運動で様子を見てきましたが、患部の状況、また歩様も良くなっていることからトレッドミルでの運動を取り入れはじめました。まずはダクのペースで進めており、継続していって問題がないようであればマシン運動からトレッドミル中心のメニュー構成に切り替えつつキャンターペースに上げていくなどメニューを考えていきます。馬体重は522キロです。

2020.08.21 : ノーザンファーム早来
打撲との診断を受けマシン運動で様子を見ています。午前と午後の2回、患部を水冷でケアしており、腫れや熱感については落ち着いています。触診でも痛みはなく、痛みが引いたことで歩様も良化していますので、まずは順調な回復を示してくれているといえるでしょう。患部の状況などを確認しながらトレッドミルへの移行も視野に進めていきます。馬体重は524キロ。蹄の状態が良くなっていることから、蹄鉄を履かせて運動をおこなっています。

2020.08.14 : ノーザンファーム早来
現在は周回コース2700mのハッキングから坂路1本15-16を週3回、週2回は周回コース2700mのハッキング、週1回はトレッドミル(キャンター)というメニュー構成。ハロン15秒ペースも取り入れながら徐々にペースアップを図っていましたが、昨日の朝のチェック時に右前に腫れと熱感が確認されました。痛みもあるようなのでエコー検査をおこなったところ内出血が見られ、獣医師からは打撲との診断を受けました。今朝は熱感も落ち着いてきており、歩様も昨日より良くなっていますが、しばらくはマシン運動にとどめ様子を見ていきます。

2020.08.07 : ノーザンファーム早来
現在は周回コース2700mのハッキングから坂路1本16-16を週1回、週3回は周回コース2700mのハッキング、週1回はトレッドミル(キャンター)というメニュー構成で進めています。馬体重は変わらず516キロ。乗り出し開始後も順調に乗り込むことができており、体調面も着実な上向きを示してくれています。引き続き馬の状態を確認しながら乗り込みを重ねていきます。

2020.07.31 : ノーザンファーム早来
この中間より乗り出しを開始。現在は週1回は坂路1本16-16、週1回は周回コース2700mのハッキングから坂路1本16-16、週1回はトレッドミル(キャンター)といったメニューで進めています。騎乗運動をはじめたことで少し体も締まって、馬体重は516キロ。問題なくメニューを消化することができていますし、乗り出し開始後もここまで順調にきています。

2020.07.24 : ノーザンファーム早来
現在は週2回はトレッドミル(キャンター)、週2回はトレッドミル(ダク)、週2回はウォーキングマシンという内容で進めています。トレッドミルでのメニューに移行できているように脚元などは問題ないですし、体調についても上向きを示してくれていますが、まずは無理せずしっかりと疲労を抜いてから次の段階へという考えです。馬体重は524キロ。飼葉の食いは上々です。

2020.07.17 : ノーザンファーム早来
引き続きマシン運動と日中放牧という内容で進めていることもあり、馬体重は516キロに増えてきました。脚元などに問題はありませんが、背腰に疲れがきている様子で馬自身も少し元気がないように見えますので、まずはしっかりと楽をさせてリフレッシュをという考えです。現在は蹄のメンテナンスをしていくことを考えて、蹄鉄を外して裸足で過ごしてもらっています。

2020.07.10 : ノーザンファーム早来
マシン運動と日中放牧という内容でリフレッシュを目的としたメニューを組んでいます。こちらの環境にも慣れて馬自身はとても落ち着いていますし、飼葉の食いも良好。現在は496キロの馬体重ですが、体調が上がってくれば体はこれから増えてくるのではないでしょうか。何か治療が必要といったことはありませんので、コンディションアップを最優先に立て直しを図っていきます。

2020.07.03 : ノーザンファーム早来
昨日こちらに入場しました。まずは無事に輸送をクリアしてくれた様子で馬体や脚元に異常は見られず、コンディションに関しても大きな不安は確認できませんでした。輸送による疲労もそうですが、秋へ向けて心身のリフレッシュをしっかりと図りたいと思います。

2020.06.26 : ノーザンファームしがらき
馬体重497キロ。
入場後はマシンやトレッドミルで調整していますが、全身の筋肉に疲労感があり、歩様もコツコツしています。立て直しを図るためにも夏は北海道で休養することも検討されているところで北海道へ移動する場合は早ければ来週火曜日に出発することになりそうです。

2020.06.23 : 栗東:石坂正厩舎→ノーザンファームしがらき
本日ノーザンファームしがらきへ移動しました。

2020.06.21 : 6月21日レース後コメント(9着)
石坂正調教師「スタートを躓き気味に出ていましたが、それにしても道中は気がない感じでした。距離ももう少し長い方がいいように思いましたし、体調面に原因があるのかもしれません。一度放牧に出してしっかり休ませます」

2020.06.18 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整でした。追い切った後の様子も変わりなく、順調に来れていると思います」
490キロ
※今週21日(日)阪神11R米子ステークス(L)芝1600m(外)に岩田望騎手で出走します。

2020.06.17 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.6-39.8-25.7-12.5 仕掛け
助手「先週使うつもりでビシッと追っていたので、今週は馬なりで終いだけ伸ばすイメージで乗りました。終い仕掛けてからの反応も良く、いい状態で出走できると思います」
※今週21日(日)阪神11R米子ステークス(L)芝1600m(外)に岩田望騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.06.11 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→プール
助手「今朝はハッキングしてからプールへ行きました。昨日は除外対象だったので、さらっと流した程度でしたが、追い切り後も変わりなく順調に来ていると思います」
492キロ
※今週14日(日)東京11Rエプソムカップ(GⅢ)3歳以上オープンに吉田豊騎手で出走を予定していましたが、除外となったため、来週の米子Sを岩田望騎手で予定します。

2020.06.10 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 52.4-38.8-25.3-12.7 馬なり
石坂正調教師「今朝も追い切って順調に来ていますが、今週は除外対象ですね。投票はしますが、除外のようなら来週の米子ステークスへ向かうことにします」
※今週14日(日)東京11Rエプソムカップ(GⅢ)3歳以上オープンに吉田豊騎手で出走を予定しています。想定からは除外対象となっています。

2020.06.04 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→プール
助手「今朝は角馬場でハッキングしてからプールへ行きました。いつもと変わらず、順調に来ていると思います」

2020.06.03 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 57.4-41.7-27.7-14.0 馬なり
助手「前走から中2週での競馬になるので、今週は14-14程度の追い切りにとどめました。疲れも見せず、相変わらずいい動きをしています」

2020.05.28 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→プール
助手「今朝も角馬場でハッキングしてからプールで調整しています。中2週で競馬となるので、明日から坂路に入れていく予定です」
496キロ

2020.05.27 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→プール
石坂正調教師「角馬場で乗り出していますが、レースでの疲れを見せることもなく、元気です。この後についてですが、吉田豊騎手でエプソムカップへ向かおうと思っています」

2020.05.23 : 5月23日レース後コメント(4着)
石坂調教師「前が流れてペースが速くなりましたし、いいポジションで運べたと思いましたが、直線でうまく外に出せませんでしたし、追ってからもジリジリとした脚しか使えなかったですね。騎乗した田辺騎手は『3〜4コーナーで仕掛けて外を回った分、終いが甘くなりました。硬い馬場を気にしているのかはわかりませんが、上へ上へ走ってしまっていました。もう少し柔らかい馬場の方が良いのかもしれません』と話していました。もしかすると下のクラスで勝っていた時からそういうところがあって、上のクラスでメンバーが強化されたことで目立ってきたのかもしれません。勝つつもりで送り出したので残念です。この後については、帰ってきてからの馬の様子を見て判断したいと思います」

2020.05.21 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→プール
助手「今朝は角馬場でハッキングしてからプールへ行きました。蹄が薄いこともあり、ここ2走硬い馬場を気にしているようだったので、今回は釘ではなく、接着装蹄に替えてみました。これで馬場を気にすることなく、力を出し切ってほしいところです」
494キロ
※今週23日(土)東京11RメイS4歳以上オープンハンデ・芝1800mに田辺騎手で出走します。

2020.05.20 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 52.6-38.6-25.5-12.8 強め
助手「前走前々走と、レース当該週の追い切りが速くなりすぎていたので、今日の追い切りは折り合い重視で行ったのですが、終い伸ばした時の動きも良かったので、いい状態でレースに臨めそうです」
※今週24日(土)東京11RメイS4歳以上オープンハンデ・芝1800mに田辺騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。なお、本馬のハンデは56キロとなりました。

2020.05.14 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→プール
助手「今朝は角馬場でハッキングさせてからプールへ連れていきました。馬体重は494キロと先週と変わらずですし、引き続き順調に来ていると思います」

2020.05.13 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 83.0-67.2-52.3-38.7-12.2 強め
助手「今朝はCWコースでラスト1Fだけ強めに追い切りました。追い出してからの反応も良く、引き続きいい状態を維持できていると思います」

2020.05.07 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→プール
助手「今朝は角馬場でハッキングしてからプールへ連れていきました。変わらず順調に調整しています」
494キロ

2020.05.06 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→CWコース
坂 助手 63.5-46.5-30.8-15.3 馬なり
助手「今朝は坂路1本からCWコースを1周乗りました。まだ次走まで少し時間があるので、今週は時計を出さずに、普通キャンターでじっくり進めて行きたいと思います」

2020.04.30 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:乗り運動→プール
助手「馬体重も496キロと回復しましたし、競馬の疲れもなさそうです。引き続きプール調教を併用しながら、次の競馬に向けて進めて行きたいと思います」
石坂正調教師「米子ステークスを軸に考えていましたが、今までの東京コースへの実績と、レース間隔が空きすぎてしまうことを踏まえ、メイステークスへ向かうことにします」
※5月23日(土)東京11R(メイS/芝1800m)を田辺騎手で予定。

2020.04.29 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:プール
石坂正調教師「今朝はプール調整を行っています。次走は東京か阪神でと考えていますが、ここ2走、敗因に馬場が硬いことを指摘されているので、比較的馬場の柔らかい阪神での出走を軸に進めて行きます。前回から負担をかけないようにプール調教を取り入れているので、放牧には出さず、在厩のまま調整していくつもりです」
※次走は米子SかエプソムCを予定しています。

2020.04.26 : 4月26日レース後コメント(6着)
石坂正調教師「騎乗した浜中騎手からは『調教とフットワークが違って、走りづらかったです。特に坂の下りで馬場が硬いのを気にしていました。緩い馬場のほうが合いそうです』とのことでした。3走前に不良馬場で走ったことが尾を引いているのか、どうもここ2走は馬場を気にする面を見せていますが、はっきりとしたことはなんとも言えないですね。この後については、上がりの馬の状態を見てからクラブと話し合いたいと思います」

2020.04.23 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→プール
助手「今朝は角馬場でハッキングした後、プールへ連れていきました。今回はトレセン入厩後から無理に抑え込まない調教を続けてきたので、馬に無駄な力みがなく、とてもいい状態に仕上がったと思います」
492キロ
※今週26日(日)京都11RマイラーズC(GⅡ)芝1600mに浜中騎手で出走します。

2020.04.22 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 51.4-38.1-24.6-13.2 馬なり
助手「先週ジョッキーを乗せてしっかり追ったので、今週は馬なり程度におさえて追いました。馬なりで終始おさえながらでこの時計なので、状態に関しては間違いなくいい状態でレースに臨めると思います」
※今週26日(日)京都11RマイラーズC(GⅡ)芝1600mに浜中騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.04.16 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→プール
助手「今朝は角馬場でハッキングした後、プール調整を行っています。昨日ビシッと追った反動もなく、いつも通り順調に行けていると思います」
494キロ

2020.04.15 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 浜中 80.3-65.4-51.4-38.3-12.8 一杯
ジョッキー騎乗CWコースで追い切りました。騎乗した浜中騎手からは「動き自体は良かったのですが、まだ若干緩さがあったので、終いまでビシッとやっておきました。これでさらに良くなってくると思います」とのコメントがありました

2020.04.09 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:プール
助手「今朝はプール調教へ出かけました。追い切った後も変わりなく、いつも通りの雰囲気で順調に来ていると思います」
496キロ

2020.04.08 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.0-39.7-26.2-13.1 馬なり
助手「今朝は坂路で時計を出しましたが、終始完全に馬なりでいい動きでした。馬なりでこの時計を出せたので、中々いい状態なのではないかと思っています」

2020.04.02 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整でした。歩様も問題ありませんし、引き続き順調です。馬体重は502キロでした」

2020.04.01 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.1-40.6-26.7-13.3 馬なり
助手「中間も順調に調整をしており、動きもいつも通りで特に問題ないと思います。先週末よりプール調教も併用しながら進めています」

2020.03.26 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 62.3-46.1-30.1-15.2 馬なり
助手「今朝もハッキングしてから坂路を1本上げています。昨日と同じメニューで馬の様子も変わらずいつも通りです。明日は坂路を2本上げるかもしれません」
※次走は、マイラーズCを浜中騎手で予定しています。

2020.03.25 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 63.2-45.7-30.1-15.1 馬なり
助手「今朝から坂路に入れて乗り出しています。馬はいつも通りの様子で元気でした。今回は普段の調教からあまり抑え込まず、4F60秒切らないくらいの調教を続けていくつもりです」

2020.03.25 : 栗東:石坂正厩舎
昨日、栗東トレセンに移動しています。

2020.03.20 : ノーザンファームしがらき
馬体重524キロ。
調整は順調に進んでいます。今週からややペースを上げたところで週2日は坂路で14-13ほどの時計を出していますし、そのほかの日も角馬場やトレッドミルでしっかり運動しています。今週初めに背腰にショックウェーブ治療を施して体が楽になったこともあり、ゴールに向けてぐんぐん加速するなど動きも軽やかです。来週中に栗東・石坂正厩舎に帰厩する予定です。

2020.03.13 : ノーザンファームしがらき
馬体重522キロ。
引き続き週2日は坂路で15-14ほどの強めの調教を行っています。歩様や動きは問題ありませんし、背腰も定期的にケアしているため疲労感はありません。体も大きくは増えることなくキープしています。いまのところ2週間後の帰厩が予定されており、来週以降さらにペースを上げることになりそうなので、ペースアップするのに合わせて背腰もケアすることにしています。

2020.03.06 : ノーザンファームしがらき
馬体重520キロ。
背腰の疲れが取れたことで歩様は改善しましたし、全体的な雰囲気もよくなってきました。体を大きく見せて迫力も感じられるようになっています。週2本坂路で15-14ほどの時計を出していますが、楽な手応えで余裕十分に駆け上がっています。もうしばらくトレッドミルを併用しながら同じようなメニューで調整することになりそうです。

2020.02.28 : ノーザンファームしがらき
馬体重509キロ。
今週月曜日に背腰にショックウェーブ治療を施したことで硬さがほぐれてきましたし、歩様もだいぶ改善してきました。帰ってきたときはイライラした面を見せていましたが、疲れが取れたことで雰囲気もいい方に変わってきています。きのう(木)から坂路入り、すでに16-15ほどのペースで乗りましたが、動きも悪くありませんでした。引き続き坂路中心の調整を続けていくことにしています。

2020.02.21 : ノーザンファームしがらき
馬体重509キロ。
今週月曜日に乗り出しましたが、角馬場で軽めの調整を行って体をほぐしているところです。これまでより歩様が硬く感じるため、現状ペースアップする予定はなく、もうしばらくはトレッドミルを併用しつつ、高周波治療を施すなど筋肉のケアに努めていきます。

2020.02.14 : ノーザンファームしがらき
馬体重503キロ。
けさからマシンで運動していますが、いまのところ脚元や筋肉に疲労感はありません。今週いっぱいはマシンでの運動にとどめて、週明けからトレッドミルで調整を始めたり、1度跨って状態を確認したりすることにしています。

2020.02.13 : ノーザンファームしがらき
本日、ノーザンファームしがらきへ移動しました。

2020.02.12 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
今朝は角馬場で歩様を確認しましたが、大きなダメージは見受けられませんでした。前走の結果を踏まえ、心身ともにリフレッシュを図るため、近日中にノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定となっています。

2020.02.09 : 2月9日レース後コメント(9着)
ルメール騎手「返し馬の止め際に躓いていましたし、気の入りが今までよりも走る方に向いていませんでした。脚を溜めることはできましたが、今日のような硬い馬場はこの馬には合わなかったですし、もう少し柔らかい方が良いと思います。直線で急に加速するタイプではなく、長く良い脚を使う馬なので、ペースも含めて今日は条件が合わなかったですね。勝たせてあげられず申し訳ありません」

石坂調教師「今日は馬場に尽きますね。終いもしっかり脚を使えてはいるものの、硬い馬場を気にしながら走っていたように思います。最低でもここで賞金加算をと考えていたのですが、このような結果となりすみませんでした。この後は馬の状態を見てから決めさせてもらいます」

2020.02.06 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「昨日もしっかり時計が出たので少し馬体重は減っているかと思いましたが、先週と変わらずでした。ただ、先週よりさらに馬体は締まってきた感じがしますね。調教を強めても、体重が減らないのがこの馬の強み。一頓挫ありましたが、早めに帰厩させたことで影響はありませんし、万全の状態で出走させることができそうです」
496キロ
※今週9日(日)東京11R東京新聞杯(GⅢ)芝1600mにルメール騎手で出走します。

2020.02.05 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 50.6-37.1-24.7-12.7 強め
助手「予定していたより時計は速くなりましたが、最後も無理をさせているわけではなく、余裕がありました。予定通りのメニューを消化して、いい状態でレースへ向かえそうです」
※今週9日(日)東京11R東京新聞杯(GⅢ)芝1600mにルメール騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.01.30 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
石坂調教師「中間一頓挫ありましたが、その後は順調に乗り込めていますし、早めに厩舎に戻しておいたこともあり、来週追えば十分に仕上がりそうです。ジョッキーも良い感触をつかんでくれたようですし、楽しみです」
496キロ

2020.01.29 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW ルメール 83.5-67.7-53.0-39.5-12.5 馬なり

ルメール騎手「馬は元気いっぱいでした。道中の折り合いも問題なかったですし、最後まで手応えも余裕があり、ちょうど良かったです。グッドコンディションだと思います」

2020.01.23 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「追い切り後も問題ありません。来週はジョッキーが騎乗したいとのことなので、CWコースでびっしり追ってもらおうかなと思っています。今週併せ馬で追ったので、来週、再来週は単走でやります」
※鞍上はルメール騎手を予定しています。

2020.01.22 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 52.7-38.5-25.3-12.6 馬なり
外ポンペイワーム一杯と併せで0.1秒遅れ
助手「まだ手綱を離してから惰性で走っている感じで、ガツンとくるところがなかったですが、馬なりでこの時計が出ていますし、2週前としては悪くない状態だと思います。レースまでには十分仕上がりそうです」

2020.01.16 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 56.8-42.2-27.8-14.0 馬なり
助手「15-14の予定で時計を出してみましたが、特に問題なくこのままあげていけそうです。今週末はCWコースに入れて追い切ってみる予定です」
504キロ

2020.01.15 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 2本目 65.9-47.8-31.7-15.7 馬なり
助手「今朝も坂路を2本乗っていますし、もう熱発の影響はなさそうです。明日は坂路で4F56~7秒くらいのところを乗ってみる予定で、ここからペースを上げていけばレースには十分間に合うと思います」

2020.01.09 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
石坂調教師「今朝は角馬場で常歩の乗り運動を行いました。順調に回復してきていますし、まだレースまで時間もあるので大きな影響はないと考えています。早ければ今週末から速いところを再開することになるでしょう」

2020.01.08 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:舎飼い
石坂調教師「先週の日曜日の午後に熱発してしまいました。抗生剤などを投与して、昨日には平熱に戻りました。まだ脚は少し浮腫んでいますが、明日から軽めの運動を始める予定で、動かせばすぐにひいてくるでしょう」

2019.12.27 : 栗東:石坂正厩舎
馬体重524キロ。
今週も坂路で14-14や14-13を消化するなど調整は順調です。ペースを上げてからも脚元や背腰などに疲れも感じられませんし、体を大きく見せるなど好状態をキープしています。しっかり乗り込んで態勢が整ったため、きのう(木)の検疫で栗東・石坂厩舎に帰厩しました。

2019.12.26 : ノーザンファームしがらき→栗東:石坂正厩舎
本日の検疫で栗東トレセン・石坂正厩舎に帰厩しました。

2019.12.20 : ノーザンファームしがらき
馬体重526キロ。
今週から若干ペースアップし週2本は坂路で14-14ほどの時計を出しています。体重はやや増えましたが、動きは素軽くなってきましたし、脚元の不安もありません。帰厩に向けて同じような調整メニューで乗り込んでいきます。

2019.12.13 : ノーザンファームしがらき
馬体重519キロ。
坂路入りする日は15-14ほどの時計を出していますし、乗らない日もトレッドミルで強めの負荷をかけています。脚元に反動は見られませんし、体重も増えすぎることなくキープしながら進めることができています。いまのところこれ以上時計を詰める予定はなく、引き続きしっかり負荷をかけることでコンディションを整えていきます。

2019.12.06 : ノーザンファームしがらき
馬体重518キロ。
今週は1日おきに馬場入りしています。すでに坂路では15-15ほどのペースで乗っていますが、やる気にみちあふれていてこれまで以上にパワフルな動きを見せています。脚元は落ち着いていますし、馬体も十分回復しているため、さらに運動量を増やしても問題ないでしょう。

2019.11.29 : ノーザンファームしがらき
馬体重501キロ。
きょう(金)から乗り出し、初日は角馬場で歩様を確認しました。疲れは感じず、これまでの状態と変化がなかったことから、来週以降に本格的に騎乗調教を始めることになりました。トレッドミルと坂路の併用で1日おきに馬場入りしますが、これからの時期は太りやすいため、坂路で乗る日は15-15ほどのペースで乗ることになりそうです。

2019.11.27 : ノーザンファームしがらき
昨日、ノーザンファームしがらきへ移動しました。

2019.11.23 : 11月23日レース後コメント(2着)
ムーア騎手「いいスタートを切れたのですが、隣の馬がずっと落ち着かなくてぶつけられたのもあり、取りたかったポジションに入れませんでした。雨で不良の馬場状態でしたが、馬場はこなしていたと思いますよ。仕掛けての反応は聞いていた通り鈍かったですけど、ギアが上がってからはいい脚を見せてくれました。ただ、序盤と直線がスムーズにいかなかったので真っ直ぐに伸びることができず、そのぶん前を捕らえられませんでした。厳しい位置からあそこまできたようにポテンシャルはなかり高いですし、凄くいい馬ですよ。距離も1800mくらいまで問題ないでしょう。スムーズなら結果は違っていたと思いますから、勝てなくて本当に残念です」

石坂調教師「ずっと隣の馬に邪魔されていたようで、騎手もかなり怒っていました。あそこまできたなら勝ち切っておきたかったですが、本来ならなかなかこれない状況ですから。結果はとても残念ですが、力を再確認することができましたし馬場をこなしたのも収穫でした。今のところこれで一度放牧に出して次は東京新聞杯と考えていますが、いまの段階では出られるか分からないので、来年の番組が出たらまた考えます。来年は勝負の年になると思いますので、大きいところを意識して使っていきますよ」

2019.11.21 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「馬体重も減らず、へこたれないので昨日もしっかり追いましたが、今朝も494キロと先週と変わりませんでした。ここを目標にしっかり乗り込んできて状態は前走以上。来年のためにも結果を出しておきたいところです」
※今週24日(日)東京10RキャピタルS3歳以上オープン(L)芝1600mにムーア騎手で出走します。

2019.11.20 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 51.4-37.7-24.6-12.5 一杯

助手「前に馬を置いて実戦を想定して追い切りました。坂路ではしっかり動けていますし、時計通り申し分のない動きでした。一度使って状態もかなり上がってきているように感じました」
※今週24日(日)東京10RキャピタルS3歳以上オープン(L)芝1600mにムーア騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.11.14 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキングで調整しました。追い切り後も変わりありません。馬体重は成長があるので、減っても490キロ台前半にとどまりそうです。昨日コースでしっかり追ったので、来週は坂路で追うことになりそうです」
494キロ

2019.11.13 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 82.3-68.1-54.0-40.0-13.1 G一杯
助手「終い時計はかかりましたが、追ってから自分で加減しているような感じがしました。全体的な動きとしては、前走前と変わりませんし、体調面での不安もなく引き続き順調に来ているので、心配はいらないと思います」

2019.11.07 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 67.8-49.5-32.3-16.1 馬なり
助手「今朝も坂路で調整しています。明日明後日くらいにはコースにも入れだして、併用しながら乗り込んでいきます。週末から少し時計を出してみることになりました」
496キロ

2019.11.06 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 69.6-51.8-33.8-16.3 馬なり

助手「坂路に入れだしてからも順調に立ち上げることができています。特にお伝えすることが何もないくらい、本当に順調です。もしかしたら今週末から少し時計を出し始めるかもしれません」

2019.10.31 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場。498キロ
助手「今朝も引き続き角馬場で調整しました。馬体重もすでにレースの体重に戻っていますが、馬体は全体的に締まってきた感じもしますね。明日からは坂路にも入れて乗っていきます」
※11月23日(土)東京11R(キャピタルS/芝1600m)をムーア騎手で予定。

2019.10.30 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「こちらに帰ってきて、次の日には馬体は戻っていましたし、昨日の獣医師のチェックでも疲れはないとのこと。あまり緩ませたくもありませんし、運動中もうるさいので今日から角馬場で乗り出しました。ハッキングで調整しましたが、特に問題はなさそうです」

2019.10.27 : 10月27日レース後コメント(1着)
ルメール騎手「長期休養明けで体付きには余裕がありましたが、走りはパワーアップしていましたね。馬のリズムを優先しながら気分を損ねないように道中は運びましたが、コントロールもしやすかったですし、脚もしっかりと溜められましたよ。追い出してからはグッとギアも上げてくれましたし、ラスト200mからは休み明けもあって苦しくなって外側に寄れていましたが、最後まで踏ん張ってくれました。まだ状態も上がってきているところという感じでしたが、ここでは力が違うと思っていたので、しっかり勝つことができて良かったし嬉しいです。ありがとうございました」

2019.10.24 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場。馬体重498キロ。
助手「一番しんどい時期は乗り越えたようで、飼い葉食いも旺盛。先週今週としっかりやりながら、馬体重は先週からプラス2キロでした。パドックでメンコはつけますが、ゲート裏で外す予定。初戦からもちろん結果を出していきたいですが、まずはレースを無事に終えてほしいです」
※今週27日(日)東京11R紅葉S3歳以上3勝クラス・ハンデ芝1600mにルメール騎手で出走します。

2019.10.23 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 52.9-38.0-24.4-12.1 一杯
外ボンベイワーム一杯と併せで0.9秒先着

助手「今週は前に馬を置いて、終い重点での追い切りでした。最後はまだまだ手応えに余裕がありながらこの時計なので、良かったと思います。先週CWコースでしっかり負荷をかけたので、そのあとクビや腰に疲れがでましたが、そこもしっかり乗り越えてくれています。休み明けなのでまだ良くなる余地はありますが、帰厩からここまで時間をかけて乗り込んできたので、力は出せる出来に仕上がったと思います」
※今週27日(日)東京11R紅葉S3歳以上3勝クラス・ハンデ芝1600mにルメール騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。なお、本馬のハンデは57キロとなりました。

2019.10.17 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 82.8-68.3-54.0-39.7-12.4 馬なり
助手「時計も予定通りでしたし、ゴール板を過ぎてからもしっかり動かして負荷をかけておきました。息遣いもだいぶ良くなってきていますし、今日が実質的な本追い切り。来週はそこまで追わなくてもいいと考えています」

2019.10.16 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 助手 61.3-50.2-29.7-14.8 馬なり
助手「この中間も順調に調整を進めていて、今朝も坂路を2本登板しています。明日は予定通りCWコースで追いますが、併せ馬だと動きすぎてしまうので、単走で追うことにしています」

2019.10.10 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場調整で、引き続き順調に来ています。体はしまってきていながらも、馬体重の変動がないのはいい傾向だと思います。来週はCWコースで追い切って、しっかり負荷をかけることにしています」
馬体重502キロ

2019.10.09 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 52.9-38.4-25.1-12.9 馬なり
外ミリッサ一杯と併せで併入
助手「併せた相手は今週使う馬だったので、相手の動きに合わせてとの指示でした。相手も動く馬ですが、一杯に対してこちらは終始馬なりの動き。休む前より調教から動けるようになってきていますね。だいぶ体も締まってきました」

2019.10.03 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー 角馬場
助手「追い切った翌日なので角馬場でダクとハッキングのメニューを乗っています。追い切った後も運動中の歩様は問題なかったですし、追い切りを重ねて来た事で体付きがだいぶ締まって来てように思います。馬体重は504キロと先週とそこまで変わらないですけどね。良いリズムで調整できているので、この調子で乗り込んでいきますよ」

2019.10.02 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー 角馬場→坂路
坂路 54.4-40.1-26.7-13.5 馬なり

石坂調教師「単走での追い切りでしたが、走りも相変わらずパワフルでしたし、今日くらいの時計なら涼しい顔で駆け上がってきますね。まだ緩さは見られますが、乗り込みながら体も絞れてきて馬体のシルエットもだいぶ良くなってきましたよ。予定のレースまでは時間はありますが、今回は長期休養明けになりますし、追い切り本数を重ねて、しっかり乗り込んでいきたいと思います」

2019.09.26 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「角馬場でハッキング調整を行いました。まだ目立った時計は出していないので硬さなど疲れはまったくありません。帰厩時に520キロくらいあった体重もけさの時点で504キロになっていました。見た目はまだボヨンとしていますが、順調に減ってきています。レースまで時間があって来週からペースを上げていくところで速い時計を出し始めれば見た目も引き締まってくるでしょう」

2019.09.25 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 助手 57.1-42.8-28.3-14.2 馬なり
助手「坂路を軽めに上がってから2本目に追いました。まだ馬体に余裕があり緩さは残っているので、気持ちが先行して走っているような感じですが、中間も日によって2本乗って負荷はかけていますし、乗り込みながら状態は上がってきています」

2019.09.19 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 助手 57.8-43.0-28.6-14.5 馬なり
助手「坂路を1本軽めに上がってから2本目に追いました。これくらいの時計なら楽に上がってきますし、息もあまり上がっていませんでした。体は先週に比べて絞れてきていますし、まだレースまで時間もあるので十分仕上げて行けそうです」
馬体重510キロ
※10月27日(日)東京10R(紅葉S/芝1600m)をルメール騎手で予定。

2019.09.18 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 助手 71.2-52.6-34.1-17.0 馬なり
助手「見た目はまだかなり余裕がありますが、跨ってみると見た目よりは素軽い走りを見せています。明日は坂路で少し時計を出してみることにしています」

2019.09.15 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2019.09.13 : ノーザンファームしがらき
坂路1本。馬体重528キロ。
移動後も夏バテはなく調整は順調、坂路入りする日は14-13や15-15ほどのペースで乗っています。体重は変わっていませんが、入場時より体は引き締まってきましたし、トモの緩さも解消されつつあります。近々、栗東・石坂正厩舎に帰厩する予定となりました。

2019.09.06 : ノーザンファームしがらき
坂路1本。馬体重528キロ。
現在はトレッドミル調整と坂路調教を1日おきに行っています。坂路でのペースはF15秒前後。まだ緩さは感じますが、入場当初よりはよくなってきました。脚元も問題ないので近々坂路2本乗りにするなど調教を強めていくことにしています。

2019.08.30 : ノーザンファームしがらき
坂路1本。馬体重526キロ。
入場後も体調は安定していたためすぐに乗り出しました。現在は坂路での調整をメインにトレッドミルでもキャンター調整を行っていますが、坂路で乗る日はF15秒ほどまでペースを上げています。長い間休んでいた分、トモが緩く感じますが、乗り込んでいけば解消するでしょう。

2019.08.25 : ノーザンファームしがらき
本日、予定通りこちらに到着しました。馬体等に異常は見られませんので、明日より輸送による疲労などを確認しながら調整を進めていく予定です。

2019.08.23 : ノーザンファーム早来→ノーザンファームしがらき
この中間も週3回は坂路、週3回はトレッドミル(キャンター)というメニュー構成で進めています。坂路ではハロン14秒台のところも消化しており、いい形で調教強度を上げていくことができています。ここまで大きな不安なく進めることができ、コンディションも良好なことから、予定通り本日23日にノーザンファームしがらきへ向けて出発しました。経由地のノーザンファーム天栄到着時の状況等に問題がなければ、25日(日)にノーザンファームしがらきに到着の予定です。秋競馬での復帰を目指し段階を踏んでここまで進めてきましたが、トラブルなく思い描いていた形で準備を整えていくことができました。まずは長距離輸送をクリアしてもらわないといけませんが、このままの調子で移動先でも順調に調整が進むことを願うばかりです。復帰戦から期待したいですね。

2019.08.16 : ノーザンファーム早来
引き続き週3回は坂路、週3回はトレッドミル(キャンター)というメニュー構成で進めており、坂路ではしっかりとハロン15秒前後のところを乗り重ねています。馬体重は522キロ。成長分もあると思いますし、こちらではこのくらいの数字でちょうど良さそうですね。心身ともにコンディションに不安はありませんので、8月23日にこちらを出発し、天栄経由でノーザンファームしがらきへ移動の予定となりました。移動まであと1週間ほど。明日以降も現行のメニューで進めていきますが、好状態で送り出せるよう体調管理に努めていきます。

2019.08.09 : ノーザンファーム早来
この中間も順調に乗り込むことができており、週3回は坂路1本目に15-16、2本目は14-15、週3回はトレッドミル(キャンター)という内容で進めています。乗り込みを重ねてきましたが脚元に問題は見られません。馬体重は524キロ。いい形で絞れてきていますし体調面も良好ですので、8月後半にもノーザンファームしがらきへ移動という予定になっています。馬自身のコンディションや関西圏の暑さなども考慮する必要はありますが、いずれにしても秋競馬へ向けて移動準備が整いつつある状況にありますので、どのタイミングで移動の声がかかっても好状態で送り出せるよう明日以降も調整を進めていきます。

2019.08.02 : ノーザンファーム早来
この中間もメニュー構成は変わらず、坂路2本16-15で週3回、トレッドミル(キャンター)を週3回という調教内容となっています。乗り込みを重ねてきましたが、脚元やテンションなど気になるところはないですし、飼葉の食いも良好でコンディションも好状態を保つことができています。休まずトレーニングを継続することができていますので、引き続き坂路主体で進めていきたいと思います。

2019.07.26 : ノーザンファーム早来
週3回は坂路2本16-15、週3回はトレッドミル(キャンター)という内容でトレーニングを進めています。引き続き順調に乗り込むことができており、体調や精神状態についても良い形で安定を示してくれています。詰め込みすぎないよう緩急をつけた調整内容で進めており、今後もトレッドミルを併用しながら坂路中心に乗り込んでいく方針です。馬の様子を見ながら次の段階への移行を考えていくつもりです。

2019.07.19 : ノーザンファーム早来
変わらず坂路とトレッドミルを併用しながらの調整で、坂路ではハロン15~16秒ほどのところをベースに乗り込んでいます。秋競馬を見据えてここまでじっくりとペースアップを図ってきましたが、トラブルなくこちらのイメージに馬がきっちりと応えてくれました。もう一段階のペースアップを視野に明日以降も乗り込んでいきますが、この感じであれば問題なく対応してくれそうですね。トレッドミルを併用していく現状のメニュー構成で、今後も無理のない形で乗り込みを図っていきます。

2019.07.12 : ノーザンファーム早来
この中間も順調に乗り込みを重ねることができており、週3回は坂路を2本(16-16、15-16)、週3回はトレッドミル(キャンター)という内容で進めています。徐々に坂路でのペースは上がってきていますが、馬体重は530キロと安定しており、脚元はもちろんのこと状態面に関しての不安もありません。着々と調教内容にもリズムが出てきており、それにあわせて馬の気配も上向きを示してくれているように、ここまで充実したトレーニングができています。

2019.07.05 : ノーザンファーム早来
坂路とトレッドミルを使用しての調教メニューは変わらず、坂路では週3回ハロン16秒ペースで乗り進めています。このペースで本数も消化してきましたが、動きやコンディションに不安は見られず、しっかりと乗り込みを重ねることができています。ハロン15秒台も目前というところまできていますので、状態を見ながら次のステップへの移行を考えていきます。

2019.06.28 : ノーザンファーム早来
メニュー構成は変わりませんが、この中間は坂路でハロン16秒ペースを中心として乗っています。しっかりと下地は作ってきましたので問題なく動いてくれますし、無理のない形でジワリと負荷を高めることができています。引き続きトレッドミルでの運動も併行しながらという内容で進めており運動量は十分。馬の雰囲気も良好ですので、このムードのまま進めていきたいところです。

2019.06.21 : ノーザンファーム早来
この中間もメニュー構成は変わらず、週3回はトレッドミル(キャンター)、週3回は坂路で16-17といった内容で乗り進めています。2月に骨片の除去手術をおこなってから4ヶ月、無理のない形で慎重に進めさせてもらいましたが、馬もよく頑張ってくれて、ここまでトラブルなくきてくれました。15-15開始が次の目標となりますが、今の状況であればスムーズに16-16、16-15と上げていけそうですね。馬体重は526キロです。

2019.06.14 : ノーザンファーム早来
週3回はトレッドミル(キャンター)での運動をおこないながら坂路中心に乗り込みを重ね、ペースはハロン16-17まで上げていっています。無理なくペースアップを図ることができておりように、動きはもちろん体調や脚元などに不安はありません。15-15開始を視野に引き続き乗り進めていきます。

2019.06.07 : ノーザンファーム早来
この中間も引き続き坂路中心のメニュー構成で調整を進めており、ハロン17-18くらいのところを週3回という内容です。順調に乗り進めることができていることもあり、馬体重も522キロに。余裕のあった体もこの調子でだんだんと締まってくるのではないでしょうか。脚元の状態も気になりませんので、今後も無理なく乗り進めていけそうです。

2019.05.31 : ノーザンファーム早来
トレッドミルでの調整も順調に進み、コンディションにも不安のないことから、今週から乗り出しを開始しました。現在は坂路中心のメニュー構成で18-18くらいペースを乗っていますが、稽古後の状態にもいい意味で変化はありません。ここまでスムーズにステップアップを図ることができましたので、明日以降もこの調子で進めていけるよう馬の状態を確認しながらと考えています。徐々にペースを上げていきますが、無理のないよう引き続き慎重にと考えています。

2019.05.24 : ノーザンファーム早来
調整メニューは変わらずトレッドミル(キャンター)、トレッドミル(ダク)という内容です。ダクでの運動日を増やしたり馬の様子を見ながら進めていますが、ここまで与えたメニューを休まず消化することができています。体調面を含め特に不安材料もありませんので、引き続き騎乗運動開始を目標にトレーニングを進めていきます。

2019.05.17 : ノーザンファーム早来
この中間も週3回はトレッドミル(キャンター)、週3回はトレッドミル(ダク)という内容で進めています。このメニューに移行してからも不安なくきていますので、5月末くらいを目処に乗り出し開始というイメージで調整を続けています。じっくりと土台を作っていく意識で進めてきましたので、いまの状態であればコースでの調教にもしっかりと対応してくれると思います。今後もスムーズに進めていけるように、馬の状態を確認しながら段階を踏んで態勢を整えていきます。

2019.05.10 : ノーザンファーム早来
引き続きトレッドミルでの調整を進めており、日によってペースをダク・キャンターと変化をつけています。馬体重は536キロ。余裕があるのは確かで緩さも感じますが、体調面も良好で動きもいい意味で変わりません。トラブルなくここまできて、まもなく騎乗運動開始という状況にありますので、乗り出し後もスムーズに進めていけるようコンディション管理をおこなっていきます。

2019.05.03 : ノーザンファーム早来
トレッドミルでのペースをダクに上げた後も問題なくきていましたので、この中間からトレッドミルでの調教強度をキャンターペースに上げて進めています。まだこのペースに上げてからそれほど時間は経過していませんが、じっくりと時間をかけて下地を作ってきたこともあり、馬自身も戸惑う様子はなくスムーズに対応してくれています。順調にステップアップすることができていますので、次は騎乗運動の再開を目標に調整を進めていきます。

2019.04.26 : ノーザンファーム早来
ウォーキングマシンとトレッドミルを併用したメニュー構成は変わりませんが、この中間よりトレッドミルでの調整強度を常歩からダクに上げて進めています。運動中、また運動後も良い意味で変化はなく、不安なく順調にメニューを進めることができています。精神的な部分においても手の掛かる馬ではありませんので、今後もスムーズに進めていけそうです。馬体重は538キロです。

2019.04.19 : ノーザンファーム早来
この中間も不安なくメニューを継続することができており、トレッドミルとウォーキングマシンを使用してじっくりと運動を進めています。調教の強度を上げていくのはもう少し先になりますので、スムーズに騎乗運動へ移行できるよう、時間をかけてしっかりと土台を作っていくつもりです。食欲も十分で精神状態も問題ありません。

2019.04.12 : ノーザンファーム早来
メニュー構成は変わらず、トレッドミルとウォーキングマシンを使用しての調整を継続しています。無理のない範囲で進めている現状ではありますが、トラブルなく休まずトレーニングできており体調面も良好。このリズムを崩さずに明日以降も進めていけるよう、コンディションの変化を見落とさないように注意しながら進めていきます。馬体重は535キロです。

2019.04.05 : ノーザンファーム早来
この中間も変わらず順調にメニューを消化することができており、週2回はトレッドミル(常歩)、週5回はウォーキングマシンでの運動という内容で進めています。体調面を含め不安なくメニューを進めることができていますので、今後も現状のメニューをベースとして丹念に進めていきたいと思っています。

2019.03.29 : ノーザンファーム早来
引き続きトレッドミル中心の調整メニューとなっており、ウォーキングマシンでの運動も併用して進めています。馬体重は変わらず530キロ。体重に変化はありませんが、運動を進めてきたことで体の張りや艶が上がってきており、シルエットも良くなっています。調整ピッチが上がってくれば、引き締まってさらに変わってくるとは思いますが、もうしばらくは慌てず現行メニューでと考えています。

2019.03.22 : ノーザンファーム早来
引き続きトレッドミルでの調整です。与えたメニューを問題なく消化、また継続できているように順調に進めることができています。メニューを消化してきた中で不安らしい不安もなくここまできていますので、まずは引き続きこの調子でコツコツと一歩ずつ進めていければと思っています。

2019.03.15 : ノーザンファーム早来
この中間もいい意味でコンディションは変わらず、元気にトレッドミルでの運動を継続することができています。馬体重は530キロまで増えていますが、見た目には数字ほどの増量感はありませんので成長分もあるのではないでしょうか。ここまで順調にメニューを消化することができていますので、引き続き体調をしっかりと管理しながら次のステップを目指して進めていければと思います。

2019.03.08 : ノーザンファーム早来
この中間も引き続きトレッドミル(常歩)での調整です。運動開始後も不安なく進めることができており、この時期でも毛艶がいいように体調も良さそうです。飼葉の食いも変わらず良好なので、調教の進度にあわせて状態はさらに上向いてくるのではないでしょうか。乗り出し開始はまだ先になりますが、そこにスムーズにたどり着けるよう慌てず慎重にトレッドミルでの調教強度を高めながら準備をしていければと考えています。ここまでは順調に進めることができていますよ。

2019.03.01 : ノーザンファーム早来
術後の状況を確認してきましたが、問題なくきていましたので月曜日から曳き運動をはじめました。3日ほど曳き運動で歩様や球節の状況などを見てきましたが、特に気になる点もなかったことから昨日からトレッドミル(常歩)での運動に移行しています。様子を見ながら徐々にトレッドミルでの運動量を増やしていき、騎乗運動開始への準備を進めていくことになります。落ち着きもあって精神面も変わらず良好ですし、食欲も問題ありません。ここまでスムーズに進めることができていますので、このままのリズムでいければと思います。先週末の計測で馬体重は510キロです。

2019.02.22 : ノーザンファーム早来
引き続き舎飼で術後の経過を観察している状況です。この中間も異常は確認されていませんが、もう少し馬には馬房の中で我慢してもらえれればと思っています。イラついた様子も特になく精神状態も安定していますので、そのあたりも患部の状況とあわせて変化がないか注意深く見ていきます。ゆっくり立ち上げて、秋には大きいところを目指せるようにやっていきたいと思っています。

2019.02.15 : ノーザンファーム早来
術後それほど時間は経過していませんが、ここまで患部や馬自身に異常は確認されていませんので、まずは経過良好という状況です。しばらく舎飼での経過観察が必要となってきますので、ストレスを溜めないよう、また変化を見落とさないよう今後も注意していきます。このまま不安なくスムーズに進んで夏競馬が見えてくるというイメージですが、いまは復帰時期などは意識せず、慌てず万全の状態に戻していくことに最善を尽くす考えです。

2019.02.13 : ノーザンファーム早来
今日の午後、クリニックにて骨片除去をおこない無事に終了しました。しばらくは舎飼にて術後の経過を観察していくこととなります。

2019.02.08 : ノーザンファーム早来
こちらには今日のお昼頃に到着しました。輸送熱なども確認されず、精神状態も問題ありません。右前の球節については到着後の馬体チェックでも腫れが見られ、クリニックにて改めて検査をおこなったところ、小さなものではありましたが剥離した骨片が確認されました。自然治癒という選択も可能なものですが、炎症があったりという現状ですので、後日クリニックにて骨片の除去をおこなう予定となっています。

2019.02.06 : ノーザンファームしがらき→ノーザンファーム早来
マシン運動で様子を見てきましたが、関節炎の症状が出ていることから、無理をさせず春は休養に充てることになりました。本日、ノーザンファーム早来へ向けて出発しています。到着後、社台クリニックにて詳しい検査を行い、必要であれば処置を行うことにしています。

2019.02.01 : ノーザンファームしがらき
マシン調整。馬体重519キロ。
今週水曜日にトレッドミルでの調整を終えた後、右前脚球節部に張りと熱感が見られたため、現在は騎乗調教を控えています。今週いっぱいはマシンでの調整にとどめ、ケアしながら様子を見ることにしています。

2019.01.25 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重518キロ。
この中間の調整も順調です。週3本は坂路で時計を出すなど強めの調教を継続していますが、脚元の状態に大きな変化は見られません。今回の休養で成長をとげて馬体にも迫力がでてきましたし、走りにも力強さが備わりました。来週以降も同じようなメニューで調整する予定です。

2019.01.18 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重518キロ。
先週同様に週2日は14-13を、1日は15-15を消化しています。調教ではやる気十分で行きっぷりのよさが目立ちますし、体の使い方もだいぶよくなってきました。脚元は小康状態を保っていますが引き続きケアしながら進めていきます。

2019.01.11 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重514キロ。
今週も周回コースと坂路を併用して調整しています。週に2本は14-13を、1本は15-15ほどの時計を出していて、それ以外の日は周回コースでゆったり走らせています。ふだんからやる気がみなぎっていますし、坂路では迫力十分の動きを見せています。球節の状態も悪化していないため、帰厩に向けてこのまま強めの調教を続けていけそうです。

2019.01.04 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重509キロ。
これまで坂路メインの調整を行ってきましたが、脚元の状態が安定しているため、きのう(木)から周回コースでも乗り出しました。ペースも上げていて坂路では14-14ほどの時計も出していますが、負荷をかけたことで体は引き締まり、動きもシャープになってきています。これからも週3本は強めの調教を行うことにしています。

2018.12.21 : ノーザンファームしがらき
坂路2本、トレッドミル調整。馬体重520キロ。
今週も坂路調整をメインにトレッドミルでもキャンター調整を行っています。きのう(木)は坂路で1本目をF17秒で、2本目は17-15くらいのペースで乗りましたが、調教を強めてからも脚元の状態はこれまでどおり安定しています。脚元の負担を軽減するためにも、体重の増えすぎに注意しながら進めていく必要がありそうです。

2018.12.14 : ノーザンファームしがらき
坂路2本、トレッドミル調整。馬体重515キロ。
今週から坂路での調整を始めており、月曜日ときのう(木)F17秒ほどのペースで2本乗りました。あすも坂路で調整する予定。運動量を増やしてからも脚元の状態は落ち着いているので、徐々に調教を強めていくことに問題はなさそうです。来週以降も週3日は坂路入りし、乗らない日はトレッドミルで強めの調教を行うことにしています。

2018.12.07 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整。馬体重514キロ。
引き続きトレッドミルでキャンター調整を行いつつ、周回コースで乗り運動を行っています。右前脚の球節の腫れや熱感は完全には引いていませんが、毎日運動後に冷却するなどケアしているため小康状態を保っています。体が増えてきたこともあり、来週から坂路でも乗り出すことになりました。

2018.11.30 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整。馬体重508キロ。
予定どおり今週からトレッドミルでキャンター調整を始めました。ペースも強めまで上げています。右前脚の球節はわずかに熱を持つことがありますが、運動を休むほどのものではないので、週明けから坂路入りして乗り運動を始めることにしています。

2018.11.23 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整。馬体重495キロ。
入場後はマシンで運動しながら、右前脚のケアを続けてきましたが、熱感もほとんどないので、きのう(木)からトレッドミルでの調整を始めました。いまのところ週明けからダク、キャンターへと少しずつペースを上げていく予定。今後も冷却を行うなどケアを徹底していきます。

2018.11.17 : 栗東:石坂正厩舎
石坂調教師「右前脚の球節に熱感があったためレントゲン検査を行いました。骨に異常は見つからず歩様も正常ですが、無理はさせられないので、予定していたレースは回避して、明日ノーザンファームしがらきへ放牧に出すことにします」

2018.11.15 : 栗東:石坂正厩舎
乗り運動。
助手「角馬場までいきましたが、常歩で歩様を確認するだけに留めました。次走の予定が決まりましたが、まだ時間があるので、今週いっぱいはコースには入れず、角馬場で体をほぐすくらいの運動にしてゆっくりさせるつもりです」
※12月16日(日)阪神10R(元町S/芝1600m)をルメール騎手で予定。

2018.11.14 : 栗東:石坂正厩舎
引き運動。
助手「負けてしまいましたが、悲観するような内容ではありませんでした。レース後も変わりはなさそうですが、ジョッキーも前回よりおとなしかったと言っていましたし、見えない疲れや気持ちの疲れもあるのかもしれませんので、まずはゆっくりさせながら注意深く見ていきます」

2018.11.11 : 11月11日レース後コメント(2着)
ルメール騎手「ゲート裏でステッキを入れて気合いが乗るよう促しましたが、それでも今日はおとなしかったですね。そのせいか出して行ってもポジションを取れませんでしたし、頭を上げて走っていました。残り100mからはいい脚を使ってくれましたが、届きませんでした」

2018.11.08 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝は角馬場でハッキングで乗って歩様確認をしています。追い切り前と特に変わらず順調です。馬体重は476キロだったので、前回より少しマイナスでの出走を想定しています。ここ2走は余裕残しの体付きでしたが、今回はさらに締まっていい状態で出走できると思います」
※今週11日(日)京都10R修学院S・芝1800m(外)にルメール騎手で出走します。

2018.11.07 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路 
坂 助手 53.5-39.0-25.8-13.3 一杯
外グラットシエル一杯と併入
助手「追い切りに乗ったのは久しぶりでした。元々体幹のいい馬でしたが、そこがさらにしっかりしていて、さらに良くなっている印象を受けました。動きも上々で、状態に心配はなさそう。今回も力の出せる仕上がりにあるとみて良さそうです」
※今週11日(日)京都10R修学院S・芝1800m(外)にルメール騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.11.01 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場
助手「今朝はいつも通り角馬場での調整。昨日、馬場でしっかりやったので、軽くダクを踏んで歩様だけ確認しました。来週出走の予定なので、ケアしながらいい状態で出走できるように整えていきます」

2018.10.31 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 85.8-70.3-55.7-41.7-13.3 馬なり
内オクラホマ馬なりに6Fで0.3秒先行5F併せでクビ差先着
助手「ハロー明けから少し時間が経っていたので馬場状態が悪くぼこぼこしていて、手綱を緩めるとのめりながら走っていたので、ハミをかけ直して起こしながら走らせました。今日はそこまで時計を出す予定ではなかったので最後まで余裕残しでしたが、追えばいくらでも伸びるような手応えはありました」

2018.10.25 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場。
助手「今朝は追い切った後なので、角馬場で軽めのハッキングでの調整でした。歩様も問題なかったですし、今日も元気いっぱい。よほど体調がいいのでしょうね。今のところ何の心配もありません」

2018.10.24 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 88.0-73.2-58.5-44.3-14.6 馬なり
助手「今朝はCWコースに入れて、単走で少し時計を出しました。15-15くらいの指示だったので時計は予定通りでしたが、道中のいきっぷりが良くて押さえるのが大変でした。馬は元気すぎるくらいで、体調は良さそうです」

2018.10.18 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 69.0-50.2-32.8-16.1 馬なり
助手「今朝は坂路1本の調整です。変わらず元気はいいです。明日はCWコースで乗って、週末はCWコースで15-15くらいの時計から出し始めていく予定です」
※馬体重482キロ 

2018.10.17 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 2回目 66.0-45.2-31.2-15.4 馬なり
助手「週明けから乗り出しを開始して、今朝は坂路を2本上がりました。昨日まではおとなしかったですが、ペースを上げたことを馬も理解したのか、今日はかなり元気が良かったですし、オンオフの切り替えもうまくなってきた印象です」 

2018.10.11 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場。
助手「角馬場で常歩のみの調整でした。馬体重も480キロとすでに戻ってきていましたし、回復は順調です。レースまで1か月ほど空くので、今週いっぱいは楽をさせようかと考えています」
※11月11日(日)京都10R(修学院S/芝1800m)をルメール騎手で予定。

2018.10.10 : 栗東:石坂正厩舎
引き運動。
助手「レース後は厩舎周りの引き運動で調整しています。夏のような暑い中での競馬になりダメージを心配しましたが、今のところカリカリした様子も見られませんし、目立った疲れもなくレース前と変わらず元気そうです」

2018.10.07 : 10月7日レース後コメント(1着)
ルメール騎手「3月の未勝利を勝ったとき以来の騎乗でしたが、馬も一回り大きくなったように思えますし、レースの立ち回りも前半はスムーズでしたね。前残りの展開で決め手勝負のレースになりましたが、久しぶりの分エンジンの掛かりがもう少しでしたが、残り200mでトップスピードになってからは、とても良い脚を使ってくれましたし、しっかりと勝ち切ってくれて良かったです。クラスは上がりましたが、やはり力がある馬ですね。一発でこのクラスを突破することができて嬉しいです。今日使ったことで次はもっと良くなりそうですよ。上に行っても楽しみですね。今日はありがとうございました」

石坂調教師「直線で進路が少し狭くなった時はどうなるかと思いましたが、残り1Fでエンジンに火が入ってからは圧巻の走りだったと思います。昇級初戦でしたが、圧倒的な1番人気に推してもらいましたしね。しっかりと期待に応えることができて安心しました。この血統らしい成長を示してくれていますから、まだまだパワーアップして更に楽しませてくれそうです」

2018.10.04 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場。
助手「今朝は角馬場でハッキングまでの調整。追い切り後も変わらず気配は良好です。馬体重は480キロ。前回東京に輸送した時は全く減らなかったので、ここから大幅に減ることはないとみています。少頭数でまぎれのない競馬になりそうですし、実力通りの力を出せれば今回も勝負になるでしょう」
※7日(日)東京9R鷹巣山特別・3歳以上1000万下・芝1600mにルメール騎手で出走します。

2018.10.03 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 51.7-38.4-25.4-12.9 仕掛け
助手「予定通り最終追いは坂路で単走追いで行いました。先週までに比べると今日はだいぶ馬場も良くなっていて走りやすく、リラックスして最後までリズムよく走れていました。乗っていてそこまで速い時計が出ている感覚はなかったのですが、51秒台が出ていましたし、いい動きだったと思います」
※今週7日(日)東京9R鷹巣山特別・3歳以上1000万下・芝1600mにルメール騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.09.27 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝は角馬場でダクだけ踏んで歩様を確認しました。昨日の一追いでだいぶ状態が上がってきた印象です。馬体重は482キロですが、コースにも入れて調整をしているので、前回とは同じ馬体重でも中身が違うと思います。来週は坂路で単走追いを考えていますが、ある程度しっかり追って仕上げるつもりです」

2018.09.26 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 53.6-39.4-25.8-13.2 一杯
内ベストウォーリア一杯と併入
助手「今週も馬場状態が悪くかなりぼこぼこで走りづらい状態ではありましたが、最後までハミをしっかり取って集中力を切らさずしっかり走ることができていました。今日の馬場でこの時計で走れれば動きとしては十分でしょう」

2018.09.20 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 82.5-66.9-53.2-40.2-13.5 一杯
内ベストウォーリア仕掛けに6Fで1.1秒先行3F併せで0.2秒遅れ
助手「今日は3~4コーナーの馬場状態が球節あたりまで埋もれるくらいかなり悪く、2度躓いていました。無理はさせなかったですし、併せた馬は内を回ったので今日の遅れは仕方のないところ。息遣いや動きなどは先週より良くなっていました。調教後の馬体重は482キロだったので、もうひと絞りといったところですね」

2018.09.19 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 64.7-47.8-31.7-15.6 馬なり
助手「月曜日に坂路で時計を出した後も引き続き順調に調整していて、今朝は坂路を1本上げています。まだ明日のメニューは決まっていませんが、追い切りをかける予定になっていて、おそらくCWコースで追い切ることになるかと思います」

2018.09.13 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「馬体重は先週から2キロ減で、ここからはガタッと大きく減ったりすることはなさそうです。前走は少し太かったので、今回は470キロ台での出走ができるように馬を作っていこうと考えています。ここにきて涼しくなってきたので、馬も楽になったのか活気も出てきています」

2018.09.12 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 86.0-70.7-56.2-41.8-13.4 馬なり
内ストーミーバローズ馬なりを6Fで1.6秒追走2F併入
助手「前の馬に引っ張ってもらい、テンは15秒くらいでゆったり入って乗りました。そこまで速い時計を出すつもりもなかったですし、全体の時計もちょうどよかったと思います。特に気になるところもなく、順調に乗り込めています」

2018.09.06 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「角馬場を軽めのハッキングで2周しましたが、歩様も問題なく疲れも感じさせません。馬体重は486キロと絞れてきました。週末はフラットコースに出して乗ってみる予定です」

2018.09.05 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 58.8-41.1-28.8-14.4 馬なり
助手「今日は帰厩後1本目の追い切りなので、そこまで速い時計は出しませんでしたが、今回は前回と同じ馬体重でも、動きに重苦しさを感じさせません。暑さとG1を使った見えない疲れもあったのかもしれませんね。今回のほうが状態がよさそうです」

2018.08.30 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路。500キロ
坂 助手 68.1-48.9-31.6-15.5 馬なり
助手「今回は初日から落ち着いて調教に臨めていました。前回は急仕上げ気味で少し重かったですからね。今回は早めに戻したので、じっくり調整していけると思います」
※10月7日(日)東京9R(鷹巣山特別/芝1600m)をルメール騎手で予定。

2018.08.29 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2018.08.24 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重493キロ。
予定どおり週3本のペースで15-15を消化しています。体は多少立派に映るので、これ以上太らないよう注意していますが、調教での動きは素軽く、きれいなフォームで走っています。帰厩に向けて体調管理に努めつつ、さらに速い時計を出すなど徐々に調教を強めていきます。

2018.08.17 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重491キロ。
体重が増えてきましたし、順調に調整が進んでいることから、今週水曜日から15-15を始めました。相変わらず動きはよく、行きっぷりもかなりのもの。状態面のよさもありますが、成長して着実に力をつけているようです。あすも15-15を消化しますが、来週以降
週3本時計を出していくことにしています。

2018.08.10 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重484キロ。
この1週間も周回コースと坂路を併用して調整しており、坂路ではF17秒ほどのペースで調整しています。前進気勢が強く、ゴールに近づくにつれて抑えるのがキツくなります。さらにパワーをつけているようです。来週以降徐々にペースを上げていくことなりそうです。

2018.08.03 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重481キロ。
疲れも見せていないので今週月曜日から馬場入りしています。坂路でのペースもF17秒まで上げました。乗り出したことで体重が若干減りましたが、これから運動量を増やしていくことでカイバの量も増やすのですぐに体重は戻りそうです。もうしばらく同じようのメニューで調整することにしています。

2018.07.27 : ノーザンファームしがらき
乗り運動。馬体重486キロ。
入場後は疲れた様子を見せるどころか元気いっぱいなので、きのう(木)乗り運動に出て歩様を確認しました。硬さもなく、適度に気持ちも乗っていて状態はとてもよさそうです。来週以降、トレッドミルを併用しながら軽めの騎乗調教も行っていきます。

2018.07.25 : 石坂正厩舎→ノーザンファームしがらき
石坂調教師「本当はこの暑い時期に使いたくはありませんでしたが、1勝馬で500万条件の身でしたし、先々の事を考えて使う選択をしました。出来としたら8分ぐらいだったかもしれませんが、暑い中で馬も良く頑張って結果を出してくれたと思います。レース後もガタっときている様子はありませんが、今日ノーザンファームしがらきに移動させて休ませることにしています」

2018.07.22 : 7月22日レース後コメント(1着)
福永騎手「府中コースだったらもう少しどっしり構えて我慢しましたが、直線までに前との差を詰めておこうと思い、早めに仕掛けていきました。コーナーではトモが流れてしまっていましたし、まだまだ馬体には緩さがありますね。着差も僅差でしたが、それでも今日は勝つということが大事。今後に向けて大きな1勝だと思います。良くなるのは来年以降でしょうが、先々はまた重賞の舞台で活躍できる能力を持っている馬です」

2018.07.19 : 栗東:石坂正厩舎
乗り運動。
石坂調教師「今朝は厩舎周りの乗り運動で調整しましたが、追い切り後も変わりなく順調です。馬体重は480キロで、レースも同じくらいでの出走になるとみています。今回は自己条件になりますし、負けられない一戦です」
※今週22日(日)中京7R3歳以上500万下・芝1600mに福永騎手で出走します。

2018.07.18 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 51.3-38.1-25.3-12.7 馬なり
助手「そこまで時計も出すつもりもなく、跨っていてもここまで出ているとは思わなかったのですが、先週に比べても走りは更に良化がみられました。少し仕掛けた程度で、まだまだ手応えにも余裕がありましたし、状態に関しては何の問題もありません」
※今週22日(日)中京7R3歳以上500万下・芝1600mに福永騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.07.12 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「追い切り後も問題ありません。馬体重も482キロと絞れてきましたし、本数を重ねて動けるようになってきたので、それにつれて馬も元気が出てきました。今週末はCWコースに入れて、態勢を整えていく予定です」

2018.07.11 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
7/8(日)CW 74.5-59.5-44.5-13.9 馬なり
7/11(水)坂 助手 53.5-39.1-25.9-12.8 一杯
助手「まだ体が重たいので先週末もCWコースに入れて、今日は坂路でしたが終いまである程度しっかり追いました。まだドタドタした走りではあるのですが、帰厩当初に比べるとだいぶ息遣いは良くなってきました」

2018.07.05 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝は角馬場で軽めのハッキングまでの調整で、歩様を確認しました。馬体重は490キロと絞れてきていますが、前回から10キロ増くらいで出走させることができればと考えています。明日はゲートを確認する予定です」
※次走の鞍上は福永騎手を予定しています。

2018.07.04 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 89.5-72.3-57.0-42.7-13.9 馬なり
助手「成長分もあると思いますが、帰厩時の馬体重は500キロと見た目にはまだ余裕がありますね。今日は15-14くらいの指示だったので、時計はほぼ予定通り。1本目でしたが、動きに重苦しさもなく、ストライドが大きくなった印象を受けました」

2018.06.29 : ノーザンファームしがらき→石坂正厩舎
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重502キロ。
帰厩に備えて今週から15-14を始めるなどペースを上げました。相変わらずいいフットワークで楽な手応えのまま坂路を駆け上がっています。この時期としては体調がよく、暑さに負けてイライラしたり、食欲が落ちたりすることもありません。本馬は予定しているレースへの出走に向けてきょうの検疫で栗東トレセン・石坂厩舎に帰厩しました。

2018.06.28 : ノーザンファームしがらき→石坂正厩舎
明日、栗東トレセンに移動します。

2018.06.22 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重497キロ。
週3本15-15のペースで乗るなど調整は順調です。暑さにも慣れて調教でも俊敏な動きを見せるようになっていますし、食欲も旺盛で腹袋もしっかり。全体的にどっしりしてきた印象です。いまのところ来週中の帰厩予定されており、あすも15-15を消化することになりそうです。

2018.06.15 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重495キロ。
この中間の調整も順調です。先週末からさらに調教を強めて15-15を始めました。すでに2本時計を出しましたが、だいぶ活気が戻るなどいい頃の状態に近づいてきています。帰厩に向けてあすは15-15か、それ以上の速い時計を出すかもしれません。

2018.06.08 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重493キロ。
予定どおり先週末に16-15までペースを上げるなど調整は順調です。夏バテの兆候も見られず元気いっぱい。馬体の張りもひときわ目立っています。7月22日(日)中京(芝1600m)目標に進めるプランもあるため、来週半ばから徐々にペースを上げていくことになりました。

2018.06.01 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重487キロ。
この中間の調整も順調です。だいぶ活気が戻ってきましたし、毛ヅヤや馬体の張りも保っています。これまではF17秒までにとどめていましたが、ペースを上げても問題ない状態のため、あす16-15ほどの時計を出す予定。順調なら来週から15-15を始められそうです。

2018.05.25 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重485キロ。
今週も周回コースと坂路を併用して調整しています。まだ次走予定が決まっていないため、引き続きペースはF17秒ほどでとどめていますが、以前より体質が強化されたせいか回復が早く、体調も安定。いつでもペースを上げられる状態です。

2018.05.18 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重481キロ。
リラックスしていて馬体重も増加、心身ともに順調に回復しているため、予定を早めて今週水曜日から乗り出しました。坂路ではすでにF17秒ほどで乗っていますが、まだ目標が決まっていないので、現時点でこれ以上ペースアップする予定はありません。メリハリをつけた調教で成長を促していきます。

2018.05.11 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整。馬体重471キロ。
きのう(木)からトレッドミルで調整を始めました。まだトモを中心に疲れが残っていて運動中もクタクタしているため、しばらくは軽めの調整を続けながら体をほぐしていきます。騎乗調教を始めるのは早くても来週後半からになりそうです。

2018.05.09 : 石坂厩舎→ノーザンファームしがらき
昨日、ノーザンファームしがらきに移動しています。
石坂調教師「昨日元気に出発していきました。自己条件から再出発ですし、焦っても仕方ないので、まずはしっかり休ませてから今後の事は考えていきます」

2018.05.06 : 5月6日レース後コメント(3着)
岩田騎手「ゲートは気を付けていたのですが、中で少しうるさくて斜めに出るような形になってしまいました。道中は折り合いもついて、それ以外はとても乗りやすかったです。直線は手応えも十分で、しっかりと反応してくれましたからね。これならと力が入りましたが、1頭になってフワッとしてしまったのがもったいなかったですね。さすがに結果は悔しいですけど、長くいい脚を使ってくれましたし、本当によく頑張ってくれました」

2018.05.03 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝はダク中心に軽めのハッキングも交えて歩様を確認しました。馬は変わらず元気一杯です。広いコースに変わるのはプラスに働きそうですし、スタートをうまく出て流れに乗ることができればチャンスはあると思っています」
※今週6日(日)東京11R NHKマイルC(GⅠ)芝1600mに岩田騎手で出走します。

2018.05.02 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 岩田 53.9-39.7-25.7-12.7 仕掛け
外イシュトヴァーン馬なりと併せで0.1秒遅れ
石坂調教師「先週に引き続き岩田騎手に乗ってもらい坂路で追い切りました。先週はCWコースで追っていますし、東京への輸送もあるので後ろから追いかけていって、終いはあまりやりすぎないようにとの指示。予定通りの追い切りができました」
※今週6日(日)東京11R NHKマイルC(GⅠ)芝1600mに岩田騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため除外はありません。

2018.04.26 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝は軽くハッキングまで乗って歩様を確認しましたが、馬体重は472キロで馬体も戻っていましたし、大きな問題もなく変わらず順調にきています」

2018.04.25 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 岩田J 73.4-58.7-44.2-13.5 馬なり
助手「今朝の追い切りは岩田騎手に乗ってもらいました。時計も予定通りでしたし、岩田騎手も上がってきて、『乗り味がいいし、とても乗りやすかった』と話していました。内臓面も強く飼い葉食いが悪くならない馬なので、レース後の回復も速かったですし、調整は順調です」
※NHKマイルCの鞍上は岩田騎手を予定しています。

2018.04.19 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 69.9-51.3-33.5-16.4 馬なり
助手「今朝から坂路に入れ始めました。軽めのところでしたが、歩様など状態に特に問題はないので、このまま立ち上げていけると思います。今のところNHKマイルCに向けて進めていく予定です」

2018.04.18 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝から乗り出して、角馬場で歩様を確認しました。レースを使ったなりの筋肉の疲れは感じられますが、大きな張りはないですし脚元も問題ありません。今日乗った感じなら、明日から坂路に入れていっても大丈夫そうです」

2018.04.14 : 4月14日レース後コメント(3着)
M.デムーロ騎手「少し後ろにもたれるような格好になった時に開いてしまい、あまりいいスタートではありませんでした。それでも勝ち馬の後ろでマークするような形で運べましたし、外から蓋もされていたのでこれならと思いながら乗っていました。手応えも良く追い出した時はいけると思ったのですが、勝ち馬の前があいて向こうが追い出すと一気に突き放されてしまいました」

2018.04.12 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝は角馬場でダクを長めに踏んで歩様の確認をしました。馬房では大人しく過ごしていますが、調教中はうるさいくらい元気一杯ですね。馬体重は472キロ。前走と同じくらいでの出走を見込んでいます。瞬発力勝負になると分が悪いと思うので、ある程度流れた方が良さそうですね。展開次第では自分でペースを作ってもいいかもしれません。まだまだこれからの馬ですし、1勝馬で挑戦者の立場なので、このメンバーでどこまでやれるかですね」
※今週14日(土)阪神11R(アーリントンカップ(GⅢ)/芝1600m(外)にM.デムーロ騎手で出走します。

2018.04.11 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 54.1-39.9-26.3-13.0 一杯
内シャイニーゲール一杯と併せで0.3秒先着
助手「最終追いは予定通り坂路で追いました。チップの入れ替えがあったので、馬場が重く時計はかかりましたが、追い出してからもシュッと反応して併走馬を離しましたし、文句のない動きだったと思います」
※今週14日(土)阪神11R(アーリントンカップ(GⅢ)/芝1600m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.04.05 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝は角馬場で軽めのハッキングまでの調整。追い切り後も何も問題ありません。馬体重は474キロ。先週今週とCWコースでしっかり追い切ったので、来週の最終追いは坂路でやるかもしれません」

2018.04.04 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 84.0-69.4-55.0-41.1-13.2 仕掛け
助手「先週しっかり時計を出したので、今週はやりすぎないように気を付けて追いました。今日は全くの楽走でしたし、ゴール板を過ぎて向こう正面で止めるまでも、まだまだ余裕がありました。ちょうどいい感じで追い切りができたと思います」

2018.03.29 : 栗東:石坂正厩舎
乗り運動。
助手「今朝は乗り運動で調整しています。馬体重は474キロで、見た目にも昨日の一追いで少し締まってきた印象ですが、まだ余裕はあります。後レースまで2週間ありますし、ちょうどいい具合できているのではないかと思います」

2018.03.28 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 81.1-66.9-53.0-39.7-12.4 馬なり
外ブルンクザール一杯に6Fで0.2秒追走4F併入
助手「6Fで84~5秒くらいの予定でしたが、思っていたより時計が出ていましたね。それでも終い少し手綱を離したくらいですし、まだまだ余力は十分。競馬を使いつつ、それだけ馬も動けるようになってきているということでしょう。体調も良く、順調にきています」

2018.03.22 : 栗東:石坂正厩舎
乗り運動。
助手「今朝は馬場も悪かったので、乗り運動で調整しました。追い切り後も落ち着いていて、変わりなく順調です。馬体重は478キロでした。太め感もなく後3週あるので、問題なく仕上がると思います」

2018.03.21 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 60.1-45.0-29.8-15.0 馬なり
助手「全体の時計は58秒くらいの予定でしたが、馬場が悪く少し遅くなりました。時計のかかる状態でしたし、負荷はしっかりかかっていると思います。馬は元気一杯ですが、前回のような変なうるささはなく、疲れもなくリフレッシュした状態にあると思います」

2018.03.17 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセンに入厩しました。

2018.03.16 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重478キロ。
今週月曜日から乗り出し、すでに坂路ではF17秒ほどのペースで調整しています。ふだんは落ち着いていますが調教に出てからは元気いっぱいです。次走予定が決まり来週の検疫で栗東トレセン・石坂厩舎に帰厩することになりましたが、緩めず調整してきたので追い切らずに送り出すことにしています。

2018.03.15 : 次走予定
4月14日(土)阪神11R(アーリントンC/芝1600m)をM.デムーロ騎手で予定しています。

2018.03.09 : ノーザンファームしがらき
マシン調整。馬体重469キロ。
火曜日に入場しました。現在はマシンで調整しリフレッシュを図っていますが、元気いっぱいでとくに傷んだところもなさそうなので、週明けから騎乗調教を始める予定。状態を確認してから今後のメニューを決めることにしています。

2018.03.07 : ノーザンファームしがらき
昨日、ノーザンファームしがらきに移動しました。
石坂調教師「レース後も大きなダメージはなさそうですが、続けて使ってきたので、一度放牧に出してリフレッシュを図ります。今後については状態を見ながら考えます」

2018.03.03 : 3月3日レース後コメント(1着)
ルメール騎手「ついに勝ちましたね。おめでとうございます。スタートもスピードに乗るまでも速かったので前に行きました。先頭でもリラックスしてマイペースでしたし、直線も合図を送らなくても自分から加速してくれました。ポテンシャルが高い馬なのはわかっていましたが、そのとおりの走りで楽勝でしたね。間違いなく上のクラスまでいける馬だと思います」

石坂調教師「レース前にジョッキーが『逃げるつもり』と話していたので、プランどおりのレースになりました。まず負けないだろうと思っていましたが、安心して見ていられましたよ。物見していた馬が自分でレースを作ったというところに成長を感じますね。本当ならもっと早く勝たせなければならない馬なのに、時間がかかってしまって申し訳なく思っていますが、その分これから1戦1戦を大事にして上を目指していきます。今後についてはこれから考えます」

2018.03.01 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
石坂調教師「前走後も順調に調整することができましたし、昨日の追い切りも先着してまずまずの動き。中々勝ち上がることができませんが、今回こその気持ちで送り出します」
※今週3日(土)阪神6R 3歳未勝利・芝1800m(外)にルメール騎手で出走します。

2018.02.28 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 52.3-38.2-25.4-13.1 一杯
内ミルコメダ一杯と併せで0.5秒先着
助手「今週レースの予定ですし、遠慮して手加減しても仕方ないので、終いは一杯に追いました。先着できましたし、動きとしてはまずまずだったと思います。後は想定を見て強いメンバーがいないことを祈っています」
※今週3日(土)阪神6R(3歳未勝利/芝1800m)にC.ルメール騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2018.02.22 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
石坂調教師「今朝は角馬場でハッキングまででしたが、引き続き順調です。体調は良いですし、勝ち運に中々恵まれませんが馬の能力は確かですので、次で決められるようにしっかり仕上げていくつもりです」

2018.02.21 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 87.8-72.8-58.4-44.6-14.4 馬なり
助手「今朝はCWコースを単走で15-14の指示。これくらいの時計なので終始楽な手応えでしたし、以前に比べて手前の替え方も上手になり走りも良くなってきていますね。中間も引き続き順調です」

2018.02.15 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 68.1-50.3-33.3-16.3 馬なり
助手「今朝から坂路入りしています。相変わらず元気があって、疲れもなさそうですね。中々勝ち運に恵まれませんが、中2週で競馬に向かうことになったので次こそ決められるように頑張ります」
※3月3日(土)阪神6R(芝1800m)をルメール騎手で予定。

2018.02.14 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今日から角馬場で乗り出しました。脚元も全く問題ありませんし、飼い葉もしっかり食べていて、うるさいくらい元気でした。この感じなら明日から坂路に入れていった方がいいかもしれません」

2018.02.10 : 2月10日レース後コメント(2着)
M.デムーロ騎手「返し馬でやる気を感じたし、前回よりトモに筋肉がついて力強くなっていたので前で競馬をしてみました。道悪を気にするところはなく、勝ち馬を見ながら上手にレースができました。最後まで脚を使ってくれたけど、勝ち馬もバテずに伸びていました。勝った馬がすごく強かったです」

石坂調教師「すみませんでした。前回より出していった分、最後の伸びがもうひとつでした。今のところ次は中2週か中3週で阪神の1800mに向かおうと考えています」

2018.02.08 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「追い切った後なので、角馬場でハッキングの軽め調整。変わりなくきていますし、馬体重も474キロと先週から増減なしでした。そろそろ何とかしたいところですね」
※今週10日(土)京都5R(3歳未勝利/芝1800m(外))にM.デムーロ騎手で出走します。

2018.02.07 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 53.2-39.1-26.1-13.1 強め
内ストーミーバローズ強めと併せで0.3秒先着
助手「先週CWコースでびっしり追いましたし、最終追い切りは坂路で。しっかり反応して先着できましたし、動きとしては十分。この一追いで仕上がったでしょう」
※今週10日(土)京都5R(3歳未勝利/芝1800m(外))にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.02.01 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「昨日は目一杯に追いましたが、角馬場で確認した感じでは特に歩様も問題ありませんでしたし、馬体重も474キロとまだ少し余裕はありそうです。ようやく落ち着きも出てきたので、このまま進めていきたいですね」

2018.01.31 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 79.9-66.1-53.2-39.3-13.9 一杯
外ミルコメダ一杯と6F併入
助手「放牧明けですし、1週前なのでびっしり追いました。息遣いは悪くなかったですが、さすがに最後の1Fは脚の回転が重くなって一杯になってしまいました。ただ、これだけの時計が出るのは能力の証ですし、この一追いで状態は上がってくると思います」

2018.01.27 :
ルメール騎手の騎乗停止により、次走予定レースの鞍上はM.デムーロ騎手に変更となりました。

2018.01.25 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。476キロ。
助手「今朝はいつも通り角馬場でダクとハッキングの調整。追い切った後ですが、今日くらい落ち着いていてくれれば大丈夫そうです。飼い葉もしっかり食べています」

2018.01.24 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
1/21(日)CW 助手 87.6-72.5-58.3-44.4-14.0 馬なり
1/24(水)CW 助手 87.9-71.8-56.7-41.8-13.3 仕掛け
内ミルコメダ馬なりと6F併入
外シャイニーゲール馬なりと6F併せで0.6秒先着
助手「入厩後は気が入っている様子だったので心配していたのですが、先週末時計を出しことでようやくガス抜きが少しできたようです。メンコを着けてもあまり効果がなかったので今日は舌を縛ってみましたが、今日くらい折り合いがつけられれば問題なさそうです」

2018.01.18 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 71.2-52.6-34.3-17.0 馬なり
石坂調教師「疲れも抜けて態勢が整ったので、後は厩舎でじっくり調整したいと思い、予定を前倒しして入厩させました。次走は1800mに戻してみます」
助手「坂路を1本上がりましたが、乗り味は相変わらずいいですし、疲れもすっかり抜けて体調は良さそうです。このまま順調に立ち上げていけると思います」
※2月10日(土)京都5R(未勝利/芝1800m)をルメール騎手で予定。

2018.01.17 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセン・石坂厩舎に入厩しました。

2018.01.12 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重483キロ。
疲れが抜けてだいぶ元気を取り戻しました。先週末から時計を出し始めていて週に2本は15-15を消化。動きにも素軽さが感じられます。あすも15-15程度の調整を行いますが、再来週の帰厩に向けてさらにペースを上げることにしています。

2018.01.05 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重482キロ。
年末に楽をさせたこともあり、フレッシュで元気いっぱい。体重の増加を見ても順調に回復していると言えそうです。きのうから坂路でも乗り出しましたが、硬さも気になりませんでした。1月中の帰厩に向けてここから徐々にペースを上げていきます。

2017.12.22 : ノーザンファームしがらき
マシン調整。馬体重466キロ。
今週火曜日に入場しました。元気がありませんし、背中にも張りがあるなど疲れた様子を見せています。来週も軽めの運動にとどめて回復を待ちますが、背腰については低周波などでケアするかもしれません。

2017.12.20 : 石坂厩舎→ノーザンファームしがらき
昨日、ノーザンファームしがらきに移動しました。
石坂調教師「折り合いは大丈夫とレース前にジョッキーには伝えてあったのですが、用心したのか位置取りが後ろになりすぎましたね。牧場には毎週行っているので、この後の馬の疲れの状態を見ながら厩舎に戻す予定です」

2017.12.16 : 12月16日レース後コメント(2着)
M.デムーロ騎手「まだ体も緩く感じて、あまりスタートから出していきたくなかったので、後ろからになりました。直線は勝ち馬に一旦並びましたが突き放されてしまって、ちょっと相手が強かったですね。非常に高い能力を秘めている馬ですが、まだまだ気性も子供でこれからの馬です」

石坂調教師「能力があるのは間違いないですが、どうもうまく噛み合わないですね。3回使ってきたので、ここで一旦放牧に出して一息入れたいと思います」

2017.12.14 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝はいつも通り角馬場でハッキングまでの調整。馬体重476キロと先週と変わらずでしたし、状態の方は変わらず良さそうですね。スピードがあるので距離短縮にも対応できると思いますし、後はジョッキーに任せます」
※今週9日(土)阪神3R・2歳未勝利・芝1600m(外)にM.デムーロ騎手で出走します。

2017.12.13 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 53.0-38.0-25.5-12.8 強め
外ハリー一杯に0.1秒先着
石坂調教師「最終追いは坂路で行いました。もう少し引き離すかと思いましたが、併せ馬も動きましたね。時計としては十分で、動きには満足しています。疲れもなく状態は引き続き変わらずきているので巻き返したいですね」
※今週16日(土)阪神3R2歳未勝利・芝1600m(外)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありあせん。

2017.12.07 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝は追い切った後なので角馬場のみの調整でしたが、坂路を乗ってもいいくらい馬は元気でした。馬体重も先週から4キロ増えていましたし、飼い葉食いも変わらず良好です。今週末は速いところはやらず、来週の本追い1本でレースに向かうつもりです」

2017.12.06 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 89.7-72.6-57.6-42.1-13.5 馬なり
外バレーノロッソ馬なりに6Fで0.4秒先行5F併入
助手「普通の馬は15秒くらいを切るとフォームが少し変わってくるものですが、この馬はこのくらいの時計ならそのまま走ってくるので、乗っていて時計になっているのか不安になるくらいです。相変わらずこの程度の追い切りなら馬も何とも思っていなそうな雰囲気ですし、カリカリするようなところもなく落ち着いています」

2017.11.30 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 67.9-49.7-32.2-16.1 馬なり
助手「レース後の息の入りは新馬戦より良かったので、全力で走りきっていない感じがしますし、怖がりなところが少しあるので、馬ごみに入れて競馬をしたことで気性の幼さがでてしまい反応が悪かったのかもしれません。今日から坂路に入れて乗り出しましたが、特にダメージもなく馬は元気なので、このまま立ち上げていけそうです」
※12月16日(土)阪神3R(芝1600m)をM.デムーロ騎手で予定。

2017.11.29 : 栗東:石坂正厩舎
引き運動。
石坂調教師「レース後は厩舎周りの引き運動で様子を見ていましたが、馬は疲れた様子も見せず元気なので、明日は軽めに乗ってみる予定です。今のところこのまま厩舎に置いて続戦の予定で、阪神開催での出走を目指していきます」

2017.11.25 : 11月25日レース後コメント(5着)
武豊騎手「前走より道中の折り合いはついたのですが、今日は4コーナーでの反応が今ひとつでした。直線も最初は前は空いていたのですが、もたついている間に寄られて進路がなくなってしまって。すみません」

2017.11.23 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「今朝は角馬場で軽めに乗りましたが、飼い葉も食べて馬体重は474キロでした。追い切ってテンションが上がらないか心配でしたが、新馬戦の時よりむしろ落ち着いているくらいです。今回は出来れば馬群の中に入れて競馬をさせたいですね。今後のローテーションの事を考えると今回は落とせない一戦と思っているので、何とかいい結果を出したいです」
※今週25日(土)2歳未勝利・芝1800m(外)に武豊騎手で出走します。

2017.11.22 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 54.4-39.3-25.4-12.7 仕掛け
外ミルコメダ一杯に0.7秒先着
助手「後ろから追いかけていきましたが、真面目に走っていたのは並んだ一瞬だけでしたね。その時はグッと沈みましたし、いいフォームでした。抜け出してからはまた遊びながらでしたが、この先進めていけばうるさくなってくるでしょうし、まだ余裕を持たせておきたいので気持ち的にはこれくらいでちょうどいいと思います」
※今週25日(土)2歳未勝利・芝1800m(外)に武豊騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2017.11.16 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「追い切った後なので、今朝は角馬場でハッキングの調整。飼い葉も食べて馬体重は476キロと先週より2キロ増えていました。まだびっしりやっていないので馬は変わらず余裕がある様子ですが、今も運動量はしっかりありますからね。来週に向けて今のところ体調面での不安はありません」

2017.11.15 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→CWコース
CW 助手 85.8-69.8-54.9-41.1-13.4 馬なり
内ミルコメダ馬なりと6F併せで0.1秒先着
助手「向こう正面から併せていましたが、4コーナーの何もないところで急に体をよじらせて物見をして、気性的な幼さは相変わらずですね。今日は真面目にハミを取って走ったのはラスト50mくらいでした。これくらいの時計の追い切りだと、馬が何とも思っていないというか、余裕があるのでしょうね。変わらず順調です」

2017.11.09 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
 坂 助手 68.4-50.9-33.8-16.7 馬なり
助手「今朝も引き続き坂路1本の調整。変わらず順調です。明日はCWコースで乗って、週末は時計にならない程度に大きめのところを乗っておきます」

2017.11.08 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 64.0-47.3-31.5-15.5 馬なり
助手「まだ速いところはやらず軽めの調整が続いていますが、飼い食いも良く体調もいいので、特別なことはぜずにこの中間も順調に調整することができています。明日も坂路を軽めに1本上がる予定です」

2017.11.02 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 68.8-51.5-34.3-16.9 馬なり
助手「元気が有り余っていますし、あまり休ませすぎてもうるさくなってくるので、今朝から坂路に入れ始めました。疲れは感じさせませんでしたし、これでガスも抜けてくるでしょう。このまま順調に立ち上げていけると思います」
※11月25日(土)京都4R(芝1800m)を武豊騎手で予定

2017.11.01 : 栗東:石坂正厩舎
角馬場調整。
助手「若さを出して負けてしまいましたが、高い能力を確認できたのは良かったと思います。こういう気性なので少し精神的な気疲れはしている様子ですが、本気で走ってないので、馬体のダメージは全くなさそうですね。今日は角馬場のみに留めましたが、明日からは坂路入りさせるかもしれません」

2017.10.28 :
10月28日レース後コメント(2着)
武豊騎手「ゲートの跡などで芝が傷んで色が変わっているところを気にして、毎回ブレーキをかけてしまっていました。今日はとにかく物見が酷くて若さ満開のレース。まだ馬が子供でそのあたりが次はどこまで解消してしてくるかわかりませんが、能力は間違いなく高い馬です」

2017.10.26 :
(石坂厩舎)
角馬場調整。
助手「今朝は角馬場でハッキングまでの調整。追い切った後も変わりありませんし、引き続き順調にきています。この時期の2歳馬としては乗った感じもしっかりしていますし、心臓もいい。評判馬も出て来るようですが、こちらも良血馬ですし、ヒケは取らないと思います。初戦から楽しみです」
※今週28日(土)2歳新馬・芝1800m(外)に武豊騎手でデビューします。

2017.10.25 :
(石坂厩舎)
角馬場→坂路
 坂 助手 54.1-39.4-25.9-12.9 強め
内ベストマイウェイ強めと併入
助手「最終追いは坂路でやりました。少し仕掛けましたが、馬場が悪かったので最後はのめらないように気を付けてかかえたので、まだ余力はありました。まっすぐ走っていましたし、ここまでフラットコースでやってきているのでこれで十分。ここまでは何も言うことがありません」
※今週28日(土)2歳新馬・芝1800m(外)に武豊騎手でデビューを予定しています。想定から除外はありません。

2017.10.19 :
(石坂厩舎)
角馬場調整。
助手「今朝は角馬場でハッキングまでの調整です。追い切った後も変わりありませんし、昨日の動きが良く来週が楽しみになりましたね。たまにテンションが上がることがあるので、そこだけ気を付けて進めていきます」

2017.10.18 :
(石坂厩舎)
角馬場→CWコース
 CW 武豊 86.0-68.8-53.9-39.7-12.3 馬なり
外キングカヌヌ一杯を5Fで0.4秒追走4F併せで0.4秒先着
武豊騎手「乗り味がとてもいい馬ですし、心臓もいいですね。父がキングカメハメハということで、上の兄弟とはまた違ったタイプで、距離も兄弟より長いところでも大丈夫そうですよ。良い感触が得られたので、レースが楽しみです」

2017.10.12 :
(石坂厩舎)
角馬場→CWコース
 CW 助手 85.8-70.0-54.1-40.5-13.2 馬なり
内ミルコメダ馬なりと6F併せで0.1秒先着
石坂調教師「同じ2歳未出走の馬と併せましたが、馬なりでしたし、言うことのない動きでした。来週はジョッキーを乗せて追い切るつもりでしたが、高い能力を感じているので楽しみです」

2017.10.11 :
(石坂厩舎)
角馬場→坂路
坂 助手 67.7-49.8-33.1-16.4 馬なり
坂 助手 66.9-48.8-31.9-15.7 馬なり
助手「この中間も順調に進めています。乗るごとに良くなってきていますし、飼い葉食いも落ちないので調整もしやすいですね。まだフラットコースか坂路のどちらかは決まっていませんが、明日は時計を出す予定です」

2017.10.05 :
(石坂厩舎)
角馬場調整。
石坂調教師「追い切った後なので、角馬場で軽めの調整です。状態に変わりはないので、この後は28日の京都5R(芝1800m)を武豊騎手デビューの目標で進めて行きたいと思います。再来週あたりに一度、武騎手に跨ってもらい、感触を確かめてもらうつもりです」

2017.10.04 :
(石坂厩舎)
角馬場→CWコース
CW 助手 73.4-58.0-43.0-14.6 馬なり
外キングカヌヌ馬なりと併入
石坂調教師「今日はフラットコースで追ってみました。15―14くらいのつもりでほぼ予定通りの時計でしたが、これくらいなら持ったままで出せますね。普段は人懐こいところを見せていますが、カッカしやすいところもあるので、気をつけて進めていきたいと思います」

2017.09.28 :
(石坂厩舎)
角馬場→坂路→ゲート試験
坂 助手 71.0-52.2-34.5-16.9 馬なり
助手「ゲート試験を受験して無事合格しました。特に2回目は発馬も速かったですし、スタートセンスがありますね。このままデビューまで調整していくことになると思いますが、いいスピードを持っているので、マイルから1800mあたりが合いそうな気がしています」

2017.09.27 :
(石坂厩舎)
角馬場→坂路→ゲート練習
坂 助手 69.5-51.2-34.3-17.0馬なり
助手「今朝も坂路を上がってからゲート練習へ。2回目の駐立の時に、後ろへもたれかかるようなところがありましたが、発馬自体は変わらず速いですね。入りを少し躊躇するところもあったので、イライラしてくる前に明日試験を受けてみることにします」

2017.09.21 :
(石坂厩舎)
角馬場→坂路→ゲート練習
坂 助手 66.6-49.0-32.8-16.8 馬なり
助手「昨日は消音ゲートだったので、今日は通常ゲートで音を聞かせてみました。1回目に出して少しずつ走らせると、2回目はイライラして枠内でソワソワしていたので、それ以上は練習の進行を急がないようにしました。明日も、一度出してからの駐立練習をメインにして、ゲート試験は早くて来週の水曜日か木曜日あたりに受ける予定で進めていきます」

2017.09.20 :
(石坂厩舎)
角馬場→坂路→ゲート練習
坂 助手 67.9-49.9-32.9-16.2 馬なり
石坂調教師「まだ周りを見てキョロキョロしていますが、これは慣れていくしかないですね。先週末にゲート練習をおこないましたが、良すぎるくらいの出でした。牧場ではそこまでゲートは出していないはずなので、本能で出ているのでしょう。このまま一気に進めると馬もイライラしてきそうなので、今日は後ろ出しと手開けで落ち着かせることを重点に練習しました。明日は普通に出してみて、出るようなら金曜日に試験を受けることも考えます」

2017.09.14 :
(石坂厩舎)
角馬場→坂路
坂 助手 64.0-47.5-31.4-15.7 馬なり
助手「初日ということもあり、キョロキョロしたりしていました。慎重なところがあるのか、洗い場に入るときも一旦立ち止まったりしますが、理解すれば素直に入ります。角馬場でダクを踏んだ感じでは軽い走りをするのかなと思っていましたが、どちらかというと重厚な走りをしますね。様子を見ながらゲート練習を始めていきます」
※馬体重490キロ

2017.09.13 :
(ノーザンファームしがらき→石坂厩舎)
本日、栗東トレセン・石坂厩舎に入厩しました。

2017.09.08 :
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重487キロ。
牧場スタッフ「カイバ食いが良くなってきましたし、食べたものが実になりやすいタイプのようで乗りながらも体重は増えてきました。まだ体つきは幼いですが、動きは日に日にしっかりしてきたように感じています。どうやら来週の検疫で帰厩することになったようで、あと2本くらい速い時計を出してトレセンへ送り出すことにしています」

2017.09.01 :
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重477キロ。
牧場スタッフ「入場後の調整も順調です。動きは軽くて素質を感じますが、まだまだ子供っぽくて余計なことばかりしていますよ。馬っ気とは違いますが、周りの馬に乗りかかっていこうとすることもあるくらいです。すでにF16秒まではペースを上げていますが、来週後半の検疫で入厩する可能性もあるようなので、あす1本目の15-15を消化することになりました」

2017.08.25 :
(ノーザンファームしがらき)
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重478キロ。
牧場スタッフ「到着した翌日から軽めの運動を始めています。調教中にキョロキョロと物見をすることがありますが、ひどくはないので慣れさえすれば問題ないでしょう。すでに入厩候補として名前が挙がっているので早ければ再来週、少しずれこんだとしても9月中旬までにトレセンに移動することになりそうですよ」

2017.08.18 :
(ノーザンファーム天栄→ノーザンファームしがらき)
馬体重475キロ。
牧場スタッフ「けさ早く到着しました。第一印象は体つきが丸っこくてまだ幼いなと。体重は北海道出発時が486キロだったようなので輸送などで10キロあまり減りましたが、細くはなくちょうどいいくらいではないでしょうか。今のところ熱発はなく脚元もすっきり、午前中につけたカイバを完食するくらいの元気もあるのであす角馬場で跨ってみます」

2017.08.15 :
(ノーザンファーム早来→ノーザンファーム天栄)
順調に調教が進んでいます。週3日は屋内坂路コース800mをハロン14-15のペースで登坂、週2日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週1日はトレッドミルでの運動を行っています。毛艶は良好、馬体も引き締まってメリハリのある体つきになってきました。着実に力をつけており、脚捌きにはさらに力強さが増してきました。体調等のコンディションは良好で移動に向けての態勢も整ったことから、16日にノーザンファーム天栄へ向けて出発、当地での状態確認後にノーザンファームしがらきへと移動する予定です。馬体重は483キロです。

2017.07.31 :
(ノーザンファーム早来)
その後は順緒に調教が進んでおり、週3日は屋内坂路コース800mをハロン15秒のペースで登坂、週2日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週1日はトレッドミルでの運動を行っています。馬体のハリや毛ヅヤが良く、良好なコンディションで調教を進めることができています。調教での前向きな走りは相変わらずで、動きにも力強さが増しています。気性面も特に気になるところはありません。春先から大きく良化しており、心身ともに成長を感じ取ることができています。このまま馬に合わせたメニュー構成で、しっかりと乗り込みを重ねていきます。馬体重は482キロです。

2017.07.14 :
(ノーザンファーム早来)
引き続き、週3日は屋内坂路コース800mをハロン15-16のペースで登坂、週3日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込んでいます。騎乗調教の回数を増やしたこともあり、馬体は引き締まって、徐々にメリハリのある体つきになってきました。相変わらず前進気勢が旺盛で、調教にも真面目に取り組んでいます。ただ、先頭に行くと物見をするなど集中力を欠くような時もありますので、そのあたりを少しずつ修整していき、さらに心身ともに成長させていきたいと思います。馬体重は478キロです。

2017.06.30 :
(ノーザンファーム早来)
引き続き、週3日は屋内坂路コース800mをハロン15-16のペースで登坂、週1日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週2日はトレッドミルでの運動を行っています。体重の増加に伴って体つきがしっかりとしてきており、騎乗時にも力強さがでてきました。走ることへの前向きさはさらに増しており、集中して調教に取り組んでいます。春先と比べると心身ともに大きく成長していますので、このままさらに成長させていければと思います。馬体重は489キロです。

2017.06.15 :
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでいます。引き続き、週3日は屋内坂路コース800mをハロン15-16のペースで登坂、週1日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週2日はトレッドミルでの運動を行っています。調教のペースを維持しながらも、馬体重は減ることなく進めることができており、着実に力が付いてきました。調教では父の産駒らしい力強い脚捌きを見せており、前向きさも表に出しています。良い状態で調教を進めることができていますので、引き続き本馬の状態をにあわせて乗り込みを継続していきます。馬体重は482キロです。

2017.05.31 :
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでいます。現在、週3日は屋内坂路コース800mをハロン15-16のペースで登坂、週1回は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週3日はトレッドミルでの運動を行っています。馬体重が増加してきましたので、騎乗調教の日数を増やしていますが、その後も数字をキープしながら乗り進めることができています。馬体重の増加に伴って体がしっかりとしてきましたので、調教での走りには安定感が増しています。まだ伸びしろがたっぷりとありますし、素質を感じさせる動きを見せていますので、これからの成長がとても楽しみです。馬体重は、482キロです。

2017.05.15 :
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでいますが、成長を促すために調教メニューを調整しながら進めています。現在、週3日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週3日はトレッドミルでの運動を行っています。飼葉をしっかりと食べて体調も良く、コースでは前向きな走りを見せています。馬体重も増加傾向にありますが、そのわりに、筋肉量や走りの力強さなどはまだまだといった印象です。ゆっくりと成長していくタイプと見ていますので、引き続き本馬の成長度合いにあわせて調教メニューにメリハリをつけながら進めていきます。馬体重は471キロです。

2017.04.28 :
(ノーザンファーム早来)
その後も順調に調教が進んでいます。引き続き1日おきに騎乗調教を行っており、週3日は屋内坂路コース800mをハロン15~16のペースで登坂、週3日はウォーキングマシンまたはトレッドミルでの運動を行っています。乗り込みを重ねてきてフットワークには少しずつ力強さが増してきており、前進気勢も旺盛です。ただ、体力や馬体の成長度合いは、まだこれからといったところです。馬体重は増加傾向にあり、着実に成長していることは実感できますが、本格的に良くなるのは先と見ていますので、焦ることなくじっくりと進めていきます。馬体重は466キロです。

2017.04.14 :
(ノーザンファーム早来)
引き続き、1日おきに騎乗する調教メニューを継続しており、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16秒のペースで登坂、週1日は屋内コース2400mをキャンターで乗り込み、週3日はウォーキングマシンまたはトレッドミルでの運動を行っています。馬体や調教での動きなど大きく変わったところはありませんが、調教中に物見をすることなどはだいぶ減ってきて、精神面では大人になってきた印象です。順調に調教メニューを消化しており、飼葉もしっかりと食べていますが、馬体や体力面はまだ成長途上でもありますので、今後も調教の負荷を調整しながら進めていきます。馬体重は455キロです。

2017.03.31 :
(ノーザンファーム早来)
1日おきに騎乗する調教メニューを継続しています。現在、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16秒のペースで登坂、週1日は屋内コース2400mをキャンターで乗り込み、週3日はウォーキングマシンでの運動を行っています。少しずつ坂路調教のペースを上げていますが、走りのバランスが良くなっており、しっかりとした脚捌きでコースを駆け上がっています。前向きさがあり、現在のペースでも手応えは申し分ありません。馬体は本馬なりに成長を示しており徐々に厚みが出てきているものの、まだ華奢に映りますので、引き続き本馬の成長にあわせたメリハリのある調教メニューで進めていきます。馬体重は450キロです。

2017.03.15 :
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでいます。現在、週1日は屋内坂路コース800mをハロン16~17のペースで登坂、週2日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週3日はウォーキングマシンでの運動を行っています。体調は良くコンディションは良好です。馬体重も少しずつ増えてきて、調教での走りにも力強さがでてきました。ただ、馬体にはもう少し幅が出てきてほしいですし、まだ調教量を増やし過ぎてしまうと馬体が寂しくなってくる印象です。先を見据えて余裕のある状態で調教を進めていきたいと考えていますので、引き続き無理に詰め込んでいくことなく、馬にあわせた緩急をつけたメニュー構成でと考えています。馬体重は452キロです。

2017.02.28 :
(ノーザンファーム早来)
現在、週1日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16秒のペースで登坂、週3日はトレッドミルでの運動を行っています。引き続き馬体の成長度合いにあわせて、騎乗調教とトレッドミルを交互に行う形でメニューを進めていますが、この時期でも毛艶が良いように体調面は変わらず良好。順調に調整することができています。普段は大人しく落ち着いていますが、調教になるとグッと気持ちが入って、上々の手応えで坂路コースを力強く駆け上がってきます。着実なレベルアップを示してくれていますので、今後も本馬の状態にあわせ、成長を阻害しないよう調教メニューを工夫しながら進めていきます。馬体重は448キロです。

2017.02.15 :
(ノーザンファーム早来)
現在、週2日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週1日は屋内坂路コース800mをハロン16-17のペースで登坂、週3日はウォーキングマシンでの運動を行っています。馬体は良い意味で変わりなく、順調にメニューを消化しています。少しずつ力がついてきていますが、まだ体つきには緩さがあり、トモの力強さもまだこれからといった印象です。それでも調教では随所にセンスを感じさせる走りを見せているように先々が楽しみな本馬ですので、引き続き成長度合いを見ながら馬にあわせてじっくりと進めていきます。馬体重は442キロです。

2017.01.31 :
(ノーザンファーム早来)
引き続き、週1日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16-17のペースで登坂、週3日はウォーキングマシンでの運動を行っています。運動メニューを順調に消化していて、坂路調教では現在のペースにも問題なく対応できています。ただ、馬体はまだ幼い印象で、筋肉量や全体のボリューム感が出てきて欲しいところです。今はしっかりと成長を促すためにも、適宜休養を挟みながら進めていきます。馬体重は448キロです。

2017.01.13 :
(ノーザンファーム早来)
この中間、年末年始のリフレッシュ期間を設け、1月5日より騎乗調教を開始しました。引き続き1日おきに乗り込んでおり、現在、週1日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週2日は屋内坂路コース800mをハロン16-17のペースで登坂しています。まだ馬体は小柄な印象ですが、リフレッシュを挟んで馬体重が増加しているように成長がうかがえます。基礎体力が着実についてきて、走りのバランスも少しずつ良くなってきました。本格的に成長するのはこれからでしょうから、本馬の成長にあわせて今後もじっくりと進めていきます。馬体重は463キロです。

2016.12.26 :
(ノーザンファーム早来)
馬体重は448キロ
順調に調教が進んでいますが、ペースアップに伴って馬体重がやや減少傾向にありました。そのため、この中間は調教量を調整しながら進めており、現在は騎乗調教を1日おきに行っています。現在の調教メニューは、週2日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週1日は屋内坂路コース800mをハロン16-17のペースで登坂しています。馬自身は元気一杯で、しっかりと負荷をかけながら乗り運動を進めることができています。馬体は体高が伸び幅も出て少しずつ力強さが増してきました。気性面は幾分幼いところを見せているものの、特に問題になるところはありません。心身ともにまさに成長途上にありますので、引き続き本馬の成長度合いを見ながら調教を進めていきます。

2016.11.30 :
(ノーザンファーム早来)
馬体重は452キロ
順調に調教が進んでいます。現在、週3日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週3日は屋内坂路コース800mをハロン17秒のペースで登坂しています。少しずつ力がついてきて、馬体はしっかりとしてきています。まだ幼いところがあり、初めて見るものに反応するところがありますが、理解力が高くて物覚えも早いので、スタッフの指示にも素直に応えています。脚捌きには父の産駒らしい硬さがありますが、乗り進めて成長していくことで、柔らかさも増してくるでしょう。まずは基礎体力をしっかりとつけて、先々に向けた土台を作っていきたいと思います。

2016.10.31 :
(ノーザンファーム早来)
馬体重451キロ
順調に馴致も進み、10月からはコースでの運動を開始しています。現在、週3日は屋内周回コース1800m、週3日は屋内坂路コース800mでそれぞれ乗り運動を行っています。馬体は小柄ながらも幅が出て、馬体重も増加しているように着実な成長を示してくれています。環境の変化に少し戸惑いを見せることがありますが、調教中は集中することが出来ており、特に気になるほどではありません。素質を感じさせるフットワークを披露しており、これから少しずつペースアップを進めて力を付けさせていきます。

2016.09.30 :
(ノーザンファーム早来)
馬体重426キロ
入場後は鞍つけやウォーキングマシン、トレッドミルなどの馴らしを進め、現在はロンギ場などで馴致を進めています。真面目で物覚えも早く、馴致はとてもスムーズに進めることができています。入場後は馬体が少し減りましたが、徐々に新しい環境にも慣れてきており、馬体も戻りつつあります。血統馬でもありますので、これからどのように成長していくか楽しみです。

2016.09.05 :
(ノーザンファームYearling→ノーザンファーム早来)
ノーザンファーム早来へ移動しました。

2016.08.31 :
(ノーザンファームYearling)
馬体重436キロ
春先には小柄で頼りなく映っていましたが、ここにきて体は数字以上に大きく見せるようになりました。男馬らしい逞しさが感じられるようになってきたように、確かな成長の軌跡が窺えます。育成移動への移動時期はまだ決まっていませんが、いつ移動が決まってもスムーズな引継ぎができるように準備していきます。

このページのトップへ