近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドロジンカ騙2歳 音無秀孝厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2019.12.06 : ノーザンファームしがらき
馬体重480キロ。
今週半ばから坂路での調整を始めました。すでにペースはF16秒まで上げています。馬場入りをごねたり、気が入りすぎて馬場入り直後はコントロールがききづらかったりするものの走り出してからはスムーズです。来週以降は周回コースでも乗り出すことにしています。

2019.11.29 : ノーザンファームしがらき
馬体重490キロ。
患部には若干の腫れがありますが、脚元のむくみが解消するなど順調に回復しているので、きのう(木)より乗り出しました。来週1週間は角馬場メインの調整を続けて、再来週から周回コース入りすることになりそうです。

2019.11.22 : ノーザンファームしがらき
馬体重485キロ。
3日前に去勢手術を施しました。術後四肢にむくみが見られるものの、経過はおおむね良好ですでにマシンで軽い運動も行っています。あと1週間ほどはマシンでの調整にとどめて患部の回復を待ち、獣医師の許可がおりてからトレッドミルでの強めの運動や騎乗調教を始めることにしています。

2019.11.15 : ノーザンファームしがらき
馬体重480キロ。
入場後はマシンで調整していますが、元気いっぱいですし、いまのところ筋肉や脚元に目立ったダメージは確認されていません。来週後半にも去勢手術を行う見込みで、手術までの1週間ほどはマシンでの調整にとどめることになりそうです。

2019.11.12 : ノーザンファームしがらき
本日、ノーザンファームしがらきに移動しました。

2019.11.10 : 11月10日レース後コメント(8着)
松若騎手「ふだんの調教では気の悪さを見せているようですが、きょうは乗り役の指示に従い歩いて馬場入りできました。ただ、レースにいってからは気難しい面を出して自分からまったく進んでいこうとしなかったです。最後に脚を使うということは覚えてくれていたのでジリジリとは伸びていましたけどね。 3走目で競馬慣れしたせいか、もたれることなく走りきれたようによくなっている部分もありますが、気の悪さが解消しないと今後も同じような内容になってしまいそうです。ダートの1800mという条件は合っていると思います」

音無調教師「ふだんの調教でも気の悪さを出していますし、きょうも積極性に欠ける走りでした。すみませんでした。あさって(火)ノーザンファームしがらきへ移動させますが、まずは気性面の課題を克服するのが最優先だと考えているところで、この際去勢も検討した方がいいかもしれません」

2019.11.07 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。前走より調教の感じは良くなってきていますし、時計のかかる良馬場なら前走よりやれてもいいと思います」
※今週10日(日)京都2R2歳未勝利・ダ1800mに松若騎手で出走します。

2019.11.06 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:Eコース
E 助手 82.8-67.8-53.8-40.2-13.5 強め

助手「中間もテンションが高めなことから、予定を早めて今週使うことにしました。中1週となるので、今日の追い切りはびっしりとはやっていませんが、3~4コーナーで少し内にもたれるところはあったものの、直線手前を替えてからはまっすぐ走れていました。走りの感じは良くなっています」
※今週10日(日)京都2R2歳未勝利・ダ1800mに松若騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.10.31 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
助手「今朝から乗り出しましたが、使う前よりテンションが上がっていて、コースへ向かう地下馬道でも走ってしまうくらいでした。明日からは地下馬道を通らないで行けるEコースで調整したいと思います」

2019.10.30 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:引き運動

音無調教師「今回使って放牧に出す予定にしていましたが、ダート変わりで前進してくれましたし、使った後も馬体に異常がないことから、もう1回つかうことにしました」
※11月16日か17日の京都ダ1800m戦を予定。

2019.10.26 : 10月26日レース後コメント(7着)
松若騎手「今日は脚抜きの良い馬場でペースが速く、前半はついていけなかったですが、途中からはダートに慣れてきてくれました。道中は持つところがなかったので、今日は内にもたれるところもなかったですし、直線も内からステッキを入れたので大丈夫でした。最後はバテた馬はしっかり交わしてくれましたし、ダートを使っていった方が良さそうですね」

2019.10.24 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:引き運動
音無調教師「中間ハミを替えてコースで乗るようにしましたが、大きくは変わってきてくれません。ダート替わりに期待したいところですが、うまくラチを頼って走って前進してほしいところです」
※今週26日(土)京都1R2歳未勝利・ダ1800mに松若騎手で出走します。

2019.10.23 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 85.0-69.2-54.5-40.7-14.4 一杯
外デルマラッキーガイ一杯と6F併せで0.6秒遅れ
助手「直線は内にもたれてしまって、まともに追うことができずに遅れてしまいました。延ばしても大きく変わってはこなそうですし、段々うるさくなってきそうな感じもするので、今週使えるならば使っておいた方がよさそうです」
※今週26日(土)京都1R2歳未勝利・ダ1800mに松若騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.10.17 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
音無調教師「引き続きCWコースで普通キャンターの調整を続けています。節で入るかの問題はありますが、体調面に問題はないので、来週からの出走を考えていきます」
※10月26日(土)京都1R(ダ1800m)を松若騎手で予定。

2019.10.16 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
助手「この中間もCWコース中心の調整を続けています。まだレース後日が浅いので普通キャンターの調整ですが、毎日1周半乗り込んでいます。当初に比べると、だいぶ危なっかしさは抜けてきています」

2019.10.10 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:CWコース
助手「ハミをリングビットに替えて乗り出しました。1周目は良かったですが、後半疲れて苦しくなってくると、内にもたれるようなところを見せました。次はダートを使うと聞いていますが、状態を見ながらいつ使うか考えていくことになると思います」

2019.10.09 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「レース後は軽めの運動で疲れを取っています。まだ少し腹回りがボテっとしていますし、馬体を引き締めていきたいところです。明日くらいから乗り出すことになりそうです」

2019.10.05 : 10月5日レース後コメント(16着)
松若騎手「ずっと前に頼りっぱなし、右にモタれっぱなしでダラッとした走りでした。コントロールしようとしても体ごとモタれてしまって。もっと体を起こしてバランスを保って走れるようになってもらいたいですし、体を使えるようにもなってほしいです。芝のスピード勝負では厳しかったので、ダートにいって変わり身があるといいですね」

音無調教師「調教では左にモタれると聞いていましたが、きょうは右にモタれていたようです。口向きがかなり悪いので、次はハミを替えることにします。疲れなどが出なければこのまま厩舎で調整し、中2週か3週でダートの1800mを使ってみます」

2019.10.03 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー 引き運動
助手「追い切った翌日なので引き運動で軽めに乗って調整しています。運動中の脚取りは特に問題ありませんが、元々トモが緩いので、全体に甘い感じは残りますね。追い切った後少し飼い食いが落ちてしまい、今日の馬体重は478キロです。気負った感じは見られないので、レースまでしっかりコンディション管理をしていきたいと思います」
※今週5日(土)京都5R2歳新馬・芝1800mに松若騎手で出走します。

2019.10.02 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー 角馬場→坂路
ロジンカ 54.6-39.7-26.5-13.8 強め
ピノクル 54.0-39.2-26.0-13.5 なり

助手「坂路でこちらが先行して追い切りましたが、馬場が悪い中でも走りのリズムは良かったですし、前半はスムーズに立ち回れていたと思います。ペースアップするところでスッとギアを上げらず、ワンペースな感じでしたが、最後まで気持ちを切らさなかったのは良かったですね。放牧前より中身はしっかりしてきたように思いますし、状態そのものは悪くないですよ。今週使う事になりましたので、実戦に行って変わってくれればと思います」
音無調教師「動く馬と追い切ったので手応えは劣勢でしたが、この馬なりに動けていました。ここまで3週間休まず速いところを重ねてきましたし、抜群の時計が出ているわけではないですが、レースを使いながら良化していくと考えていますので、今週の京都を松若騎手で使います」
※今週5日(土)京都5R2歳新馬・芝1800mに松若騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.09.26 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
 坂 53.3-38.8-25.7-13.0 一杯
内サンライズノヴァ 53.0-38.5-25.4-12.7 馬なり
助手「先週しっかりやって、今週どれだけ動けるかといったところでしたが、テンから動かしていって、しまいビッシリやってもなかなかギアが上がらなかったです。休む前や先週よりはいくらかよくはなっているとはいえ現状物足りなさを感じました。きょうしっかりやったことでさらにいい方に変わってきてほしいです」
※10月5日(土)京都5R(芝1800m)に松若騎手でデビューを予定しています。

2019.09.25 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
音無調教師「坂路の入り口で躓いて落馬してしまいました。そのまま空馬で坂路を上がってきましたが、幸い外傷なども見当たらず、大きな問題はなさそうです。午後からの状態に問題がなければ、明日追い切ろうと考えていますが、今日のこともあるのでフラットコースで追うかもしれません」

2019.09.19 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.2-39.1-26.2-13.6 一杯
内サンライズノヴァ馬なりと併入
音無調教師「終いは一杯でしたが、4Fの時計はそれなりに出るようにはなってきましたね。まだ1本目なので、デビューに関してはもう少し乗り込んでから考えていきましょう」

2019.09.18 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 68.3-49.2-31.4-16.1 馬なり
助手「全休前の月曜日に坂路で少し時計を出しましたが、まだまだ体は重苦しく感じました。放牧で疲れは取れて状態面で特に問題はなさそうです」

2019.09.13 : 栗東:音無秀孝厩舎
坂路2本。馬体重494キロ。
調整は順調でけさも14-13ほどの時計を出すなど強めの調教を積み重ねています。入場時より前向きさが出てきましたし、競走馬らしい体つきになってきました。心身ともに成長し、体力も強化されたため、あす(土)の検疫で栗東・音無厩舎に帰厩する予定となりました。

2019.09.06 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重494キロ。
調整は順調でF13秒半ばほどの時計を出すなどさらにペースを上げています。だいぶバランスよく走れるようになりましたし、テンから勢いよく進んでいくなどやる気を見せるようになりました。体力も備わりつつ、帰厩に向けて態勢は整いつつあります。

2019.08.30 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重490キロ。
先週土曜日と今週火曜日に坂路で15-14を消化しました。時計を出す日は併せ馬にしていますが、後ろから追い抜くパターンでも、併走馬に必死に喰らいつくなどだいぶ走る気が見られるようになってきました。帰厩に備えて、日々の調教でさらに前向きさを引き出しつつ、バランスよく走れるよう取り組んでいきます。

2019.08.23 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重492キロ。
引き続き坂路メインの調整です。時計を出す日は1本目を17秒で、2本目は15-14ほどのペースで乗っています。速い時計にも問題なく対応するなど動けるようになっていますが、まだバランスの修正やトモの強化が必要な状況です。じっくり乗り込んで成長を促していきます。

2019.08.16 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重496キロ。
今週も坂路のみで調整しています。日によっては15-14ほどのペースで乗っていますが、いい背中をしていて乗り味はよく、入場まもない頃と比べてもバランスは整いつつあります。ただ、トモを使えないなど力不足のため、もうしばらく成長を待ちつつ乗り込んで鍛えていく必要がありそうです。来週以降も週3本は時計を出すことにしています。

2019.08.09 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重491キロ。
脚元の不安も解消したため、きのう(木)1本目の15-15を消化しました。パワーは感じるものの、まだハミに頼って走るなど前後のバランスが取れていない状態なのでこれからの調教で改善していく必要がありそうです。あすも15-15を消化する予定、来週以降は週2本から3本は速い時計を出していくことになりそうです。

2019.08.02 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整、坂路2本。馬体重484キロ。
入場後、左前脚にねん挫の症状が見られたため、マシン運動にとどめていましたが、程度は軽く、獣医師の見解も乗り出して問題ないというものだったことから、すぐにトレッドミル調整を始め、おととい(水)には乗り出しました。初日は坂路をゆっくり1本上がりましたが、反動も見られなかったので、きのうからF17秒までペースアップし2本に増やしています。来週以降、徐々に調教を強めていくことになりそうです。

2019.07.26 : ノーザンファームしがらき
本日、ノーザンファームしがらきに移動しました。

2019.07.25 : 音無厩舎→ノーザンファームしがらき
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 松若 55.6-39.7-25.8-12.8 強め
内アードラー馬なりと併入
音無調教師「予定通り時計を出しましたが、動きは先週とあまり変わりありませんでした。先々は走ってくる馬だと思うので、牧場でしっかり乗り込んでもらって体力をつけることにします」   

2019.07.24 : 音無秀孝厩舎→ノーザンファームしがらき
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 64.2-48.1-32.7-16.8 馬なり

音無調教師「ここまで2本時計を出してきましたが、まだ中身が伴ってきていないことから、今週金曜日に一旦ノーザンファームしがらきへ移動させることにしました。1週間に1本くらいは時計を出しておいた方がいいですから、明日は坂路で追い切ることにしています」   

2019.07.18 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 松若 54.9-39.9-25.9-12.9 一杯
内ダッチマンG強めと併せで0.1秒遅れ

音無調教師「テンの入りがゆっくりだったので、終い1Fもう少し動いてほしかったところですね。このまま置いておくか進めていくか悩んでいるところなので、もう少し考えます」
松若騎手「能力はあると思うのですが、まだ現状ではこれが精一杯の動きでした」

2019.07.17 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 63.4-47.6-32.4-16.8 馬なり

助手「先週の追い切り後も順調に乗り込んではいますが、変わり身としては今一つな感じがします。明日もう1本追ってみる予定になっているので、どれくらい動けるかで今後の予定も決まってきそうです」

2019.07.11 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.7-39.7-26.3-13.3 一杯
外ダッチマン強めと併せで0.2秒遅れ

助手「終いは肩鞭を入れて促しながらでしたし、最後は右にもたれて苦しそうでした。まだ1本目ですし、緩いので仕方のないところですね。進めていけないこともないかなとは思いました」
音無調教師「東京出張中で今朝の追い切りを確認することができなかったこともあるので、このままもう少し厩舎に置いて進めてみることにします」

2019.07.10 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 64.7-47.3-31.3-15.7 馬なり

助手「中間も順調に乗り込みを進めていますが、変わらず全体的に緩さは感じますし、子供っぽさは残っています。明日速いところをやってみる予定なので、どこまで動けるかですね」

2019.07.04 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:乗り運動
助手「さすがに短期間でゲート試験まで持ってきたので、今朝の歩様は前の捌きに硬さが見られました。馬も今が一番しんどい時ではあると思いますが、とりあえずこのまま厩舎に置いて進めていくようです」
音無調教師「ゲート試験に合格できましたので、こちらでまず1本追ってどれくらい動けるか見て、どうするか決めたいと思います」

2019.07.03 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート試験(合格)
坂 助手 64.2-47.5-31.0-15.4 馬なり
松若騎手「入りが重いところがありますが、発馬してからはきちんと反応していましたし、無事合格できて良かったです。まだ緩さはありますが、このまま進めていってみてもいいと思います」

2019.06.27 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート
坂 松若66.5-50.0-33.6-16.9 馬なり
松若騎手「まだ全体的に緩く、前だけで走っていますが、おとなしく乗りやすいです。今朝は手開けで出してから消音ゲートで発馬練習を行いましたが、特に問題はなかったので、このまま練習を重ねていけば、来週中には試験を受けられると思います」

2019.06.26 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート
坂 助手 64.6-48.2-31.7-15.8 馬なり
助手「入厩後は大人しく、飼い葉もよく食べ順調に調整しています。今日のゲート練習は手開けで出しましたが、特に問題はなかったので、明日は消音ゲートから出せると思います」

2019.06.21 : ノーザンファームしがらき→音無厩舎
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重498キロ。
調整は順調で先週末に1本目の15-15を、今週火曜日にも同じくらいの時計を出しました。時計にはしっかり対応していましたが、まだ緩く、トモの力の力強さも物足りないため、気持ちが前向きでも体がついてきていません。ただ、日々行っているゲート練習では通過まではスムーズにこなすなど次のステップにも進める状態にあります。体力面の強化など課題もありますが、ゲート試験合格を目標に、きょう(金)の検疫で栗東・音無厩舎に入厩しました。

2019.06.20 : ノーザンファームしがらき
明日の検疫で栗東トレセンに移動の予定です。

2019.06.14 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重498キロ。
予定どおり今週月曜日に乗り出しました。坂路でのペースはF17秒ほどです。操縦性に問題はありませんが、まだ体をもてあましていて動きも重たく感じます。質のいい調教を続けることで体が引き締まり、筋肉がついてくれば素軽さが増してくるでしょう。早ければ来週から15-15を始めることにしています。

2019.06.07 : ノーザンファームしがらき
馬体重486キロ。
けさ早く入場しました。到着後も環境の変化に戸惑うことなく、落ち着いた様子を見せています。カイバもまずまず食べていました。今週いっぱいは輸送疲れを取りつつ、場内のスクリーングや軽めの運動を行うことにしており、乗り出すのは来週月曜日からの予定です。

2019.06.03 : ノーザンファーム早来→ノーザンファームしがらき
順調な調整過程でコンディションも良好なことから、ノーザンファームしがらきへ移動の予定となりました。6月5日(水)に北海道を出発、天栄を経由して7日(金)にノーザンファームしがらき到着という移動スケジュールが組まれています。
※天栄到着時の状況等により移動予定は変更となる場合があります。

2019.05.31 : ノーザンファーム早来
馬体重494キロ
現在、週3回はトレッドミルでの運動をおこなった後、屋内坂路コース800mを3ハロン44~45秒のペースで登坂、週3回はトレッドミルでの運動後、屋内周回コースをキャンターで乗り込んでいます。坂路では以前に比べて最後の1ハロンでしっかりと反応できるようになり、体力面での成長を感じます。しっかりと乗り込むなかで馬体重も着実に増加し、程よく余裕のある馬体になりました。気性面も基本的には落ち着いており、ゲート練習も問題なくこなせています。今後については移動の話も出てくる段階に入ってきましたので、怪我のないよう調整していきます。

2019.05.15 : ノーザンファーム早来
馬体重488キロ
現在、週3回はトレッドミルでの運動をおこなった後、屋内坂路コース800mを3ハロン45~46秒のペースで登坂、週1回はトレッドミルでの運動をおこなった後、屋内周回コースをキャンターで乗り込み、残りの日はトレッドミルまたはウォーキングマシンでの運動をおこなっています。坂路に加えて周回コースで調教を重ねるなかで、前後肢の連動がしっかりしてきてバランスの良い走りができるようになりました。馬体もここにきて肩、トモを中心に筋肉がついて競走馬らしいメリハリある体型に変わってきています。ここまで順調にきていますので、引き続き乗り込みを重ねていきます。

2019.04.30 : ノーザンファーム早来
馬体重485キロ
現在、週3回はトレッドミルでの運動をおこなった後、屋内坂路コース800mを3ハロン45~46秒のペースで登坂、週1回はトレッドミルでの運動をおこなった後、屋内周回コースをキャンターで乗り込み、残りの日はトレッドミルまたはウォーキングマシンでの運動をおこなっています。調教を重ねるごとにトモに力がついてきて、上体を起こしたフォームを維持しながら走ることができるようになってきました。それに伴って精神的にもいくらか余裕が出てきたようで、登坂時の落ち着きも増した印象を受けます。馬体重は十分にありますので、引き続きしっかりと負荷をかけて鍛え込んでいきます。

2019.04.15 : ノーザンファーム早来
馬体重487キロ
引き続き、週3回トレッドミルでの運動をおこなった後、屋内坂路コース800mを3ハロン45~46秒のペースで登坂、週2回はウォーキングマシンでの運動をおこなっており、この中間から週1回は周回コースにも入れてキャンター2700mを乗っています。馬体重をキープしながら乗り進めることができており、気性面も大きく変わりありません。トモの非力さは少しずつ解消されてきていますが、3ハロン45秒ぐらいまでペースを詰めると、やはりハミに頼ったフットワークになってしまう傾向にあります。今後もじっくりと乗り込みを重ねて成長を促していく方針です。

2019.03.29 : ノーザンファーム早来
馬体重480キロ
現在は週3回トレッドミルでの運動をおこなった後、屋内坂路コース800mを3ハロン45~46秒のペースで登坂、週3回はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。トモに負荷をかけることができるよう、騎乗前にトレッドミルでしっかりと体をほぐしてから調教を進めています。その効果もあって次第にトモの動きが良化し、上体を起こして走ることができるようになってきました。ただ、調教がペースアップしていく中で、気持ちが入り過ぎるような場面が見受けられます。トモに力がついて体のバランスが整ってくることで、心身ともに一段とパワーアップしてくると考えていますので、引き続き成長を見ながら乗り込みを進めていきます。

2019.03.15 : ノーザンファーム早来
馬体重480キロ
現在は週3回、屋内坂路コース800mを3ハロン45~46秒のペースで登坂、週3回はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。基礎体力が着実についてきて、今月から坂路の登坂回数を3回に増やしました。まだトモの力が足りず、前のめり気味なフットワークになってしまいますが、筋肉のメリハリはついてきており本馬なりに成長がみられます。気性面は特に変わりなく調教には真面目に取り組んでいますので、今後も引き続きじっくりと乗り込みを重ねながら成長を促していきたいと考えています。

2019.02.28 : ノーザンファーム早来
馬体重488キロ
現在、週2回は屋内坂路コース800mを3ハロン46秒のペースで登坂、週4回はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。坂路調教を軽めのペースでおこなう週も設けており、メニューに強弱をつけることで成長を促していますが、馬体重は調教を重ねる中でも減ることはなくコンディションは良好です。また気性面も引き続き扱いやすく落ち着いており、順調にきています。調教での走りはまだトモに力がつききっていないために、ハミに頼ってしまうことがありますので、しっかりとトモに負荷をかけることを意識しながら進めていきたいと思います。

2019.02.15 : ノーザンファーム早来
馬体重488キロ
現在は週2回、屋内坂路コース800mを3ハロン46秒のペースで登坂、週1回はトレッドミルでキャンター、週3回はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。引き続き順調に調教メニューをこなすことができており、馬体は毛艶が良く、気性面も走ることへの前向きさを保っていて好気配です。調教では力感あふれる前捌きを見せていることから、芝だけでなくダートもこなせそうな印象を抱いています。2月13日からは坂路調教に加えてダート周回コースでの調教も開始しており、今後はさらなる体力強化を進めていければと考えています。

2019.01.31 : ノーザンファーム早来
馬体重474キロ
順調に調教が進んでおり、現在は屋内坂路コース800mを3ハロン45秒のペースで週2回、週1回は3ハロン46秒のペースで登坂、週1回はトレッドミルでキャンターをおこない、週2回はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。調教を継続する中で着実に基礎体力がつき、登坂時の息遣いにも余裕が感じられます。加えて、フットワークに関しても以前に比べて体を大きく使えるようになっており成長が窺えます。気性面には相変わらず問題は感じられず、乗り手の指示に従順で手が掛かることはありません。まだトモには緩さがありますが、しっかりしてくることで動きに力強さが出てくると考えていますので、じっくりと乗り込みを重ねつつ成長を促していきます。

2019.01.15 : ノーザンファーム早来
馬体重479キロ
年末年始のリフレッシュ期間を挟み、現在は週2回、屋内坂路コース800mをハロン15~16秒のペースで登坂、週1回はトレッドミルでキャンター、週3回はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。この期間で馬体が一回り大きくなった印象があり、一歩一歩の踏み込みも力強くなってきました。それに伴いハロン15~16秒のペースでも最後までバテずに登坂できるようになってきており、その動きは頼もしく映ります。気性面もオンオフの切り替えがしっかりできており扱いやすいです。引き続き馬体の状態や成長を見ながら進めていきます。

2018.12.25 : ノーザンファーム早来
馬体重472キロ
引き続き順調に調教を進めています。現在は週2回、屋内坂路コース800mをハロン15~16秒のペースで登坂、週2回はトレッドミルでキャンター、週2回はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。以前は頭の位置が低くのめりながら走っていましたが、だいぶ体を起こして走れるようになったことで、バランスの良いフォームに変わってきました。トモの筋肉も更にボリュームが出てきており、動きの安定感も増してきています。気性も変わらず落ち着いており、優等生タイプです。

2018.11.30 : ノーザンファーム早来
馬体重470キロ
引き続き、坂路コースで順調に調教を進めています。現在、週2回は屋内坂路コース800mをハロン15~16秒のペースで登坂、残りの日はトレッドミル、ウォーキングマシンを使っての運動をおこなっています。徐々にトモの筋肉がついてきて、坂路調教では以前に比べて最後の1ハロンまでしっかり走りきることができるようになってきました。安定したペースで走ることができる点や走ることに前向きなところが本馬の長所であると捉えています。心身ともに良いコンディションにあり、今後も本馬の状態に合わせながら運動量を増やしていければと考えています。

2018.10.31 : ノーザンファーム早来
馬体重469キロ
9月29日よりロンギ場での騎乗馴致を開始し、10月12日より坂路コースでの調教を取り入れています。現在、週2回は屋内坂路コース800mをハロン16~17秒のペースで登坂、週2回はロンギ場で乗り込み、週2回はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。身のこなしにはやや硬さが感じられますが、脚捌きはとても力強く、これから力がついてくるのが楽しみです。気性面に問題はなく、騎乗時も手入れのときなどもとても落ち着いていて全く手がかかりません。ここまで順調に進んでいるので、今後は本馬の状態に合わせながら運動量を増やしていきます。

2018.09.28 : ノーザンファーム早来
馬体重465キロ
9月24日にノーザンファーム早来・山内厩舎に入場しました。移動前は毎日元気に夜間放牧に出ており、見栄えのする栗毛の馬体はひと夏を越えてさらに逞しさが増した印象です。鞍付けの馴致でも普段見せる我の強さを出すことなく大人しく出来ており、この先の着実なステップアップが期待できそうです。環境の変化に慣らしながら進めていきますが、スムーズに騎乗馴致へと移行していけそうです。

2018.09.25 : ノーザンファーム早来
育成牧場のノーザンファーム早来へ移動しました。

2018.08.31 : ノーザンファームYearling
馬体重463キロ。
順調に夜間放牧ができています。見た目の状態や迫力ももちろんですが、内臓面の方もしっかりとしており、食欲旺盛で疾患・疾病等もほとんどなくここまできました。馬体も水準以上で、少しずつではありますが、調教厩舎移動へ向けての準備をおこなっています。

2018.07.31 : ノーザンファームYearling

このページのトップへ