近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドオリアナ牝5歳 手塚貴久厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2019.01.23 : 美浦:手塚貴久厩舎
Aコースを1周後、坂路1本
坂路 67.4-49.6-32.8-16.3 馬なり

手塚調教師「今日はAコースと坂路1本のメニューで軽めに乗っています。この中間は飼葉の食いが落ちていますが、覇気はあって運動中の脚取りもしっかりしているので、体調面に問題はないと思います。近日中に喉の内視鏡検査を受ける予定なので、その結果を受けて今後のプランを決めていきたいと思います」

2019.01.17 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場で運動。
手塚調教師「昨日の午後のチェックで脚元も違和感はなかったですし、飼い食いも悪くなかったです。今日も歩様のチェックを兼ねて角馬場で軽めに乗っていますが、使ったなりの硬さはあるものの、周回を重ねるうちにほぐれていったので大丈夫そうです。このまま厩舎に置いて進めていくつもりですが、来週どこかで喉の内視鏡検査を行う予定です」

2019.01.16 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
手塚調教師「使った後なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。レースは速いペースで行ってしまいましたが、今のところ脚元は大丈夫そうですし、飼葉の食いもしっかりしていますよ。しばらくは厩舎に置いて調整しつつ、タイミングを見て喉の検査を行う予定です。検査で異常が見られなかった時は次の小倉開催で使おうと考えています」

2019.01.13 : 1月13日レース後コメント(14着)
木幡育也騎手「返し馬では気にならなかったのですが、スタートしてレーススピードになると最初からヒューヒューと鳴っていて、息遣いが良くありませんでした。ポジションもハナにこだわってはいなかったので引こうと思っていたところに8番の馬が外から被せてきたので、そこで馬もスイッチが入ってしまいました。その後は何とか引いて3番手に収まりましたが、速いペースに付き合ってしまいましたし、喉も終始鳴ってましたから、最後はダラーっと流れ込むような形に。スピードがある馬なので良さを生かしたかったのですが…上手く乗れずすみませんでした」

手塚調教師「人気馬2頭に挟まれてしまって引くに引けなかったので脚を溜められなかったのもありますが、最後の止まり方を見ても喉に異常があるように思えます。追い切りでは喉が鳴る感じはなかったですが、この後は一度厩舎に帰ってから、喉の検査を受けることにします。結果を出すことができず申し訳ありません」

2019.01.10 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様もスムーズで覇気もありますね。追い切った反動もなく飼葉も食べていて、馬体重は453キロ。体調は良さそうですよ。レースは日曜の中山5Rに木幡育也騎手で投票します。減量を生かしたレースができればと思います」

2019.01.09 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ダートコースで追い切り
ダート 78.8-67.0-55.4-43.4-18.0 一杯

手塚調教師「今日は見習い騎手を背にゲートから発馬させて、そのまま追い切る形でやりました。ゲートが速い馬なのですぐに加速がついてしまい、そのまま勢い良く走らせたせいもあって、終いはバタバタになってしまいましたが、最初から4F目まではしっかり時計を出して負荷をかけられたのは良かったと思います。上がりの歩様も問題なく、レースに向けて態勢も整ったので、予定通り今週使う方向です。想定でメンバー構成を見ながら土日どちらにするか決めさせてもらいます」

2019.01.03 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ダートコースで追い切り
ダート 66.2-51.1-37.6-13.1 強め
内ロークアルルージュ一杯に5F0.6秒先行1F併せ0.1秒遅れ

助手「今日はダートコースにて先行する形で追い切りました。昨年末に追い切りを1本消化したので動きは良くなって来ていますし、ウッドよりも走りやすいのか、走りのバランスが良いですね。稽古から上がって来てもチャカチャカするなど煩いところは見せず、歩様や息の戻りも良かったですし、飼葉の食いも良好です。馬体重は鞍を着けて460キロでした」
手塚調教師「ウッドコースの時より動きやすいこともあり、最後の反応も良くしっかり動けていましたね。今日が実質2本目の追い切りになりますが、速いところをやり出せば仕上がりは早いので、来週の中山D1200mを使う方向です。今回は減量騎手を使ってみたいので、鞍上は木幡育也騎手にお願いしています」

2018.12.26 : ミホ分場→手塚貴久厩舎
27日(木)美浦トレセンに移動します。

2018.12.21 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25-25秒。477キロ。
担当スタッフ「背腰の感じも良くなってきて歩様もしっかりしています。右半身に疲れの出やすい馬ですが、その辺も気を付けながら進めています。飼葉もしっかり食べていますし、馬体も良くなっていますね。1月中の出走を視野に近々トレセンに移動の予定です」

2018.12.14 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25-25秒。476キロ。
担当スタッフ「以前に出ていた橈骨の痛みもなく、しっかり乗り込めています。背腰も良い意味で変わりないですね。飼葉をよく食べて毛艶も良く体調は良さそうです。近々トレセンへ移動予定となっているので、何時でも移動できるように進めていきます」

2018.12.07 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25-25秒。471キロ。
担当スタッフ「まだ背中に少し張りは残っていますが、入厩当初に比べると良くなっています。元々歩様に硬さがあるので、今程度なら問題ないですし、この後もしっかり乗り込んでいきます。飼葉は食べていて体はフックラしてきています」

2018.11.30 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25-25秒。464キロ。
担当スタッフ「まだ背中には少し張りはありますが、歩様は良くなって来て、飼葉もしっかり食べているので、今週からキャンターで乗り始めました。今のところ、橈骨も気にならないので、この後はケアしながら徐々にペースも上げて行く予定です」

2018.11.23 : ミホ分場
マシン60分、ダクとハッキング15分。463キロ。
担当スタッフ「先週末、社台の獣医が来たので、ケアの為にショックウェーブをしました。少し歩様に硬さもあって、右の背中にも張りがありますが、先週に比べると腰は問題ないので、週末か来週くらいからキャンターも入れて乗る予定でいます。喉の方は、相変わらず息づかいは良くないのですが、今程度の調整なら問題はありません。飼葉はしっかり食べているので体は良くなっています」

2018.11.16 : ミホ分場
マシン60分、ダクとハッキング15分。456キロ。
担当スタッフ「先週来場してチェツクしましたが、歩様に少し硬さがあって背腰にも張りがありました。膝は問題ないので、今週からケアしながら軽く乗り始めました。まだ、背腰に張りはありますが、歩様は良くなっているので、この後もケアしながら進めていきます。飼葉は前回時よりは食べています」

2018.11.09 : ミホ分場
担当スタッフ「昨日入場しました。競馬を使った後なので、今週いっぱいは脚元、背腰をケアしながら、マシンでゆっくり進めます。週末か、週明けに獣医に診てもらい、問題ないようなら来週から軽く乗り出す予定です」

2018.11.08 : ミホ分場
本日、ミホ分場に移動しました。

2018.11.07 : 手塚厩舎→ミホ分場
厩舎周りを曳き運動。
手塚師「レースは上手く立ち回れたのですが、どうしても最後に甘くなったところをやられてしまいますね。今日は厩舎周りの曳き運動で調整していますが、使ってきたことで歩様に硬さが見られますね。体も萎んで映ります。権利も取れなかったので、ここで一息入れてリフレッシュを図ります。明日ミホ分場へ放牧に出します」

2018.11.03 : 11月3日レース後コメント(6着)
嶋田騎手「今日もスタートは良かったのですが、内から逃げを主張してくる馬がいたので、無理せず番手から運びました。序盤で外から被されるのと前に壁を作れなかったことはありますが、道中で息も入りましたし脚も溜められたと思います。4コーナーまで楽な手応えで回ってこられたので、あとは追い出しのタイミングだけでしたが、逃げていた馬が直線で早々に下がってしまい、オリアナが早めに先頭に立たされて後続の目標に。この馬も脚は使えているのですが、上位の馬たちには最後の決め手でやられてしまいました。後ろからレースをしてみても使える脚が短いので、前で何とか粘り込みたかったのですが…。前走から状態も維持してくれていたので権利は取りたかったのですが、結果を出せず申し訳ありません」

2018.11.01 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場で運動。
助手「今日は角馬場で軽く乗って調整しています。出掛けの歩様からしっかりしていましたし、脚元も変わりないので追い切った反動はなさそうですね。連戦で使っているので少しカリカリしてテンションも上がっていますが、その辺りは十分に気を付けて対応しています。馬体重は鞍を着けた状態で451キロ。先週から減っていますが、状態は維持しています。先生と相談して牝馬同士の土曜の7レースに投票する事にしました。鞍上は引き続き嶋田騎手でいきます」

2018.10.31 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
南ウッド 70.7-55.5-41.2-13.0 強め
内リノワールド馬なりに5F0.4秒先行1F併せ0.4秒遅れ

助手「ウッドでオリアナが先行して追い切りました。下ろしがけから抑え込まずに気分良く行かせたので最後は遅れましたが、先週のポリほど走りやすい条件ではなかったですし、相手も格上馬でしたからね。この馬なりに動けていたので心配ないと思います。背腰の感触も良くなって来ていますし、息遣いもしっかりしています。引き続き良い状態でレースに向かえると思います」
手塚調教師「今日は格上の稽古駆けする馬と併せたので、見てくれは良くないかもしれませんが、オリアナ自身も動きは悪くなかったので悲観する事はありません。この中間も入念にケアしながら進めていますし、飼葉の食いも安定していて状態も保っているので、予定通り今週使います。想定を見ながらD1150m戦で使えるところに投票します」

2018.10.25 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様もしっかりしていますし、運動中も落ち着いて歩けていました。飼葉も完食してくれていて、馬体重は裸馬で452キロ。背腰のダメージも感じさせません。来週レースを使う予定なので、このまま状態を維持していきたいと思います」

2018.10.24 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ポリトラックコースで追い切り
ポリ 69.4-53.4-39.1-12.7 馬なり

助手「立ち上げまでゆっくり休ませた事で背腰の疲れは解消しています。今日は単走で走りやすい面もあったのか、フットワークが素軽く動きもしっかりしています。息遣いも気になりませんし、体調面は引き続き良好です」
手塚調教師「先週まで楽をさせて疲れを取る事を優先しましたが、思った以上に回復も早いので、今日から追い切っています。1頭だった事でリズム良く走れていましたし、状態も変わらずしっかりしていますね。節で入るか分かりませんが、今のところ来週の福島D1150mの3鞍どこかで使えるところに投票しようと思っています」

2018.10.18 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場で運動。
助手「今日も角馬場で軽めに乗って調整しています。まだ背腰に疲れが残っている状態ですし、前走後も何日間は背腰の疲れも抜けなかったので、しっかり体のメンテナンスを行いながら進めていきたいと思います。飼葉はこの馬なりには食べているので、調子落ちは感じませんよ」

2018.10.17 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場で運動。
手塚調教師「使った後なので角馬場で軽めに乗って調整しています。背腰には疲れが見られますが、歩様などは気になりませんし、飼葉もこの馬なりに食べてくれています。レースではスタートこそ良かったものの、後ろからプレッシャーを掛けられてしまい溜めるところを作れなかったですね。最低限権利は取りたかったのですが。それでも体調面に陰りはないので、このまま厩舎に置いて福島開催で使う方向でいきたいと思います」

2018.10.14 : 10月14日レース後コメント(6着)
嶋田騎手「スタートが良くてダッシュがつきましたし、内の馬もそれほど張ってこなかったので逃げる形になりました。先頭に抜けたところで息が入れば良かったのですが、斜め横でピッタリとプレッシャーをかけられたのでペースを落とすに落とせませんでした。速いのは分かっていましたが、引けなかったのでそのまま行かせるしかなくなってしまいました。それでも直線に入ったところで振り切れましたからね。なんとか頑張ってくれと思いましたが、最後の1ハロンで息が上がってしまいました。途中で息が入れば、最後ももっと頑張れたと思います。返し馬を終えた時点では息使いが荒かったですが、競馬では気にならなかったのでノドも大丈夫そうですね。芝でのダッシュが良かったので芝もこなせそうですが、スタートがいいだけに今はダートの短いところがいいと思います。結果を出せずすみません」

2018.10.11 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので曳き運動で調整しています。歩様もスムーズでトモに疲れも残っていません。気合い乗りも良く、飼葉もしっかり食べています。馬体重は裸馬で454キロと増えているので、コンディションも良いですね」
※14日(日)新潟4R(D1200m)に嶋田騎手で出走します。

2018.10.10 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ポリトラックコースで追い切り
ポリ 68.1-52.2-38.1-12.2 馬なり
内レッドオリアナ馬なりと5F併せ併入
中ロードライト強めと5F併せ併入
助手「角馬場で体をほぐしてからポリトラックコースで追い切りました。下ろしがけから併せて行くような形で最後は一番外を走らせました。道中行きたがる感じはあったものの、折り合いはしっかりついて終始良い手応えで走れました。終いも直線半ばまでは持ったままで、最後も手綱を揺すってからグッと反応してくれてしっかり動けていたと思います。この中間の稽古でも息遣いが悪くなるような事はなかったですし、上がりの運動でも気になりませんでした。先週今週と感触も良かったので、レースでも頑張って欲しいですね」
手塚調教師「レースを1度使った事で追い切り時の動きも更に良化したように感じますし、レースも前回より走りやすいのではと思います。予定通り今週使いますが、土曜新潟3Rが除外になりそうな時は、日曜の4Rに回る事にします。乗り役は嶋田騎手でいきます」

2018.10.04 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ポリトラックコースで追い切り
ポリ 66.7-51.8-38.0-12.5 馬なり
中ロードライト一杯と5F併せ0.2秒先着
内レッドリュンヌ仕掛けと5F併せ併入

助手「ポリトラックコースで3頭で併せました。テンに少し力みがありましたが、道中はそこまでハミを噛んで来なかったですし、力を抜くところもありました。今は乗っていても息遣いが良いですし、前半の立ち回りもスムーズ。直線で促してからもスッと加速してスピードの乗りもよかったですし、最後も最先着と良い内容でした。この中間も飼葉をしっかり食べていて、今日の追い切り後に鞍を着けた状態で455キロ。特に変わった事もないので、良いリズムで調整ができていると思います」
手塚調教師「走りやすいポリということもありますが、全体の動きも良かったと思います。前走後から煩くなっている感じもないですし、脚元含めて体調面に不安はありません。これなら来週使えると思います。レースは来週土曜の新潟3R(牝/D1200m)を使いたいと思っていますが、牝馬限定戦は節で出られない可能性もあるので、その場合は日曜の4R(D1200m)に向かおうと考えています。乗り役はどちらのレースも嶋田騎手で予定しています」

2018.10.03 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、Aコース1周半。
助手「全休日明けになるので角馬場とAコースで軽めに乗って調整しています。角馬場の下ろしがけは少し硬いように感じましたが、周回を重ねるにつれてスムーズな運びになりましたし、Aコースに移動してからはしっかり動けていました。うるさい面もなかったです。飼葉も食べていますし、ここまでは順調ですよ」

2018.09.27 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、Aコース1周半。
助手「今日も角馬場とAコースにて軽めに乗っていますが、遅めのペースなら雨で緩んだ馬場でも気にする事なく走れますね。フットワークも良かったと思います。気合いも程よく乗って調子はいいと思います。今日の馬体重は鞍を着けて456キロでした」

2018.09.26 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、Aコース1周半。
助手「追い切りは今週末からやっていく予定なので、今日は角馬場とAコースで軽めに乗っています。そこまで煩い様子はなく、Aコースでも落ち着いていましたし、背中の感触もしっかりしていて走りの捌きも良かったです。今のところ飼葉も食べていますが、今後も飼い食いが落ちないよう注意しながら進めていきたいと思います」

2018.09.20 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、坂路1本。
助手「昨日の午後のチェックでも脚元や歩様に問題はなかったので、今日から乗り出しています。角馬場でもフットワークはスムーズで硬さもなかったですし、坂路でも気負う事なく走れていましたよ。飼葉も食べてくれているので、使った後も体調面に陰りはありません。続けて使う予定になっているので、この後も入念にケアしながら、しっかり乗り込んでいきたいと思います」

2018.09.19 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
手塚調教師「使った後なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様もしっかりしていますし、馬は気も入っているのでガタッときた素振りは見せていません。今のところ脚元も心配ありませんね。この後はこのまま厩舎に置いて、次の新潟開催に向けて進めていく予定です。馬体重が減らないように調整していきたいと思います」

2018.09.16 : 9月16日レース後コメント(6着)
大野騎手「スタートはしっかり出てくれましたし、二の脚も付いたので、引っ張っらずにハナを取りました。走りのリズムも良く、前半は上手く立ち回れていたと思います。3、4コーナーから勝馬にプレッシャーを掛けられましたが、怯む感じもなく良い手応えで直線へ。追い出してからも脚は使えていて、差し返す感じもあったのですが、残り100mでパタッと止まってしまいました。今日は喉も気にならず息遣いもしっかりあったので、原因になると言えば久々の分ということでしょうか。それだけにレースを叩いて良くなりそうですよ。左右の回りはどちらでも対応できると思います。距離もこれくらいがちょうど良いですね」
手塚調教師「体も維持できていましたし、乗り方は大野騎手にお任せしていましたが、スピードを見せてくれましたね。無理に押して行った訳ではありませんし、楽に運べていたと思います。終いも見せ場たっぷり。何とか権利を取りたかったのですが、レース間が開いていたのが、最後の最後に影響したようです。それでも喉が鳴って止まったわけではないので、今回使った事で次はさらにパフォーマンスも上がって来るはずです」

2018.09.13 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。追い切った後も脚元は落ち着いていますし、体が張っているようなところもありません。運動中の脚取りも問題ないですよ。昨日の追い切りもしっかりやりましたし、本数も重ねているので、馬体重は450キロと減っていますが、体調自体は問題ないので、レースでも力を発揮できる状態にあると思います」

2018.09.12 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
南ウッド 68.6-53.4-38.7-13.2 強め
外レッドリュンヌ強めと5F併せ併入

助手「角馬場調整後、ウッドコースで追い切りました。先行したリュンヌを前に見ながら、最後は内に入れました。今日は馬場も走りやすかった事もあって、テンからリズム良く動けていましたし、コーナーの立ち回りもスムーズでした。終いもバテずに余力を残して走れていましたい、先週よりも素軽さがありました。舌を縛っているので、息遣いも問題ありませんし、今週使える状態に仕上がりました。15日の中山8R(D1200m)を大野騎手で使います」

2018.09.06 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様はしっかりしていますし、体にも張りなど出ていないので、追い切った反動は見られません。首付近の硬さもないですよ。飼葉もしっかり食べていて馬体重も460キロまで増やせているので、ここまでは順調に調整できていると思います」

2018.09.05 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
南ウッド 70.3-55.3-40.9-13.7 馬なり
内シャドウハンター馬なりと5Fから併入

助手「角馬場で体をほぐしてからウッドコースで追い切りました。3頭併せの先頭から直線は外に出しました。馬が行く気になっていたのでテンの入りが速くなってしまいました。雨の影響で馬場が重くなっていたので、入りが速くなった分、終いは余力がない感じでしたが、気持ちは最後まで切れていなかったので、その点は良かったと思います。息遣いも先週から良化していますし、舌を縛っているせいか、喉もほとんど鳴っていません。体調も安定しているので、今週末、来週と追い切ってさらに状態を上げていきたいと思います」
手塚調教師「今日は2歳馬の誘導をしながら、最後は後ろから来たオープン馬と3頭併せの形でやりました。下ろしがけに少し速くなってしまいましたし、最後は格上馬に遅れは取りましたが、全体の動きとしては悪くなかったと思います。今のところ来週使う予定なので、この後もこの感じで乗り込んでいきますよ。土日どちらの番組を使うかは想定を見ながら決めるつもりですが、鞍上は大野騎手にお願いしています」

2018.08.30 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。クビ辺りに少し張りはありますが、背腰などに疲れは感じませんし、運動中の歩様もスムーズでした。テンションが高くなるところもなかったです。飼葉も与えた分は食べていて馬体重は裸馬で459キロ。今後は体が減り過ぎないようにしていきたいと思います」

2018.08.29 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
南ウッド 71.4-55.5-41.0-13.6 馬なり

助手「角馬場でジックリ乗ってから、ウッドコースにて単走で追い切っています。下ろしがけから落ち着いていましたし、道中も気分良く走っていました。今、ウッドコースのチップを入れ替えているので、3~4コーナーや直線はボコボコしていて走りにくそうでしたが、最後までしっかり走り切ってくれたのは良かったです。ペースが遅かったことはありますが、息遣いも気にならなかったです。これから追い切りを重ねて状態を上げていければと思います」
手塚調教師「馬場コンディションが良くなかった中、1本目の追い切りとしては動きは問題なかったです。背腰の感触も悪くありませんでした。今日の動きを見て今のところ、9月15日か16日の中山D1200mの番組を使えればと考えています。この後もしっかり乗り込んでいきます」

2018.08.24 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、Aコース1周。
手塚調教師「昨日帰厩させました。今日は運動初日なので角馬場とAコースで軽めに乗っています。歩様に少し硬さはありますが、そこまで気になる程ではないので、背腰も含めてしっかりケアしながら進めていきたいと思います。来週から追い切りを始めていきますが、まずは単走でどのくらい動けるか確認をしてから、その後に併せ馬を行っていく予定です。今のところ次の中山開催で使おうと考えています」

2018.08.23 : 美浦:手塚貴久厩舎
本日、美浦トレセンに移動しました。

2018.08.22 : ミホ分場→手塚貴久厩舎
23日(木)美浦トレセンに移動します。

2018.08.17 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25-25秒。477キロ。
担当スタッフ「少し歩様に硬さは出ていますが、暑さには耐えて元気もあります。飼葉もしっかり食べて体に張りがあって毛艶も良いので体調は問題ないと思います。背、腰、脚元も問題ないです。近々入厩の話も出ているので、この後もしっかり乗り込んで行きます」

2018.08.10 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25-25秒。475キロ。
担当スタッフ「徐々に歩様が良くなって動きもしっかりしてきました。橈骨は良くなってきたとはいえ、完全に不安がなくなるまでには時間もかかるので、この後もケアは怠りません。体はふっくら見せて毛艶も良いので、今後はあまり大きくなり過ぎないように気をつけていきます」

2018.08.03 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25-25秒。478キロ。
担当スタッフ「徐々に痛いところもなくなってきて歩様も良化してきたので、今週から乗り始めました。今まで楽をさせていた分余裕のある馬体、この後はケアしながらじっくり引き締めていきます。暑さに耐えて飼葉もしっかり食べています。秋の中山を目標に進めていくことになります」

2018.07.27 : ミホ分場
マシン60分、ダクとハッキング15分。473キロ。
担当スタッフ「少しずつ右半身の張りは取れて来ていますが、まだ歩様を見てもしっかりしていないので、もうしばらくはケアしながらゆっくり進めます。それでもいまは毛艶が良く、体もフックラ見せて体調が良さそうです。体がパンとしてくれば走れる馬だと思っているので忍耐強くやっていきます。いまは増えすぎを心配するぐらいなので、これ以上太くならないように気をつけます」

2018.07.20 : ミホ分場
マシン60分。ダクとハッキング15分。476キロ。
担当スタッフ「右前の橈骨が良くなってきたので先週から乗り始めたところ、右の首筋、背中、肘と張りが出て来たので、無理せずペースを落としてゆっくり進めています。獣医の診立てでは、乗り始めて今まで使っていなかった筋肉を使ったことによる疲労が出たとの事でした。水曜日に筋注で処置しています」

2018.07.13 : ミホ分場
マシン60分。常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。473キロ。
担当スタッフ「ショックウェーブ後、獣医に右前を診てもらったところ、ソロソロ乗り始めても良いとの事でしたので、今週から乗り始めました。体は立派になったので、脚元をケアしながら入厩に向けてしっかり乗り込んで行きます」

2018.07.06 : ミホ分場
マシン60分、ダクとハッキング15分。471キロ。
担当スタッフ「橈骨の痛みも多少落ち着いて来たので、ショックウェーブ治療をしてさらに良化を図っています。まだ、調整メニューはダクとハッキングだけですが、中途半端に乗ると長引くので、もうしばらくはケアしながら今の感じで進めます。体はフックラして来て良くなっています」

2018.06.29 : ミホ分場
マシン60分、ダクとハッキング15分。468キロ。
担当スタッフ「先週末、獣医にチェックしてもらい、右前の橈骨を気にしているとの事だったので、今週からペースを落としてゆっくり進めています。飼葉は食べているので、体重が増えて毛艶も良いので、脚元をしっかりケアしながら進めて行きます。膝、背、腰は問題ないです」

2018.06.22 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3600mを25-25秒。
担当スタッフ「引き続き同じメニューで乗っています。しっかり距離も乗っていますが、飼い葉もしっかり食べているので体も465キロと増えてきました。毛艶や張りも良くなって体調はだいぶ上がってきた印象ですね。脚もと含め馬体に不安もないのでこのまま乗り込んでいきます」

2018.06.15 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3600mを25-25秒。459キロ。
担当スタッフ「喉は前回の滞在時と同じくらい鳴りますが、キャンターでは普通に動けていますね。飼葉もしっかり食べているのでしっかり乗り込めるようになり、馬体に張りが出て来ています。膝や背腰を気にする感じもないので、入厩に向けてケアしながら乗り込んで行きます」

2018.06.08 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3600mを25-25秒。463キロ。
担当スタッフ「先週から暑くなってきて体重も少し減ったので、今週は少し距離を短くして乗っています。そうしたら飼葉を食べるようになって体重も増えて体つきも良くなってきました。背腰に弱いところはありますが、ケアしながら乗っていけば問題なさそうです。この後も今の体重を維持しながら、入厩に向けて乗り込んで行きます」

2018.06.01 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。453キロ。
担当スタッフ「体重が増えて来たので今週から距離を延ばして乗り始めました。乗ってから少し減りましたが、飼葉はゆっくりですがしっかり食べているので、この後も乗り進めていけそうです。膝背や腰のケアしながら、もう少し増えるように食わし込みながら乗って行きます」

2018.05.25 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。455キロ。
担当スタッフ「飼葉をしっかり食べて体重も徐々に増えて来たので、今週からキャンターで乗り始めました。膝も問題なく、背腰の張りも取れて来ています。もう少し体重が増えて安定するまでは、乗る距離にメリハリをつけながら進めて行きます」

2018.05.18 : ミホ分場
マシン60分、ダクとハッキング15分。449キロ。
担当スタッフ「徐々に飼葉を食べるようになって体は少しずつ戻って来ています。今のところ膝は問題ありませんが、競馬を使った後で背腰は少し気にするところがあるので、その辺は入念にケアしています。いまは体重を増やす事に重点を置いているので、もうしばらくはゆっくり進めて行きます」

2018.05.11 : ミホ分場
マシン60分。
担当スタッフ「水曜日に入場して来ました。競馬を使った後で体も寂しく映るので、しばらくはマシンだけでゆっくり進めます。飼葉もしっかり食べさせて少しでもフックラするように努めます。レースを使うと背腰はどうしても気にするところがあるので、その辺もケアしながら進めて行きます」

2018.05.09 : 手塚厩舎→ミホ分場
本日ミホ分場へ放牧。
手塚師「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。使ったなりのダメージはありますが、そこまでガクッと来ているわけではないですし、飼葉もこの馬なりには食べていますよ。今日の運動後に診療所で喉の内視鏡検査を受けましたが、弁の戻りも正常ですし、安静時の時も大丈夫なようで早急に何か対策が必要という感じではないとの獣医師の見解でした。とりあえずは安心しましたが、引き続き普段の稽古やレースでは舌を縛っていきたいと思います。権利も取れませんでしたし、体もフックラさせたいので、今日ミホ分場に放牧に出します」

2018.05.05 : 5月5日レース後コメント(14着)
大野騎手「トモを落とす感じでゲートを出て行きましたが、その後はスピードに乗って3番手。上手く流れに乗って競馬をすtることができました。ただ、直線に向いてからも最初は頑張っていたのですが、久々と体が大きく減っていたのが影響したのかバテてしまいました。心配していた喉の方はレース中も気にならなかったですし、体さえ戻ってくればスピードのある馬なので通用すると思います」

手塚調教師「トレセンで438キロでしたし、440キロくらいで出走できると思っていましたが、ここまで減ってしまうとレースにも影響があったと思います。喉の方は上がってきてからも息使いは気にならなかったですけど、トレセンに戻ってから改めて調べたいと思います。今日は体重も減ってしまって、結果を出すことができず申し訳ありません。次は体を戻して良い結果を出せるようにしたいと思います」

2018.05.03 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「今日は曳き運動で調整しています。運動中は多少テンションが高くなってしまうところもありましたが、全体を通してはリラックスして歩けていました。馬体重は438キロと先週から減っていますが、状態面は良いので、このクラスでどこまで力が通用するかですね」

2018.05.02 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
4/29(日)坂路 57.8-42.1-27.7-13.9 馬なり
5/2(水)南ウッド 大野J 67.0-52.2-39.2-12.7 馬なり
外アロングショット馬なりを5F1秒追走1F併せ併入
大野騎手「今日は追い切りに乗せてもらいました。追走の形でしたが、下ろしがけから気分良く走れていましたし、脚もしっかり溜める事ができたので、追い出してからの反応もありました。喉は少し鳴っていますが、そこまで気にならなかったので、あとはレースでどれくらい影響するかだと思います。馬には覇気があって今週使える状態にあると思います」
手塚調教師「乗り込みを重ねて動きがスムーズになってきましたし、喉の方もそこまで鳴っていませんね。使える態勢が整ったので、予定通り今週土曜の東京を大野騎手で使います」

2018.04.26 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので厩舎周りを曳き運動で調整しています。テンションが高くなることもなかったですし、全体を通してリラックスして歩けていました。歩様もしっかりしています。追い切り後の飼葉も食べていましたね。今日は裸馬で443キロと先週から増えているように、良いリズムで調整出来ていると思います」

2018.04.25 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り。
南ウッド 70.5-55.4-40.1-13.0 強め
内リノワールド馬なりと5F併せ併入
助手「朝一番の組で角馬場でジックリ乗ってからウッドコースで追い切りました。オリアナが半馬身追い掛ける形でしたが、下ろしがけから落ち着いて走れていましたし、雨で馬場が悪い中でも、そこまで下を気にする感じはなかったです。仕掛けてからもしっかり反応してくれましたし、終いも楽な手応えとは言えないながらも、併せた馬に必死に食らいついていました。動きも徐々に良化してきましたし、息の方も舌を縛ってからは大丈夫です。今の感じなら来週は良い状態に整うと思います」
手塚師「追い切り本数を重ねて動きも良くなっていますし、息遣いなども大丈夫そうですね。ここまでは予定のレースまで順調に乗り込めています。今週末、来週と追い切って良い状態に仕上げたいと思います」

2018.04.19 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。乗り込んできていますが、歩様はしっかりしていますし、覇気もありますね。飼葉も食べているので441キロと先週から少し増えています。追い切りではまだ物足りないところはありますが、レースまで2週間ありますし、この調子で乗り込んで状態を上げていければと思います」

2018.04.18 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
4/15(日)坂路 57.4-42.8-26.9-12.7 馬なり
4/18(水)南W 松岡J 70.4-54.4-40.3-13.5 馬なり
内グランフルール馬なりと5F併せ併入
松岡騎手「ウッドコースで先行の形でしたが、まだフォームがしっかりしていない印象ですね。本数を重ねて気は入ってきているのですが、それがまだ動きにリンクしてこないですね。それでも馬場が悪い中、最後まで気持ちを切らさず走れていたのは良かったと思いますし、息の方もそこまで気になりませんでした。予定のレースまで時間もあるので、しっかり乗り込んでいけば態勢も整ってくるはずです」
手塚調教師「まだ物足りないところはありますが、動きはまずまずでしたし、入厩した当初に比べれば状態は良くなっています。この調子で乗りながら状態を整えていきます」

2018.04.13 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ダートコースを半周、最後にゲート試験を受け合格。
手塚調教師「予定通りゲート試験を受けました。武藤騎手に乗ってもらいましたが、入りから駐立までスムーズでしたし、発馬もしっかり決められましたね。無事に試験をクリア出来たので、このまま乗り込んで調子を上げたいと思います。今回レースの鞍上は大野騎手にお願いしています」

2018.04.12 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
手塚調教師「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様も問題なかったですし、運動中も落ち着いていましたね。飼葉もこの馬なりに食べていますよ。地方出戻りのためゲート試験に合格しないといけないので、明日試験を受けますが、競馬を使っている馬ですし、その辺りは大丈夫だと思います」
※馬体重439キロ。

2018.04.11 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
南ウッド 70.6-55.5-40.5-12.8 強め
手塚調教師「角馬場でジックリ乗ってからウッドコースで単走で追い切りました。角馬場で乗っている時から息遣いなどは問題なかったのですが、追い切りの動き自体がまだ物足りないですね。道中は楽に来ているのに、終いは手応えほどグッと加速できませんでした。徐々に良化はしてはいますが、もう少し乗り込んでからレースを使った方が良いと思います。今のところ5月5日の東京7R(牝/D1400)を目標に進めていく事にします」

2018.04.05 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様もしっかりしていますし、運動中も落ち着いて歩けていました。飼葉は食べてはいるのですが、馬体重は裸馬で441キロ。そこまで細くは映りませんが、もう少し増やしていければと思います」

2018.04.04 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り。
※モヤのため時計は計測不能
助手「角馬場でジックリ乗ってからウッドコースでオリアナが先行する形で追いました。環境にも慣れてテンションも落ち着いて来ましたし、道中もリズム良く走れていました。ただ、3コーナーまで楽に動けていた割に、仕掛け処ではスッと反応できなかったですし、終いもジリジリという感じ。喉に関しては、舌を縛った事で先週より息遣いは良かったのですが、まだ体力不足という感じがするの、しっかり乗り込んで状態を上げていきます」
手塚調教師「入厩した翌日、軽めに乗った時に喉が結構鳴っていたようなので、翌日から舌を縛ってみたのですが、先週末の追い切りでは息遣いは気にならなかったですね。ただ、動きが思っていたほど良くなかったですし、今日も最後の動きに余裕が感じられませんでした。予定のレースは決めずにしっかり乗り込んでいきます」

2018.03.30 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、Aコース1周。
助手「昨日入厩して来ました。今日は運動初日なので角馬場とAコースを1周。馬場入りする前は落ち着いていたのですが、角馬場に入ってからはチャカつくところを見せていました。Aコースでも力んでいたので、稽古を進めながら落ち着いて欲しいと思います。息遣いは、角馬場で乗っている時から結構大きな音が鳴っていました。今日はイレ込みがちだったことも影響しているとは思いますが、これから追い切りを消化していくので、普段から注視していきます」

2018.03.29 : 山元トレーニングセンター→手塚貴久厩舎
本日の検疫でトレセン入厩

山元トレセン担当スタッフ「先週末は坂路で14-14、今週も火曜日に14-14を消化しています。今日の検疫でトレセンに入厩していますが、動きを見ても体調の良さは伝わってきますので、中央復帰初戦でどんな走りを見せてくれるかですね。頑張って欲しいです。喉については特にテンションが高めのときは気になります。走り自体に影響は感じないのですが、トレセンで追い切ってどうか。先生も状況は把握しているので、いい形で進めてくれると思います」

2018.03.28 : 山元トレーニングセンター→手塚貴久厩舎
明日、美浦トレセンに帰厩します。

2018.03.23 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「今週も変わらず15-15のペースで乗り進めています。喉は相変わらずというところで変わりませんが、稽古では変わらず動けていますし、苦しい感じもありません。爪・背中などに問題はありませんので、来週の検疫でトレセン入厩という予定になりました。明日は15-14くらいのところをやって、移動準備をと考えています」

2018.03.15 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「火曜日から周回コースで乗った後の坂路で15-15を開始。喉の感じは相変わらずで舌を縛っての調整ですけど、動きに関しては気になるところもありません。このくらいのところは楽に動いてきますし、フットワークもいいですよ。馬体重は468キロ。爪や背中など気になっていた部分も心配はなく、特に治療も必要のない状況。今月末あたりのトレセン移動が予定されていますので、15-15をベースに体調アップを意識したメニュー構成で進めていきます」

2018.03.08 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「この中間も周回コース・坂路で状態を確認しながらの調整ですが、動きに鈍さもないですし歩様もスムーズ。15-15へ移行していきたいと思っています。爪も問題ないですし、背中の感じも心配ありませんので、この後も注意しながらトレセンへの移動準備を進めていければと考えています。以前こちらにいた時もそうでしたが、少し息遣いというか喉がコロコロする感じも。気になったので静止時に内視鏡を入れて診てみても特に大きな異常は確認されませんでしたし、稽古での動きにも影響は感じられませんが、引き続き注意していきたいと思っています」

2018.03.01 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「入場時の馬体重は459キロ。環境に戸惑う感じもなく飼葉も食べてくれているので、今日は463キロの馬体重でした。念のために前回の故障箇所を確認しましたが問題なし。入場時には背中に張りも見られましたが、その後は気にならなくなっているので、必要なら治療もしていきますけど現状は心配ないでしょう。爪も状態としてはマズマズ。悪くはないので、良く見ながら進めていきますよ。以前こちらに来ていた時と印象は大きく変わって、体はバンとしてきたし動きにも力強さが。まだ軽めに動かしている段階ですけど、いい感じですよ。突発的にスイッチが入ってしまうようなところがあるので、そのあたりは注意しながら進めていく必要がありそうです」

2018.02.28 : 山元トレーニングセンター
26日(月)山元トレセンに移動しています。

2018.02.23 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。    
担当スタッフ「悪かった爪の状態は、今週に削蹄してもらってから多少綺麗になってきました。背腰にいくらか疲れは残っていますが、歩様などは問題ないので、今週から普通に乗り始めました。今週の入厩プランもありましたが、3月中旬くらいの移動に予定を切り替え、この後も爪や背腰などをケアしながら入厩に向けて乗り込んで行きます」

2018.02.16 : ミホ分場
マシン60分、ダクとハッキング15分。464キロ。
担当スタッフ「入場後、馬体をチェックしましたが、両前の膝、球節回り含めて問題はなかったです。背腰は触診で少し反応が見られたので、木曜日に来場した社台の獣医にショックウェーブを処置してもらいました。今日から軽い運動、明日からダク、ハッキング、様子を見ながら来週からキャンターも開始する予定です。ただ、蹄鉄を止める際の釘打ちの影響か、爪がボロボロになっているので、来週、削蹄してもらいます」
※来週中に入厩予定となりました。

2018.02.07 : 名古屋:川西厩舎
川西調教師「レース後の様子をここまで見てきましたが、ダメージらしいダメージも確認できませんでしたし、すぐにいつもと変わらないオリアナに。飼葉も食べてくれて運動中の歩様や雰囲気も問題ないので、これなら大丈夫という判断で馬運車を手配しました。金曜日に積み込んでミホ分場へ運びます。体をプリッとさせたいと思ってやってきましたが、気性などタイプ的にあまり肉が乗ってくる馬ではないんでしょう。それでも前走では9キロ増。現状ではこのあたりまでかなというところですけど、少し体には幅が出てきたんじゃないかな。馬自身はまだこれから良くなってくる余地を残していますので、今後さらにパワーアップも見込めるでしょう。また中央で頑張ってくれると思います。移動までわずかですが日もありますので、元気に積み込めるように軽く運動して体調を整えていきますよ」

2018.02.02 : 2月2日レース後コメント(1着)
今井騎手「強かったですね。馬の状態がいいのは分かっていたし力が違うとも思っていたので、今回も自信を持って競馬に臨みました。少しジャンプ気味のスタートだったので、モタモタしないようにと軽く気合をつけたらスッと動いてくれて。先生からも『どこからの競馬でもいいよ』とは言われていたんですけど、折り合いも付いたし無理に控える必要もないのでそのままハナにいきました。終始、手応えも良かったですし、3コーナー過ぎで軽くゴーサインを送っただけですけどね。今日もムチはいらなかったし、オリアナに跨って背中の感触を味わいながら気持ちよく1周してきただけという感じです。強い馬に乗せていただいてありがとうございました。寂しくなりますけど、中央での活躍を応援しています」

川西調教師「自分からハミを取っていくタイプでもないので、ハナに行くより追い駆ける形が合っている馬だと思うんですけどね。それでもこの形で楽勝ですからエンジンが違うんでしょう。メンバーも強化されていたので競馬内容も変わるかと思っていたんですが、もう途中でライバルたちが諦めちゃった感じ。この前半スローの展開をこの上がりでまとめられたら、まあ諦めたくもなりますけどね。見ていて拍子抜けしてしまうくらいワンサイドの競馬でしたが、戦績を汚すことなく戻すことができて良かったです。今回もジョッキーは自信満々で乗ってくれて、3戦とも無理のないダメージを残さない競馬をしてくれました。レース後の状態を確認してから移動の準備をと考えていますが、最小限の消耗で済みましたので心配ないのではないでしょうか。どこの厩舎に行っても同じ結果だったとは思いますけど、この結果に繋げるために頑張って世話をしてくれた担当厩務員や今井騎手には本当に感謝ですね。主役は厩舎に戻ってから褒めてあげたいと思っています。今日も応援ありがとうございました」
※美浦・手塚貴久厩舎で中央再登録の予定です。

2018.01.30 : 名古屋:川西厩舎
2月2日(金)名古屋6R C2組(選抜) D1400m 今井貴大騎手
9頭立 2枠2番 54㌔ 発走:14時15分

川西調教師「昨日、レースへ向けての本追い切りをおこないました。本追い切りといっても時計にならないくらいのところですが、内容については今井騎手とも相談してのもの。中間も十分に動かしてきており、体も中身もできていますからね。気持ち良く走れていましたし、息遣いも問題なし。ピリピリしたところも見られず、稽古後の雰囲気も良くて気になるところも特に見当たりませんので、好状態でレース当日を迎えることができるように明日以降も動きや体調を確認しながらと思っています。オリアナの力の引き出し方は一番わかっていると思うので、レースについてこちらからの指示は考えていません。今井騎手にお任せです。ここ2戦とは相手も違うので今までのような競馬にはならないかもしれませんが、目一杯の競馬で勝ってきたわけではないですからね。ハナにこだわる馬ではないですし乗り難しいタイプでもないので、名古屋3戦目のここでどんな競馬を見せてくれるか楽しみにしています。いい競馬ができるように、また応援してあげてください。よろしくお願いします」

2018.01.27 : 名古屋:川西厩舎
川西調教師「次走の登録を見て、嫌な相手だなと思って動向に注目していた無敗のメモリーファルコン。先週の競馬を使っていたのもあって、やはり今回は登録だけで使わないとのこと。オリアナを避けてくれたのかどうかは分かりませんけど、戦わなくて済むならそれに越したことはないですからね。他の相手も選抜戦なので一癖ある馬たちですが、よりチャンスは近づいたかなと。当初の予定通り、今井騎手の手綱で名古屋3戦目に向かいます。彼はオリアナの力を高く評価してくれていて、レースを見ても自信たっぷりの競馬。過去2戦の内容からも競馬に注文はつかないし、中間の稽古でも状態と感触を掴んでくれていますからね。いいイメージを持ってレースに臨んでくれると思いますし、またキッチリと導いてくれるのではないでしょうか。どちらにやるかは天気予報を確認しながら馬場状態を見て判断しますが、本追い切りは月曜日か火曜日におこないます」

2018.01.25 : 名古屋:川西厩舎
2月2日(金)名古屋6R・C2組(選抜) D1400m 予定

川西調教師「この中間も変わらず順調に進めることができていますよ。診てくれた獣医師も『悪いところはない』というくらいで、背中を含め馬体に気になる点はありません。厳しい競馬をしていないし、根を詰めて走っていないのもあるでしょうけどね。レースは来週の金曜日を予定していますが、明日以降も不安なく進めていけると思います。今朝は大丈夫でしたが明日はまた気温が下がるという話なので、馬場状態には注意しないといけないですね。この馬なりに飼葉も食べてくれて、太かったり寂しかったりということもなく体の雰囲気はいい感じ。体は出来ていますので、本追い切りは息と反応を確かめる程度で半マイル53秒くらいでシュッとやって、しっかりと態勢を整えて3戦目に向かいます。その3戦目は選抜戦になりますのでメンバーは強くなるのですが、メンバーを見て気になったのが6戦6勝のメモリーファルコンという馬。前走で自厩舎の馬が遊ばれたのもありますけど、脚元の不安さえなければ今ごろは普通に上で走っていただろうという素材ですから、オリアナとの力関係は分かりませんが正直な気持ちとしては嫌ですね。先週の競馬を使っているので出てこない可能性もありますけど、もしも使ってくるようなら今井騎手が主戦ということもありますしチョッと考えたいと思います」

2018.01.19 : 名古屋:川西厩舎
川西調教師「天候や気温の影響で調教の時間帯は特に馬場も硬くなっていますからね。脚元に負担をかけないように、またアクシデントが起きないように引き続き注意しながら進めていますが、この中間も不安材料はなく、ここまでは問題なく調整することができています。先週末に整体もしてもらって、弱点である背中などもケア。レース後も特にダメージは見られませんでしたが、念のためということでメンテナンスをしておきました。稽古で追い込んでいないのもあるんでしょうけど、気性面の難しい部分は中間の稽古でもそれほど気になりません。レースまでまだ日もありますので、この雰囲気で進めていけるのはいいですね。体もできているので強めの稽古は考えていませんが、フットワークや息遣いも変わらず良好で、稽古をつけてくれている今井騎手も『順調』とのこと。このまま進めていければ大丈夫でしょう。次で中央復帰を決められるように準備をしていきます」

2018.01.12 : 名古屋:川西厩舎
川西調教師「レース後も問題ないですし、飼葉も食べてくれているので体も戻っています。この中間も軽めメニューで馬に合わせて進めていますが、弱点でもある背中に気になるところもなく、テンションもいい意味でこの馬っぽいラインで落ち着いてくれていますよ。レースでのダメージも最小限で済みましたので15日からの名古屋開催にも使える状態ですけど、今日の笠松競馬も雪でしたがこちらも寒くて馬場がカチコチ。使えば勝つとは思いますがアクシデントも多い時期なので、この15日からの開催には登録せず、1月29日からの名古屋開催に向かいたいと思います。ポテンシャルが高く、まだまだ先のある馬ですからね。早くお戻ししたいという気持ちは変わりませんが、ガタガタの状態では意味がありませんから。次を勝った後を考えてのこととご理解ください。この中間も気になるところがないので背中を含め治療はしていませんが、日曜日に先生が来てくれるので体を触ってもらって整体もしてもらうつもり。少しレース間隔はあきますけど、しっかりとメンテナンスをしながら態勢を整えていきますよ」

2018.01.03 : 1月3日レース後コメント(1着)
今井騎手「ここでは脚力が違うのも分かっていましたし、状態面に不安はなかったですからね。今日は細かいことは考えず、ゲートだけ注意して自信を持って乗りました。そのスタートもスムーズでしたし、ハナにこだわりも無かったんですけど、伸び伸びと走らせようと思ったらあの形に。折り合いも問題なく最初から最後まで楽でしたし、僕は最後まで跨っていただけという競馬でした。競馬が上手だしスピードもある。ここらへんでは負けられませんよね。きっちり連勝することができて良かったです。次もオリアナと一緒に競馬するのが楽しみです」

川西調教師「気難しいタイプの馬ですけど、今日の競馬を見ても本当に競馬が上手。今日のレース内容も注文なしですね。今井君も自信を持って乗ってくれて、馬に負担の少ない理想的な競馬をしてくれました。稽古から上がってくるような雰囲気で引き揚げてきて、息遣いもレース直後とは思えないほど。レース後の状態を確認しながら次へ向けて進めていきますが、おそらくダメージは心配しなくても大丈夫でしょう。精神面に注意が必要な馬なのでそのあたりも観察は必要にはなりますけど、あまり間隔をあけずに3戦目に向かえそうです。とはいえ詰め過ぎる必要もないですからね。馬にあわせて無理なくレースを選択していければと考えています。スピードと先行力の違いで2戦とも前での競馬になっていますが、行っても控えても、どんな形でも上手に競馬ができそうですね。まあ控える競馬を試すまでもなく3戦目も普通に通過してくれそうですけど、いいレースセンスを持っている馬だと思います。気持ち良く3戦で中央に戻せるよう、次も油断せずに頑張ります」

2017.12.31 : 名古屋:川西厩舎
1月3日(水)名古屋3R C13組 D1400m 今井貴大騎手
8頭立 5枠5番 54㌔ 発走:11時35分

川西調教師「この中間もいい意味で変わらず。背中やテンションなど注意しなくてはいけないところのある馬ですけど、まずは2戦目となる予定レースへ向けて順調に進めることができました。枠番も極端ではなく、ほどいいところ。ゲートは少し気になるタイプですけど、前回くらいの感じで出てくれれば大丈夫でしょう。いいスピードと先行力のある馬ですからね。ゴチャつかずスムーズにポジションを取れれば、今回も好レースをお見せできるのでは。今井騎手も手の内に入れていますし、ゲートのことも頭に入っているでしょうから特に作戦など指示は考えていません。前走のイメージで自信を持って小細工なしの競馬をしてくれるのではないでしょうか。どんな走りを見せてくれるのか僕自身も楽しみにしています。レースは1月3日(水)になりますので、また応援よろしくお願いします」

2017.12.27 : 名古屋:川西厩舎
1月3日(水)名古屋・C13組 D1400m 今井貴大騎手 予定

川西調教師「体はなかなかフックラしてこないですけど、この馬なりに飼葉も食べてくれていますし体調面は変わらず良好。脚元や体調面に不安はありませんので、予定通り名古屋の正月開催に向かいたいと思います。レースは3日目の1月3日(水)。気持ちで走るところのある馬ですし、久々の前回を使って中身も上向いていますからね。速い追い切りは不要という判断で、馬にあわせたメニューでじっくりと乗っていきながらレースに備えます。前回はいい競馬を見せてくれましたからね。ここも能力で押し切りたいところです。また強い競馬を見せられるように、しっかりとコンディションを整えていきます」

2017.12.22 : 名古屋:川西厩舎
川西調教師「レース後の様子を見てきましたが、歩様などに問題は見られません。出し切ったレースでもなく消耗も小さかったので、反動やダメージは心配しなくて良さそうです。週末から乗り出していくつもりですけど、それほどレース間隔があくわけではないですからね。少しでも体をフックラさせられればというイメージを描きながら、いままで通りじっくりと確認しながら乗っていきます。強い稽古は必要ないですし、久々の前走を使って確実に中身は変わってくるでしょう。もともとガツガツ食べる馬ではないですけど、この馬なりにレース後も食べてくれていますので、いい方向に向けばと思っています。前走を見てもゲートはあまり上手じゃないですよね。普通に出てくれれば競馬は上手なので大丈夫かと思いますが、そのあたりを含めていかに平常心に近い状態で競馬場に送り込めるかが、やはりこの馬のポイント。これから馬自身がちょっとずつでも自分の気持ちをコントロールしていけるように、教えられるところは教えながらコミュニケーションをとっていきたいですね」

2017.12.20 : 12月20日レース後コメント(1着)
今井騎手「スタート直後にゴチャゴチャしてしまいましたが、そこで変に火がついてしまうこともなく我慢してくれました。終始、手応えは楽。なるべく番手でと思っていたのですが、スピードが違うので抑え込むよりもと思って、勝負処から馬に任せて先頭へ。直線入口で後ろを確認しましたが、後ろとは手応えが違いましたからね。ノーステッキで直線は気持ちよく走らせてあげました。稽古の感じから、普通にゲートを出て、普通に走ってくれればとは思っていましたけど、強い競馬を見せることができて良かったです」

川西調教師「まずは無事に勝利を挙げることができてホッとしています。気は入っていましたがレースでは折り合いもついていましたし、今日のレース内容から次へ向けての修正点や課題というものは特に見つからなかったですね。厩舎に戻ってからも馬体のチェックをしましたが、思っていた以上にレースが楽だったのもありますけど異常はなさそうです。こういう気性なので飼葉を食べても増えにくいし、強い稽古を消化しているわけでもないのに久々の競馬でも体はスッキリ。見た目にも仕上がっちゃってるというシルエットなので、やはり体にはフックラ感を出していきたいところです。2戦目は名古屋の正月開催を予定していますので、今後も引き続きメニュー構成や飼葉などいろいろ考えて進めていきたいと思っています。次も期待に応えられるように頑張ります」

2017.12.18 : 名古屋:川西厩舎
12月20日(水)名古屋3R C18組 D1400m 今井貴大騎手
8頭立 6枠6番 54㌔ 発走:11時30分

川西調教師「水曜日の3レースで出走が確定しました。距離も1400mですし、外よりの偶数枠もいいんじゃないですかね。ここまでトラブルなく調整を進めることができましたので、良好なコンディションでレースに向かえるように微調整しながらと思っています。あとは精神面。いい形でゲートに入れてあげられるかがポイントになりそうですね。レースでの作戦はゲートを出た感じで臨機応変にというところでしょうけど、稽古で馬のタイプも掴んでいる今井騎手が上手くリードしてくれるでしょう。脚力は上なので、はじめての環境に戸惑うことなく自分の力を発揮できればチャンスは十分。いい競馬を期待しています」

2017.12.15 : 名古屋:川西厩舎
川西調教師「普通のところをしっかりと確認しながら乗っていますが、だんだんと馬も納得してくれてきているのか、気の悪さを感じさせる場面が少なくなってきたように思います。油断はできないですけどね。そのぶんムキになるようなところも見られるんですけど、稽古での雰囲気は日ごとに良くなってきています。背中の状態も問題なくきていますしね。おそらく18日(水)になるかと思いますが、態勢も整ってきましたので来週の名古屋開催に向かいたいと考えています。少し気になった息遣いも大きく変わらないですし、悪い方にはいっていませんので、この中間も舌は縛らずに様子を見ながら進めています。リバティでも乗り進めてもらって中身もできていますし、強い追い切りを重ねる必要はないですからね。精神面のコントロールがポイントになってくる馬でもありますので、本追い切りは息や反応を確かめるイメージでサラッとやって競馬に向かうつもりです。レースは稽古をつけてくれている今井貴大騎手に乗ってもらう予定でいます」

2017.12.10 : 名古屋・川西厩舎
川西調教師「今朝の動きを確認したうえで、稽古をつけてくれている今井騎手とも使うかどうか相談しましたが、まだ物足りないかなということで13日の競馬は見合わせることにしました。すぐに解消するものではないんでしょうけど走りに力みがあるのは相変わらず。それに少し息遣いが気になるところもありますので、いい状態でレースに向かえるように舌を縛ってみるなどいろいろ考えていきたいと思います。13日の競馬を見合わせて次の18日からの名古屋開催に切り替えて進めていきますが、ここまで背腰の状態は問題なくきていますので、この状態から落とさないようにケアしながらいきますよ。いい脚力を持った馬なので、心身のバランスをうまく取りながら競馬で力を発揮できるようにと思っています」

2017.12.08 : 名古屋・川西厩舎
12月13日(水)名古屋・C16組 D1400m 予定

川西調教師「この中間も特にトラブルなく、緩急をつけたメニュー構成で順調に調整を進めることができています。まだ少し力んで走る面は見られますが、フットワークもいいですし能力を感じさせてくれますね。出走レースについては、稽古でやりすぎずフレッシュな状態で使った方がとも思いますし、実戦タイプという印象もあって来週の名古屋開催に登録を入れましたが、出走投票日は日曜日になりますので、使うかどうかは動きや状態などとも相談しながらギリギリまで考えたいと思っています。飼葉もこの馬なりに食べてくれていますし、こちらの環境にも慣れて馬房の中ではいい感じにリラックスできていますよ」

2017.12.01 : 名古屋・川西厩舎
川西調教師「軽いところですけど馬場で乗っていっています。リバティからも聞いていましたが、テンションのコントロールが難しい馬なのか、馬場入り初日はゴネたりして気の悪いところを見せていました。新しい環境に戸惑っている部分もあったんだと思いますけどね。実際、初日は酷かったけど日を追うごとに気にならなくなってきましたから。ただ、そういった気性的なものもあってか、力んで走るのが気になります。これが背中にくる原因のひとつでしょうね。背中はこの馬のウィークポイントですので、今後も注意しながら進めていきたいと思っています。先日、獣医に体を触ってもらいましたが、リバティでメンテナンスしてもらったことで治療は必要ないとのことでした。これから進めていってどうかというところはありますので、定期的に診てもらうつもりでいますけどね。まずは進めていける状態にありますので、乗っていっての感触でレースを考えていきたいと思います。雰囲気として実戦タイプなのかなという印象もありますし、気性や背中のことを考えても稽古でビッシリやり過ぎないほうがいいのかなとも。早ければ12月11日からの名古屋開催、もう少し乗り進めてからということであれば翌週18日からの開催というイメージですね。いずれにしても馬のコンディションを見ながら判断させてもらいたいと思います」

2017.11.23 : 名古屋・川西厩舎
川西調教師「渋滞にはまったりということもなかったようで、こちらには予定よりも少し早めに到着しました。リバティで見た時はカリカリしたところも見せていたんですけど、輸送後でもイライラしたりすることなく気持ちにはゆとりが感じられます。決して元気がないということではなく、精神的にも余裕があってのものかと思いますよ。体も数字よりも丸みを感じますし、ここまでいい調整ができていたんでしょう。土曜日に登録検査を受ける予定でいますので、そこから1週間ほどで地方の競走馬登録が完了。早ければ12月中旬頃の競馬にいけるかなというイメージです。ただ、牝馬ですからね。環境に慣らしながら、キャラクターや癖を掴みながら進めていきたいと考えていますので、無理に詰め込んでいこうとは思っていません。背腰の状態も確認しながら、明後日から乗っていきますよ。いい形で中央に戻すことは大事ですが、戻ってからも戦っていけるように、少しでも心身ともに経験値を上げて送り出せるよう工夫しながら進めていきます」

2017.11.22 : リバティホースナヴィゲイト
463キロ
牧場スタッフ「今週も角馬場でジックリ乗ってから、周回コースを20-18のペースで3000mのメニューで乗っています。同じペースで乗り込んでいますが、今は背腰もしっかり使えていますし、素軽さも出ていますよ。気候が寒くなって来た割には肌艶もきれいですね。予定通り明日の早朝に名古屋の川西厩舎へ向けて出発します。午後には厩舎に到着となるはずですよ。コンディションの回復に時間は掛かってしまいましたが、能力はある馬だけにレースでの走りを期待しています」

2017.11.17 : リバティホースナヴィゲイト
462キロ。
牧場スタッフ「今週も角馬場でジックリ乗ってから、周回コースを20-18のペースで3000m。休みなく乗り込んでいますが、背腰の感触も乗り出した当初に比べるとだいぶ良くなっているように思います。川西先生から来週の木曜日に入厩させたいとの連絡があったので、移動までしっかり体調を整えてあげたいですね」

川西調教師「随分とお待たせしてしまいましたが、牧場では時間をかけて状態を整えてもらいましたので、これなら入厩後もスムーズにいくのではないでしょうか。来週の木曜日(23日)の移動という形で調整していますので、入厩後はすぐに登録検査を受けてレースに使っていけるよう準備していきます。再会を楽しみにしています」

2017.11.10 : リバティホースナヴィゲイト
464キロ。
牧場スタッフ「今週も角馬場で乗ってから周回コース3000mを20-18のペースで。ここまでジックリ乗って来たことで、ペース上げても素軽い動きを見せてくれていますし、コンディションは上がって来ています。飼葉の食いも安定していますよ。川西先生からは、今月中には入厩させたいとの連絡がありましたので、ここから更にペースを上げる予定はありませんが、しっかり乗って態勢を整えたいと思っています。

2017.11.03 : リバティホースナヴィゲイト
馬体重462キロ。
牧場スタッフ「今週も角馬場でジックリ乗ってから、周回コースを20-20のペースで3000m。同じペースで乗っていますが、だいぶ行きっぷりも良くなっていますし、背腰の感触も良化ています。日によって午後からもトレッドミルに入れているので運動量は多いと思います。この調子で乗り込んで入厩に備えていきますよ」

2017.10.27 :
(リバティホースナヴィゲイト)
馬体重460キロ。
牧場スタッフ「今週も角馬場でジックリ乗ってから周回コースを20-20のペースで3000m。乗り進めながらも背腰にダメージが残る感じもないですし、順調に調整が進められています。体調も引き続き良好なので、状態を見ながらペースを上げていくつもりです」

2017.10.20 :
(リバティホースナヴィゲイト) 
馬体重462キロ。
牧場スタッフ「今週は角馬場でジックリ乗ってから、周回コースを20-20のペースで3000m。フットワークからも良い感触を得られていますし、背腰もケアしながら進めているので、そこまで硬さもありませんね。乗り出してからも飼葉は安定して食べてくれているので、ここまで順調といえますね」

2017.10.13 :
(リバティホースナヴィゲイト) 
馬体重461キロ。
今週から乗り出して角馬場中心にジックリ乗っています。時間を掛けてから乗り出したので硬さはなく、運動を始めてからも馬体重は減っていません。引き続き背腰にはマイクロを当ててケアしていますが、予防の意味合いもあります。水曜日には川西先生に状態を確認してもらいましたが、あと1カ月はこちらで調整していくことになったので、焦らず馬をつくっていきますよ。

2017.10.11 :
(リバティホースナヴィゲイト)
川西調教師「今日、リバティホースナヴィゲイトでオリアナの様子を見てきました。マイクロを当てるなどしてケアしてもらっているものの、やはり背中にはハリがありますし、背腰はまだ少し痛いようで抜けきらないですね。状態次第では具体的な移動の話もと思っていたのですが、まだもう一息というところ。せっかくコンディションアップを図ってもらっていますので、ここは連れて行きたい気持ちをグッと我慢して、引き続き立て直しを進めてもらうようお願いしました。もうちょっと体には丸みが欲しいところですけど、食欲も問題なく内臓面なんかは心配なさそう。背腰以外は特に気にならなかったので、慌てず痛い箇所の回復に努めてもらえればと思います」

2017.10.06 :
(リバティホースナヴィゲイト) 
馬体重460キロ。
今週もトレッドミルで調整していますが、ペースは上げています。楽をさせた事で体はふっくらしてきましたが、欲を言えばもう少し増やしてあげたいところ。引き続き背腰もケアしながらですが、だいぶ痛みはやわらいできました。具合は良くなってきたので、来週から乗り出していく予定です

2017.09.29 :
(リバティホースナヴィゲイト) 
馬体重452キロ。
牧場スタッフ「今週からトレッドミルに入れて軽めのペースで動かしています。先週は背腰に疲れが溜まっていましたが、マイクロをあててケアしているので徐々に抜けて来ました。今週末までは現行メニューで進めてみて、状態が良ければ来週から乗り出すことも考えています」

2017.09.22 :
(リバティホースナヴィゲイト)
牧場スタッフ「昨日、こちらに入場してきました。馬体を入念にチェックしたところ、背腰が疲れている感じがありました。歩様にも硬さがあるので、レースでの疲れがだんだんと出てきたのでしょう。この後は地方転出になりますし、焦らなくても良いと思いますので、まずは馬体のケアを入念に進めさせていただきます。飼葉の食いは良くて、馬体重は449キロ。レース時と同じくらいの数字に戻していますね。川西先生からは疲労と馬体の回復をというお話をいただいていますので、元気いっぱいで送り出せるよう工夫しながら進めていきます」

川西調教師「手塚先生とお話して、美浦近郊で僕が馬をお願いすることのあるのリバティホースナヴィゲイトに運んでもらいました。牧場と話したところ、背腰、特に右腰に疲れは見られるとのことでしたが、全体としては大きなダメージは心配なさそうとのこと。競馬を使ったばかりですので、疲労を抜きつつ体も膨らましてもらってから、こちらに運んでもらうように考えています。馬のコンディションに関してはこちらもしっかりと把握できる状況にありますので、まずは疲労回復を最優先に進めていき、10月後半の競馬に向かうイメージで調整していければと思っています。牧場スタッフも『いい馬』と話していましたが、レース映像で走りを見ても力を感じましたし、楽しみな馬なのは間違いなさそう。しっかりと結果でお応えできるよう、精一杯やらせてもらいますのでよろしくお願いします」

2017.09.20 :
(手塚厩舎→リバティホースナヴィゲイト)
厩舎周りを曳き運動。
手塚師「使った後なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。脚抜きの良い馬場での競馬でしたが、レース後も脚元は大丈夫そうですね。歩様に硬さはありましたが、大きくガクっと来ている感じもありませんし、飼葉もこの馬なりに食べてくれていますよ。未勝利のうちに勝たすことができなく申し訳ありませんが、地方からの出戻りを目指すことになりましたので、明日、一旦リバティホースナヴィゲイトに放牧に出すことになりました」

2017.09.19 :
本馬は一旦地方競馬に移籍し、地方競馬にて中央への復帰条件を満たした後、中央への再復帰を目指すことになりました。移籍先は、名古屋競馬・川西毅厩舎となります。レース後の状態を確認しつつ、コンディションを整えてからの移動を予定しています。

2017.09.17 :
9月17日レース後コメント(4着)
大野騎手「スタートもスムーズでしたし、外枠だったので砂を被らせない位置を取ることができました。雨で馬場が悪かったので脚抜きの良い馬場も味方してくれて、馬も走りやすかったと思います。勝負処での反応も良かったですし、最後も長く良い脚を使ってくれたのですが、上位3頭とは経験の差も出てしまったと思います。距離もこれくらいの方が合いますね。何とか結果を出したかったのですが…すみません」
手塚調教師「初ダートでしたが上手く立ち回れていましたし、直線では勝てるかと思ったほど見せ場を作ってくれたと思います。時間がない中で馬は本当に頑張ってくれましたが、結果を出せず申し訳なく思います。来週ミホ分場に放牧に出して様子を見たいと思いますが、今後についてはオーナーサイドと協議して決めさせて頂きます」

2017.09.14 :
(手塚厩舎)
厩舎周りを曳き運動
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。追い切り後も特に変わった事はないですし、運動中も出掛けの歩様はスムーズで覇気もありますね。食欲はありますが、馬体重は442キロなので、レースまで落ちすぎないように気を付けたいと思います。権利がない馬なので他馬の投票の動きを見ながら使えるところに使いたいと思います」
※9月17日の中山4R(未勝利/D1200m)に大野騎手で出走が確定しました。

2017.09.13 :
(手塚厩舎)
角馬場運動中後、ウッドコースにて併せ馬で追い切り
9/10(日)坂路 55.3-40.7-26.7-13.0 馬なり
9-13(水)ウッド 84.5-68.6-53.7-39.4-13.0 馬なり
大野騎手「ウッドコースで2頭併せの2番手を進み、最後は内に入れました。除外の影響は感じなかったですし、馬場が悪い中でも苦にすることなく、しっかりとした脚取りで良い動きだったと思います。ここ2週の追い切りには跨っていませんが、上がって来た後の息の戻りも早かったですし、歩様もスムーズだったので状態は上向いていると思います。追い切り本数も重ねて使える態勢にあると思いますので、使えるといいですね」
手塚調教師「先週のレースは除外になってしまいました。今日は仕切り直しの形ですが、焦って走る感じもなかったですし、最後もスッと反応して動けていたので良かったです。想定を見て大野騎手とも相談しながら、土日の中山D1200のどちらに投票するか決めたいと思います」
※想定上では土日ともに除外対象となっています。

2017.09.08 :
次走は9月16日か17日の中山・D1200mを大野騎手で予定しています。

2017.09.07 :
(手塚厩舎)
厩舎周りを曳き運動
手塚調教師「追い切った翌日なので、今日は曳き運動で調整しています。出掛けの歩様もしっかりしていましたし、運動中もリラックスして歩けていましたよ。テンションが高くなることもなく落ち着いていますし、状態は良好ですね。想定を見たところ除外対象になっており、今週の出走は厳しいですね。一応、今週の中山・芝1600mに大野騎手で投票はしますが除外が濃厚なので、来週以降のレースに回る事になると思います。できるなら同じ騎手に乗って欲しいので、大野騎手と相談しながらダート1200mまたはダート1800mのどちらかを使うつもりでいます」
※今週のレースは除外となりました。

2017.09.06 :
(手塚厩舎)
乗り運動後、南の角馬場でダクと軽いキャンターを10分くらい乗り、その後、ウッドコースにて追い切り。
9/6(水) ウッド
内レッドオリアナ 83.3-68.3-52.8-38.2-13.2 馬なり
中リトルレグルス 83.7-68.7-53.2-38.6-13.2 仕掛け
外ウインヴォラーレ 84.1-69.1-53.6-39.0-13.2 馬なり
手塚調教師「今日は3頭併せの3番手を進み、直線は内に入れて追い切りました。先週の動きは物足りなかったのですが、今日は直線に向いてからスッと前に出る感じで、最後まで余裕もありましたし、良い動きだったと思います。今は歩様もしっかりしていて、競馬を使う前より毛艶も良くなって来ていますね。レースは今週の中山・芝1600mを予定していますが、節で出走できない場合は、来週のダート1200mかダート1800mに向けて進めて行きます。できれば今週、芝で使いたいですね」
助手「今日は道中の感じも良かったですし、直線に向いてから前の馬に取りつくのが早く、良い走りをしていました。先週より良い感じでしたよ」
※現時点でフルゲート16頭に対して想定順位22番目(同節馬2頭)のため、除外対象となっています。

2017.08.31 :
(手塚厩舎)
引き運動
助手「追い切った後なので、厩舎周りの引き運動で調整しました。馬体重は446キロと変わらずきていますし、蹄の方も問題ないので、あとは来週使えるかどうかというところですね」

2017.08.30 :
(手塚厩舎)
角馬場→ウッドコース
8/30(水) 南W 助手 67.8-52.7-39.0-12.8 一杯
内ジャンヌ馬なりに5Fで0.8秒先行2F併せで0.2秒遅れ
外リトルレグルス馬なりを5Fで0.4秒追走2F入併せで0.1秒遅れ
助手「3頭の隊列の真ん中で追い切りましたが、中間軽めの調整で楽をしていたこともあり、さすがに最後は息切れして少し遅れてしまいました。時計はしっかり出ていましたし、このひと追いで徐々に良くなってくると思います」

2017.08.24 :
(手塚厩舎)
角馬場→Aコース
助手「今朝はAコースを1周半、引き続き軽めの調整です。飼葉もそれなりに食べてくれていますし、状態に問題はなさそうなので、今週末より速いところを始めていく予定です」

2017.08.23 :
(手塚厩舎)
角馬場→ウッドコース
助手「この中間は普段より少し軽めのメニューで調整していました。今日はウッドコースに入れてキャンター調整しましたが、歩様も問題ないのでここから徐々にペースを上げていきたいところです」

2017.08.17 :
(手塚厩舎)
角馬場
助手「今朝は角馬場で軽めに乗って歩様を確認しました。もう消炎剤も入れていないですし、乗った感じも気にならなかったので、このまま立ち上げていけそうですね。次はいい競馬ができるよう準備していきます」

2017.08.16 :
(手塚厩舎)
引き運動
手塚調教師「こちらに帰って来てから、左前脚に挫石の症状が出たため消炎剤を投与して様子を見ていましたが、幸い症状は軽く、今朝から引き運動を開始しています。この後は中山1週目の芝1600mを目標にして、入らなければダ1200mを視野にという形で考えています」

2017.08.13 :
8月13日レース後コメント(16着)
大野騎手「スタートは練習の感じからもう少し出てくれると思ったのですが、出てくれませんでした。調教の動きからも期待を持って乗りましたが、直線も内から寄られる不利があり、厳しい競馬になってしまいました。距離はマイルから1800mくらいが良さそう。使って次は変わってくると思います」
手塚調教師「期待を持って送り出しましたが、既走馬相手で甘くなかったですね。結果を出せず申し訳ありませんでした。この後は帰ってからの馬の状態や想定を見てということになりますが、芝1600mかダ1200m辺りを視野に入れていくつもりです」

2017.08.10 :
(手塚厩舎)
引き運動
助手「追い切った後なので、厩舎周りの引き運動で調整しました。脚元も変わらず、引き続き順調ですね。馬体重も445キロで先週と変わらずでした。あとは輸送をクリアして当日もこのまま落ち着いて臨めれば力は出してくれると思います」

2017.08.09 :
(手塚厩舎)
ゲート→ウッドコース
8/9(水) 南W 大野 69.5-54.4-40.5-12.8 馬なり
外アルタイル馬なりを5Fで0.6秒追走1F併入
大野騎手「このくらいの時計なら楽に出ますね。追いかけて行きましたが、併せてからも最後まで余裕のある動きでした。ゲートも確認しましたが、出てからもしっかり反応してくれたので特に問題なかったと思います」

2017.08.03 :
(手塚厩舎)
引き運動
助手「追い切った後なので、厩舎周りの引き運動で調整しました。運動中もカリカリして気を張っているような様子なので、もう少しリラックスしてほしいですね。脚元は変わりないので、来週のデビューまでしっかり調整していきたいところです」
※レースは8/13(日)の新潟3R(芝1800m)を大野騎手で予定しています。馬体重445キロ。

2017.08.02 :
(手塚厩舎)
角馬場→ウッドコース
8/2(水) 南W 武藤 68.2-53.5-40.3-13.8 馬なり
内レッドマジュール馬なりに5Fで0.6秒先行1F併せで0.2秒先着
外ニシノキッカセキ一杯を5Fで0.6秒追走1F併せで0.2秒先着
武藤騎手「非常に乗りやすかったですし、いいスピードを持っている馬ですね。今日は最後まで手応えも良く余裕のある動きでした。未出走とのことですが、能力は十分に感じられました」
手塚調教師「相変わらずいいスピードを見せてくれますね。少し体が細くなってきている気がするので、飼葉量を増やして調整していきたいと思います」

2017.07.27 :
(手塚厩舎)
角馬場→ゲート
手塚調教師「今日は角馬場で乗ってからゲートを後ろ出しで3回確認しました。1回目は少しうるさかったのですが、2回目と3回目は大人しかったので大丈夫そうですね。馬体重は鞍を着けて454キロ。470キロくらいのイメージでいましたが、休んでいたわりに見た目は出来ています。来週はウッドコースで追ってみるつもりです」

2017.07.26 :
(手塚厩舎)
角馬場→坂路
7/26(水) 坂路 助手 55.5-40.3-26.1-13.0 馬なり
外レッドリュンヌ仕掛けに0.1秒先着
助手「やはりいいスピードを持っている馬ですね。久々を感じさせない軽快な動きでした。やり出せば仕上がりも早いかもしれませんね。ただ、牝馬らしい神経質なところは持っていそうなので、気を付けていきたいところです」

2017.07.20 :
(山元トレセン→手塚厩舎)
担当スタッフ「北海道でも進めてもらっていましたからね。まださすがに緩さはありますけど、軽めの調整とはいえ動きは悪くないですし、もちろん膝なども問題ありません。時間的なものもあるので、先生もここからはトレセンでデビューへ向けて進めていくとのこと。明日こちらを出発して、土曜日の検疫でトレセンへ入ります。馬体重は458キロ。前に山元にいたときと同じくらいの数字ですね。見た目も悪くないですし、あとはトレセンでの稽古に踏ん張って喰らい付いていってくれれば。力のある馬なので、なんとかチャンスを掴んで欲しいですね」

2017.07.14 :
(社台ファーム→山元トレーニングセンター)
急ピッチで乗り込みが進み、徐々に態勢が整ってきたことから、本日山元トレーニングセンターに移動しました。
担当スタッフ「術後は段階を踏みながら慎重に進めてきましたが、乗り出し以後は不安らしい不安もなかったですし、予定通りに進めることができたと思います。これからは限られた時間との戦いにもなりますが、元々動きの良さが目立っていた馬ですし、何とか無事にいって良い結果を出してくれればと思います」

2017.07.07 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩4000m、ダク1200m、周回キャンター1200m、直線走路。馬体重470キロ。
今週も周回と直線を併用して直線では15-15も消化しています。徐々に絞れてきて体つきが良化しています。完全に楽をさせていたので急には戻りませんが、毛艶が良くなり、筋肉の張り出しが増してきたのが分かります。ここまで脚元の不安も見せていないので、ピッチを上げて更なる良化を目指していきたいです。

2017.06.30 :
(社台ファーム)
馬体重472キロ。
直線走路に入れて2週間経過しましたが、左前膝の状態に違和感はなく順調にきています。27日には30.2-14.2の強めも消化しましたし、今後は詰めて速いところを織り込んで仕上げに向かいたいと思います。体も徐々に絞れてきて見栄えも良化しています。

2017.06.23 :
(社台ファーム)
マシン運動、トレッドミル、常歩調整と段階を踏みながらペースアップしていますが、脚元の方は変わりなく落ち着いています。今週からは直線にも入れ始め、20日に33.1-16.3の時計を出すなど徐々に負荷を上げてきています。先月までは毛艶がひと息でしたが、乗り出してからは張り艶が戻ってきています。気温が上がってきたこともあるかもしれません。引き続き脚元の経過を見ながら進めていきます。

2017.06.16 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル、常歩3000m。馬体重474キロ。
トレッドミルでキャンター調教を開始しています。騎乗運動は引き続き常歩を3000mでじっくりと。じんわりペースを上げていますが、脚元の状態に不安なく順調に来ています。騎乗でのキャンター開始までトレッドミルと常歩でしっかり地固めをしていきます。

2017.06.09 :
(社台ファーム)
マシン運動30分、常歩3000m。
引き続き常歩で走りの感触を確かめながら乗っています。特に違和感はなく、馬自身も動けることが嬉しいのか覇気があります。ここまで時間をかけて慎重に進めてきました。この時期だけに正直焦りはありますが、この後も馬の状態に合わせてプランを崩さす進めていきます。このまま問題なければ近々キャンターに移行の予定です。

2017.06.02 :
(社台ファーム)
マシン運動30分、常歩3000m。馬体重472キロ。
トレッドミル調整を進めても患部を含めて体調面に問題はなく、この中間から常歩での運動を開始したところです。長めの距離をゆっくりと馬任せに動かしていますが、歩様に違和感はないですし、馬も久々に自由に動けることで気分が良さそうです。まだ毛艶などは本物ではありませんが、今後は運動して食べさせて代謝も上がる好循環で、日ごと良化が見込めそうです。

2017.05.26 :
(社台ファーム)
今週もトレッドミル調整を続けています。今週は若干ペースアップしましたが、脚元に変化はなく良い意味で変わりなく来ています。毛艶、筋肉の張りなどは良化の余地を残していますが、徐々に運動量を増やしていますし、暖かくなって代謝が良くなってくれば自ずと良い方に向かっていくと思います。焦る気持ちを抑えてまずは下地をしっかりつくり、騎乗運動に備えていきたいと思います。

2017.05.19 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、馬体重470キロ。
トレッドミルを開始して間もなくひと月となりますが、術後からここまでの経過は良好で特に不安な点はありません。騎乗運動まではもう少し掛かりますが、トレッドミルでのキャンター負荷を徐々に上げていく予定でいます。

2017.05.12 :
(社台ファーム)
今週もマシンとトレッドミルを併用して調整しています。一週間で大きな変化はありませんが、脚元も落ち着いていますし、飼い葉もそれなりに食べて体調は悪くありません。トレッドミルを導入してからは背腰に負担をかけずに負荷を課すことができるので、こうした休養馬にとって以前よりも調整が楽になりました。騎乗再開まではもう少し慎重に進める必要がありますが、トレッドミルでも傾斜の角度やスピード、時間によって負荷の調整ができますし、馬にとってはかなりの運動になるはずです。今の時間を無題にしないようしっかり準備を進めていますので、もうしばらくお待ちください。

2017.05.05 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル調整。
今週もメニューは先週同様、馬の方も良い意味で変わりはありません。トレッドミルでもしっかり負荷をかけられるようになっているので、このまま騎乗運動までにしっかり基盤をつくっていきます。毛の状態や体の張りなどはもうひと息といったところ。運動してしっかり食わせて良い体に変えていきたいところです。

2017.04.28 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル調整。馬体重464キロ。
先週末に経過観察の検査を行ったところ、経過良好とのことでしたので、トレッドミルでの運動を開始しました。運動量を増やしてからも膝の状態、歩様ともに違和感はありません。騎乗運動開始まではもう少し時間が掛かりますが、それまでトレッドミルでしっかりと下地を造っておきたいです。楽をさせていた割に体が増えず、張りも物足りない印象ですが、運動負荷を強めたことで変わり身が出てくると思います。

2017.04.21 :
(社台ファーム)
マシン運動120分。
引き続きマシン運動を継続しています。脚元の状態は変わりなく順調です。馬は元気で体調も良さそうなので、来週には次のステップに向かうための検査時期もはっきりするかと思います。3歳馬ですから時間的なことは当然意識していますが、軌道に乗れば早いタイプだと思いますし、見切り発車はせずに慎重に進めていきます。夏競馬での復帰を目指します。

2017.04.14 :
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重472キロ。
引き続きマシン運動のみですが経過は順調です。昨日で術後3ヶ月となりましたので、そろそろトレッドミル開始に向けての検査も予定される頃かと思います。まだはっきりとした日程は決まっていませんが、それまではマシンでしっかり体作りをしておきます。

2017.04.07 :
(社台ファーム)
マシン運動120分。
引き続きマシン運動の調整で様子を見ています。状況は大きく変わりませんが、体調に不安なく馬自身も元気があって特に問題はありません。まだ次の検診の日取りは決まっていませんが、それまでは焦らずマシンで身体をつくっていきます。

2017.03.31 :
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重470キロ。
この中間もマシン運動を継続していて大きな変化はありませんが、経過としては順調です。馬体も楽をさせている分もありますが、いくらかふっくら見せるようになってきました。次回の定期健診の時期は未定ですが、その結果を受けて問題ないようであれば、トレッドミル調整の開始時期を検討していきたいと思います。

2017.03.24 :
(社台ファーム)
引き続きマシン運動の調整を続けています。トレッドミルはもう少し様子を見てからの予定ですが、どこか悪いところがあるわけではなく経過としては順調ですよ。ただ、やり出せば時期的なことも含めどんどんペースを上げていかなければいけない状況でもあるので、まず見切り発車はせずに慎重に進めたいと考えています。飼い葉は普通に食べて体調面は悪くありません。

2017.03.17 :
(社台ファーム)
引き続きマシン運動継続しています。大きな変化はありませんが、悪い面もないので経過としては良好かと思います。もうしばらくマシン運動を続け、問題ないようならトレッドミルも取り入れていく予定なので、しっかり状態を見極めながら進めていきます。

2017.03.10 :
(社台ファーム)
今週もマシン運動を継続しています。脚元の違和感もなく、体調面に不安な箇所はありません。馬体に関しては先週もお伝えしたようにまだ改善の余地はあると思います。脚元が完治する頃には、馬体も今よりずっと充実させたいですね。まだこちらは寒さ厳しく毛も冬仕様。もう少し暖かくなって動かせるようになればグッとよい感じに変わってきそうですが、今は辛抱強くいきたいと思います。

2017.03.03 :
(社台ファーム)
マシン運動を継続しています。今週も脚元の方は良い意味で変わりなくきています。経過は良好といっていいかと思います。ただ、楽をさせている割に体の線はまだ細い印象なので、この時間を無駄にしないように体造りもしていければと思っています。

2017.02.24 :
(社台ファーム)
引き続きマシン運動で調整しています。良い意味で大きな変化はなくきています。動けるようになって馬にも覇気が出てきましたし、あとは時間薬といった状況なので、体調面に気をつけながら脚元のケアを続けていきます。

2017.02.17 :
(社台ファーム)
脚元の経過も順調なので今週からマシン運動での調整を開始しています。まだ始めて間もないですが、特に違和感もないので、様子を見ながら徐々に時間を増やしていきます。馬体重は456キロです。

2017.02.10 :
(社台ファーム)
引き続き舎飼療養中です。手術箇所も含めて不安な面は見られませんし、あとは時間薬といったところなので、少しでも早い回復を待ちたいところです。馬自身の持つ治癒力にも期待したいですね。この休養期間を無駄にしないために、普段の対応などから細やかに気を配り、少しでも心身の成長をうながしていければと考えています。

2017.02.03 :
(社台ファーム)
到着後は入念に馬体チェックを行いましたが、術後の経過も良さそうですし、それ以外の体調面に関しては特に問題はありません。デビュー目前まで行っていたのでとても残念ですが、こうなってしまった以上は少しでも早い回復を目指してケアに当たらせてもらいます。当面は安静にする必要があるため、大きな変化はないと思いますが、焦らず進めさせていただきます。

2017.01.27 :
(山元トレセン→社台ファーム)
担当スタッフ「先週末に到着しました。輸送熱などもなく、疲れた様子もなかったですよ。ギプスを巻いた状況でここまで舎飼いで様子を見てきましたが、イライラするようなところもなく精神面も安定していますので、北海道の社台ファームへ向けて今晩こちらを出発することになりました。馬体重は455キロです」

2017.01.19 :
(手塚厩舎)
入院馬房
手塚調教師「術後の経過をレントゲンで確認しましたが、きれいに骨片は除去出来ていました。今週土曜日に山元トレセンへ向けて出発して、その後北海道へ移動する予定です」

2017.01.18 :
(手塚厩舎)
入院馬房
助手「術後の経過も非常に順調で、今日抜糸する予定です。獣医師の話では、金曜日には退院の許可を出せそうとのことだったので、その後放牧に出すことになりそうです」

2017.01.12 :
(手塚厩舎)
引き続き舎飼で様子を見ています。明日、トレセン内の診療所において骨片の除去手術を行う予定です。

2017.01.11 :
(手塚厩舎)
舎飼
助手「患部には熱を持っていますが、体調は問題ありません。舎飼のため飼葉の量をセーブしていますが、元々飼い食いのいい馬なので不満そうにしています。予定通り金曜日に診療所で手術を受ける予定です」

2017.01.06 :
(手塚厩舎)
手塚調教師「3日に追い切り、4日は運動だけで歩様もしっかりしていたのですが、5日に馬場に出して乗った時、歩様が良くなかったので早目に切り上げました。その後チェックしてみて左膝に軽く熱があったので、念のためにレントゲンを撮ったところ、左前橈骨遠位端骨折との診断が下りました。また、骨片が飛んでいて、それを取らなければならないため、来週金曜日に除去手術を行う事なり、全治は6か月とのことです。この後は夏競馬を目標にじっくり治して行きたいと思います。順調に行けば手術後1週間入院して、その後、千歳の社台ファームへ放牧に出す予定です。稽古も動いていて、来週の競馬を楽しみにしていただけに、このような結果になってしまい申し訳ありません」

2017.01.04 :
(手塚厩舎)
引き運動
1/3(火) 南W 松岡 69.3-53.8-39.4-12.7 強め
内モンドインテロ馬なりに5Fで0.4秒先行2F併せで併入
外コパノビジン馬なりを5Fで0.4秒追走2F併せで併入
助手「昨日追い切ったので、今朝は厩舎周りの引き運動でした。ウッドコースでしっかり追い切れているように体調に不安はありませんし、脚元も落ち着いていて問題ありません。飼葉もしっかり食べていて、馬体重は今朝の計測で451キロとキープできています」

2016.12.22 :
(手塚厩舎)
引き運動
助手「昨日の午後からの馬体チェックで右前脚の深管に少し反応を見せたので、今朝は無理せず厩舎周りの引き運動に留めました。歩様に出すほどではないので、水冷とレーザーでケアしながら進めていきます」

2016.12.21 :
(手塚厩舎)
ウッドコースにて追い切り
12/21(水) 南W 嶋田 66.3-52.6-38.7-12.9 馬なり
外ルヴォワール馬なりと5F併入
嶋田騎手「乗っていて軽さもありますし、いいスピードを持っていますね。今日はメンコを外したので反応も良かったですよ。仕上がりも早そうですし、気の入りやすいタイプだと思うので、あまりやりすぎないように注意して進めていった方がいいと思います」

2016.12.15 :
(手塚厩舎)
引き運動
手塚調教師「追い切った後なので、厩舎周りの引き運動で調整しています。昨日の追い切りの動きも良かったですし、いかにもスピードがありそうです。あとはテンションが上がりすぎないように気を付けて進めていきたいですね。デビュー戦の鞍上は戸崎騎手を予定しています」

2016.12.14 :
(手塚厩舎)
ウッドコースにて追い切り
12/14(水) 南W 助手 70.1-54.4-39.8-12.8 馬なり
外ルヴォワール馬なりと5F併せで0.2秒遅れ
助手「ウッドコースで追い切りましたが、馬場を気にしている様子もなかったですし、初めてでこれだけ動ければ十分だと思います。息遣いも悪くなかったので、やり始めれば仕上がりも早そうなタイプです」

2016.12.09 :
(手塚厩舎)
角馬場→ダートコース→ゲート試験
手塚調教師「もうすでに受かっている馬を隣に置いて、ゲート試験を受けました。2回とも真っ直ぐ出て問題なく合格できました。この後は坂路とフラットコースを併用して進めていく予定ですが、順調なら1/14(土)の中山6R(芝1600m)あたりでのデビューを考えています」

2016.12.08 :
(手塚厩舎)
角馬場→Aコース
助手「今朝はゲート練習は行わず、角馬場とAコースで軽めに乗って調整しました。まだ2回しか発馬練習は行っていませんが、昨日の感じからも出るようになってきているので、明日ゲート試験を受けてみることになりました」

2016.12.07 :
(手塚厩舎)
ゲート練習
手塚調教師「前に馬がいないとだめなので、ゲートの先に馬を置いて先に走らせて、それについて行く形で発馬練習を行いました。先週に比べてだいぶ出て行くようになりましたね。明日もゲート練習を行う予定です」

2016.12.01 :
(手塚厩舎)
角馬場→Aコース
助手「今日は初日ということもあってイレコミ気味でしたし、前に馬がいないとダメでしたね。これから新しい環境に慣れてくれば徐々に落ち着いてくると思います。投げ草は全部食べていて、飼葉桶の方も半分くらいは食べていました。明日はゲートへ連れて行きますが、通すだけにして、来週から本格的なゲート練習を始めることにしています」

2016.11.30 :
(山元トレセン→手塚厩舎)
本日、美浦トレセンに入厩しました。

2016.11.25 :
(山元トレセン)
担当スタッフ「先週末には周回コースを2周の後に坂路で13-13を消化。火曜日は16-15くらいのところを乗りましたので、今週末はまたハロン13前後をやって負荷を掛けていく予定でいます。移動は来週になりそうですから、そのあたりも考えながら乗っていきますよ。息遣いも稽古直後にフーフーいう感じはありますが、動きは相変わらず良好ですしね。もっと速い処をやった時にどんな感じかという点は気になりますけど、いい稽古ができていますし飼葉も食べて体調も問題ないですから、この好状態をキープして送り出せるように明日以降も調整していきます。速い処の本数を重ねても、疲れも見せず元気いっぱい。順調ですね」

2016.11.18 :
(山元トレセン)
担当スタッフ「先週末には坂路で終い12秒後半の速い処を消化。稽古後も脚元や体調に問題はないですし、無理なくペースアップができていますね。速い処にいっての感じが良好ですし、やっぱり動く馬だなという印象。今週末も先週末と同様にきっちりやる予定ですが、先週よりも良い動きを見せてくれるんじゃないかと期待しています。調教師とも話しましたが、移動については東京開催が終わってからになりそうですね。まあ稽古にいいリズムが出ている段階ですので、さらに上げて送り出せるように、馬の様子を見ながらどんどん乗り進めていきますよ。息遣いもこちらではさほど気にならなくなっていますので、現状ではトレセンの環境に変わってどうか、稽古がキツくなってどうかという感じでしょうか。そのような状況ですので、あまり気にせず体力強化と状態アップを意識してトレーニングしていきますよ」

2016.11.11 :
(山元トレセン)
担当スタッフ「先週末に坂路で14-14を乗っての反応も良かったですし、稽古後も問題なくきましたので、今週の火曜日には坂路で14-13とペースを上げてみました。このペースにも無理なく対応してくれましたし、それなりに余裕があって動きも良かったですよ。厩舎からは11月21日の週くらいで入厩を考えていると聞いていますので、そのあたりも考えながらメニュー構成を調整していくつもりでいます。コンディションも良好ですし、仮に移動予定が早まっても対応できるだろうという感じですしね。好状態で送り出せるように乗り進めていきますよ。馬体重は455キロ。牝馬ですし乗り進めながら減らずに増えているのは好材料ですね。厩舎でのペースになると分かりませんが、息遣いについても良い意味で平行線という乗り手からの報告も受けていますので、この調子で体力強化を図りながら進めていきたいところです」

2016.11.04 :
(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間も周回コースで乗ってから坂路で15-15という内容で進めてきましたが、今週も問題なく動けていますので、明日からの坂路は14-14へペースアップと考えています。まだ具体的な予定は聞いていませんが、11月中旬頃の移動もということなので、この雰囲気をキープしながら乗り進めていくつもり。ここまではペースにも無理なく対応してくれて動けていますので、次のステップへ移行しての反応が楽しみです。息遣いに関しては稽古に支障はないですし、悪い方向へは行っていないので気にし過ぎなくても大丈夫ではないでしょうか」

2016.10.28 :
(山元トレセン)
担当スタッフ「順調に進めることができており、この中間から周回コースで解してからの坂路を15-15に上げています。ペースが上がっても対応できていますので、15-15をベースに周回コースと坂路を上手く使いながら乗り込んでいきたいと思います。やはり息遣いは気になりますけど、このペースも問題ないですし、体力が付いて中身がしっかりしてくれば解消してきそうな印象ですけどね。我の強さも悪い方向に向いている様子はないですし、むしろ気があっていいんじゃないかという感じ。厩舎は11月中旬頃の入厩をイメージしているようなので、どこで声がかかるかですけど、元気に送り出せるようにコンディションを整えつつ鍛えていきますよ。馬体重は453キロです」

2016.10.21 :
(山元トレセン)
担当スタッフ「周回2000mを17-17で乗ったり、坂路1本を17-17で乗ったりという感じで進めています。申し送りにあったように息遣いは少し気になりますが、稽古を進めていくことに支障はなさそう。気をつけて見ていきますけど、若駒特有のものかと思いますので、体ができて馬がシッカリしてくれば大丈夫でしょう。まだペース的には様子見な感じですけど、力がありそうなフットワークで雰囲気も十分。気性的に我の強いところが見られるので注意はしていきますけど、上手く闘争心というか負けん気に繋げていけるようにと思っています。馬体重は454キロ。乗ってきた感じも問題ありませんので、徐々にピッチを上げていきますよ」

2016.10.14 :
(山元トレセン)
担当スタッフ「昨日こちらに到着しました。輸送に関しては問題なかったようで、すぐに飼葉も食べてくれましたし元気いっぱいです。こちらの環境に慣れてもらうのが第一ですが、今朝から元気に周回コースで普通キャンターで乗れていますし、問題なく1周してきましたからね。疲れなんかも見ながら、次に進めていきたいと思います。入場時の馬体重は453キロです」

2016.10.13 :
(社台ファーム→山元トレーニングセンター)
10月12日(水)、山元トレーニングセンターに移動しました。

2016.09.30 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重458キロ。
担当スタッフ「引き続き直線主体に週2回2本登坂のメニューを消化しています。筋力増強を念頭に乗り進めていますが、乗り込みに比例して動きに力強さが出ていますし、動きにも軽さがあります。直線の止め際に息遣いが荒くなることがあるので、その点は今後も注視していきますが、全体的には順調ですので、調教師とも相談して10月末頃の入厩予定としてスケジュールを組んでいます」

2016.09.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重458キロ。
担当スタッフ「引き続き周回外回りコースから2本登坂のメニューを消化、2本目に14-14で乗るメニューも継続しています。飼い食い良好で毛艶、動きともに良化が見られ、前向きに調教に取り組めています。F14秒なら手応え十分に楽に動けるようになっていますが、もう少し現行メニューを続けて体力面を強化していきたいと思っています」

2016.08.31 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重456キロ。
担当スタッフ「引き続き調整は順調です。周回外回りから直線に入る負荷の強いメニューも2本消化して、2本目には14-14もこなしています。まだいくらか非力な面はありますが、メニュー自体は問題なくクリアしていますし、休まず乗り込んできたことで順当に底上げができています。更に乗り込んで地力強化に努めていきたいですね。移動に関してはもう少し乗り込みを消化してからになりそうです」

2016.08.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重455キロ。
担当スタッフ「引き続き直線走路主体に、週2回周回コースから直線に入るメニューを2本、休まず消化しています。もう少し蹴りの強さが欲しいと思うことはありますが、背中の伸縮などは以前よりも良化しているので、このまま乗り込みを重ねれば相互的に蹴りの強さも変わってくるでしょう。この調子で進めていければ問題ないと思います」

2016.07.29 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重453キロ。
担当スタッフ「周回外回りコースから直線に入るメニュー2本、これを週2回に増やして乗り込んでいます。この中間での目立った良化というのは感じませんが、少しずつ全体に良化してきたなという印象はあります。馬体重もキープしていますし、肌艶もよく体調も良さそうです。乗り込みを重ねて心身ともにもうひと回りの成長に期待しています」

2016.07.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重455キロ。
担当スタッフ「直線走路と週1回周回コースで3F15秒のメニューを併用して順調に乗り込んでいます。速い時には14-14ぐらいまで上げてきていますが、以前よりも動けるようになってきています。少しずつ心と体がマッチしてきたのを感じますね。まだ息づかいはもうひとつなので、乗りながら心肺機能も向上させていきたいところです」

2016.06.30 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重454キロ。
担当スタッフ「直線走路の通常メニューと週1回、周回コースで3Fから15秒で行くメニューを併用して順調に乗り込んでいます。前進気勢十分に走る気を見せていますが、まだ気持ちが先行して体がついてこないような面が時に見られます。もう少し腰に力がついてくれば前後のバランスも取れてくるでしょうし、気持ちと体もマッチしてくると思います。乗り込みながら体は良い形に変わってきていますし、このまま乗り込みを重ねて内面からつくりこんでいきたいところです」

2016.06.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重450キロ。
担当スタッフ「この中間も常時直線走路でF17秒、週1回周回コースで長めから乗り、終い15-14を消化、問題なく順調ですね。この中間は気持ちが走りに集中できていて雰囲気も良好。走りもナイスフットワークですが、もっと背中の伸縮させた走りができるようになれば更に良くなるという感触がありますので、その辺りをケアながら取り組んでいきます。良い意味で父の産駒らしい体型に変わってきていますが、骨格からすればもっと厚みのある筋肉がついておかしくないと思うので、この調子でしっかり鍛錬してナイスボディを目指します」

2016.05.31 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重451キロ。
担当スタッフ「通常は直線走路でF17秒のところを乗っていますが、週1回は周回コースで長めの距離を課すメニューを組んでいます。動き自体はしなやかで好感が持てるのですが、やや力みがちに走る面があるので、直線走路一辺倒ではなく、メリハリをつける意味で周回をゆったりと走らせるようにしています。このメニューを取り入れてから以前よりも落ち着きが出てきましたし、今後も続けます。力みがちなのと前向きさは正確には意味合いが異なりますが、噛み合えば前進気勢に乗った良い走りに結び付くと思うので、力みを長所に変えていくように乗っていきたいですね。体はまだ成長の余地を残していますが、それでも父の産駒らしい弾力感が出てきましたし、着実に成長を遂げていると思いますよ」

2016.05.13 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重450キロ。
担当スタッフ「まだ気性は幼さを残していますが、調整自体は非常に順調。もう少し時間が掛かるかなと思っていただけに嬉しい誤算でした。すっかり軌道に乗ってきました。上の子も良い馬でしたが、本馬の方がしなりがあってしなやかに動けますね。血統のイメージでは逆のように思うんですけどね。具合はいいですが、ここで焦らずメリハリを利かせながら乗り込んでいきます」

2016.04.28 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重450キロ。
担当スタッフ「直線走路でF18~17秒ぐらいのところを進めています。他馬に比べて少し成長がゆっくりかなと見ていましたが、ここにきて軌道に乗ってきましたね。まだ少し力みがちな面はありますが、以前よりも乗り手とのコンタクトはスムーズですし、走りのブレも少なくなっています。馬体重は減っていますが、見た目には丸みが出てきましたし、無駄肉が落ちて良い筋肉がついてきたのだなと理解しています。速いところに行くまではもう少し掛かるかなと思いますが、始動が遅れた分なので仕方ないですね。じっくり段階を含めて進めていきますよ。馬は着実に良くなっています」

2016.04.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重460キロ。
担当スタッフ「この中間から直線走路にも入れていますが、体も減らさず順調に来ています。少し奥手の印象でしたが、徐々に軌道に乗り始めてきたのではないでしょうか。乗り出しても馬体減りはないですし、乗り進めて今のシルエットを維持できれば言うことありません。前進気勢も旺盛で走る気が出てきたのも良い傾向ですし、良い意味で父の産駒らしさが出てきたように思います」

2016.03.31 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m。馬体重456キロ。
担当スタッフ「この中間から周回走路でのキャンターを開始しています。運動負荷を強めても体は減ってきませんし、このまま進めていけると思いますが、まだ心身ともに幼さが残っている感じです。馬体を見ても腰高ですし、コロンとした体型は父譲りもあるのでしょうが、まだ成長途中といった印象です。ただ、どこか痛いとか悪いとかいうことはないので、この馬に合わせて成長を促してやれば、どこかでグッと変わってくるものと見ています。当面はキャンターで乗り込んで、基礎体力の強化を図っていくつもりです」

2016.03.15 :
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重457キロ。
担当スタッフ「馬は元気で450キロ以上ありますが、骨格からすればもう少しふっくらさせたいところです。まだ心身ともに幼い印象も受けますし、もう少しマシンのみで成長を促したいと思っています。力のありそうな馬ですし、今は焦らない方が却って良いと思っています」

2016.02.29 :
(社台ファーム)
マシン運動60分。馬体重456キロ。
担当スタッフ「この中間も体温は安定していますし特に不安はないのですが、まだ体付きなんかも幼いですし、この期間に線の細さを解消できればと思っているので、今しばらくは騎乗を控えてマシンで楽をさせたいと思います。今はさほどテンションも上がらず、心身ともに良いリフレッシュができていると思います。馬体や状態の変化を見ながら騎乗再開時期を見極めていきます」

2016.02.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分。馬体重444キロ。
担当スタッフ「前回報告した熱発の方は、その後は平熱のまま落ち着いています。引き続きマシン運動のみにとどめていますが、イライラしたりうるさい素振りを見せることなく、とても落ち着いています。まだ体の線が細いので、この期間にもう少しふっくらさせたいと思っていますが、そういう意味ではこの落ち着きはプラスですね。以前に見られた骨瘤の方は心配ありませんが、実が入ってくるのはこれからの馬だと思うので、焦らず今しばらくマシン運動を続けたいと思います」

2016.01.29 :
(社台ファーム)
マシン運動60分。馬体重445キロ。
担当スタッフ「順調に乗り進めていましたが、この中間に熱発の症状が見られたので、騎乗は控えて治療を優先しました。すぐに平熱に落ち着いているものの、今しばらくはマシン運動60分で様子を見たいと思います」

2016.01.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m(F18-17)。馬体重455キロ。
担当スタッフ「骨瘤は治まってきていてメニューも他の馬同様にこなしています。筋肉質で立ち姿なども良く見せる馬ですが、飛節やトモの力強さなどはまだこれからといった感じがしますね。当初は骨瘤もあって少し加減しながらのところもありましたし、この辺りは時間が解決してくれるはずですよ。馬体などからもお父さんの特徴が良く出ていますし、いまメジャーの子には勢いがあるので楽しみにしています。ただ、無理はしないようにじっくり育てていければと思います」

2015.12.28 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m(F18-17)。馬体重453キロ。
担当スタッフ「直線走路でハロン18秒前後の調教を開始しています。直線に入れ始めた頃は馬体重が安定しませんでしたが、ここにきて調教にも慣れたのか、心身両面がマッチしてきた印象で、体も450キロ台まで増加。体型的にはコロンと見せてまだ緩く映りますが、もともと繊細な面を見せていた馬ですし、負荷を強めながら増えているのは良い傾向と見ています。心と体の歯車がかみ合ってきたことで、動きの方も素軽さが出てきていますし、まだまだ変わってきそうですよ」

2015.11.30 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2000m。馬体重440キロ。
担当スタッフ「周回走路でのキャンター調教を始めています。ひと頃は体が減り気味でしたが、今は細化も見られず順調です。気の強い面がありますが、それが走りに際しては前進気勢につながって活気に満ちた動きを見せています。今後も乗りながらいろいろなことを学習させていきたいですね」

2015.10.30 :
(社台ファーム)
マシン運動60分。馬体重432キロ。
担当スタッフ「夜間放牧を行いながら馴致場での駆け足訓練を行っています。気持ちが強く、馴致時に反抗的な面を見せることがありますが、納得すればしっかりこなしているので問題はありません。これからさらに新しいことを学んでいくことになりますが、ひとつずつ納得させながら取り組んでいきたいです」

2015.10.20 :
(ブルーグラスF→社台ファーム)
先週、社台ファームへの移動が完了しています。

2015.09.30 :
(ブルーグラスF)
マシン運動60分、乗り馴らし訓練。馬体重440キロ。
担当スタッフ「昼夜放牧を行いながら日中に乗り馴らしの訓練を行っています。厩舎内で人を載せる段階まで進んでいるので、今後は馬場での駆け足訓練に移行していきます。ここまではスムーズに来ていますが、まだ左前に骨瘤があるのでケアも慎重に進めていきます」

このページのトップへ