近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドフィオナ牝4歳 橋口慎介厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2019.12.05 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「メニューは変わらず周回2周をハロン23秒前後で。ピリッとした面は時折見せますが、ゆったりと進めてきたことで全体に落ち着きが増してきました。トモの状態も良好ですし、体も467キロと回復傾向にありますので、この雰囲気をキープしながらもう少し体を増やしていければと思っています。次の予定が小倉ということで場合によっては今月中旬頃の移動も考えられますが、状態面など不安はないのでいつ移動指示がきても対応は可能です。精神状態を確認しながら引き続きゆったりじっくりと進めていきます」

2019.11.28 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「この中間もメニューは変わらず周回コースを軽めに2周、ペースはハロン23秒ほどで乗っています。トモに疲れがきやすいことや馬体の回復、あとはテンションを考慮しての内容で、当初のイメージ通りこの形でじっくりと移動準備を進めていきます。飼葉は食べてくれてはいるので、もう少し増えてきてくれていいんですけど数字は460キロと変わりません。まあ、まだ時間はありますので、そのあたりは気にし過ぎずに調整していければと思います」

2019.11.21 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「入場時446キロだった馬体重は、この1週間で460キロまで回復。こちらを470キロ台で送り出していることを考えればまだまだというところですが、戻り具合としては上々かなと思います。ただ、気持ちが入り過ぎる点が気になります。稽古にいく時というわけではなく、普段から何かイライラしている感じ。そのあたりを考慮して今は周回コースを1800~2000m、ペースはハロン23秒ほどでゆったり乗っているんですが、今回の一番の目的は馬体回復にありますので、精神状態も考えて今後もゆったりとしたメニューで進めていくつもりです。お尻に疲れがきやすい馬ですし、ストレスを溜めやすい面もある馬ですから、そこも踏まえての調整プランです。小倉を予定しているとのことですから、おそらく帰厩は年内になるかと思います。時間もありますので、心身ともにリラックスした状態で準備していけるよう工夫していきます」

2019.11.14 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「福島に着いてからほとんど飼い葉も食べてくれなかったので、調教輸送は厳しいですね。次回は滞在競馬も考えるとのことなので、良い結果を出せるようまた頑張りたいと思います」

2019.11.13 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:引き運動
橋口調教師「輸送で大幅に馬体重が減ってしまったこともあり、結果を出すことができず申し訳ありませんでした。この後は金曜日に山元トレセンへ移動させて、馬体を立て直したいと思います。今後は小倉競馬への滞在や、輸送距離の少ない京都開催での出走を考えていきます」

2019.11.09 : 11月9日レース後コメント(10着)
鮫島駿騎手「体重は減っていたようですが、適度に気合もあって状態は良さそうでした。切れないのは頭にあったので前目で競馬するつもりでしたが、スタートも速かったですし、行きたい馬を行かせていいポジションを取れましたよ。全くかかるようなところもなくすごく乗りやすいのですが、折り合いがつきすぎて落ち着きすぎてしまったかもしれません。勝負所でもギアが上がらず惰性で走っているような感じになってしまいました。長丁場は合っていると思うのですが、今日の感じだとチークかなにか着けて常に気を切らさないような競馬のほうがいいかもしれません。体が減っていた影響はなんとも言えないですね。上手くスピードを上げられずすみません」

2019.11.07 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整しました。馬体重は452キロと先週より増えました。あとは福島までの輸送をうまくこなして、落ち着いてレースに臨むことができれば。長い距離は合うと思うので楽しみです」
※今週9日(土)福島8R3歳以上1勝クラス・芝2600mに鮫島駿騎手します。

2019.11.06 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.1-39.7-25.1-12.6 強め
内エールヴィフ馬なりと併せで0.2秒遅れ

助手「54秒くらいの予定でしたが、先週までしっかり追っていますし、少し遅くなってもいいという気持ちで乗りました。大跳びなので、追ってから切れる感じではなく少し遅れましたが、動きは良く全く問題ありません」
※今週9日(土)福島8R3歳以上1勝クラス・芝2600mに鮫島駿騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.10.31 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。飼い葉はしっかり食べているのですが、馬体重は444キロ。少し腹が巻き上がって見えますし、来週は輸送もあるので何とか増やしていきたいところです」

2019.10.30 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 82.5-65.8-51.0-37.5-11.8 馬なり
中ラボンダンス一杯を6Fで0.5秒追走2F併せで0.2秒先着
外ベーリーオルクス一杯を6Fで0.9秒追走2F併せで0.2秒先着

助手「3頭併せの後ろから追いかけていきましたが、道中は力んで走るところも全くなく、終いまで楽な手応え。ノーステッキで先着できました。先週今週と追って、息もできてきていますし、来週はそれほど強い追い切りは必要なさそうです」

2019.10.24 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しました。昨日は追い切ったので、さすがに少し飼い葉食いが落ちましたが、全く食べていないわけではないので、すぐに食いは戻ってくると思います。次走は長いところを使うことになったので楽しみです」
※11月9日(土)福島8R(芝2600m)を鮫島駿騎手で予定。

2019.10.23 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 82.7-66.8-52.2-39.3-12.7 強め
助手「前回は乗りながら飼い葉を食わしこんで増やしていかなければなりませんでしたが、今回馬体は肉付き良く帰ってきたので、前回より調整をしていきやすそうです。今朝は1本目だったので、あまりやりすぎないように終い仕掛けた程度。しっかり反応できていましたし、無尽蔵のスタミナを感じさせます」

2019.10.17 : 山元トレセン→橋口慎介厩舎
18日(金)栗東トレセンに移動します。

2019.10.17 : 山元トレセン→栗東トレセン・橋口慎介厩舎
担当スタッフ「明日の検疫でのトレセン帰厩となりましたので、今晩こちらを出発することに。火曜日は14-14くらいのところを乗っていますが、動きに注文はないですし、最初のうちに見せたムキになって走る感じもなくなってきました。ムキになっていた時は背腰に疲れもきやすかったのですが、そのあたりも含めコンディションに不安はありません。馬体重は476キロ。もう少し増やして送り出せればという気持ちはありますけど、状態面は良好ですからね。まずは輸送を無事にクリアしてくれればというところ。惜しいレースが続いていますので、今度こそキッチリと決めたいですね。応援しています」

2019.10.10 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「この中間も変わらず順調な乗り込みを重ねており、今週は火曜日に周回コースからの坂路で終い13.7秒。来週の移動となりそうなので今週末も同じくらいのところを予定していますが、動きは変わらず良好です。稽古にいけば全く気にならないのですが、少し神経質なところがあって、馬体チェックでトモを触ろうとしたら蹴飛ばされそうに。トモに限らず馬体に触られることを嫌うようなところがありますが、ピリピリッとしたところは母馬にもありましたし、お父さんもステイゴールドですからね。きっと双方から受け継いでいるんでしょう。馬体重は476キロ。もう少し増えてきても良さそうなんですけど、動きを含めてコンディションは申し分なし。いつ声がかかっても好状態で送り出せると思います」

2019.10.03 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「予定通り先週末から15-15を開始。今週は火曜日にラスト300mをハロン14秒ほどでやりましたが、動きは変わらず良好。馬に落ち着きがありますし、痛い箇所もなく順調に乗り込みを進めることができています。あまり強い稽古は必要ないと思うので現行メニューで送り出すイメージですが、早ければ来週あたりの移動もありそうですからね。移動を見据えたコンディション作りを意識しながら進めていきます」

2019.09.27 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「周回コースから坂路コースという形で進めており、明日から15-15に移行する予定となっています。北海道でもある程度のところまで進めていたようですし、こちらでも不安なく乗り込みを重ねることができています。馬体重は476キロ。数字的にはいいところなんだと思いますが、全体のバランスから見るともっとボリュームが増してもという印象。特にお尻なんかはもっとブリッとしてきたらいいのにとは思いますけど、長いところを走る馬ですし血統なんでしょうかね。前捌きに硬さを感じるものの、そういった面のある馬とのことですし中間も順調そのもの。福島2週目の芝2600mあたりが目標ということですから来週か再来週にはトレセンに運ぶことになると思いますが、いつでも動かせるようにしっかりと準備をしていきますよ。あまり負荷をかけすぎず15-15くらいまでで送り出すイメージです」

2019.09.24 : 社台ファーム→山元トレーニングセンター
山元トレーニングセンターに移動しました。

2019.09.20 : 社台ファーム
今週も坂路主体に乗っています。引き続きよい雰囲気で調整できていると思います。気持ちも比較的落ち着いていますし、今のところ難しいところは見せていません。体も丸みを帯びて以前よりも逞しくなった印象があります。福島開催に向けて逆算して調整していきます。

2019.09.13 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩4000m、ダク1200m、周回2000m、直線1000m。馬体重480キロ。
飼い葉をもりもり食べて体も増えています。疲れも抜けて雰囲気が良いですね。使ってきている馬なので速めを何本かやれば仕上がりますし、テンションも上がりやすいのでメリハリをつけて調整していきます。今週は馬なり坂路キャンターまで消化しました。

2019.09.09 : 社台ファーム
入場後、背腰のケアの意味でショックウェーブを処置しましたが、全体的にそこまで傷みは感じられません。以前に関節液の溜まった球節も注意していますが、現状はそこまで目立っていません。それでも夏場に頑張ってくれましたし、しばらく楽をさせてから立ち上げていければと思います。11月の復帰が目標ですが、寒くなる前にグリーンウッドに移動させる予定でいます。

※6日(金)の更新が漏れてしまい申し訳ございませんでした。

2019.08.28 : 札幌競馬場→社台ファーム
本日、社台ファームへ移動しました。
橋口調教師「次走は11月の福島開催を目標に進めていく予定で、牧場にも伝えてあります。社台ファームの馬房の状況次第で、入厩前にグリーンウッドトレーニングへ移動させるかもしれません」

2019.08.25 : 8月25日レース後コメント(3着)
藤田騎手「スタートもしっかり出てくれていい位置を取れましたし、道中もリラックスして走ってくれましたね。外枠でしたがロスなく運べていたので、あとは仕掛けのタイミングだけだったのですが、切れる脚を使えるタイプではなく、追い切り時もそうでしたがワンペースなところがありました。結果的にはもう少し早めから押し上げて行っても良かったのかも知れません。直線でもこの馬なりに脚を使ってくれて3着争いも粘ってくれたように、このクラスを勝てる馬だと思います。今日は自分が上手く乗る事ができなかったです。すみませんでした」

2019.08.22 : 橋口慎介厩舎/札幌競馬場
札ダ 藤田 65.1-51.1-38.3-12.5 馬なり
助手「ジョッキーに終い気を抜かさないようにだけ気を付けてもらい、追い切りました。前日に雨が降り脚抜きのいい馬場でしたし、馬場の真ん中あたりを通ったので時計も出ましたが、終始馬なりのいい手応えでした。馬体重は変わりませんが、よい筋肉が付いてきて好状態で出走できると思います」
※今週25日(日)札幌8R3歳以上1勝クラス(牝)芝2000mに藤田騎手で出走します。

2019.08.15 : 橋口慎介厩舎/札幌競馬場
8/14 札ダ 助手 66.8-51.7-38.4-12.3 馬なり
助手「6Fの入りはゆっくり入ったので、6Fはおそらく85秒くらい。馬場の真ん中を通ったので時計も出ましたし、終始馬なりでいい動きでした。馬体重も460キロを維持できています。特に癖のある馬ではありませんが、来週の追い切りはジョッキーに乗ってもらう予定です」
※8月24日の札幌ルスツ特別(芝1800)か25日の札幌8R(牝/芝2000)のいずれかを藤田騎手で予定。


2019.08.08 : 橋口慎介厩舎/札幌競馬場
助手「今日から騎乗運動を始めて、跨った瞬間は緩さを感じましたが、動かし始めればそこまで気になりませんでした。背中の肉が落ち気味ですが、飼い葉は前回同様しっかり食べているので、乗りながら増やしていきたいところです。なるべく馬場に馬が少ない時間帯に乗るようにして、テンションを上げずに調整していきたいところです」

2019.08.07 : 札幌競馬場
本日、札幌競馬場に移動しました。

2019.08.02 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩4000m、ダク1200m、周回2000m、直線1000m。460キロ。
中間ショックウェーブで背腰のケアを行いました。先週末から坂路入りを開始しています。大事ではありませんが、両前球節に関節液が溜まりやすいので注意していきます。予定通りなら札幌でもう一戦の予定なので、このまま立ち上げていきます。

2019.07.26 : 社台ファーム
マシン運動で調整しています。レースの疲れも日ごとに癒え、馬にも活気が感じられるようになってきました。こちらの滞在も長くて2週程度と思いますが、まずは心身のリフレッシュを優先し、準備が整い次第、レースを想定しながら負荷を強めていけたらと思います。

2019.07.19 : 社台ファーム
17日(水)に社台ファームに移動しています。馬体チェックでは随所に触診反応は見せていますが、大きなダメージはなく使ったなりの疲労感といったところです。2回札幌2週目(8/24~)から使う予定なので、しっかりケアしてから立ち上げていきます。

2019.07.14 : 7月14日レース後コメント(4着)
岩田騎手「すごく落ち着きがあって、いい雰囲気でした。行く馬がいたので無理には出していかず馬なりのポジションでしたが、力むことなく冷静に走っていましたよ。4コーナーもうまく捌けて一度は抜け出したのですが、そこから伸び切れなかったです。ペースとしてはそこまで速い感じではなかったですが、切れ味のある軽い馬にやられてしまいました。どういう競馬でもできるようになっていますし、体も減らないように滞在競馬が合っているようですね。安定して力を出せるようになっているので、展開ひとつで勝負になると思います」

助手「来週の半ばに社台ファームへ放牧に出す予定です。滞在が良さそうなので、問題がなければ札幌に入れて、札幌後半あたりの競馬に向かうことになるかと思います」

2019.07.11 : 橋口慎介厩舎/函館競馬場
函W 助手 67.0-52.5-39.0-13.4 馬なり
助手「今週の追い切りのいきっぷりも良く、イライラしている様子もありません。馬体重も462キロと前走より増えていますし、いい状態でレースに向かうことができそうです」
※今週14日(日)函館7R3歳以上1勝クラス(牝)・芝2000mに岩田康騎手で出走します。

2019.07.10 : 橋口慎介厩舎
14日(日)函館7R・3歳以上1勝クラス(牝)・芝2000mに岩田康騎手で出走予定となりました。

2019.07.04 : 橋口慎介厩舎/函館競馬場
助手「中間も順調に調整を進めています。休まず馬場入りできていますし、飼い葉食いも旺盛で体調面も良さそうです。今週末から時計を出し始めて、来週水曜日にもう1本追ってレースに向かう予定です」

2019.06.27 : 橋口慎介厩舎/函館競馬場
橋口調教師「除外で一頓挫はありましたが、現級でもやれる力があるところは見せてくれました。結果次第では一度放牧も考えていましたが、中2週で同条件があり、引き続き岩田騎手も騎乗できるとのことなので、このまま在厩させて進めていきます」
※7月13日(土)函館10R(臥牛山特別/芝2000)を岩田騎手で予定。

2019.06.22 : 6月22日レース後コメント(2着)
岩田騎手「スタートも良かったですし、前目の位置でリズム良く運べたと思います。雨で緩んだ馬場を苦にすることもなく、上手く立ち回ることができましたよ。ただ、勝負処までは持ったままの手応えだったのですが、いざ追い出すとスッとギアが上がらずエンジンが掛かるのに時間を要してしまいました。小回りの函館コースですから、結果的には3コーナーから早めに動いていっても良かったかもしれません。折り合いを欠く馬ではないので距離の面でも融通が利くと思いますし、2600mの番組を使ってみてもいいのではないでしょうか」

2019.06.20 : 橋口慎介厩舎/函館競馬場
6/19 函W 助手 69.0-54.0-39.0-13.8 馬なり
助手「先週の除外は残念でしたが、次の日から乗り出して大きな影響はなさそうです。飼い葉食いもさらに良くなってきているので、先週より増えた状態で出走ができるとみています」
※今週22日(土)函館10R湯川特別・3歳以上1勝クラス芝2000mに岩田騎手で出走します。

2019.06.16 : 栗東:橋口慎介厩舎
今日から馬場入りを再開しています。獣医師の診察でも、これ以上の治療は特に必要ないとのことなので、来週の出走へ向けてこのまま進めていきます。

2019.06.15 :
本日の出走予定レースは競走除外となりました。

北村友騎手「スタート前の輪乗りのときに煩い馬がいたので気をつけていたのですが、その馬が突然バババッと近づいてきていきなり蹴ってきたので避け切れなかったです。歩様は大丈夫そうでしたが、左前の肩あたりから出血してしまい、下まで垂れてくるくらいの量だったので取り消しになってしまいました。体も増えていてイメージより馬も落ち着いていましたし、相手関係を見てもここはチャンスだと思っていたのですが。もっと気をつけていればよかったです。大きな怪我でなければいいのですが、このようなことになりすみません」

橋口慎調教師「左前脚上腕部の外側を切ってしまいましたが、傷口自体は浅く、今のところ歩様も問題ないとの報告を受けています。明日以降の状態を見てになりますが、特別登録をして来週出走させる方向で考えています」

2019.06.13 : 橋口慎介厩舎/函館競馬場
調教メニュー:
6/12 函W 助手 70.4-54.6-40.4-13.3 馬なり
内ダノンシティ馬なりと併せで0.2秒遅れ
6/13 引き運動
助手「馬場が悪く、のめって走っていましたが、上がりも息を切らせているようなところもありませんでしたし、こちらに来てからも順調に調整できました。馬体重は今朝の計測で450キロと輸送で減った分もすぐに戻っているので、前回と同じか少し増えるくらいで出走できると思います」
※今週15日(土)函館12R遊楽部特別(牝)3歳以上1勝クラス・芝1800mに北村友騎手で出走します。

2019.06.06 : 栗東:橋口慎介厩舎→函館競馬場
本日、函館競馬場へ向けて出発しました。

2019.06.05 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 83.5-66.6-52.2-38.5-12.5 馬なり
ダノンシティ一杯に6Fで0.7秒先行2F併せで0.3秒先着
助手「フェリーの都合で明日函館競馬場に向けて出発することになったので、やりすぎないようにだけ気を付けました。併せた相手は最後一杯でしたが、こちらは馬なりで楽に先着できました。中々身になってくれないものの、飼い葉は厩舎で一番くらいの量を食べています。到着後のコンディションを見ながら、来週どれくらい追うのか考えます」

2019.05.30 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 66.9-47.2-30.3-15.2 馬なり
助手「今朝も引き続き坂路で軽め調整です。特に変わりなく順調です。来週函館へ輸送前に1本速いところをやって送り出すことになると思います」

2019.05.29 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 65.2-47.5-30.9-14.8 馬なり
助手「相変わらず我が強いところはありますが、それでもリラックスさせることを心がけて乗るようにしていることもあり、この中間はだいぶ飼い葉をしっかり食べるようになりました。食欲が上がったので、飼い葉量も増やしています。今週はこのまま軽めの調整を続けることになりそうです」

2019.05.23 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:引き運動
橋口調教師「今朝も引き続き厩舎周りの引き運動で調整しています。飼い葉もしっかり食べているので、明日から騎乗運動を始めていく予定です。レース1週前の土曜日の検疫を押さえてあるので、それまではこちらで調整していきます」

2019.05.22 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:引き運動
橋口調教師「最後もばてそうでばてませんでしたし、休み明けということを考えるとよく頑張っていたと思います。レース後も飼い葉は食べているので、このまま在厩させて函館競馬場へ連れていくつもりです」
※6月15日(土)函館12R(遊楽部特別/芝1800m)を北村友騎手で予定。

2019.05.19 : 5月19日レース後コメント(8着)
鮫島駿騎手「ゲートの出がそこまで速くないと聞いていましたが、タイミング良く出てくれましたし、すんなり前のポジションを取る事が出来ました。無理に抑えず行かせて逃げましたが、道中もそこまで力む事なく走れていてじっくり脚を溜めることもできたと思います。良い意味でせこく立ち回れていたと思いますし、直線で追い出してからも脚は使えていましたよ。最後は決め手勝負になった分、この馬には向かなかった面もありますし、久々の芝のレースだった事も少なからずは影響しているのではないでしょうか。このクラスで走るのも初めてですし、クラス慣れしていけば力は通用するはずですよ。距離もこれくらいかマイルが合っていそうですね。あとは使った事により煩い面が出て来なければと思います」

2019.05.16 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。与えた飼い葉はほぼ食べているのですが、馬体重は454キロと中々増えてきてくれません。調教の動きは上のクラスでの通用するのではないかとさえ感じさせますし、あとは輸送で馬体が減らずに当日落ち着いてレースに臨めるかどうかでしょう」
※今週19日(日)新潟12R石打特別・4歳以上500万下(牝)芝1800m(外)に鮫島駿騎手で出走します。

2019.05.15 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.0-39.3-25.7-12.9 馬なり
橋口調教師「2週連続コースでしっかり追っていますし、今週は坂路単走の調整にしました。時計も54秒の指示だったのでちょうどでしたし、いい最終調整ができました。調教通りなら楽しみです」
※今週19日(日)新潟12R石打特別・4歳以上500万下(牝)芝1800m(外)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.05.09 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切った後も飼い葉は8~9割食べてくれています。馬体重は458キロですが、この馬体ならもう少しあってもいいと思うので、増やしていきたいところです。地方の出戻りの馬になるので、明日ゲート試験を受ける予定です。その後の状態次第で、週末時計を出すかまた考えていきます」

2019.05.08 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 83.5-67.0-51.6-37.5-11.5 一杯
内エールヴォア一杯に6Fで0.4秒先行3F併入

橋口調教師「併せ馬に置いて行かれるかと思いましたが、最後まで一緒についていけていましたし、終いも11秒台といい切れ味を持っていますね。当初の見立てより、いい意味でイメージが変わってきました。飼い葉も引き続きよく食べていますし、状態も良さそうです」

2019.05.02 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 88.0-69.8-54.2-39.8-11.7 一杯
外ラミエル一杯を6Fで1秒追走2F併せで0.4秒先着
助手「まだ気持ちが先行していて、体がついてきていないようです。そこで急かしてしまうと馬も怒るので、じっくり進めていった方が良さそうです。今日はゆっくり入って、終いだけ追いましたが、今の状態でこれだけ伸びていれば十分ですね。騎乗した感触では、芝の長いところがいかにも向いていそうです」
※5月19日(日)新潟12R(石打特別/芝1800m)を鮫島駿騎手で予定

2019.05.01 : 栗東:橋口慎介厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 62.7-46.6-30.3-14.9 馬なり
橋口調教師「月曜日にCWコースで時計を出しています。追い切った後も、思っていたより飼い葉食いも良いですし、調整は順調に進んでいますね。明日もCWコースで追ってみて、動きを見ることにしています」

2019.04.26 : 栗東:橋口慎介厩舎
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重481キロ。
今週火曜日にも坂路で13-13ほどの時計を出しました。併せ馬でしたが、併走馬より手応え、動きともに上回っていました。だいぶ体質もしっかりして調教を強めてからもカイバ食いが落ちることはなく、体重も減らずに増えています。新潟開催での出走に向けてきょう(金)の検疫で栗東・橋口厩舎に帰厩しました。

2019.04.25 : グリーンウッド→橋口慎介厩舎
26日(金)栗東トレセンに移動します。

2019.04.19 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重481キロ。
調整は順調で今週も火曜日に坂路で併せ馬を消化、13-13ほどの時計を出しました。本数を積むにつれて前向きさが出てきて動きも良化していますし、気が入ってピリッとしたわりに体は維持することができています。コンディションは着実に上がってきているようです。早ければ来週中に栗東・橋口厩舎に入厩する予定です。

2019.04.12 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重479キロ。
今週火曜日に坂路で13-12ほどの時計を出しました。動きは問題ありませんし、調教を強めてからも体重が増えてくるなど不安らしい不安はありません。あす(土)も15-15を消化する予定ですが、5月中の出走も検討されているため帰厩に向けてコンディションの管理に努めていきます。

2019.04.05 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重472キロ。
調整は順調で今週火曜日にも坂路で13-13を消化しました。動きは徐々に良化していますが、まだ仕掛けたときの反応に物足りなさを感じます。もうしばらく時間をかけた方がよさそうですが、調教を強めてからもカイバ食い、体重ともにキープできているため加減することなく乗り込んでいけそうです。

2019.03.29 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重473キロ。
徐々に体がふくらんできたため、今週火曜日に1本目の13-13を消化しましたが、自分からハミを取って進んでいこうとするなど前向きさが目立ちました。調教を強めてからもカイバ食いは落ちず馬体重も減るどころか増えています。帰厩に向けて来週火曜日にも13-13を消化することにしています。

2019.03.22 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重470キロ。
予想以上に食べたものが実にならないため、今週火曜日も15-15ほどにとどめました。気持ちの強い馬なので行きっぷりのよさは目を引きますし、もともとの硬さはあっても体の使い方は悪くありません。ペースアップするメドは立っていませんが、体重がこれ以上減ることがないよう内面のケアは欠かさず行っていきます。

2019.03.15 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重472キロ。
胃潰瘍治療薬の投与を続けたところ食べたものが実になりだし体重が増えました。先週よりふっくら見せています。今週も強めの調教は火曜日の15-15の1本だけですが、状態次第では来週から13-13を始めることになるかもしれません。

2019.03.08 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重463キロ。
今週火曜日の追い切りも15-15にとどめました。動き自体は問題ありませんし、傷んだところもありませんが、今週も体が増えず、見た目も寂しく映るので、ペースアップするのは早くても再来週からになりそうです。

2019.03.01 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重463キロ。
調整は順調で今週火曜日にも坂路で15-15ほどの時計を出しました。カイバ食いはまずまずで乗りながらも体重は少しずつ増えてきていますが、まだ全体的に細く映るのでさらに上積みしておきたいところです。来週もペースアップは控え、15-15にとどめることになりそうです。

2019.02.22 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重458キロ。
予定どおり火曜日に15-15を消化しました。動きに問題はありませんが、日によって食べたり食べなかったり、また食べたものが実になりにくいため肉付きも物足りません。通常なら来週からさらにペースを上げて13-13を始めるところですが、体重を少しでも上積みするため15-15までにとどめることにしています。

2019.02.15 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重456キロ。
今週から距離を延ばすなど運動量を増やしています。動きや息づかいに問題はありませんが、後ろから馬が迫ってくると蹴りにいくなど気の強い面を見せたり、集中力を欠いたりすることもあります。カイバは食べている割に体重が思ったほど増えてきませんが、入場時よりは肉付きもよくなりました。来週火曜日に1本目の15-15を消化することにしています。

2019.02.08 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重454キロ。
四肢の皮膚病の治療が終わり、馬体重も回復傾向にあったことから今週月曜日に乗り出しましたが、翌日の午後、右の帯道に腫れが確認されました。腹帯との接触が原因とみられています。2日ほど大事をとって休ませましたが、腫れも治まったため、きょうから再び騎乗調教を始めています。来週から調教量を増やす予定ですが、本格的にペースを上げる前に馬体重を増やしておきたいところです。

2019.02.01 : グリーンウッドトレーニング
トレッドミル調整。馬体重448キロ。
今週火曜日にグリーンウッドトレーニングに移動しました。入場後はトレッドミルでキャンター調整を続けていますが、食欲はまずまずで体も戻りつつあるため、週明け月曜日からは騎乗調教を始める予定です。ただ、四肢に皮膚病がみられ、体もまだまだ細く映るのでコンディションを見極めながらの調整になりそうです。

2019.01.29 : 島上牧場→グリーンウッドトレーニング
本日、グリーンウッドトレーニングへ移動しました。

2019.01.25 : 島上牧場
マシン調整。馬体重445キロ。
引き続き毎日マシンで90分間の運動をおこなっています。食べたものが実になりだし、馬体重は回復しつつありますが、まだあばらが浮いて見える状態で全体的に細く映ります。もうしばらく楽をさせて心身のリフレッシュを図るとともに体重を増やしていきたいところです。

2019.01.18 : 島上牧場
マシン調整。馬体重437キロ。
マシンで90分間運動しています。入場後はカイバ食いが悪く、食べるようになったのは今週半ばからでまだ数字には表れていません。数字が示すとおり体もだいぶ細く映りますし、活気もないのでリフレッシュするまでには時間がかかりそうです。

2019.01.10 : 栗東:橋口慎介厩舎→島上牧場
調教メニュー:引き運動
橋口調教師「今回は競走馬登録のみの入厩のため、明日島上牧場へ移動します。馬房の都合がつき次第、グリーンウッドトレーニングへ移動させて乗り込んでもらうことにしています」

2019.01.09 : 栗東:橋口慎介厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。今回は競走馬登録のみの入厩となります。

2019.01.04 : 尾島徹厩舎→島上牧場
尾島調教師「レース後はいつも通り飼い葉食いは落ちたものの、一時的なもので今はしっかり食べるようになりました。現在は疲れを取るために馬場をハッキング程度に軽く乗って体をほぐしているところですが、歩様はレース前と変わらず大きなダメージはなさそうですし、馬運車の手配ができたことから、今日午後の便で島上牧場へ移動することになりました。この度は預託して頂きありがとうございました。レッドフィオナの今後の活躍を期待しています」

※本馬は、吉田直弘厩舎(栗東)から橋口慎介厩舎(栗東)に転厩した上で中央再登録となる予定です。

2018.12.31 : 12月31日レース後コメント(1着)
尾島調教師「ゲートで尾を持ったのでいつもよりは上手く出てくれましたが、出てから刺さってしまい、他馬に迷惑をかけてしまいました。道中も外々を回る形になって距離のロスはあったと思いますが、騎乗した岡部騎手からは『直線は外から馬が来た分だけ根性を見せて伸びてくれて、馬の力に助けてもらいました』との話があり、フィオナも最後まで頑張ってくれました。何とか年内に2勝目を挙げることができ、ホッとしています。今のところ上がりの歩様は問題ないですが、厩舎に帰ってからしっかり馬体の確認をしておきます。ありがとうございました」

2018.12.21 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「レース後は馬体重が減ってしまいましたが、現在は戻りつつありますし、馬場入りも再開していて年末の開催に出走するには問題なさそうです。今日番組が出て、31日のC4クラスの平場ダ1400m戦に組まれました。追い切りは中3日でやるつもりですが、馬体重のこともあるので馬なりで流して息だけ整えるつもりです」

2018.12.14 : 12月14日レース後コメント(10着)
尾島調教師「懸念していたスタートが今日も決まらず、後ろからの競馬になってしまいました。乗り役の話では、砂を被るのを嫌がったので向こう正面から外に出して捲っていったようですが、捲り切れず4コーナーでは脚がなくなってしまったとのことでした。ゲート内では大人しいものの、発馬の際に両前脚を上げるような形で発馬して出遅れてしまっているので、次走ではゲートで尾持ちをするつもりです。何とか今回で決めたかったのですが、このような結果になり申し訳ありませんでした。年内にもう1開催あり次回は平場に戻るはずなので、そこで決められるようにレース後の状態を見ながら調整していきます。レース上がりの歩様は問題ありませんでしたが、厩舎に帰ってから獣医師によく診てもらいます。馬体重も追い切り後よりは戻っていたものの、450キロ台で競馬をさせたいところなので、引き続き飼い葉を食べるよう獣医師とも相談しながら進めていきます」

2018.12.13 : 笠松:尾島徹厩舎
12/10 調教師 52.2-38.6-25.6-12.8 一杯
尾島調教師「追い切り後、馬体重が444キロに減ってしまっているのが心配ですが、飼い葉は食べていますし、体調自体は良いと思います。今開催は前残りが多い馬場状態となっているので、何とかスタートを決めて先行して押し切るような競馬をさせたいところです。今回で決めて戻せるよう頑張ります」
※今週14日(金)笠松10RC1組新穂高特別・ダ1400mに岡部騎手で出走します。

2018.12.07 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「昨日番組が出たのですが、C1の特別戦に編成されてしまいました。引き続き平場戦に出られると思っていたので想定外でした。特別戦は前走勝っている馬だけで組まれるので相手は強化されますが、岡部騎手を押さえることができましたし、出来の良さでカバーしていきたいところです。中間15-15を2本消化していますが、月曜日の最終追いはしっかり追って仕上げるつもりです」
※12月14日(金)笠松10R(C1新穂高特別・ダ1400m)に岡部騎手で出走を予定しています。

2018.11.30 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「この中間も順調に調整を進めていて、飛びや歩様に問題もなく攻めることができています。昨日も15-15を消化しているので、予定通り11日からの開催での出走を見込んでいます。次回も平場なので能力通りに走れば勝てると思いますし、次で確実に決めてお返しできるよう、とにかく怪我のないように気を付けて進めていきます。もうすぐ番組がでますが、前回と同じく岡部騎手に早めに声をかけておきます」

2018.11.23 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「その後トモの感じも良くなり、今では気にすることもなくなってきました。現在は通常の調教メニューに戻して順調に進めていくことができています。来週から15-15を始めて、12月11日からの開催に向けてペースを上げていければと考えています」

2018.11.16 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「獣医師からの許可も出たので、予定通り今週から馬場入りを再開しています。まだ軽いところを乗っている段階ですし無理はさせたくないので、23日からの開催での出走は考えず、12月前半の開催を目標に進めていこうと思います」

2018.11.09 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「筋肉の張りや痛みなどは日に日にだいぶ和らいできたので、現在は厩舎周りの引き運動を始めています。獣医師からは『せっかく良くなってきているところなので、焦らずこのまま週明けまで様子を見ましょう』と言われています。週明けにもう一度診てもらい、許可が下りれば馬場入りを再開していくことにしています」

2018.11.05 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「今朝の最終追い切り後、上がりの歩様は問題なかったのですが、午後からのチェックで左トモを少し気にする素振りを見せたので、獣医師に診てもらいました。レントゲン検査の結果、骨に異常は見つからず、触診では半腱半膜様筋に反応があり、そこを痛めているのではないかとの診断でした。追い切りは私が騎乗したのですが、コーナーで不正駈歩になったので、その時に痛めてしまったのかもしれません。獣医師からは何日か様子を見るように言われているので、今週の出走は見合わせることにします。出走直前にこの様な事態になり、大変申し訳ございません」

2018.11.02 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「中間は速いところはやっていませんが、ダク1500m、キャンター2000mのメニューを順調に乗り込んでいます。番組が出て、9日(金)の2レースダ1400mに出走予定となりました。来週月曜日に追い切りをかける予定です。鞍上は今回は岡部誠騎手に声をかけてあります」

2018.10.26 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「レース後も馬体に異常はなく、2日引き運動をしてから馬場入りを再開しました。1~2日飼い葉は残していましたが、今は食欲も戻りしっかり食べていますし、体重もそこまで減っていません。予定通り11月5日からの開催に向けて進めていこうと思います。ゲートの出が悪かったので、中間ゲート練習は行っておくつもりです。次も勝って、最短でお戻しできるように頑張ります」

2018.10.18 : 10月18日レース後コメント(1着)
尾島調教師「調教の感触からもっと楽に勝てると思っていたので、ヒヤヒヤするようなレースをお見せしてしまい申し訳ありませんでした。レース後にパトロールビデオで確認したところ、スタートで前にのめってトモを滑らせてしまったようです。上がりの歩様は特に問題ありませんが、獣医師に馬体をよくチェックをしてもらっておきます。状態に問題なければ、次走は11月5日からの開催を目標に調整していくつもりです」

2018.10.12 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「番組が出て、来週木曜日に出走予定となりました。日曜日に最終追い切りを行う予定ですが、中間の動きも良く、スムーズな競馬ができればあっさり勝ってくれるのではないかという手応えは持っています。鞍上は調教も何度か乗ってくれていて癖もつかんでいる吉井騎手に依頼しました」
来週18日(木)笠松1R3歳4組ダ1400mに吉井騎手で出走を予定しています。

2018.10.05 : 笠松:尾島徹厩舎
452キロ。
尾島調教師「先週の土曜日に追い切りましたが、次の日台風で馬場の閉鎖が決まっていたので、予定していた15-15よりは強めに追って、3頭併せの外で53.7-39.1-12.5のタイムを馬なりでマークしました。自分で乗ってみたのですが、手ごたえ良く持ったままで回ってこれました。馬を怖がって寄っていかないところがあるのでレースでは前目につけてスムーズな競馬をさせたほうが良さそうですが、能力があることは確認できました。追い切り後も順調に来ているので、明日も時計を出す予定です」

2018.09.28 : 笠松:尾島徹厩舎
尾島調教師「入厩後は1~2日飼い葉が合わなかったのか残していたのですが、今は与えたものはすべて完食しています。調教も最初は馬場で物見をしていましたが、だいぶ環境には慣れてきているので、今週末に15-15程度の追い切りから始めていこうかと考えているところです。その後2本追い切りを挟んで、順調なら10月16日からの開催を目標にしていくつもりです」

2018.09.21 : グリーンウッドトレーニング→尾島徹厩舎
周回キャンター1500m、坂路1本。馬体重472キロ。
予定どおり先週末ショックウェーブ治療を施しましたし、馬体重も大幅に回復したので今週月曜日から乗り出しました。坂路ではF17秒ほどのペースで乗っています。運動に出ると多少力むことがありますが、走り出すと素直ですし、硬さはあっても動かすうちにほぐれてくるので問題ないでしょう。あす(土)笠松競馬・尾島徹厩舎へ移動することになりました。

2018.09.14 : グリーンウッドトレーニング
トレッドミル調整。馬体重465キロ。
おととい(水)入場し、入場後はトレッドミルで調整しています。前回滞在していたときと比べて内面にも筋肉などにも疲れが見られますが、カイバ食いがいいので体重は10キロほど回復しました。あすショックウェーブ治療を施し、週明けから乗り出す予定。態勢が整い次第、笠松へ移動します。

2018.09.12 : 吉田厩舎→グリーンウッドトレーニング
本日グリーンウッドトレーニングへ移動しました。
吉田調教師「フェリーターミナルで2時間待たされるなどいつもより輸送に時間がかかったこともあり、到着後はさすがに疲れてイライラした様子を見せていました。それでも何日か楽をさせたこところ食欲が戻り、体も到着時よりは回復したように映ります。脚元も問題ないので、きのうガス抜き程度に乗り運動も消化済みです。きょうグリーンウッドトレーニングへ移動しましたが、今後は笠松へ移籍し、中央再転入を目指すことが決まりました。北海道で何度かチャンスがあっただけに未勝利のまま送り出すことは申し訳なく思っています」

本馬は一旦地方競馬に移籍し、中央競馬への復帰を目指すことになりました。移籍先は笠松競馬・尾島徹厩舎となります。グリーンウッドトレーニングにて疲労回復を図り、コンディションを整えてから移動する予定です。

2018.09.06 : 栗東:吉田直弘厩舎
吉田調教師「いい結果を期待できる状態だったので連闘しましたが、残念ながら大きく着順を落とし、次のレースに出走するための権利すら失ってしまいました。申し訳ありません。レース中に接触があり左前脚に外傷を負いましたが、縫合の必要もない軽症でしたし、ほかに打撲による腫れも見られましたが、それも日にち薬ですぐに回復するでしょう。今夜中に栗東に帰ってくる予定ですが、今後については馬の状態を確認したうえでオーナーサイドと協議して判断することにしています」

2018.09.05 : 札幌:吉田直弘厩舎
きょう夕方に札幌競馬場を出発する予定で、あすの夜までに栗東トレセンに到着する見込みです。詳しくはあす更新します。

2018.09.02 : 9月2日レース後コメント(13着)
ルメール騎手「三コーナーくらいまで絶好の位置で手ごたえも悪くなかったです。ただ、そこから仕掛けてもスピードが上がらずもたもたしているうちに被せられてきつい形になってしまいました。外から強引に来られたのも良くなかったかもしれません。まくられた時と直線入ったところと二回ぶつけられてしまったのもあって気持ちも切れてしまった感じですね。上がってきてみたら脚を怪我していたのでその影響もあったと思います。コーナーでの感じから勝つまではどうかというところですが、かわいそうな競馬になって力を出せなかったです」

2018.08.30 : 札幌:吉田直弘厩舎
8/29 乗り運動の調整でした。
8/30 角馬場で調整しました。
助手「レース後すぐは全身に走り切った感があって、とくにトモが思ったように踏み込めないなど疲れていました。でも日に日に回復していて、きょうは角馬場をハッキングで1500m回りました。もともと気が入りやすいタイプなので角馬場でもシャキッと元気な様子でしたよ。あすはダートコースでキャンター調整を行う予定。次の日以降についてはあすの動きを確かめてから決めることにしています。カイバ食いはずっと安定しているので前回と同じくらいでの出走できるとみていますが、前回と違って良馬場で走ることになるのでどうなるかですね」
吉田調教師「レース後の回復が早かったので連闘することにしました。スタートを決めて、中段くらいで競馬ができるといいのですが。出走馬の大半が権利持ちと前走よりメンバーは揃いましたが、ダート慣れした今なら好勝負に持ち込めるとみています」
※今週2日(日)札幌4レース・3歳未勝利(D1700m)にC.ルメール騎手で出走します。

2018.08.29 : 札幌:吉田直弘厩舎
今週2日(日)札幌4レース・3歳未勝利(D1700m)にC.ルメール騎手で出走を予定しています。詳しくはあすの調教後に更新します。

2018.08.26 : 8月26日レース後コメント(3着)
内田騎手「以前に乗ったときよりも馬がしっかりして良くなっていました。出が悪いので気をつけていたのですが、出てから進んでいかず位置取りが悪くなってしまいました。最初は砂を被るのに戸惑っていた感じもありましたね。あまり切れないという頭はありましたし、このまま砂を被らせてプレッシャーを与えるよりはと思って途中から動いていきました。ダートの走り自体は良かったのですぐにスピードには乗れましたよ。ただ、まくりきって息が入ればよかったのですが、結構抵抗されてきつい競馬になってしまいました。それでも手応えのわりに最後まで頑張ってくれたのですが、自分のミスで鞭を落としてしまったのもあって踏ん張り切れなかったです。うまく乗れずに申し訳ない競馬になってしまいましたがダートは合いますし、勝てるだけの力はありますね。すみません」

2018.08.23 : 札幌:吉田直弘厩舎
8/21 ダートコースにて追い切りました。 
札幌ダ 70.1-54.8-40.3-12.6 馬なり
8/22 ひき運動の調整でした。
8/23 乗り運動の調整でした。
吉田調教師「芝とダートどちらにするか前走後からずっと考えてきましたが、最終的にダートを選びました。前回芝で2着と上々の結果だったのにもかかわらず、勝浦ジョッキーがダートならもっといい走りができそうと話してくれたこともありますが、週末は台風の影響で芝コースの馬場状態の大幅な悪化が避けられそうにないですし、想定を見る限り前走よりメンバーも揃いそうですからね。初ダートなので砂をかぶるとどうなるのかなど不安はもちろんありますが、体調は前回より上向いていると聞いていますし、調教の動きもよかったということなので不安より期待の方が大きいです」
助手「追い切りは火曜日に済ませてあります。中1週なのでダートコースを単走70-40くらいのペースにとどめましたが、やればやるだけ動いてしまいそうな手応えだったのでブレーキを利かせつつ走らせました。ダートの走り自体は問題なかったですよ。滞在の効果でカイバ食いがよく、もっとほしいと催促するほどなので前回より体重が減ることはないはずですし、運動中も人を振り落とそうとするくらいの元気もあってすごくいい状態でレースに臨めそうですよ。あす、あさっては雨で脚抜きのいい馬場になりそうなので、むしろ芝でもやれるスピードを生かせるかもしれません」
※今週26(日)札幌2レース・3歳未勝利(牝)D1700mに内田博騎手で出走します。

2018.08.22 : 札幌:吉田直弘厩舎
25日(土)札幌6レース・3歳未勝利(芝2000m)か、26日(日)札幌2レース・3歳未勝利(牝)D1700mのいずれかを検討しています。どちらの場合も鞍上は内田博騎手を予定しています。近況は明日更新します。

2018.08.16 : 札幌:吉田直弘厩舎
助手「レース後も札幌競馬場に滞在しています。レース当日のテンションが高かった割にレース後は落ち着き払ってゆったり過ごしています。とても我慢強いですね。滞在の効果でカイバも食べているので回復も早いかもしれません。毎日厩舎周りの乗り運動を続けていますが、中1週での出走に備えて、あすチップコースの角馬場を長めに乗ってガス抜きをすることになりました。追い切りは火曜日あたりになりそうです。牝馬なのであまり刺激を与えないよう負荷はそこそこにとどめるつもりですが、もう少しなら上積みが期待できそうですよ」
吉田調教師「次走について決めたのは中1週ということだけです。前走芝で2着だったのだから普通であれば芝を選択するところでしょうけど、勝浦ジョッキーがレース後にダートの方がより持ち味が生きるだろうと話していましたし、メンバー構成も比較的楽になりそうなのでダート戦に魅力を感じているのも事実です。土曜の芝2000mか、日曜の牝馬限定のD1700mのどちらに向かのかはもう少し考えます」

2018.08.11 : 8月11日レース後コメント(2着)
勝浦騎手「こういう馬場は良くないかもということだったので、スタートから外に意識を持ちながら進めました。正直道中もずっと手応えがあるのかないのか微妙な感じではあるのですが、溜めてもビュッと切れそうではなかったですし、途中で外に出せたので自分から動いていきました。直線入るくらいではうまくいったかと思いましたが、勝ち馬にはあっさり交わされてしまいましたね。それでもそこから気持ちが切れることなく最後まで頑張ってくれました。今日乗った感じだと馬群で溜めてもある程度の脚しか使えなさそうなので、今日のような形の競馬がいいと思います。馬場もなんとか我慢してくれましたよ。ダートもすごく良さそうですが、時間がないだけにそこの判断は難しいところかもしれませんね」

2018.08.09 : 札幌:吉田直弘厩舎
8/7 函館ウッドコースにて追い切りました。
 W 56.6-40.4-12.7 強め
8/8 札幌競馬場に移動しました。
8/9 ひき運動の調整でした。
助手「火曜日に追い切りを済ませました。単走でしたが、ゴール板すぎまで負荷をかけました。動き自体はしっかりしていたし、気持ちも充実している感じで除外になった影響はまったくありませんね。きのう(水)札幌競馬場へ移動してきましたが、周りに馬もたくさんいるので寂しがるようなところもなく落ち着いて過ごしています。あす(金)コースに出て最終調整を行う予定です。心配なのは今後の天気。やわらかい馬場は得意ではないのでいい馬場状態で走らせたいです」
※今週11日(祝)札幌6レース・3歳未勝利(芝2000m)に勝浦騎手で出走します。

2018.08.02 : 函館:吉田直弘厩舎
7/28(土)函館ウッド 67.7-52.2-38.6-12.8 強め
7/31(火)5Fから 70-40-12秒台(火曜日のため正式な時計なし)
8/1(水) ひき運動
8/2(木) 乗り運動

助手「今週火曜日に函館競馬場のウッドコースで追い切りました。単走で最後に反応を確かめつつ伸ばしてみましたが、動きは相変わらずよかったです。以前、見られた皮膚病もいまはきれいさっぱりで毛ヅヤも良化していますし、体もそこまで細く見せていません。想定では出走できるかどうか微妙なところですが、上り調子で体調はとてもよさそうなのでぜひとも今週出走させたいと思っています」
吉田調教師「予定どおり5日(日)札幌4レース・3歳未勝利(牝)芝2000mに丸山騎手で投票します。除外の場合は来週(土)札幌6レース・3歳未勝利(芝2000m)に向かおうと考えています」

※今週は除外となりました。

2018.07.26 : 函館:吉田直弘厩舎
7/25 ウッドコースにてキャンター調整。
7/26 乗り運動
助手「長距離輸送は無事にクリアしてくれました。北海道も暑い日は暑いですが、涼しい時間帯を選んで乗っているので、相変わらず元気いっぱいでカイバ食いも旺盛。体重も450キロあります。函館開催が終了した今でもたくさんの馬がいる厩舎に入っているので、馬も安心して落ち着いていますよ。今のところ来週の牝馬限定戦(2000m)に向かう予定。あさって(土)ウッドコースで追い切りますが、ふだんから長めの距離を乗っていますし、札幌までの輸送も控えているのであまり速い時計は必要なさそうです」
※鞍上は調整中です。

2018.07.19 : 吉田厩舎→函館競馬場
本日は乗り運動の調整でした。
吉田調教師「出発前に30分だけ厩舎周りで乗り運動を行いました。常歩のみでしたが、騎乗した助手は、『疲れは感じない。むしろ使う前よりしっかりしたようだ』と話していました。あす函館競馬場に到着するので、翌日は軽い運動にとどめて、日曜日からコースで乗り出す予定。今のところ8月5日の札幌4R(牝/芝2000m)への出走を考えており、ジョッキーも上位から依頼していきます」

2018.07.18 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「レース後はひき運動で疲れを取っていますが異常はありません。馬体重もけさの時点で450キロまで回復していました。華奢な体つきは変わりませんが、カイバは食べているし、極端に細くなったようにも映らないので、これ以上減らなければ問題ないでしょう。今のところあすの夕方の便で北海道へ向けて出発する予定。北海道開催は前々で競馬をする必要がありますが、前走を見ても意外にも先行力はありそうなので、長距離輸送と洋芝さえ克服すれば小倉で走るよりは数も使えるだろうし、メンバー的にも勝つチャンスは大きくなるとみています」

2018.07.15 : 7月15日レース後コメント(7着)
富田騎手「スタートは上手に出てくれたし、行き脚もまずまずでした。ごちゃごちゃしそうだったので控えましたが、1コーナーで外から寄られたときにハミを噛んで力んでしまって。向こう正面に入ったころには落ち着いた走りを取り戻していましたが、最後じりじり伸びていたので、前半スムーズだったらもっといい脚を使えていたかもしれません。きょうのようにゆったり運べる長い距離があっていると思います」
吉田調教師「トモが甘いのにスタートを克服してくれたし、牡馬相手に入着したように一生懸命走ってくれましたが、ワンパンチ足りないですね。今後については来週中に函館へ運んで札幌での出走を考えていきます。函館の出走頭数は少ないので札幌でもレースを選んで使っていけるはずだし、勝つチャンスも大きくなるでしょう」

2018.07.12 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「けさも厩舎周りのひき運動で回復を図りました。追い切ってからもカイバは食べていて、この馬なりに丸みのあるいい体つきを保っています。あす、あさっての2日間はふだんどおり乗る予定。あすの調教後に獣医師にチェックしてもらい必要があれば治療してレースに臨むことにしています」
吉田調教師「タイムオーバー明けで強気にはなれませんが、前回は道悪と体重減が敗因だとみています。今回は良馬場で競馬ができそうですし、体も増えてふっくらした状態で出走できそうなので自分の走りを取り戻してくれるでしょう」
※今週15日(日)中京4レース・3歳未勝利(芝2000m)に富田騎手で出走します。

2018.07.11 : 栗東:吉田直弘厩舎
7/10 CW 90.0-71.1-54.0-37.2-11.6 仕掛け
7/11 ひき運動の調整でした。
助手「きのうCウッドコースで追い切りを済ませました。指示はしまい重点。前の馬を見ながら徐々にペースを上げていきましたが、仕掛けてからの反応がよく、勢いもすごかったので、抜く予定がなかったのに前を走っていた馬を抜き去ってしまいました。だいぶパワフルさが出てきていいときの感じに戻っていますよ。カイバも食べているので馬体重も454キロをキープ。放牧前のようにトモが寂しく見えることもありません」
吉田調教師「すでに息も体もできています。それに今週は晴れの日が続く予報が出ていて良馬場で競馬ができそうですし、暑い中でこれ以上調教を積んでもバテてしまう可能性があるので今週出走させたいと考えています。当初土曜の中京7R(芝1600m)に向かうとつもりでしたが、レース間隔が短く出走が難しいようなので、翌日の4R(芝2000m)へ回ることになりそうです」
※今週15日(日)中京4レース・3歳未勝利(芝2000m)に出走を予定しています。鞍上は調整中。想定からは除外があります。

2018.07.05 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「追い切り後も疲れは見せずカイバもちゃんと食べています。やっぱり外にぶら下げているカイバ桶がお気に入りらしく、そのなかに入れてある乾燥牧草を好んで食べていますよ。馬体重は先週末452キロまで落ちたので心配しましたが、けさの時点で454キロと少し盛り返していました。以前とは違って見た目もフワッとしていて状態はすごくよさそうですよ」

2018.07.04 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はCウッドコースにて追い切りました。
 CW 83.0-67.4-52.4-38.5-12.8 強め
助手「先週末もコースで追い切りましたが、直線やゴール板をすぎてからの感じや息の入りも早かったので、いい印象をもってけさの追い切りに臨みました。単走でしまいだけ反応を確認しましたが、走ることに集中していたし、マイペースでリズムよく運べました。きょうもゴール後に流しているときの雰囲気がとてもよかったですよ。ただ、牝馬特有の気持ちが入りっぱなしの状態に近づいてきていて、追い切るたびにテンションが高くなってきているのが心配なところ。先週、今週と動きなどは問題ないので、あとはレースまで微調整にとどめて体とテンションをキープできればと考えています」
吉田調教師「レースを何度も経験している馬なので仕上がるまでは早いですね。とはいえ今週使うには本数が不足しているので、来週のレースを含めてどのレースに出走するのかは週末まで様子を確認し、来週もう1本追い切ってから判断することにしました」

2018.06.28 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はCウッドコースで調整しました。
吉田調教師「けさはCウッドコースでキャンターで1周半。騎乗した助手によると息はすでにできているのであとは体をつくっていければということでした。今後については今週土曜日にCウッドコースで追い切ってどれくらい動けるのか確認してから判断しますが、再来週には十分態勢が整うとみています」
助手「走り出すまではチャカチャカして女の子らしいところはありますが、走り出したら素直ですし、上り運動でも以前より落ち着いて歩けるようにもなりました。そのあたり精神面の成長を感じますね。調教を強めてからも体をキープできるよう食生活の面でもしっかりサポートしていきます」

2018.06.27 : 栗東:吉田直弘厩舎
6/26 坂路 58.5-43.5-28.9-14.0 馬なり
6/27 ひき運動の調整でした。
助手「きのう坂路で15-14を消化しました。まだ乗り込み量が足りないので体の使い方はいまひとつでしたが、息の入りはとてもよかったです。悪い印象はなく、思った以上に状態はいいので、今の感じなら小倉まで待たなくても中京後半で出走できるかもしれません。最新の馬体重は464キロ。今回からカイバ桶をひとつ増やしてみましたが、外付けのカイバ桶が気に入ったらしくほかの馬より時間をかけてでもしっかり食べるようになりました。これまで以上にカイバ食いが安定しているので見た目はフワフワッとしていて余裕があるようにも映ります。調教を強めるのは来週からになりそうです」

2018.06.22 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は坂路1本の調整でした。
坂路 67.5-49.4-33.0-16.0 馬なり

吉田調教師「未勝利であまり時間もないので帰厩させました。牧場でも乗り出したばかりと聞いているので、週末まで軽めの調整にとどめ、本格的な調教は週明けからと考えています。次走については乗り込んでいくなかで決めることにしています」

助手「もともと頭の高い馬ですし、休んでいたこともあり、前後のつながりが不十分でしたが、相変わらずトビが大きく乗り味はとてもよかったです。毎日の調教でトモがついてくるようになるといいのですが。馬体重は470キロあまりありますが、けさの運動中も発汗が目立っていてこのままでは日に日に減ってしまいそうな雰囲気。でも、牧場側からどういう種類のカイバを好んで食べていたかなどを教えてもらったので、こちらでも参考にして体重キープに努めていきます」

2018.06.21 : グリーンウッドトレーニング→吉田厩舎
本日の検疫で栗東トレセン・吉田厩舎に帰厩しました。あすの調教後に更新します。

2018.06.15 : グリーンウッドトレーニング
坂路1本。馬体重476キロ。
体が順調に回復しているため、今週月曜日から坂路で調整を始めました。ペースはF17秒ほどです。しばらく休んで緩んだ分、乗り出してすぐは硬さを感じましたが、日に日にほぐれてきました。今月中の帰厩が見込まれていることから、来週以降、周回コース入りするなど調教を強めていくことにしています。

2018.06.08 : 島上牧場→グリーンウッドトレーニング
トレッドミル調整。馬体重462キロ。
きのう(木)島上牧場からグリーンウッドトレーニングへ移動しました。到着後も落ち着いた様子を見せています。カイバもしっかり食べていますが、まだおなか周りが寂しく映るなど回復途上なので、もうしばらくトレッドミル調整にとどめ乗り出すのは来週半ばからの予定です。

2018.06.01 : 島上牧場
マシン調整。馬体重442キロ。
入場後は90分間のマシン調整を続けながら回復するのを待っています。カイバは完食に近いくらいの量を食べていますが、なかなか実にならず、入場したときから体重は増えていません。フレッシュな状態に戻すまでにはもうしばらく時間がかかりそうです。

2018.05.25 : 島上牧場
本日、島上牧場へ移動しました。

2018.05.24 : 吉田厩舎→島上牧場
本日はひき運動の調整でした。
吉田調教師「レース後は厩舎周りのひき運動で疲れを取っていますが、カイバは食べていますし、左トモの飛節などへの反動も見られません。順調に回復していますよ。あす島上牧場へ移動することになりました。まずは軽い運動でリフレッシュと馬体回復を図ってもらいます。デビュー戦で頑張った小倉を目標にするのか、函館に滞在し体を維持しながら使っていくのか、夏をどう過ごすかは馬の回復状況を見たうえで判断します」

2018.05.23 : 栗東:吉田直弘厩舎
助手「タイムオーバーになってしまったことは残念で大変申し訳なく思っています。幸いレース後も脚元などに異常は見つかりませんでしたし、鼻を鳴らしたり、前かきをしてカイバを催促するくらいの余裕もあります。このあとは放牧に出ると聞いていますが、長い間トレセンに滞在しているので放牧先で息抜きして疲れを癒してくれれば。未勝利馬なので長くは休めないでしょうけど、少しでも体が大きくなって帰ってきてほしいです」
吉田調教師「放牧はあす以降で一旦島上牧場へ移動することになっています。今後の見通しですが、グリーンウッドトレーニングの馬房が早いうちに空けばすぐに移動させて調教を始めてもらいますが、もし馬房調整のめどが立たない場合は山元トレーニングセンター経由で函館競馬場に運び、滞在させてレースを使っていくことも検討しています」

2018.05.19 : 5月19日レース後コメント(15着)
浜中騎手「調教師からそんなに切れるタイプではないと聞いていたので、きょうのような馬場は合うだろうと思っていました。でも返し馬でもレースでもハミにもたれていたし、ところどころノメっていてバランスを保つことができませんでいした。最初から最後までまったくと言っていいほど進んでいかなかったです。スタート直後にぶつけられて後方からになったり、外を回されたりとスムーズさを欠いたこともありますが、きょうのところは雨で重くなった馬場が合わなかったのが敗因だと思います。パンパンで軽い馬場なら力を出せるはずです」
吉田調教師「体は細くても調教どおりに走ってくれれば勝負になると思っていましたが、馬場が合わなかったようで、なにもできないまま終わってしまいました。大変申し訳ありません。1着馬から4秒1の差があったため残念ながらタイムオーバーとなり、規定により1ヶ月間は出走できないので近々放牧に出して立て直すことにします」

2018.05.17 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「火曜日の追い切り内容がハードだったので、けさも運動にとどめてリフレッシュを図りました。最新の体重は440キロ。元気もあってカイバも食べていますが、レースに向けて手加減せずしっかり攻めたこともあり減っていました。レースまでに少しでも戻せればと考えています。飛節を痛めたり、体重が減ったりとここまでの過程は順調ではありませんでしたが、本数を重ねてきたことで態勢はきっちり整いました。メンバーは揃っていますが、フィオナも上位の力を持っているので好勝負に持ち込めるはずです」
※今週19日(土)京都3レース・3歳未勝利(牝)芝1800mに浜中騎手で出走します。

2018.05.16 : 栗東:吉田直弘厩舎
きのう15日(火)にCウッドコースで追い切り、けさはひき運動の調整でした。
5/12(土)CW 80.5-64.8-50.8-37.6-12.1 一杯
内ペイシャジャン一杯に6F0.6秒先行5F併せ1.0秒先着
5/15(火)CW 66.0-51.7-39.4-12.8 仕掛け
助手「きのうCウッドコースで3頭併せに近い内容で追い切りました。前を行く2頭が見える位置で深追いしないよう注意しながら進めて、直線は最内へ。ゴールでは2馬身ほど遅れましたが、最後まで集中力は切らさなかったし、息づかいも問題なかったですよ。おなかのラインはだいぶシュッとしていて体つきはギリギリかもしれませんが、今回も引き続き限定戦で距離も合っているので調教どおりの走りができればいい結果が期待できると思います」
吉田調教師「体は寂しく映るのでもっとふっくらしてほしいと思いますが、調教は相変わらず動いています。あすはレースに備えてゲートは練習を行う予定です」
※今週19日(土)京都3レース・3歳未勝利(牝)芝1800mに浜中騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.05.10 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はCウッドコースにて調整しました。
助手「けさはCウッドコースでキャンター調整を行いましたが、バランスよく走っていて何ひとつ気になるところはありませんでした。今のところ、あさってCウッドコースで追い切る予定です。最新の馬体重は448キロ。食べたものがなかなか実になりませんが、3歳牝馬としては大盛りと言える量を食べていますし、好き嫌いなくバランスよく食べているのであまり気にせず進めていきます」

2018.05.09 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
5/5(土)CW 81.8-65.8-51.5-39.0-12.5 強め
吉田調教師「先週末Cウッドコースで追い切って、きのうは坂路で15秒程度の時計を出しました。追い切りの動きは良かったですし、きのうの調教に騎乗した畑端騎手は『相変わらず乗りやすかった。左トモもまったく気にならず、いいキャンターを刻んでいました』と話していました。けさはひき運動のみの調整も今のところ脚元などに反動は見られません。来週のレースに向けて週末に速い時計を出すことにしています」
※次走の鞍上は浜中騎手の予定です。

2018.05.03 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 68.7-50.8-33.8-16.6 馬なり
助手「けさは久々に坂路へ。馬場入りする前に自己主張する場面はありましたが、極端にムキになるようなことはなかったです。ステイゴールド産駒としてはまじめな方ですね。坂路では普通キャンターで調整しましたが、右手前だとトモの踏み込みが浅く感じました。左トモの飛節を痛めた影響がまだ残っているのかもしれません。それでもバランスよく走っていたし、上がりもまずまず。全体的な雰囲気は悪くなかったのでこのまま進めていって問題ないでしょう」

2018.05.02 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
吉田調教師「左トモの飛節の腫れが引いたので、先週金曜日は普通キャンターで調整し、土曜日には15-14ほど時計を出しました。負荷をかけても反動は見られず、きのうもCウッドコースで70-40程度、ラスト1F13秒台の追い切りを消化しています。騎乗した助手の話では、順調さを欠いた割にバランスよく走っていたし、息づかいも悪くなかったようですよ。次走についてですが、来週だと急仕上げになってしまうので、再来週19日の京都3R(牝/芝1800m)を目標に進めていくことにしています」
助手「脚元の不安が解消し、調教を再開できたことはいいことですが、先週より体重が減り448キロになってしまいました。相変わらず見た目も寂しく映ります。これから調教を強めていくとさらに減る可能性が高いのでまずは維持する方法を考えていきます」

2018.04.26 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「けさはひき運動にとどめて小休止させました。気がかりなのは馬体重。カイバは頑張って食べているし、脚元の不安で楽をさせた割に期待ほど数字が増えてきません。見た目も少し寂しく映りますしね。これからレースに向けて調教を強めていくので、その前に少しでも増やしておきたいところ。カイバの与え方や種類を工夫しながら進めていきます」

2018.04.25 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はCウッドコースにて調整しました。
吉田調教師「治療を続けていた左後ろ脚の飛節の腫れは引きましたし、気にする様子もないので日曜日からコース入りしています。その後もちょっとしたむくみは見られますが、表面的なものなので乗りながら回復を待つことにしました。きのう、きょうの2日間はCウッドコースをキャンターで1周しましたが、気負いはないし、動きも軽やか。休む前の状態と変わりなかったのでこのまま進めていけそうですよ。来週から時計を出す予定なので、今週いっぱいは来週以降に向けての準備期間として使おうと考えています」

2018.04.19 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
吉田調教師「左後ろ脚の飛節の腫れはだいぶ引いていますが、まだ関節部分にしょう液が溜まっているようで動かすと少し気にする素振りを見せます。あす以降のメニューについては、明朝の状態を確認してから判断しますが、乗り運動を始めるのは、腫れが治まり、獣医師のゴーサインが出てからにします」

2018.04.18 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「左後ろ脚の蹄の問題は解消しましたが、同じ左後ろ脚の飛節が腫れてしまいました。レントゲン検査や血液検査も行いましたが異常は見つからず、診てくれた獣医師によると捻挫の症状が見られるということ。断定はできませんが、蹄鉄がずれたときに合わせて捻挫してしまったのかもしれません。水冷を続けていて、けさの時点で腫れは引きつつありますが、乗り運動を始めるのは目に見える症状が完全に治まってからになります」

2018.04.15 : 栗東:吉田直弘厩舎
吉田調教師「今朝の調教中に蹄鉄にズレが生じ、その際に左トモの蹄を傷めてしまいました。少し痛みがあって歩様にも違和感がありますが、獣医師によると2、3日休ませれば運動も再開できるだろうということでしたし、装蹄師もこれまでと違う種類の釘を使えば落鉄を防ぐことができるはずと話していました。残念ながら来週予定していたレースへの出走は見合わせますが、今のところこのまま厩舎において次走を目指そうと考えています。このようなことになり大変申し訳ありません」

2018.04.13 : 栗東:吉田直弘厩舎
次走の鞍上は浜中騎手に決まりました。

2018.04.12 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「追い切り後も変わりありません。運動中の歩様も問題なかったですよ。ここ最近カイバをしっかり食べているので体重は少しくらい増えているかと期待していましたが、先週と同じ450キロでした。いい方にとらえると下げ止まっているということになりますが、ほかの馬と比べても見た目は細く映るので、もうちょっと肉付きがよくなってほしいと思っています」

2018.04.11 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はCウッドコースにて追い切りました。
4/7 (土) 坂路 56.7-40.3-25.6-12.6 馬なり
4/11(水) CW 84.0-68.3-53.5-40.0-12.8 強め
助手「これまで坂路で追い切ったときはラスト2Fから追いどおしでしたが、先週末の追い切りでは馬なりのまま楽に駆け上がっていました。少しずつ力をつけてきたようですね。けさはCウッドコースで2周目のラスト1Fだけ伸ばしました。単走だったので初めのうちは戸惑っている様子でしたが、仕掛けるといい反応を見せてくれました。使ってきている馬なのでこれくらいで十分でしょう。来週は併せ馬で集中力を高められればと考えています」
吉田調教師「今のところ22日の京都4R(芝2000m)へ向かおうと考えています。ジョッキーはC.ルメール騎手で調整しており、返事待ちの状態。乗れない場合は浜中騎手で臨むことになりそうです」

2018.04.05 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「馬体の回復が遅れ気味のため、けさも厩舎周りのひき運動にとどめました。元気はあるし、カイバも一生懸命食べているのですが、思ったほどふくらんでこなくて。今のところあすから乗り出して土曜日に追い切る予定。こういう状況なので、次走についてはまだ具体的に決まっていませんが、現状器用さもパワーも不足しているので、京都の平坦なコースの方が力を出せそうな気がします」

2018.04.04 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「きのう坂路を2本乗ったのでけさはひき運動で疲れを取りましたが、その際に体重を量ったところ450キロと前走時と同じ。これまで以上に落ち着いていて食欲もあるのですが期待したほど増えてきません。早めにあと6キロ、8キロは増やしたいと思っているのですが。あすは騎乗調教を行う予定です」

2018.03.29 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は乗り運動の調整でした。
吉田調教師「食欲は十分で暇を見つけては乾燥牧草をモグモグしています。運動中の様子を見ていてもだいぶ活気も戻ってきた気がします。次走についてきのうは京都まで待つとお伝えしましたが、回復状況次第では予定を前倒しして阪神の最終週にある牝馬限定戦に向かうプランもあります」

2018.03.28 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は乗り運動の調整でした。
助手「レース後、左トモに軽い外傷が見つかりましたが、このまま厩舎において調整することにまったく影響ないレベルのもので、きょうからは厩舎周りで乗り運動を始めています。今のところテンションも高くなっていませんし、カイバ食いもまずまずなので減っていた体もそのうち戻ってくるでしょう」
吉田調教師「予定どおり続戦します。ただ馬体重の回復に時間がかかりそうですし、できるだけいい馬場で走らせた方がよさそうなので、阪神開催はパスして京都開催まで待つことにしました」

2018.03.24 : 3月24日レース後コメント(5着)
内田騎手「返し馬を終えてからラチと接触するなど、まだ気性面の幼さを感じました。レースにいってからはとても乗りやすかったですが、スタートしてからも勝負処でも自分からは全然進んでくれなくて、肩ムチで合図を送りながらの追走でした。直線も余力がないわけではないのに内に刺さってしまって。まだ2戦目なので経験の浅さが出てしまったのかもしれませんね。堅実に走るタイプのようなので、経験を積んでいくうちにチャンスは巡ってくるでしょう」

吉田調教師「頑張って走っているのですが、すみません。体はできているように映りましたが、短期放牧だったとはいえ放牧でひと息入れたので中身が伴っていなかったのかもしれません。体が減っていたので、まずは馬体の回復優先で進めていきます」

2018.03.22 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はCウッドコースで調整しました。
吉田調教師「けさはCウッドコースでキャンター調整を行いました。とくに指示は出していなかったのですが、騎乗した助手によると雰囲気がよかったので、向正面の2Fだけ少し伸ばしたということでした。火曜日に追い切ったあとも食欲はあってすごく順調ですよ。新馬戦はスタートで遅れてしまったので、今回は普通にスタートを切って流れに乗れるといいですね。前回直線で使ったあの脚は直線が長い中京コースならさらに生きてくるはずなので期待しています」
※今週24日(土)中京4レース・3歳未勝利(牝)芝2000mに内田騎手で出走します。

2018.03.21 : 栗東:吉田直弘厩舎
3/17 Cウッドコースにて追い切りました。
 CW 83.3-67.8-53.6-40.1-12.0 一杯 
3/20 坂路にて追い切りました。
 坂路 57.3-41.0-26.4-12.7 馬なり
3/21 ひき運動の調整でした。
助手「先週金曜日にCウッドコースで追い切りました。乗ったのは新馬戦の週の追い切り以来。以前はエンジンのかかりが遅く、押さないと進んでいきませんでしたが、その日はすごい瞬発力でしまいもしっかりしていました。きのうの坂路での追い切りでも前半は自分で走っていかなかったけど、ラスト1Fのところでエンジンがかかると自分からぐいぐい進んでいきました。1度使ったことでパンチ力が増したというか効いている感じで、いい意味で前回の状態とはまったく違いますね。楽しみだと思います」
※今週24日(土)中京4レース・3歳未勝利(牝)芝2000mに内田騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.03.15 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は角馬場で調整しました。
助手「角馬場でハッキングしてからゲート練習を行いました。1頭だったので周りの馬に左右されることもなく、タイミングよくポンと出ていました。練習では問題ないので、あとはレースにいってゲート内で待っているときにどれだけ集中力を持続できるかだけでしょう。以前より運動中のテンションは上がりづらくなっていますが、経験を積んできたことや環境にも慣れたことで落ち着きが出てきたのかもしれません。あとはカイバ食いが戻ってくればいいのですが、このまま改善しないようであれば胃潰瘍治療薬の投与を始めようと考えています」
吉田調教師「火曜日の追い切り時計は取れませんでしたが、見た感じでは全体は85秒くらい、しまいは13秒台前半くらいに映りました。ジョッキーが乗ったこともあると思いますが、動きは変わらず良かったですよ。前回は直前にスタート練習をしてレースに臨んで出負けしてしまったので来週は駐立の確認だけにとどめることにしています」

2018.03.14 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「きのうCウッドコースで追い切りました。追い切りに騎乗した畑端騎手は『追い切りに乗るのは初めてだったので比較はできませんが癖も乗りやすかった。休んだのは短期間なので体の使い方なども気にならなかった』と話していました。正直、体重の維持が厳しくなってきていて日曜日の時点で460キロ、きょうの計量では458キロまで減っています。初めて入厩してきたときは牝馬とは思えないほどの食べっぷりだったんですが、いまは胃薬を与えているくらいでカイバ食いがいいとは言えない状況です。2戦目を迎える馬が、体重が減った状態でレースに出走するのは普通のことでしょうけど、あと2本追い切るので前回より減るのは確実で450キロ台前半でレースを迎えることになるかもしれません。先週末診てくれた獣医師によると、まだ基礎体力など芯となる部分をつくれていないので、体重は落ちやすいけど傷んでいるところはないし、緩んでもいないのでこのままの体を維持さえできれば前回と同じくらいの走りはできるだろうということでした。少しでも食べてもらえるように投薬以外にも工夫していければと考えています」
※次走の鞍上は内田博騎手の予定です。

2018.03.09 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 64.6-47.1-31.1-15.6 馬なり
助手「まだ体重は量っていませんが、見た感じではレース前より回復しているような気がします。テンションもそれほど高くないし、短期放牧でも心身ともにリフレッシュして帰ってきてくれました。けさは坂路を1本。ハミに頼って走っていてトモの入りも浅く感じましたが、雨が降ったあとで馬場が緩かったせいもあると思います。牝馬なので体を減らさないように、気持ちを上げすぎないように進めていければと考えていますが、キャリアの浅い馬なので新馬戦の感覚がにぶらないうちにレースに臨んだ方がいいかもしれません」
吉田調教師「あすから時計を出し始める予定です。休ませたのは2週間で調教量もそれほど必要ないので、24日の中京4R(牝/芝2000m)あたりを目標に進めていこうと考えています」

2018.03.08 : グリーンウッドトレーニング→吉田厩舎
本日の検疫で栗東トレセン・吉田厩舎に帰厩しました。あすの調教後に更新します。

2018.03.02 : グリーンウッドトレーニング
トレッドミル調整。馬体重466キロ。
今週はトレッドミルでキャンター調整を行っています。ふだんから落ち着いていますし、カイバ食いがいいので体重は戻りつつあります。脚元などに疲れも見られないため、週明けから乗り出すことになりました。

2018.02.23 : グリーンウッドトレーニング
本日、グリーンウッドトレーニングへ移動しました。馬体重458キロ。

2018.02.22 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は乗り運動の調整でした。
吉田調教師「歩様確認のため厩舎周りで乗り運動を行いましたが、常歩では気になるところはなかったと聞いています。でも体が寂しく映りますし、年末からずっと厩舎に滞在していてストレスもたまっているでしょうから、ここでひと息入れることにしました。未勝利馬ですし、傷んでいるところもないので長く休ませるつもりはなく、2週間くらいの短期放牧と考えていますよ。早ければあすにもグリーンウッドトレーニングに移動させます」

2018.02.21 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
吉田調教師「トレセン出発前にもゲート練習をして万全だと思っていたんですが、結局モサッとしたスタートになってしまいました。器用さに欠けるので4つのコーナーがある小回りコースも合っていなかったのかもしれません。それでも最後の脚には見どころがあったので条件を見直せばもっといい走りができるようになるはずです。中1週で続戦か、一旦放牧に出すのか、もう少し状態を確認してから判断しますが、次走は広いコースや外回りといったレースを選択していこうと考えています」
助手「初めての競馬が輸送競馬だったので、使ってお釣りがない状況にあるように感じています。脚元へのダメージはありませんでしたが、体重も454キロと戻り切っていませんし、首の周辺にも皮膚病も出てきました。1度使った分、そこそこ動けるようにはなっているんでしょうけど、在厩して2か月近く経ちますし、内面が弱っている可能性があるのでひと息入れてもいいような気がします」

2018.02.18 : 2月18日レース後コメント(6着)
和田騎手「ゲート内ではなにもしなかったけどスタート自体速くなかったし、出足も行き足もつかなくて。ペースが遅いのはわかっていたのでどうなってしまうのか不安になりましたが、ハミを取ったりフワッとしたりを繰り返しながら、なんとかついていけた感じでした。3コーナーで外に振られてしまったのでエンジンをかけ直さざるを得なかったんですが、1度火がついてからは前の馬をまとめて飲み込んでしまいそうな脚色でした。きょうのところは勝ち気な面は見られず、集中力を欠くところはありましたが、まだ新馬ですからね。そのあたりはレースを経験したことで変わってくるはずよ。少し口が硬いけど、いい雰囲気を持っている馬なので力をつけさえすれば勝ちあがれるでしょう」

2018.02.15 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「けさはひき運動のみでしたが、追い切り後もガタッときていません。カイバもフィオナなりに食べているので馬体重も464キロと先週から増減なしでした。いよいよデビューを迎えますね。もちろん期待して送り出しますが、初めての競馬だし、多頭数でのレースになるので、イメージどおり、期待どおりとはいかないかもしれません。結果はどうあれ、一度使ってみての結果を受け止めて、改善できそうなところは改善し、伸ばしていけそうなところは伸ばしていくなど今後に生かしていければと考えています。あすは坂路調整、レース前日の土曜日に移動することになっています」
※今週18日(日)小倉5レース・3歳新馬(芝2000m)に和田騎手で出走します。

2018.02.14 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はCウッドコースにて追い切りました。
2/9 (金)CW 83.9-67.1-52.4-39.1-13.1 馬なり
2/14(水)CW 82.0-67.5-53.2-39.7-12.6 強め
助手「追い切りは併せ馬をしている2頭が見える位置を追走しました。前の2頭とは10馬身ほど離れていたので単走です。初めて乗りましたが、ちゃんと手前は替えていたし、まっすぐ走ってくれるなどとても乗りやすかったです。でもパンチ力が足りないですね。そのためコーナーから直線にかけて仕掛けてもすぐには反応できず、スピードに乗るまでに時間がかかっていました。スピードに乗ってからはなかなかの動きでしたけどね。まだ動き切れないので新馬戦からいきなりというタイプではないように感じましたが、いいものはもっているので、使いつつ力をつけていけばといったところです」
吉田調教師「ジョッキーは松若騎手で調整していましたが、先週の出馬投票後に再調整し、和田騎手に決まりました。まだ成長途上なので本来の力を発揮できるようになるにはもう少し時間がかかるだろうとみているので、レースを経験することで心身ともに大人に近づいてもらえるといいのですが。レースまであと数日、勝利に向かって頑張ります」
※今週18日(日)小倉5レース・3歳新馬(芝2000m)に和田騎手で出走を予定しています。想定から除外の可能性があります(除外の権利持ちが6頭いるため13/14)。

2018.02.08 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「きのうは坂路でも乗ったし、ゲート練習でもそれなりの負荷をかけたので、けさはひき運動のみの調整でした。落ち着いていて歩様は正常、雰囲気もふだんと変わりありませんでしたよ。今のところ、あす追い切る予定ですが、坂路とCウッドコースのどちらで追い切るのかはまだ決まっていません」
吉田調教師「運動量は十分だし、体も仕上がりつつあるので、予定していた来週18日の小倉(芝2000m)でデビューさせようと考えています。ジョッキーは松若騎手に依頼していますが、この時期の新馬戦は出馬ラッシュ。今週京都の新馬戦で除外になった馬が来週の小倉へスライドする可能性が高く、松若騎手で今週出走を予定している馬もその状況にあるため、まだ正式な返事がきていません。きょう午後の出馬投票の結果次第では改めてジョッキーの調整が必要になりそうです」

2018.02.07 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は坂路1本の調整でした。
2/3(土)CW 85.5-68.8-53.0-39.0-12.3 強め
2/7(水)坂路 66.3-49.4-32.9-16.4 馬なり
助手「追い切りの動きが良くなっているし、先週末獣医師に触診してもらっても筋肉がついて仕上がってきているということだったで、今週の追い切りは1本にとどめることになりました。今のところあさって(金)追い切る予定です。けさは坂路を普通キャンターで上がったあとゲート練習へ。他厩舎の練習中の馬と一緒に1本だけ出してみましたが、互角以上の速いスタートでしたよ。隣の馬に気を取られることがなくなって、集中力もアップ。だいぶ上達してきました。本数を積んでからもメンタル面は安定しているのでイレ込みがキツくなることないし、相変わらずカイバも食べています。それに近くにいる馬を蹴りにいくなどの蹴り癖もおさまってくるなどいろいろと慣れてきたようですよ」
※馬体重464キロ。

2018.02.01 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は坂路1本の調整でした。
坂路 65.3-48.3-32.0-15.6 馬なり
助手「坂路を上がってからゲート練習へ。1本だけ他厩舎の馬と3頭で出しましたが、1完歩目は3頭揃っていたし、二の脚も悪くなかったですよ。相手が練習中の馬だったとはいえ、遅れを取ることはなかったので、あまり心配しないで大丈夫でしょう。カイバはそれなりに食べていますが、成長途上ということがわかっていながらもデビュー戦に向けて若干急仕上げ気味なところがあるため、体重は落ちてきました。ここからはフィオナ自身の頑張りにも期待したいと思います。坂路での動きは素軽くなっていて、レースまであと3本か4本の追い切りで十分仕上がりそうですが、動きがいいからといってオーバーワークにならないよう気をつけながら進めていきます」

2018.01.31 : 栗東:吉田直弘厩舎
1/30 Cウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 83.9-68.9-53.8-39.6-12.5 強め
中ファイヤードラゴン 84.4-68.9-53.8-39.6-12.5 一杯
外ブリスフルデイズ 85.1-68.9-54.2-39.6-12.9 馬なり
1/31 ひき運動の調整でした。
助手「きのう3頭併せで追い切りました。通ったコースは最内だったので真ん中を走る馬を見ながら進めましたが、直線に向いてからも隣の馬より手応えは良く、余力を残したままゴールしました。ただ、少しずつ気持ちが乗ってきてはいるものの、仕掛けたからと言ってすぐにスイッチが入ってトップギアまで上がるわけでもなく、併走馬が並んできてもフワフワしてマイペースなところがありました。これから本数を積んでいけば変わってきそうですけどね。けさは運動のみにとどめましたが、脚元は問題なし。追い切ってからカイバを食べるペースが落ちてきましたが、与えて分は食べているし、疲労回復は打つなどケアもしているので問題ないでしょう。順調ですよ」
吉田調教師「体はしっかりしてきて徐々に競走馬らしくなってきましたが、牝馬の割にスイッチが入りきらないところがあります。この感じだとデビュー戦はゆったり運べる中距離の方が合っているかもしれません。週末追い切ってから判断しますが、今月18日の小倉5R(芝2000m)あたりを視野に入れて進めていきます」

2018.01.25 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「ひき運動で疲れを取りましたが、今のところ脚元はまったく問題なく、歩様も正常です。運動中は急に止まったり、動くものを見たり周りを気にして集中力を欠くことがありますが、ウチにいるステイゴール産駒にも似たようなタイプがいるので血統的なものもあるのかもしれませんね。けさ、久々に馬体重を量ってみたところ472キロでした。入厩してすぐに量ったときは478キロあったのでマイナス6キロですが、カイバはきっちり食べた中で減ったものなので無駄な肉が落ちただけだとみています。ただ馬格を見ると体重はもっとあってもいいような気がするので、筋肉をつけることで上乗せできればと考えています」

2018.01.24 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日ゲート試験に合格しました。
1/21(日)CW 59.5-42.9-13.5 馬なり
外ガウディウム馬なりと4F併せ併入
助手「スタートの1歩目はこれまで通りモサッとしていて物足りなかったですが、入りや駐立などに悪癖がないところを評価してくれたようでどうにか合格しました。出についてもまだトモの筋力が不足しているのでダッシュがつかないだけで、これから調教をこなして筋力がつきさえすればパッと出るようになるでしょう。日曜日にコースで4Fだけ時計を出したときもまだまだスピード不足という感じだったので、成長を促しながら乗り込んで鍛えていきます」
吉田調教師「これからデビューに向けての調教がスタートしますが、ちょうどフィオナと同じくらいのペースで進めている馬がいるので、その馬と一緒に調教していくつもりです。フットワークがよくて素質は感じていますが、まだ成長途上なので時間をかけて仕上げていきます」

2018.01.19 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はゲート練習を行いました。
助手「きのうの時点では自厩舎の古馬と一緒にゲート試験を受けようかという流れだったんですが、普段から周りの馬に気を取られたり、近寄ってくる馬を蹴ったりすることがある中で、2頭でいきなり試験に臨むのは不安だったので、きょうは練習にとどめました。1本目は隣のゲートに馬が入ってくると、その馬の方へ顔を向けてしまうなど出ることへの意識が薄まってモサッとしたスタートに。その時点で1頭の方がいいことがわかったので、2本目は1頭で出してみたところ、ポンとすごくいいスタートを切ってくれました。きょうの感じだと、来週の試験も1頭のほうがいいかもしれません。競馬は1頭ではなく、たくさんの馬と走るので馴らしていかないといけませんが、ゲート試験に合格した後も練習で他の馬と一緒に駐立などを確認することで対応できるとみています」

2018.01.18 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日はひき運動の調整でした。
吉田調教師「けさは厩舎周りのひき運動を1時間。いつもどおりでとくに変わった様子はありませんでした。カイバも必要な分は食べているようで体調は安定していますし、体つきもキープしています。あす3度目になるゲート試験を受ける予定ですが、これまでのように1頭ではなく、スムーズに出る馬と一緒に出した方がいいかもしれませんね。いいパートナーがいないか探してみます。できるだけ早くゲート試験をクリアして、レースに向けてのトレーニングを始められればと考えています」

2018.01.17 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日のゲート試験は不合格でした。
助手「けさ2回目の試験に挑みましたが、また不合格でした。すみません。悪癖があるわけではなく、入りも駐立も問題ないのですが、開いたときの反応がちょっと遅いんです。開いてちょっと間があってから1完歩目へという感じなので。牝馬らしくもうちょっとピリッとしてくればもっと出るはずなんですけどね。でも、きのうコースで乗ったときも前の馬がペースを上げても気にせずマイペースで走っていたので、追い切っていない分、まだ気持ちが乗っていないんでしょう。きょうの試験でそれなりのスピードで走らせたので、あすは楽をさせて、あさって金曜日にもう1度試験を受けることになりそうです」

2018.01.11 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日のゲート試験は不合格でした。
助手「角馬場でハッキングしてからゲート試験に臨みました。入りや駐立は問題ありませんでしたが、2本ともあおるような感じのスタートで残念ながら不合格。まだ背腰に力がないので1完歩目、2完歩目までの動作がスムーズにいかず、バタバタしてしまうみたいです。スピードに乗ってからフラフラすることはないですけどね。試験を終えたあとに練習として行った3本目は体が温まったせいか、学習能力が高いかなのか、ダッシュもついてこれまでの中で1番いい内容でしたよ。また仕切り直しになりますが、あす改めて試験を受けるのか、来週へ先送りにするのは午後からの様子を確認した上で調教師と相談し判断します」

2018.01.10 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は坂路1本のあと、ゲート練習を行いました。
 坂路 65.9-48.8-32.7-15.9 馬なり
助手「けさは坂路を上がってからゲート練習へ。枠入り時には馬場の砂の色が変わっているところを気にして一瞬立ち止まったり、後ずさりしたりしていましたし、発進時もひらけた視界に戸惑ったのか用心しつつという感じでした。走り始めてからは何の問題もないですが。まだ新馬でゲート練習も始めたばかりで練習したのも先週金曜日以来ですからね。これから慣れてくれるでしょう」
吉田調教師「ゲートは課題を残しつつも目立った癖はないので、あす以降練習がてら試験を受けていくつもりです」

2018.01.04 : 栗東:吉田直弘厩舎
1/3 坂路1本のあとゲート練習を行いました。
1/4 角馬場で調整したあとゲート練習を行いました。
助手「入厩後の調整は順調です。カイバはちゃんと食べてくれるし、聞いていたより人に対してのあたりもキツくないのでとても扱いやすいです。けさは角馬場で調整してからゲート練習へ。練習2日目のきょうは消音ゲートで2本、通常ゲートで1本スタート練習を行いましたが、駐立はおとなしかったし、発馬もそこまで悪くなかったです。牧場であまり練習してこなかったことを考えると上等でしょう。出てからも物見をするなど悪い癖はないので、早ければ来週後半にも試験ということになるかもしれません。ただ、牧場からの申し送りに書かれていたとおり、まだ体力、パワー不足といった印象で、スタート後のダッシュ力が欠けていますし、普段坂路で乗っていてもゴールに近づくにつれ何度も手前を替えているようにトモもついてきていません。馬格の割に腰角から十字部にかけての筋肉の付き方がまだ物足りませんからね。その部分はこれからじっくり乗って鍛えていけば解消されるはずです。いいモノは持っていると思いますが、まだまだこれからです」

2017.12.28 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日は坂路1本の調整でした。
吉田調教師「グリーンウッド到着後も体調や脚元に不安はないということでしたし、まだ未出走なので少しでも早く入れた方がいいという考えもあって入厩させました。けさから乗り出しており、初日のきょうは厩舎の先輩たちの後ろについて坂路を上がったあと、ゲート練習も行いました。ゲート周辺を歩かせて雰囲気を確認しただけですが、物見をしたり緊張したりする様子はなく、とても素直。あまり物怖じしないタイプなのかもしれません。年末年始はゲートの係員が不在のため本格的なスタート練習などはできませんが、時間を無駄にしたくないので、自分たちでできる範囲のことをやってゲート試験に備えるつもりです。信頼関係を築きあげながら大切に育てていきます」

2017.12.27 : 栗東:吉田直弘厩舎
本日の検疫で栗東・吉田厩舎に入厩しました。

2017.12.22 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重503キロ。
先週土曜日に入場しましたが、輸送も無事にクリアし熱発などはありませんでした。いまのところ北海道からの報告よりもおとなしく過ごしているようです。すでに周回コースと坂路を併用して調整していますが、まだ体力が不足していて、ところどころ子供っぽさも感じられます。来週から15-15を始める予定ですが、これまでに速い時計を出した経験がほとんどないので焦らず精神状態などを確認しながら進めていくことにしています。

2017.12.15 : セグチレーシングS→グリーンウッド
昨日、山元トレセンの獣医師が来場して診ていってくれましたが、問題ないとのことでしたので、明日の積み込みでグリーンウッドへ運ぶことになりました。調整メニューは先週同様。軽めを丹念にという内容で進めてきましたが、テンションが上がったりということもなく落ち着いて稽古に取り組んでくれていますし、やはり動きを見てもいいモノを持っていそうな感じはありますね。血統的にも内面に強いものは持っている馬だと思いますが、キツイ面を秘めていることは感じつつも、ここ一連の調整もスムーズでしたし走りや雰囲気は変わらず上々でしたから楽しみの方が大きいですけどね。関西圏への輸送が控えていますが好状態で送り出せますので、まずは輸送をクリアしてあちらでまた頑張ってもらいたいと思います。

2017.12.08 : セグチレーシングS
飼葉も食べてくれて、体も502キロに増えてきました。脚元や体調などに気になる点はありませんので、この中間は軽めの乗り運動とトレッドミルという形で進めています。グリーンウッドへの移動は来週以降となりますので、じっくり丹念にというイメージで動かしながら体調を整えていきます。速い処をやっている訳でもないですし、調教で追い込んでいっている訳ではないので大丈夫ですが、性格的にはキツイ面を持っている仔のようですね。ただ、その強い気性を上手くコントロールしていって競馬でいい方向に向けることができれば、かなり面白い存在になりそうな雰囲気も。今後も精神面に関しては注意が必要なタイプかなと思いますので、少しの間ですけどこちらでも気にしながら良い方向に向くように調整していきたいと思っています。

2017.12.01 : セグチレーシングS
無事こちらに到着しています。輸送熱もなかったですし、馬体チェックでも異常は確認されませんでした。馬体重は495キロ。おそらく輸送で15~20キロくらい減っているのかと思いますが、通常のボリュームの飼葉を食べてくれていますので、すぐに体は戻ってきますよ。特にイラついたり落ち着かなかったりというところも見られませんので、グリーンウッドへの輸送に備えて体調をしっかりと整えていきたいと思います。今日からトレッドミルで動かしていますが、歩様などに気になる点はありませんよ。

2017.11.28 : 社台ファーム→セグチレーシング
今朝の馬運車で茨城のセグチレーシングステーブルに向けて移動しました。当地をワンクッションにグリーンウッドトレーニングに移動の予定です。

2017.11.16 : 社台ファーム
マシン運動120分、トレッドミル、常歩4000m、ダク1200m、キャンター2400m。
担当スタッフ「この中間も長めのキャンターをじっくり乗っていますが、今のところ脚元の方は問題ないですね。中間で大きく変わりはないですが、順調に乗れているのは何よりだと思います。思いがけず遠回りしてしまいましたが、以前に速いところをやった時の動きが良くて素質を買っている馬ですし、ここまできたら急がば回れで焦らず進めていきたいです」

2017.10.31 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル、常歩4000m、ダク1200m、キャンター2400m。馬体重520キロ。
担当スタッフ「引き続き周回走路でのキャンター調整を続けています。順調に乗れていますよ。左前の骨棘を処置した箇所は良い意味で変わりなく来ているのでこのまま進めて問題なさそうです。まだ直線には入れていませんが、マシンとトレッドミルを併用して運動量は十分確保できています」

2017.10.16 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル、常歩4000m、ダク1200m、キャンター2400m。馬体重520キロ。
担当スタッフ「トレッドミル運動を開始してからも脚元は問題なく運動調整期間を経て、周回走路でのキャンター調教を再開しています。引き続きマシンとトレッドミルのメニューも織り交ぜながら少しずつキャンターのペースを上げていきます」

2017.09.29 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル。馬体重516キロ。
担当スタッフ「経過は良好で19日からトレッドミルの運動を開始したところです。歩様の硬さもなく上々の立ち上がりかと思います。様子を見ながら徐々に運動量を増やしていきます」

2017.09.15 :
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重516キロ。
担当スタッフ「経過良好でマシンの運動量を増やしていますが、今しばらくマシンを続ける必要があります。トレッドミル再開までもう少しじっくりと取り組んでいきたいと思います。馬の体調や飼い食い、精神状態などは問題ありません」

2017.08.31 :
(社台ファーム)
マシン運動60分。馬体重510キロ。
担当スタッフ「引き続きマシン運動で患部のケアを優先しています。経過は順調ですが、今しばらく現行メニューを続け、様子を見ながらトレッドミル調整に移行します」

2017.08.15 :
(社台ファーム)
左前骨棘除去手術後はマシン運動を行っています。まずは15分から始め、先週末からは30分に延ばしました。経過は良好です。焦らずじっくり進めていきます。馬体重512キロ。

2017.07.28 :
(社台ファーム)
膝裏の状態を見ながら調整を続けてきましたが、直線走路での走りが不安定だったため、改めて患部の精密検査を行ったところ、左前橈骨遠位に骨棘(こっきょく/骨が棘状にとがったり、隆起したるすり状態)が判明しました。昨日、社台クリニックに運搬して除去手術を終えています。しばらく舎飼にて経過を観察することになります。

2017.07.14 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩4000m、ダク1200m、キャンター2000m。馬体重512キロ。
担当スタッフ「この中間から直線走路に入れてのキャンター調整を行っています。楽をさせていた分もあってまだフォームは不安定。まだ膝裏の状態を見ながらの調整ということもあるので、この期間に改めて正しいフォームで動けるトレーニングを課しています。正しい位置でハミを受けしっかり我慢できるように指導しています」

2017.06.30 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩4000m、ダク1200m、キャンター2000m。馬体重510キロ。
担当スタッフ「常歩での乗り運動を経て中間から周回ウッドでキャンター調教を開始しました。ペースを上げても膝裏の状態が悪化するようなことはなく、ここまでは順調に立ち上げることができていると思います。引き続き焦らずオーバーワークを避けたメニューで取り組んでいきます」

2017.06.15 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル調整、常歩3000m。馬体重498キロ。
担当スタッフ「この中間も前肢膝裏の状態を見ながらの調整ですが、トレッドミルではキャンターまでペースアップしています。騎乗運動では引き続き常歩まで。騎乗でのキャンター再開まではもう少し慎重に進めたいと思います」

2017.05.31 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル調整、常歩3000m。馬体重500キロ。
担当スタッフ「引き続き前肢膝裏の状態を見ながらの調整ですが、マシン、トレッドミルに加えて常歩を開始しました。まだ始めたばかりなので、しばらく乗ってみて疲労感が出ないようなら次のステップへと考えています。検査をしても腱や骨に異常があるというわけではないので、ケアを続けながら回復を待ちたいところです。今しばらくは無理させずに、ケア優先で進めさせてもらいます」

2017.05.15 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル調整。馬体重490キロ。
担当スタッフ「膝裏の疲労感で楽をさせていますが、楽をさせてからは疲労も解消しつつあります。ただ、この時期に見切り発車してこじらせてもよくないので、騎乗調教再開はもう少し様子を見てから判断します。これまでの調教で走る馬という感触は得ていますし、今はまずケアを優先して完全に不安を払拭することが大事。トレッドミルでも十分に負荷はかけられるのでもうしばらくお待ちください」

2017.04.28 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル調整。馬体重491キロ。
担当スタッフ「順調に乗り進めてきましたが、この中間に前肢膝裏に疲労感が見られました。症状としては軽めなのですが、早めの対処が肝心ということで、ケアを優先しマシンとトレッドミルにとどめて調整しています。ここまで順調に乗ってきて馬体の充実も目立っていた時だけに残念ですが、ここで無理する必要もないですし、まずは完全に不安を払拭してそれからまた立ち上げていきたいと思います」

2017.04.14 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重492キロ。
担当スタッフ「他の牝馬同様にベースは直線ウッドでF17-16秒、週1回15-15の速いところも始めたところです。ペースアップしても心身に影響なく順調です。入場当初はスラッとした脚の長さばかり目立っていた印象ですが、ここにきて馬格に見合った肉がついてきて馬体面が良化、大人びた見栄えに変貌を遂げてきました。ステイ産駒らしい腰の強さもこの馬の長所のひとつでしょうね。まだまだ変わってきそうですよ」

2017.03.31 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重490キロ。
担当スタッフ「直線ウッド走路でF17-16秒のキャンターメインに順調に進めています。相変わらず心身ともに良い状態を保っています。気持ちが安定していて動きにも余裕があります。強いて言えば、乗りながら体重をキープしているのは良いのですが、この迫力ある体躯に見合った中身というか厚みが出てきてくれれば尚いいですね。体型を見てもまだ変わってきそうな雰囲気ですし、この調子で乗り進めていければ問題ないと思います」

2017.03.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重475キロ。
担当スタッフ「周回走路と直線ウッドを併用して順調に乗り込んでいます。週3~4回は直線に入れていますが、疲れも見せずきわめて順調な調整過程。常に終いに脚を使えるように後傾ラップで乗るように心がけています。脚長でスラリとした体型から繰り出されるフットワークは伸びやかで軽快。馬体はまだ成長するでしょうし、今後は力強さも増してくるでしょう。父の産駒にしてはメンタルも安定していますし、それでいて前向きさがあるのもグッド。いい雰囲気で稽古に臨めています」

2017.02.28 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重474キロ。
担当スタッフ「直線走路と周回ウッドを併用してしっかり乗り込んでいます。直線ではF17秒のペースを余力たっぷりに駆けており、中間は馬体に締まりも出てボディラインがシャープなものに変わってきています。胸が深く肩回りのボリュームも豊かで、体重は減っても相変わらずの好馬体が目立っています。大型でも捌きは素軽く仕上がり面も上々ですし、素材は確かな馬でしょう。あとは今は問題ないのですが、ステイの産駒だけに、これ以上進めた時に気性的な危うさを出さないように気を付けること。そこをケアしながらさらに乗り込んで後肢のパワーアップを図っていきたいですね」

2017.02.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重494キロ。
担当スタッフ「直線走路でF20-18秒と周回ウッドでキャンター調整を続けています。馬体重は増えていますが、重苦しく見えず、体型もスラッと映りますね。その見た目通りに手先の弾きが軽く、動きも軽快で好印象です。父がステイですからかん性の強いところは秘めていますが、それが悪い方には出ず、前進気勢に繋がっている感じ。稽古でもおさまりよくキャンターができていますからね。暖かくなるまでは現行メニューでじっくり作っていく予定です」

2017.01.31 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重490キロ。
担当スタッフ「引き続き、周回走路と直線走路を交互に乗り込んでいます。馬体重の割に見た目はすらっとしていますが、中身は充実しており、蹴りの力も強化できている印象です。体が増えても重苦しさはありませんし、今時期の2歳としてはパワーもスピードも優秀な方。良い意味で感度の高さがあってそれが反応の良さにも繋がっています。これは早期デビューも目指していけそうですね。これからさらによくなっていきそうな感触を得ていますし、乗り込み強化で良さを引き出していきたいです」

2017.01.16 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。
担当スタッフ「周回キャンターをメインに週2回ほど直線でも乗っています。合間に周回ウッドでダクを交ぜて疲労感を残さないようにメリハリを利かせています。体の使い方はまずまずですし、フットワークも素軽いですね。歩きも完歩が大きくなって、しっかり踏み付けができるようになっています。まだ相手より前に出ようとする気持ちにはなっておらず、仲間と一緒のキャンターは調教というよりも楽しんでいる感じ。乗りながら競走馬としての気持ちが芽生えてくるように仕向けていきます」

2016.12.26 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重466キロ。
担当スタッフ「直線走路に入れて週3回程度キャンター調整。合間に周回ウッドのキャンターとトレッドミルの調整。走路では集中して走れていますし、動きも良好。ただ、普段の所作や運動時にまだ遊ぶ方に気持ちが向いているあたりは若駒らしいといえばそうですね。馬体や身のこなしは悪くないので、乗りながら精神面での成長を促していきます」

2016.11.30 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2000m。馬体重468キロ。
担当スタッフ「周回走路でのキャンター調整を順調にこなしています。父の産駒にしては難しい面もありませんし、馬体重も安定しています。走りも悪くありませんが、ここから筋力が増してくればさらに良くなってきそうな雰囲気があります。今の時点でも父の産駒特有の筋力の強さがありますからね。活躍した姉に似た雰囲気もあり、スタッフ間の感触も悪くないですよ」

2016.10.31 :
(社台ファーム)
馬体重476キロ。
担当スタッフ「馴致場での速足訓練を開始しています。騎乗運動を開始してからも馬体のシルエットは崩れておらず、牝馬にしては馬体も立派。まだ緩さはありますが、今後の鍛錬でどう変わってくるか楽しみです。腰の強さは父譲りでしょうか。歩度の大きな躍動感のある動きも目に付きます。父の子にしては落ち着きがあるのも好感が持てますね。じきキャンターに移行しますが、大きな可能性を秘めていそうな馬ですよ」

2016.10.13 :
(ブルーグラス→社台ファーム)
10月12日(水)、社台ファームに移動しました。

2016.09.30 :
(ブルーグラスファーム)
馬体重471キロ。
担当スタッフ「放牧を継続しながらサイドレーンを装着しての馴致を消化しています。ステイの子ながら体格良く成長しており、前後のバランスも良い好馬体ですね。ここまで特に問題もないので、馴致場での駆け足訓練へと移行していきます」

2016.08.31 :
(ブルーグラスファーム)
初期馴致。馬体重461キロ。
担当スタッフ「ステイの産駒ですが、落ち着いた気性をしているので、ここまでの馴致はスムーズです。父の子は小柄な印象ですが、この子は肉付きの良い好馬体をしていますね。活発かつパワフルな動きを見せてくれています。特に問題はありませんので、このまま進めていきます」

このページのトップへ