近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドアルマーダ騙5歳 藤澤和雄厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2021.02.26 : ミホ分場
馬体重528キロ。
マシン30分。
25日(木)にエコー検査を実施した結果、左前の腱周囲炎であることが判明しました。まだ熱感も治まっていないため、当面の間はウォーキングマシン運動のみにとどめて様子を見つつ、脚元をしっかりケアしていくつもりです。

2021.02.19 : ミホ分場
馬体重530キロ。
マシン30分。
左前の腫れや熱感は少し落ち着いてきたため、今週からウォーキングマシン運動の時間を30分に延ばしました。水冷等でしっかりケアしていることもあって歩様はしっかりしています。引き続き入念にケアしつつ、今後も様子を見ながら慎重に進めていくつもりです。

2021.02.12 : ミホ分場
馬体重528キロ。
マシン15分。
左前は腫れや熱感が若干残っているものの、痛がる素振りは見せず歩様も問題ありません。水冷等でしっかりケアしながら、疝痛防止の意味もあってマシンで軽く動かしています。今後も腫れや熱感が完全に治まるまでは、ウォーキングマシン運動のみにとどめるつもりです。

2021.02.05 : 藤沢和雄厩舎→ミホ分場
本日こちらに到着しました。左前の腱鞘炎とのことなので今週は無理をせず、腹痛を起こさない程度の軽い運動で進めていきます。状態を確認しながらケアを継続しつつ慌てず進めていきます。

2021.02.04 : 美浦:藤沢和雄厩舎
舎飼。
助手「引き続き様子を見ています。最初に比べれば腫れが落ち着いて下がってきた感じはありますが、まだ痛めたばかりなので時間は必要ですね。馬自身はそれほど気にした様子はないですが、暴れたりしてさらに悪化するのは避けたいのでそこは気を付けていきます。検疫次第ですが今週末までには放牧の予定になっています」
※明日(金)ミホ分場へ移動の予定です。

2021.02.03 : 美浦:藤沢和雄厩舎
舎飼。
助手「レース後、左前の裏に腫れが確認されました。今日の午後にエコーを撮ってもらったところ抜けているところはなく、腱鞘炎という診断でした。屈腱炎でなかったのでとりあえず安心しましたが、しばらくは休養になりますね。腫れは引いてきていますが、中途半端な状態で無理をさせると癖になってしまうので、しっかり治してからということになりそうです。検疫次第ですが、週末くらいにミホ分場に放牧の予定です」
藤澤調教師「大きい馬ですし、大きな怪我をしている馬なのでトモをかばって前に負担がきているということもありそうです。前走の直線での走りが少し気になったので、道中のどこかで痛めたかもしれませんね。半端な状態で無理すると再発の可能性もあるので、まずはしっかり治してから立ち上げることにします」

2021.01.31 : 1月31日レース後コメント(6着)
藤澤調教師「緩さはありましたが、追い切りでも動いていたので状態は悪くなかったと思います。いいスタートを切って前を取れたのでいいかなと思ったんですけどね。ルメール騎手によると今日は勝負どころでもそこまでモタモタしなかったし手応えもあったが、いざ追い出すと切れる脚が使えなかったということでした。距離自体は大丈夫だけど、いい馬場での瞬発力勝負よりは少し上がりがかかる方がいいかもしれないということでしたよ。最後まで止まっているわけではないですが、今日のような形だと力を出し切れないのかもしれません。あまり時計が速いのはきついですが、馬場が悪くなるとモタつくところもあるので、そのあたりも考えて使っていかないといけないですね。もっと汗をかく時期になれば体も締まって緩さもましになっていくでしょうし、まだ良くなる余地は大きいはずですよ。戻っての様子も見てどうするか考えます」

2021.01.28 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は軽い調整です。いつもの緩さはありますが、疲れがきている感じもなく仕上がりは良さそうですよ。今週の計量で前走より少しプラスくらいだったので、追い切りと輸送でいくらか減って前走程度の馬体重で競馬に行けると思います。ここ2週の動きを見てもだいぶ動けるようになった印象なので、これならモタつくところもマシになるかもしれません。相手が結構骨っぽい気はしますが、頑張って欲しいですね」
※1月31日(日)東京10R・節分S(4歳上3勝クラス・芝1600m)にC.ルメール騎手で出走します。

2021.01.27 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドチップコースで追い切り。
レッドアルマーダ  71.3-55.6-41.1-12.8 馬なり
コントラチェック  70.5-54.8-40.5-12.8 馬なり

助手「先週に続いて前受けの形で追い切りました。先週も良かったですが、今日も良さそうでしたよ。並ばれてからも余裕があるように見えましたし、しっかり反応してギアが上がっていたので良かったと思います。トモに関しては劇的に良くなったとまではいかないのですが、乗り込むにつれて緩さは解消されてきていると思うので、競馬での勝負所の反応も変わってくるかもしれません。スピードに乗るまでの時間を考えれば東京の方が良さそうですし、久しぶりのマイルも十分こなせると思うので期待したいと思います」
藤澤調教師「冬場なので前回より多少増えているようですが、動きを見ても仕上がりはいいと思います。開幕週の馬場もいいですし、良馬場でやれそうなのは何より。この距離で結果が出るようなら今後の選択にも幅が出ますし、どんな競馬ができるかよく内容を見たいと思っています」
※1月31日(日)東京10R・節分S(4歳上3勝クラス・芝1600m)をC.ルメール騎手で予定。

2021.01.21 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「北馬場で軽く乗っておきました。この時期としては毛ヅヤが良く、体の張りも良化してきていますよ。体つきも前走と変わらないくらいなので、ここから大幅に増えて重くなるということもないでしょう。過去に大怪我をしているだけに脚元は注意していますが、ここまでは不安もなく順調です。昨日の追い切りを見てもだいぶ余裕も出てきた感じですし、もう一段上げて競馬に向かえるように仕上げていきます」

2021.01.20 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後ウッドチップコースで追い切り。
ウッド
レッドアルマーダ   71.3-55.5-41.6-13.0 馬なり
ランフォザローゼス  71.0-55.2-41.3-13.1 仕掛け
アブソルティスモ   70.7-54.9-41.2-13.4 馬なり

助手「今日は先行する形で追い切っています。相手がもうひとつ動かなかったことはありますが、終始手応えにも余裕があってスピード感も出てきましたね。大きい馬の割に脚捌きに軽さも出て動けるようになってきています。馬体も大幅に増えていませんし、体つきを見ても重いということはなさそうなので、これなら来週力を出せるところまで仕上がると思いますよ」
藤澤調教師「特に問題もなく、順調そのものですね。腰からトモにかけての緩さは残りますが、去年よりも体の使い方は良くなってきた感じがします。体の使い方をわかってくれば、勝負所での反応の鈍さも解消されていきそうですね」
※1月31日(日)東京10R・節分S(4歳上3勝クラス・芝1600m)をC.ルメール騎手で予定。

2021.01.14 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドチップコースで追い切り。
ウッド 蛯名J 71.2-55.5-40.7-13.5 馬なり
シークレットアイズ末強めの内0.8秒追走同入

助手「今日も蛯名騎手に乗ってもらって追い切りました。後ろから行って最後併せる形だったのですが、『先週より体も動けるようになって、素軽くなった』ということでした。大きい馬なので多少余裕があるように見えますが、馬体重自体は減ってきているので、この後乗り込んでいけば心配ないと思いますよ。このまま乗り込んでいきます。」
藤澤調教師「11月から2回使った割に、馬はフレッシュで状態を維持できている感じですね。緩さに関してはすぐにしっかりするものでもないので、できるだけパンとしてくるように距離を乗るなどしてやっていきます」
※1月31日(日)東京10R・節分S(4歳上3勝クラス・芝1600m)をC.ルメール騎手で予定。

2021.01.13 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後坂路1本。
坂路 見習 73.8-57.7-43.0-13.2 馬なり

助手「全休明けなので坂路1本の調整です。月曜に遅い時計ではあるもののウッドに入れていますし、ここまでは順調に乗り込めていますよ。まだそこまで攻めていない分、運動を長く取るなど太らないように気を付けていますが、この時期としては体の張りも良く重い感じはしませんね。勝負所の反応の悪さは使っていくうちに解消してくると見ていますし、まだ成長の余地もありそうなので状態を上げることを第一に進めていくつもりです」

2021.01.07 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は軽い調整です。汗をかきづらい時期なので馬体重には気を付けていますが、今のところ前走くらいの体重できていますよ。背腰に疲れが残っている感じはありませんし、落ち着きもあって状態は良さそうです。競馬を見てもまだ体全体を使えていない感じなので、普段の追い切りからそのあたりを意識してやっていきますよ。まだ競馬まで時間もありますから、長めからジックリ乗るなどして仕上げていくつもりです」

2021.01.06 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドチップコースで追い切り。
ウッド
レッドアルマーダ 72.7-57.7-43.0-13.9 馬なり
レッドクレオス  72.1-57.1-42.4-13.5 馬なり

助手「検疫が取れたので年末に戻しました。短い放牧だったので緩んだ感じもなく、体もそこまで重くはないですよ。太らせないようにすぐに時計を出し始めていますが、動きもしっかりしていて進めていくのに支障はなさそうです。今日は戻ってきて最初のウッドでの追い切りでしたが、戸惑うこともなく動きはスムーズだったようです。予定まで時間もあるので、体が増え過ぎないように乗り込んでいきます」
藤澤調教師「トモが本当にしっかりしてくるまでにはもう少し時間が必要かもしれませんが、怪我のあった馬でまだまだ成長してくると思いますよ。次は少し距離を縮めてみて、どんな競馬ができるか見てみたいと思います」
※1月31日(日)東京10R・節分S(4歳上3勝クラス・芝1600m)をC.ルメール騎手で予定。

2020.12.26 : ミホ分場→藤沢和雄厩舎
本日の検疫で帰厩しました。

2020.12.25 : ミホ分場
馬体重536キロ。
マシン60分、常歩500m、ダク1000m、キャンター2400mを25-25秒。
先週末に獣医の診察を受けたところ、「脚元やトモには問題なく、背腰もしっかりしている」とのことだったため、予定通り週明けから乗り始めました。飼い葉をしっかり食べてしますし、歩様も気になる感じもありません。今週末に帰厩の予定で、ケアしながら送り出しに向けて進めていきます。
※1月31日(日)東京10R・節分S(4歳上3勝クラス・芝1600m)を予定。

2020.12.18 : ミホ分場
マシン60分。
水曜日に入場。木曜日はウォーキングマシン運動のみにとどめ、午後にチェックしたところ脚元には問題ありませんでした。右トモに疲れが溜まりやすい馬なので、今週末に獣医にしっかり診てもらい、問題なければ来週から騎乗運動を再開する予定です。

2020.12.16 : 藤沢和雄厩舎→ミホ分場
運動のみで本日、ミホ分場に放牧。
藤澤調教師「使ったなりの疲れはありそうですが、歩様を見てもガタッときてはいませんね。トモの疲れさえ抜けてくれば、またすぐに立ち上げられそうですよ。ここ2戦の競馬ぶりを見ると、この先どれだけトモがしっかりしてくるかだと思いますが、そこが良くなってくれば、もっと機動力が出て楽に付いて行けるようになるはず。今のところ次走は来年の1回東京開催を考えていて、年明けには戻す予定。あまり時間もありませんし、今回はミホ分場へ放牧に出すことにしました。まずは疲れを取ってから立ち上げてもらうつもりでいます」

2020.12.13 : 12月13日レース後コメント(5着)
藤澤調教師「中1週でしたが状態は維持できていたと思います。初めての競馬場で少しテンションは高めでしたが、走りに影響するほどではなかったですよ。戸崎騎手によるとスタートからいい位置を取れて折り合いも問題なかったが、3コーナーあたりからペースが上がると手応えが悪くなったようです。手応えが良ければ外に出して上がっていきたかったようですが、そのまま内を通って差を詰めたということですよ。最後はまた脚を使って盛り返したように、器用さの差が出てしまったという話でした。危惧していましたが、怪我をしたことのある馬で中山コースは合わなかったかもしれません。勝負どころでギアが上がらないところを見ると大箱のコースのほうがやはりいいですね。休んでいた期間が長く、まだこれから良くなってくるはずです。もっと上でと期待している馬なので、また来年頑張ってもらいましょう」

2020.12.10 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は北馬場で軽い調整です。間隔が詰まっているので、あくまで状態を維持するくらいのイメージでやってきましたが、昨日の動きや今日の感じを見ても前走同様の雰囲気にあると思います。緩さはあってもいつもと変わらないくらいですし、疲れからきているというわけではないので気にしなくていいでしょう。ここ2走は馬場を気にしただけで力負けではないと見ていますし、馬場のいいところを通ることができれば中山もこなせるはずなので頑張ってもらいたいですね」
※12月13日(日)中山10R・常総S(3歳上3勝クラス・芝1800m)に戸崎圭太騎手で出走します。

2020.12.09 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドチップコースで追い切り。
ウッド
レッドアルマーダ 72.2-56.3-41.6-12.9 馬なり
ゼノヴァース   71.8-55.9-41.2-12.9 馬なり
ルヴォルグ    71.4-55.5-40.8-12.9 馬なり

助手「今週使うことになったので、ウッドで追い切りました。時計としては71~72くらいで抑え目にしておきましたが、中1週なのでこれくらいで十分でしょう。併せ馬でやれたように体調面に不安はありませんし、前走の状態は維持できていると思います。馬体重に関しては気をつけているので、こちらも前走くらいで競馬に行けそうです。中山コースに関しては何とも言えませんが、馬場が悪くならなければこなしてくれると思いますよ」
藤澤調教師「来週も考えましたが状態が良さそうですし、馬場状態としてはどちらも変わらない感じなので、今週使うつもりでいます。あまり一気に距離を縮めたくないというのもありますしね。内枠で揉まれたりするのは嫌ですが、そのあたりは戸崎騎手にも話しておきます。中山をこなせば今後の選択肢も増えるので、競馬内容をよく見たいと思います」
※12月13日(日)中山10R・常総S(3歳上3勝クラス・芝1800m)を戸崎圭太騎手で予定。

2020.12.03 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日から乗り出しました。レース後、右前の球節に少し熱を持ったので注意していましたが、それもすぐに収まったので問題なさそうです。歩様はしっかりしていてクタクタした感じもありませんし、トモの送りなどもいつも通りというところ。飼い葉をしっかり食べて馬体重も戻ってきているので、このまま進めていけそうです。まだ次走がどうなるか決まっていませんが、しばらくは厩舎に置いて調整していくことになっています」

2020.12.02 : 美浦:藤沢和雄厩舎
運動のみ。
藤澤調教師「ここまで様子を見てきましたが、ガクッときた感じはないですね。トモの緩さはありますが、競馬を使ったなりというくらいで、ダメージとしてはそこまでなさそうです。この後に関してはまだ考えているところですが、ここまでの様子なら続けていけそうなので、それも踏まえて決めることにしています。来週の中山1800m、再来週の阪神1600mも視野に入れていますが、トモを骨折している馬ですからね。あまりコーナーのない競馬のほうが良さそうですし、前2走を見ると綺麗な馬場のほうが力を出せそうというのもあるので、来週あたりまでの馬の様子も見てどうするか考えていきます」

2020.11.29 : 11月29日レース後コメント(5着)
藤澤調教師「今回はじっくり調整できたこともあって体も絞れましたし、パドックの雰囲気なども良かったと思います。ルメール騎手によると外枠だったのもあって考えていたより一列後ろのポジションになってしまい、4コーナで内の馬が外に出そうと膨らんできたのを気にして反応が悪くなってしまったということでした。ボコボコした馬場も気にしていたようでなかなかエンジンがかからなかったけど、最後いいところに出してからは伸びてくれたので、いい馬場なら違うと思いますということでした。大きい馬で緩さもあるので急なギアチェンジは不得意なところがありますし、勝負どころでの反応の悪さが響きましたね。それでも最後はいい脚でしたし、条件が噛み合えば十分やれますね。期待しているだけに結果は残念でしたが、大きな怪我をしている馬でまだ成長するでしょうし、この後も様子を見ながら慎重に使っていきます」

2020.11.26 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後本馬場で追い切り
本馬場
レッドアルマーダ 56.3-41.3-12.5 馬なり
フォッサマグナ  56.7-41.5-12.3 馬なり

助手「蛯名騎手に乗ってもらって、今週も芝で追い切りました。先週は速い時計で追い切りましたし、月曜にも時計を出しているのでそこまでやっていませんが、動きは良さそうでしたね。今日は追いかける形でしたが、蛯名さんも『何も問題なさそう』ということだったので、いい仕上がりで競馬に行けそうです。前走は体が増えていたこともありますが、輸送などの影響で目に見えない疲れがあったと思うので、前走よりはいいと思います。良馬場でやれそうですが、今の東京は馬場が結構荒れてきているだけに、そこさえこなせば前走のようなことはないはずですよ」
藤澤調教師「先週も良かったですが、今日も素軽さがあっていい動きでしたね。ひと息入れたことでフレッシュな状態で競馬に行けると思います。前走が能力だとは思っていないので改めて試金石になりますが、ここで勝てるようなら今後が楽しみになるだけに頑張ってもらいたいですね。頭数が多くなりそうですが、除外の場合はまた考えるつもりでいます」
※11月29日(日)東京11R・ウェルカムS(3歳上3勝クラス・芝2000m)にC.ルメール騎手で出走します。

2020.11.25 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後坂路1本
坂路 61.9-45.2-29.7-14.8 馬なり

助手「全休明けなので、追い切りは明日の予定です。今日は軽く坂路を上がっておきましたが、中間も問題なくきていますよ。先週芝でしっかりやりましたがダメージはそれほどなく、型通り上向いてきていると思います。前回から減った馬体重もキープできていますよ。明日追い切ってどうなるかですが、いい状態で競馬に行けそうなので、前回のように馬場が渋ったりしなければいい勝負になるはずです」
※11月29日(日)東京11R・ウェルカムS(3歳上3勝クラス・芝2000m)をC.ルメール騎手で予定。

2020.11.19 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周
助手「今日は軽い調整です。昨日、芝での追い切りで結構時計を出しましたが、脚元などは大丈夫ですね。出がけに少し硬い感じはありましたが、上がりではほぐれていたので心配するほどのものではないと思います。前走からの減った馬体重をキープできていますし、昨日しっかりやったことで状態は確実に上がってきているはずですよ。もうそこまで攻めなくても仕上がりそうなので、競馬まで疲れを残さないようにやっていきます」

2020.11.18 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後本馬場で追い切り
本馬場
レッドアルマーダ  66.5-51.1-37.3-11.7 馬なり
グランアレグリア  64.9-49.7-36.1-11.7 馬なり

助手「大江原騎手に乗ってもらって追い切りました。来週が競馬になるので今日は芝でやっておきましたが、動きは良かったということでした。『大型馬らしい緩さはあるものの、トモの踏み込みが良く、力強さも感じられました』ということだったので、だいぶ仕上がってきた印象ですね。相手が今週のマイルCSを使うグランアレグリアだったので、相手のペースに合わせてという追い切りでしたが、こちらも引けを取らない動きに見えました。体も太くなっていませんし、ここまでは順調にきていると思います」
藤澤調教師「今日芝でやったことで気合も乗ってくると思います。太りやすい馬ですし、前走のこともあって気を付けていますが、この感じなら前走よりはだいぶ減って競馬にいけそうですよ。来週までしっかり仕上げていきます」
※11月29日(日)東京11R・ウェルカムS(3歳上3勝クラス・芝2000m)をC.ルメール騎手で予定。

2020.11.12 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周
助手「昨日追い切ったので、今日は軽い調整です。脚元もスッキリしていますし、馬体に問題はなさそうですね。寒くなって汗をかかなくなってきたものの、毛ヅヤ自体はまだいい状態を保っています。前回あそこまで体が増えてしまった原因がハッキリしませんが、今回は馬体も締まって見栄えもいいので、このくらいの体重で競馬までいきたいですね。ここまでは順調にきていますよ」

2020.11.11 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドチップコースで追い切り
ウッド
レッドアルマーダ   69.6-54.6-39.9-13.4 馬なり
クラヴィスオレア   69.2-54.2-39.5-13.4 馬なり
アブソルティスモ   68.8-53.8-39.1-13.4 馬なり

助手「今日は自分が乗って誘導する形で追い切りました。70-40くらいの予定だったので、時計としてはちょうどいいくらいだと思います。まだ競馬が先なので、最後も出し過ぎないように気を付けましたが終始手応えは良く、現時点での動きとしては納得のいくものでしたよ。今週の時点で前走よりマイナス10キロくらいで見た目にも締まって見えますし、程良い気合乗りで体調も良さそうです。相変わらず食いがいいので、重くならないようにだけ気をつけて進めていきます」
藤澤調教師「ひと息入れたのがいい方に出ているようで、馬体を見ても迫力が戻ってきた感じがしますね。骨折での長い休みがあった分、まだこれから体はしっかりしてくると見ているので、成長を阻害しないようにやっていきたいと考えています」
※11月29日(日)東京11R・ウェルカムS(3歳上3勝クラス・芝2000m)をC.ルメール騎手で予定。

2020.11.05 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は軽い調整です。前走が予想外の体重増でしたが、牧場でもしっかり乗ってくれていたので、体つきは前走よりも締まって見えるくらいですね。毛ヅヤもいい状態を保っていますし、いつも通り飼い葉もよく食べていて体調は非常に良さそうです。いいリフレッシュになったようですね。脚元もスッキリしていて不安はありませんし、このまま順調に乗り込んでいけそうなので、太めが残らないようにだけ気を付けて進めていきます」

2020.11.04 : 藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドチップコースで追い切り
ウッド 
レッドアルマーダ 69.0-54.5-40.3-12.8 馬なり
ヴァンランディ  68.6-53.9-39.9-12.8 馬なり
レッドルレーヴ  68.0-53.4-39.5-12.8 馬なり

助手「検疫が取れたので、先週末に帰厩しました。今日は五十嵐騎手に乗ってもらいましたが、少しかったるい感じはあったようですね。あまり太くならないように牧場でも気を付けてもらったようで、前回よりもむしろ引き締まった感じで戻ってきてくれました。乗り込んでいけば体も動くようになってくるでしょう。夏場よりも馬体重が落ちづらいと思うので、あまり太くならないように気を付けて進めていきます」
藤澤調教師「前走は馬場もあったかと思いますが、春から使ってきた疲れもあったかもしれません。しっかりリフレッシュさせたので、いい状態で戻ってきてくれましたよ。大きなコースで伸び伸び走らせたいので、この東京開催で使うつもりで進めていきます」
※11月29日(日)東京11R・ウェルカムS(3歳上3勝クラス・芝2000m)をC.ルメール騎手で予定。

2020.10.31 : ノーザンファーム天栄→藤沢和雄厩舎
本日の検疫で帰厩しました。

2020.10.30 : ノーザンファーム天栄
馬体重538キロ。
今週も周回コースにて70-40のペースで乗っています。気が入っているのでテンから勢い良く走っていますが、乗り手の指示には従順で折り合い面のコンタクトはバッチリ。終始いい動きを見せており、概ね態勢が整ってきた印象。来週の検疫で帰厩する予定で、送り出しに向けてこのまま進めていきます。

2020.10.23 : ノーザンファーム天栄
馬体重536キロ。
今週は周回コースにて70-40くらいのペースで乗っています。フラットコースでの息遣いは坂路の時より少し重く感じますが、乗り込んでいけばそのあたりは解消されてくるはず。バランスのいい走りは目につきます。調教師から「次は11月29日のウェルカムSを使いたい」と連絡があったことから、再来週にも帰厩する予定。送り出しに向けて態勢を整えていきます。

2020.10.16 : ノーザンファーム天栄
馬体重534キロ。
今週は坂路にて14-14のペースで乗っています。この中間からもう一段ペースを上げてみましたが、動きは軽快で息遣いも問題なし。乗り込みを重ねてきたことで、馬体もいい感じに引き締まってきました。心身共に充実してきた印象。今後も入念に乗り込み、帰厩に備えていくつもりです。

2020.10.09 : ノーザンファーム天栄
馬体重538キロ。
今週も坂路にて15-15のペースで乗っています。ブレのない力強いフットワークで駆け上がっていますし、先週に比べて落ち着きが出てきたのも好材料。息の入りなども問題なく、ここまでは至って順調です。体つきについてもいいシルエットを保てていると思いますが、太りやすい体質のため、馬体重が大きく増えることのないように注意しながら進めていきます。

2020.10.02 : ノーザンファーム天栄
馬体重541キロ。
今週から坂路に入れています。15-15くらいのペースで乗っていますが、多少うるさい面は見せているものの手が付けられないような感じではありませんし、走りそのものは先週からだいぶ良化したように思います。息の入りなども問題ありません。太りやすいタイプで先週から馬体重が10キロ近く増えているだけに、引き続き注意しながら進めていきます。

2020.09.25 : ノーザンファーム天栄
馬体重532キロ。
水曜日こちらに移動してきました。ミホ分場でも騎乗運動を行っていたので、昨日から周回コースに入れてハッキングを長めに乗っています。フットワークは問題ありませんし、気合いも程よく乗っています。右半身に疲れが少しあると聞いていた通り、触診すると少し気にする感じがあるので、こちらでも入念にケアしながら進めていきたいと思います。今後のメニューに関しては馬の状態を見ながら決めさせてもらいます。

2020.09.18 : ミホ分場
マシン60分、常歩500m、ダク1000m、キャンター1800m~2400mを25-25秒。馬体重534キロ。
先週、獣医に診てもらったところ『右半身に疲れが出ている』とのことで、その後は様子を見ながらゆっくり乗ってきました。今週の水曜日にショックウェーブ治療を施し、木曜日はマシンのみにとどめ、金曜日から騎乗運動を再開。今後は涼しい日に乗り込み量を増やすなど、メリハリをつけながら進めていきます。また、太りやすいタイプのため、その辺にも気をつけながら乗り込んでいくつもりです。

2020.09.11 : ミホ分場
マシン60分、常歩500m、ダク1000m、キャンター1800mを25-25秒。馬体重528キロ。
先週入厩してからはマシンでゆっくり進めて、今週から普通に乗り出しました。木曜日に獣医に診てもらったところ、『右半身に疲れがある』とのことで、近々、様子を見てショックウェーブ治療を施す予定です。それまではケアしながらゆっくり進めていきます。飼い葉はちゃんと食べていますよ。

2020.09.04 : ミホ分場
マシン60分。
3日(木)に入厩してきました。午後から歩様をチェックしましたが、硬さはなく馬体も細くなった感じもありません。元々、右トモは疲れが溜まりやすいので、その辺はしっかりケアしていきます。今週一杯はケアしながらマシン運動のみにとどめてゆっくり進めて、週末か週明けに獣医に診てもらい、問題なければ来週から軽めから乗り出す予定です。飼い葉はしっかり食べています。

2020.09.03 : 美浦:藤沢和雄厩舎
昨日美浦トレセンに到着、今日、ミホ分場へ放牧。
藤澤師「昨日の午後、こちらに到着しました。さすがに札幌よりは暑いので疲れたというか元気がないように見えますが、一時的なものでしょう。脚元などは問題なさそうなので、楽をさせればすぐに回復してくると思います。今日、ミホ分場へ放牧に出して、次はまだ考えているところです。5月の復帰戦から休ませることなく使ってきて、ここでひと息入れてあげた方が先々のためにもいいかなというのもありますし、4回東京にはこだわらず馬の様子を見て帰厩の時期を探っていくつもりです」

2020.09.02 : 美浦:藤沢和雄厩舎
今日、札幌から美浦に到着予定。問題なければ明日には放牧に出る予定になっています。

2020.08.29 : 8月29日レース後コメント(7着)
藤澤調教師「今週も長めからやっておきましたし、ちょうどいいと思っていたのですが、少し重かったかもしれないです。ルメール騎手によると、少し下を気にしているのもあって走りが上擦っていたということですし、結構タイトな位置で揉まれて気分良く走れなかったようですね。さすがにこのクラスまでくると楽な展開にはさせてくれませんし、飛びの大きい馬でごちゃつく競馬も良くないかもしれません。とはいえこういう競馬にも慣れていかないといけませんが、まだまだキャリアも浅くてこれからの馬ですからね。今日は色々条件が厳しかったですが、これから良くなってくると思います。前走は逃げる形で小回りもこなしてくれましたが、やはり大きいコースのほうがいいと思うので、馬に問題がなければ東京あたりで使うつもりで考えていきます」

2020.08.27 : 美浦:藤沢和雄厩舎
昨日、本馬場で追い切り、今日は軽め。
芝 84.1-67.8-52.9-38.5-12.3 馬なり
中バッソプロフォンド馬なりを6F0.9秒追走1F併せ併入
外シークレットアイズ馬なりを6F0.9秒追走1F併せ併入

助手「昨日、団野騎手に乗ってもらって追い切りました。2週続けて団野騎手に乗ってもらいましたが、『昨日はかなり良くなっていると思います』という話でした。『先週より息遣いも良化したようですし、春からの短い期間でもだいぶパワーアップしているのがわかります』ということだったので、引き続きいい状態で競馬にいけそうですね。輸送で減った体も戻っていますし、ダート、芝と追い切っていますが、硬さも出ていませんよ。このクラスまでくると相手もかなり強くなりますし、簡単ではないですが、アルマーダも一戦ごとに良くなっているのは間違いないので、どんな競馬ができるか楽しみですね」
藤澤調教師「昨日の動きも良かったですし、今回も力は出せそうですね。前走は正直恵まれたところもあったので試金石というつもりですが、今の状態なら頑張ってくれると思います。除外の場合は来週の日高Sも考えますが、前走せっかく2000mをこなした後に一気に短縮するのもどうかというのもあるので、もう少し考えて決めるつもりでいます」

2020.08.24 : 藤沢和雄厩舎
次走に予定しているオホーツクSの鞍上がルメール騎手の予定となりました。

2020.08.20 : 札幌競馬場/藤沢和雄厩舎
昨日、本馬場で追い切り。今日は軽め。
7/19(水)芝 団野 66.2-2.0-36.9-12.5 馬なり
中バッソプロフォンドG前強めを5F0.7秒追走1F併せ併入
外メリディアンローグ馬なりを5F1.1秒追走1F併せ併入

助手「昨日、団野騎手が騎乗して追い切りました。『さらにパワーアップした感じで、動き、息共にすごく良かった』という話だったので、状態は上がってきているようですね。減っていた体も徐々に戻りつつありますし、テンションも一定のところで収まっているので、このくらいで進めていければ大丈夫でしょう。一戦ごとに馬体に迫力が出てきて、良くなっているのが手に取るように分かります。しっかり仕上げて来週に臨みたいですね」
藤澤調教師「早めにこちらに持ってきましたが、昨日の動きは良かったですね。馬体もそうですが、だいぶ内面もしっかりしてきた印象です。現時点での情報だと来週は登録が多いようで、除外の場合は4週目の日高Sに行くかどうか考えることにしています。そのような状況なので、騎手についても来週までお待ちください」

2020.08.13 : 札幌競馬場/藤沢厩舎
助手「本州のほうがだいぶ暑くなってきたので、先生の指示で日曜にこちらに移動しました。四肢がむくんでいるということでしたが、こちらにきてからは気にならない程度ですよ。来たばかりなので、昨日は軽く走らせておきましたが、動きや体は特に変わりなさそうです。ただ、輸送続きで少し体重が減っていますし、使うごとに気が入りやすくなってきているので、もう少しゆったりと過ごしてほしいところはありますね。その意味でも早めにこちらに入れてこのまま滞在で競馬までいけるのは良い方に向かいそうですし、まだ2週ほどやれるので仕上がりも大丈夫だと思いますよ。坂路がないだけに脚もとには気を付けて進めていきます」
※8月29日(土)札幌11R(オホーツクS/芝2000m)に出走を予定。鞍上は調整中です。

2020.08.07 : ノーザンファーム天栄
馬体重520キロ。
今週から周回コースで軽めの騎乗運動を開始しています。立ち上げてからも走りのリズムはしっかりしていますし、覇気もありますね。ただ、今週から一気に暑くなって四肢が浮腫みやすくなっていますが、入念にケアしていることもあって今のところ大丈夫。早ければ今週末か来週にも札幌競馬場に入厩する予定もあるようです。

2020.07.31 : ノーザンファーム天栄
馬体重527キロ。
火曜日に札幌競馬場から移動。レース後ということもあり、ここまではマシン運動で楽をさせていますが、歩様は問題ありませんし、気合乗りもしっかりしていますね。飼い葉食いは良好で、馬体もすっかり戻りました。2回札幌開催で出走の予定で、すぐに札幌競馬場へ戻るようですから、来週から騎乗運動を開始して緩めず乗り込んでいきたいと思います。

2020.07.29 : ノーザンファーム天栄
昨日、ノーザンファーム天栄に移動しています。
藤澤調教師「競馬後も大きなダメージはなさそうですし、脚元も大丈夫ですね。ここにきて体は締まりながらも馬体に迫力が出てきましたし、やっと成長が追い付いてきたようです。昨日予定通り天栄に放牧しましたが、問題がなければすぐに乗り出してもらって2回札幌あたりを考えていきます」

2020.07.26 : 7月26日レース後コメント(1着)
藤澤調教師「初物尽くしでもっと苦労するかと思っていましたが、終わってみれば完勝でしたね。馬体や追い切りの動きを見ても一戦ごとに良くなっているのがわかります。ルメール騎手は『開幕週ですし他に主張する馬もいなかったのでいかせました。道中は物見もあってフワフワしていましたが、後ろの馬が早めに並んできてくれたので、そこで気が入った感じでしたよ。大きい馬にしてはコーナリングも上手かったですね。最後は今後のために気合いをつけておきましたが、この勝ち方ならまだ上を目指せるでしょう。さらに良くなってきそうですよ』ということでした。後続に早くに来られる形で楽な競馬ではなかったですが、あれで突き放すのですから力が上だったということでしょう。札幌だと芝かダートでしか調教できないですからね。大きな怪我をしている馬であまり長く置いておきたくないので、来週にも一度天栄へ放牧に出すつもりでいます。問題なければまた札幌に戻して、2回札幌のオホーツクステークスあたりに向かえればと考えています」

2020.07.23 : 札幌競馬場/藤沢和雄厩舎
昨日、本馬場で追い切り、今日は軽め。
7/22(水)札幌芝 団野騎手 68.8-54.1-38.0-12.2 馬なり
内アークライト馬なりを5F1.2秒追走1F併せ併入
外バニシングポイント馬なりを5F0.7秒追走3F併せ併入

助手「昨日団野騎手に乗ってもらって芝で追い切りました。団野騎手は『勝たせてもらったときと比べて体が締まった感じがします。その分道中の走りに軽さも出ていましたし、息遣いも気にならなかったので仕上がりは良さそうですね。右回りの競馬はなんとも言えませんが、変な癖もないので大丈夫だと思います。』ということでした。まだ少しフワッとするときもありますが問題ない程度ですし、今週の時点で524キロだったので、前回より少し減っての競馬になりそうです。まだ底を見せていないのでここも楽しみですね」
藤澤調教師「昨日の動きも良かったですし充実してきた感じですね。洋芝、小回り、距離など克服しなければいけないものは多いですがまだ上積みもあると思うので、どんな競馬ができるかよく見たいと思います」

2020.07.16 : 札幌競馬場/藤沢和雄厩舎
昨日ダートで追い切り、今日は軽め。
札幌ダート 59.3-43.8-13.9 馬なり
内バニシングポイント馬なりに4F0.4秒先行1F併せ併入

助手「熱も上がらず無事に到着しています。昨日は2歳を誘導しながらダートで軽めに追い切りましたが、動きは問題なさそうでしたね。ただ、まだ環境に慣れていないのか、普段からフワフワしていて集中できない感じではありました。性格的にそういうこともあるかと思って早めにこちらに運んだというのもあるので、来週までに慣れて落ち着いてくれるといいですね。輸送ではそれほど体も減らなかったようですし、飼い葉も食べていて体調は良さそうなので、来週に向けて態勢を整えていきます」

2020.07.15 : 札幌競馬場/藤沢和雄厩舎
先週末に札幌競馬場へ移動しています。

2020.07.09 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「札幌への出発が土曜になったので、今日は軽く乗っておきました。馬房の都合での変更なので、馬は全く問題ないですよ。体は少し余裕がありそうですが、輸送もありますし、向こうでも追い切れるので、競馬までには絞れてくると思います。明日は坂路で乗って、土曜にこちらを出発の予定です」

2020.07.08 : 美浦:藤沢和雄厩舎
運動のみ、午後から北海道に出発。
助手「今日札幌に移動になりました。輸送前なので今日は軽い運動にしておきましたが、状態は悪くないと思います。日曜にも坂路で42秒くらいを併せ馬で乗っておきましたが動きも良かったです。競馬までまだ時間もありますし、向こうで何本かやれるので、それでどこまで仕上がってくるかですね」
藤澤調教師「続けて二回使った割に疲れは思ったより出なかったですし、いい状態だと思います。前走のような競馬なら小回りでも上手に競馬できそうというのと、大きい馬で少しでも涼しい札幌のほうがというのもあって北海道にしましたが、競馬までに状態を上げていきたいと思います」
※次走の鞍上はルメール騎手を予定しています。

2020.07.02 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日追い切ったので軽い調整です。背腰やトモも気になるところもなく状態はいいと思いますよ。以前は周りの音や馬の動きに敏感に反応するところがあって、それが競馬でも出ていましたが、去勢の効果か普段からどっしり構えられるようになって雰囲気が出てきました。そのぶん中身が入ってきて走りの安定にもつながっているようですね。また暑くなってくるようなので疲れを溜めないように移動まで調整していきます」

2020.07.01 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後坂路1本。
アルマーダ     56.7-41.6-27.4-13.4 馬なり
ウインドジャマー  56.2-41.1-27.1-13.2 馬なり

藤澤調教師「休み明けで続けて使った割には回復も早かったようで状態はいいと思いますよ。一度大きな怪我をしているだけに慎重に進めますが、体力もついて中身はだいぶしっかりした感じですね。ここ2戦からまだ良化の余地もあるはずなので次も楽しみです。」
助手「先週末に帰厩しました。長く休ませたわけではないので、体もそこまで太くなっていないですね。右トモの感じも思ったよりは悪くないので、進めていくのに支障はなさそうです。今日は坂路を先行して時計を出しましたが、勢いよく活気十分に上がってきましたし、体調も良さそうですよ。このまましばらくこちらで調整して札幌1週目に合わせて移動することになると思います」
※7月26日(日)札幌9R(HTB賞/芝2000)を予定。

2020.06.26 : ミホ分場
マシン60分、常歩500m、ダク1000m、キャンター2400mを25-25秒。536キロ。

右トモにショックウェーブを処置してから踏み込みが良くなってきました。乗っていても気にならないのである程度しっかり乗っていますよ。飼葉も食べていて体つきも良くなっています。来週美浦トレセンに移動予定となりました。次は札幌線が目標のようです。良い形で戻せるように脚元や体調管理に気を付けていきます。

2020.06.19 : 美浦:藤沢和雄厩舎
マシン60分、常歩500m、ダク1000m、キャンター2400mを25-25秒。馬体重531キロ。
担当スタッフ「連戦後なので少し右トモに疲れがありますね。ケアしながら進めてきて昨日はショックウェーブを処置しました。今日はマシンにとどめ、明日から乗り出す予定です。飼葉も食べていて体は問題ないです」

2020.06.12 : 美浦:藤沢和雄厩舎
マシン60分、常歩500m、ダク1000m、キャンター2400mを25-25秒。530キロ。
担当スタッフ「競馬を使った後、入場してきました。レース翌日までマシンにとどめ、週初めに獣医に診てもらいました。右トモに疲れがあるとのことでしたが使ったなりということで、ケアしながら進めていく分には問題ないとのことでした。今は普通にキャンターを乗っています。すぐに太くなるタイプ、太れば仕上げも難しくなるので、緩ませない程度にしっかり乗っていきたいです」

2020.06.10 : 美浦:藤沢和雄厩舎
レース後、ミホ分場に移動しました。
藤澤調教師「元々ここで一息のつもりだったので、そのまま放牧に出しました。さすがに前回よりは疲れた感じがありますが、へばってクタクタという感じではないので、少し楽をさせれば回復してくると思いますよ。長期休養明けを詰めて使ったので、まずはリフレッシュしてもらいたいですね。体を見てもまだ良くなる余地は多分に残っているはずなので、上手く成長させてあげられるようにやっていきます。今のところ次は北海道を考えていて、1回札幌1週目あたりで使えればと考えています」

2020.06.06 : 6月6日レース後コメント(1着)
藤澤調教師「中一週だったのでテンションだけが心配でしたが、早めに競馬場に入れたのもあって前走と変わらない感じでしたね。ルメール騎手は『スタートも出足も良かったのでスッと前にいけました。外枠で壁が作れなかったので微妙に力んでいましたがコントロールできないほどではなかったですよ。大きくて緩さもあるので一気のスピードアップとはいかなかったですが、坂も苦にせずジワジワと最後まで脚をつかってくれました。まだ体を使い切れていない感じもあるのでこの後しっかりしてくればさらにいいと思います』ということでした。一度使って体も締まってきましたし、好位置から自分で動いて坂のあるコースで時計も詰めたようにまだ上積みがあると思います。スタートも良くなっているので小回りでもこなせそうですね。馬の様子を見てこのあとどうするか考えます」

2020.06.04 : 美浦:藤沢和雄厩舎
今朝、東京競馬場へ移動。
助手「他の出走馬と一緒に今朝競馬場に移動しました。昨日の午後からのチェックでも問題はなかったですし、テンションも前回と変わらないくらいですね。去勢してだいぶ落ち着いてきているとはいえ、元々少し繊細なところのあった馬なので、早めに競馬場に入ってスクーリングなどできるのはプラスだと思いますよ。前回勝ったからここもとは簡単にはいかないでしょうが、前走のエンジンのかかりから長い直線はいいでしょうし、あとはトモの緩い馬なので坂さえこなせばいい勝負になるはずですよ」

2020.06.03 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後坂路1本。
アルマーダ    54.6-40.1-26.0-12.4 馬なり
ショベルヘッド  54.5-40.1-25.9-12.4 馬なり
助手「そこまでレース後の疲れもなかったので、先週末から乗り出して今日は追い切りをかけました。坂路で40くらいでしたが引き続き動きも良かったようで緩さも変わらずといったところですね。調教の動きとしては前回と同じくらいの出来にあると思います。あとは休み明けからの連戦で詰めて使うのも初めてになるのでそれがどちらに出るかというところですが、今日の感じならいい状態で競馬にいけそうです」
藤澤調教師「今日の動きを見て使うか決めるつもりでしたがこれなら大丈夫そうですね。以前とは馬が違いますし、体に見合った体力もついてきているようです。初めての競馬場になりますし、同じクラスとはいえ前回とは相手も違いますが、直線の長いコースは合っていそうなのでここでどんな競馬でできるかですね。騎手はルメール騎手でいきます」
※土曜東京・国分寺特別をルメール騎手で予定。

2020.05.28 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日から乗り出してみました。久しぶりの競馬でもっとくたっとするかなと思っていましたが、心配していたほどではないですね。硬さも出ていないですし、緩さも使う前と変わらないくらいの感じです。多少気持ちの面の高ぶりは残ってはいますが、元から大人しい馬でもないですし、馬房では普段と変わらず過ごしているのですぐに収まってくると思いますよ。去勢したわりに競馬ではプラス体重でしたが、それだけ成長して中身が入ってきたということでしょう。来週までの様子を見て使うかどうか判断することになりますね」

2020.05.27 : 美浦:藤沢和雄厩舎
運動のみ。
藤澤調教師「トモなど使ったなりの疲れはありそうですが、元気もいいですし大きなダメージはなさそうです。久しぶりの競馬だったので、まだ気も張っているでしょうし、ここからガクッとくることもあるので気を付けて見ていきますが、この感じなら大丈夫だと思いますよ。追い切りの動きからして変わっていましたし、じっくり時間をかけたぶんしっかりしたのだとは思いますが、やっと元からの力を出せるところまできたということでしょう。大きい馬で気が入っているうちに使ったほうがいいかというのもありますし、東京の強い相手にどのくらいやれるかというのも見てみたいので、馬に問題がなければ来週の東京で使うことも考えています」

2020.05.24 : 5月24日レース後コメント(1着)
藤澤調教師「会員の皆様には長らくお待たせしてすみません。もともとの素質からやれるはずと思ってはいましたが、それにしても鮮やかでした。東京にいたので騎手と直接は話せていないのですが、団野騎手は『スタートもポンと出てくれて、外枠でしたがすぐにいい位置に入ることができました。内の馬を気にするようなところもなかったですし道中はずっと上手に走っていましたよ。脚も溜まっていたのでこれなら伸びると思っていましたが、それにしてもいい脚を使ってくれました。緩さはありますが走り出すといいですね。まだ余裕もありそうだったのでこの後も楽しみです』ということでしたよ。怪我で遅れましたがいいものがあるとずっと思っていた馬ですし、この休みの間しっかり乗り込んでくれた天栄にも感謝ですね。去勢の効果もあるのか今までと違って優等生な競馬ができましたし、怪我があった分これからまだ良くなると思います。時間はかかりましたが、これからまた頑張ってもらいましょう」

2020.05.21 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は軽く乗っておきました。トモはケアしていることもあって、疲れがきている感じではないですね。緩さはありますが、元からのもので悪くなっているということはないですよ。少しピリッとしたところは見せてきていますが、大きい馬なのでこのくらい気が乗っているほうが競馬で動けると思います。気持ちのこともあって競馬でまだ目一杯走っていない感じですし、以前より馬は良くなっているので、なんとか力を出してきてほしいですね。想定を見たところ1400mのほうは無理そうなので1800mのほうにいくことになると思います」

2020.05.20 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドで追い切り。
ウッド 68.9-53.2-39.3-12.9 馬なり
外フォッサマグナ馬なりを5F0.4秒追走1F併せ併入

助手「上野騎手に乗ってもらってウッドで追い切りました。日曜にウッドでやったときは久しぶりで戸惑いもあったのか、最後で集中が切れてしまう感じでしたが、今日は直線でも気合いを見せて頑張っていたようです。並びかけるときに少し躊躇したようですが、合図をすれば反応できていたということなので、競馬でもあまりごちゃつかないほうがいいかもしれません。今週の時点で530kgとだいぶ絞れて動けるようになってきましたし、あとは力を出せるかどうかというところですね」
藤澤調教師「見ている分にはだいぶ動きが力強くなって変わってきた印象ですね。以前と大きく変わったとまではいかなくとも、時間をかけたぶん中身は違うはずですし、走りも安定してきました。前2走は集中力というか気持ちの面もあったかと思うので、競馬にいってどうなるかですが、まずは力を出し切ってもらいたいと思っています」
※日曜新潟芝1400mか芝1800mで出走できる方を団野騎手で予定。

2020.05.14 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は軽く乗っておきました。だいぶ乗り込んできたので、出がけは少し硬さも感じますが、上りにはほぐれている程度なので大丈夫でしょう。以前よりしっかりしたとはいえ、トモに緩さがあって疲れがきますが、治療しているのでガクッとはきていないですよ。やっと体の使い方がわかってきたので、スムーズにギアチェンジできるようになってきているようですし、あとは競馬で難しいところを出さなければというところですね。未勝利なので必ず出られるとは限りませんが、来週のつもりで仕上げていきます」

2020.05.13 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後坂路1本。
坂路 54.0-39.3-25.5-12.5 馬なり

助手「今日は坂路で追い切りました。2番手で出て最後真ん中で併せる形でしたが、先週よりはふわっとするところもなかったようです。先週しっかり気合いをつけたことで学習してくれたのか、両側から挟まれることで気合いが入ったのか、動きは良くなりましたね。まだ自分からグイグイとまではいかないですが、この馬なりに良化しているのは間違いないと思いますよ。日曜にウッドで少し時計を出して息遣いも見てみましたが、もう少し素軽くなるとさらに動けそうな感じではあるので、来週まで引き続き乗り込んでいきます」
藤澤調教師「大幅に良くなったとまでは言えないですが、だいぶ動けるようになってきましたし、この2走と比べると体も使えるようになってきました。気持ちの面は競馬にいってみないとわからない部分もありますが、調教から色々な場面を想定してやっているので力を出せるようにしてあげたいですね」
※来週の新潟開催を予定。

2020.05.07 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は北馬場で軽く乗っておきました。昨日、最後までしっかりやったので、少しくたっとした感じはありますが、乗り進めるのに支障があるほどではないですよ。これを乗り越えてくれればもう一段状態も上がってくると思います。去勢したわりには無駄肉が落ちにくいですが、だいぶ汗もかくようになって代謝は上がってきているはずなので、長めに運動させるなどしながら体を占めていきたいですね。気性面は成長したのか以前より動じなくなっていますし、競馬でも変わり身があっておかしくないと思います」

2020.05.06 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後坂路1本。
坂路 55.4-40.4-25.8-11.9 末強め

助手「杉原騎手に乗ってもらって坂路を追いかけける形で追い切りました。並びかけてから少しもたつくところがあったようですが、そこで気合いをつけたらもうひと頑張りできたようです。強めになったとはいえ、最後11秒台なら動きとしては悪くないですね。徐々に絞れてはきていますが、まだ体に余裕もあるので、もたついたのはそのあたりもあると思いますし、今日しっかり気合いを付けたことでもう一段階上がってくると思います。まだ予定まで2週やれるのでその間に息もできてくるはずですよ」
藤澤調教師「やっとトモに身が入ってきたようですね。仕掛けたとはいえ坂路でもこのくらい動けたのはパワーもついてきたということでしょう。元々馬の格好やバランスは良かった馬ですし、順調に乗りこめるようになって変わる余地は十分あると思いますよ」

2020.04.30 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後坂路1本。
藤澤調教師「昨日帰厩させました。天栄でだいぶ乗り込んでもらいましたが、見た目にもまだ重い感じですね。ただ、トモの送りなど以前よりしっかりしてきた感じがしますし、気温も上がってきているので、乗り込んでいけば体はすぐに締まってくると思います。大きな馬だけにもっさり見えるのは仕方がないですが、まずは体を絞りつつ動ける体にしていきたいですね。とん挫があって遅れていた分、ここにきてやっと実が入ってきた感じはあるので、能力を出せるように仕上げていきますよ。次は芝にいくつもりで新潟の最終週あたりの出られるところを探っていきます」

2020.04.29 : 美浦:藤沢和雄厩舎
本日、美浦トレセンに移動しました。
新潟最終週(5/23.24)で想定を見ながら使えるところを団野騎手で予定。

2020.04.24 : ノーザンファーム天栄
550キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13を乗っています。心身ともに充実しているので動きも軽快ですし、息遣いもしっかりしています。乗り込みながら飼い食いも良くなっているので、馬体もフックラして良い状態だと思います。今のところ今週の帰厩予定はありませんが、いつ声が掛かっても大丈夫な態勢が整っています」

2020.04.17 : ノーザンファーム天栄
552キロ。
担当スタッフ「今週も坂路にて14-13のペースで乗っています。このペースでもしっかり動けていますし、息遣いも問題ありません。乗り進めても脚元が悪化する事はありませんし、体調面も至って良好。帰厩は来週に変更となりましたが、調子落ちはありませんし順調だと思います」

2020.04.10 : ノーザンファーム天栄
549キロ。
担当スタッフ「今週も坂路にて14-13のペースで乗っています。動きは変わらず安定していますし、フットワークも素軽さが目立っています。息遣いも気になりませんし、飼葉も完食しているように体調面の不安もありません。来週の帰厩を予定しているので、この調子で進めていきます」

2020.04.03 : ノーザンファーム天栄
545キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。順調に本数を重ねる事ができていますし、乗り込んでいるので少しチャカチャカしたところは見せますが、この馬としては落ち着いている方だと思います。乗り込みを進める中でも脚元は落ち着いていますし、ここまで順調に来ていますよ。いつ声が掛かっても大丈夫です」

2020.03.27 : ノーザンファーム天栄
546キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13を乗っています。強めのペースでも動きに安定感が出てきました。馬体重こそ大きく変わりませんが、体付きは締まってきたように思いますし、息の入りも良化して、いつ帰厩の声が掛かっても大丈夫な状態にあると思います」

2020.03.20 : ノーザンファーム天栄
544キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で14-13のペースで乗っています。今週は終いのペースを上げてみましたが、このペースでも余裕を持って動けていますし、息遣いもしっかりしています。脚元も問題なく進められているので、今は良い流れで調整ができていると思います」

2020.03.13 : ノーザンファーム天栄
543キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-14を乗っています。ジックリ乗り込んできたので、良いバランスで走れていますし、息の入りもしっかりしています。脚元も違和感はありませんし、飼葉の食いも安定しているので、ここまで良い流れで乗り込めていると思います。来週は終いのペースを上げてみる予定です」

2020.03.06 : ノーザンファーム天栄
541キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で14-14を乗っています。予定通りペースを上げてみましたが、トモの入りも以前より良くなっていますし、脚元も落ち着いています。このペースでも余裕を持って走れていて息遣いもしっかり。この調子で進めて更に状態を上げていきたいと思います」

2020.02.28 : ノーザンファーム天栄
546キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で15-15を消化しました。これまでしっかり本数を重ねているので余裕を持って楽に動けていますし、最近はトモの入りもしっかり踏み込めています。飼葉も毎日完食して体調面も至って良好。ここまで順調なので、来週はペースを上げてみようと思います」

2020.02.21 : ノーザンファーム天栄
544キロ。
担当スタッフ「先週の坂路の動きも良かったですし、その後も脚元は落ち着いています。今週はもう一段ペースを上げて15-15で乗ってみましたが、動きは問題ありませんね。体調も上がってきたように思いますし、ここまで良い流れで調整できていると思います」

2020.02.14 : ノーザンファーム天栄
541キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で16-16を乗っています。動きはしっかりしていますし、息遣いも良好。先週から少しペースを上げていますが、ガクッと来てないのは何よりです。乗り込んでいますが飼葉の食いも落ちず毎日完食。体調面もしっかりしています。今の感じなら来週もう一段ペースを上げる事も考えています」

2020.02.07 : ノーザンファーム天栄
540キロ。
担当スタッフ「レース予定はひと月以上先になるので、今週は意図的にペースを落として調整しています。17-17くらいで乗っていますが、行き急ぐこともありませんし、走りのリズムはしっかりしていますね。休みなく乗り込めているのは良いですし、痛い箇所もないので、このまま乗り込んでいきたいと思います」

2020.01.31 : ノーザンファーム天栄
536キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で15-15のペースで乗っています。先週から大きく変わった面はありませんが、休みなく乗り込めているのは良い傾向だと思います。息遣いも良化していますし、脚元も入念にケアしながら進めているので、不安なく乗り込めています」

2020.01.24 : ノーザンファーム天栄
525キロ。
担当スタッフ「今週は坂路を15-15で乗っています。先週からペースを上げてみましたが、トモの入りは悪くありませんし、手応えも最後までしっかりしています。まだいくらか緩い感じはしますが、脚元も違和感なくきています。帰厩も先なので、しばらくは現行メニューで進めていくことになると思います」

2020.01.17 : ノーザンファーム天栄
525キロ。
担当スタッフ「今週からペースを上げることも視野に入れていましたが、先生から『5月の東京か新潟開催で使いたい』と連絡があったので、引き続き坂路を17-17のペースで乗っています。フットワークは悪くないですし、脚元も変わりなく進められています。まだ帰厩は先になるので、焦らず進めていきたいと思います」

2020.01.10 : ノーザンファーム天栄
523キロ。
担当スタッフ「年明けから坂路で14-14を乗っていますが、乗り込むにつれて右トモに疲れが出てきたので、今週は17-17にペースを落としています。ペースを緩めたことで動きに活気が戻ってきましたし、並行してケアもしているので、大きなダメージはありません。今週末か来週にもう一度ペースアップを試みるつもりです」

2019.12.27 : ミホ分場→ノーザンファーム天栄
535キロ。
担当スタッフ「先週の土曜日に入場しました。今週から周回コースにてハッキング程度に軽めに乗り出していますが、運動はじめは大丈夫なのですが、乗り込むにつれて右トモの入りが甘くなってしまいますね。そのあたりはしっかりケアしながら進めていきたいと思います。去勢した患部の状態は気になりませんので、まずは無理のない形でジックリと乗り込んでいきますよ」

2019.12.20 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。537キロ。
担当スタッフ「去勢した箇所も良くなり、気になる感じもないですね。天栄に移動して乗り込む予定になっていますが、今は混んでいるので空き次第の移動になります。それまではしっかりケアしながら良い形で移動できるように態勢を整えておきます」

2019.12.13 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。521キロ。
担当スタッフ「順調に乗り込めるようになって体も少しずつ良くなってきています。今週、鉄も打ち替えて、いつ天栄へ移動になってもいいように態勢を整えています。移動まで、ケアしながらしっかり乗り込んで行きますよ」

2019.12.06 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。513キロ。
担当スタッフ「今は普通に乗っていて歩様も問題ありません。手術した箇所も良くなっているので、近々、天栄に移動の予定になっています」

2019.11.29 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。519キロ。
担当スタッフ「去勢手術した箇所も徐々に良くなって来ているので、今週からキャンターで普通に乗り始めました。まだ効果のほどは定かではありませんが、全体に引き締まった感じで体のラインは良くなっています。後1~2週間位乗ってみて、問題なければ天栄の方へ移動する予定になっています。良い形で出せるようにケアしながらしっかり乗り込んで行きます」

2019.11.22 : ミホ分場
マシン60分、ダクとハッキング15分。522キロ。
担当スタッフ「13日から軽く乗り出しています。まだ時々患部が腫れる事もあるので、様子を見ながらゆっくり進めています。去勢してどうこうという時期ではありませんが、この後、乗り込んでいった時に効果も現れてくると思いますよ」

2019.11.15 : ミホ分場
マシン60分、ダクとハッキング15分。526キロ。
担当スタッフ「13日から軽く乗り始めました。まだ傷口が固まっていないので、もうしばらくはダクとハッキングで軽く乗っていきますが、経過は順調ですよ。しっかり乗れるようになれば、天栄に移す事になっているので、良い形で移動できるように持っていきますよ」

2019.11.08 : ミホ分場
マシン運動90分。532キロ。
担当スタッフ「今週の火曜日に去勢手術を施しました。すでにマシンで軽く動かしているように順調に回復しています。もうしばらくはマシンで進め、乗れるようになったら天栄に移動する予定になっています」

2019.11.01 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m。キャンター2400mを25-25秒。526キロ。
担当スタッフ「すぐに太くなるタイプなので、今週から距離を延ばして乗り始めました。少し絞れてきた感じはありますね。背腰に甘さは残っていますが、その辺もケアしながら乗っているので、少しずつしっかりしてきていますよ。この後もケアしながらしっかり乗り込んでいきます」

2019.10.25 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m。キャンター1800mを25-25秒。533キロ。
担当スタッフ「脚元に問題もなく歩様もしっかりしていますね。ただ、しっかり乗り込んでいる割にまだ背腰やトモの緩さは残っているので、その辺りは十分ケアしながら進めています。飼葉食いは良いいですが、その分すぐ太くなるタイプなので、あまり太くならないように気を付けています」

2019.10.18 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m。キャンター1800mを25-25秒。536キロ。
担当スタッフ「週末の雨で馬場が悪くなったので、一時期乗り込み量が減りましたが、馬場も良くなって来たので、また普通に乗り始めました。ソエも問題なくきていますし、歩様も問題ないので、この後もケアしながらしっかり乗り込んで行きます」

2019.10.11 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m。キャンター1800mを25-25秒。535キロ。
担当スタッフ「脚元の方はケアしながら進めていて、乗っていて歩様も気になりません。まだ全体に緩さは残りますが、入場当初に比べれば多少は良くなってきています。ただ、もともと大きな馬体の上すぐに太りやすく、このままだと仕上げに時間も掛かりますし、先々も考えて近々去勢をすることになりました。それで素軽さが出てくればと思います」

2019.10.04 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m。キャンター1800mを25-25秒。527キロ。
担当スタッフ「ソエなどを気にすることもなく歩様もしっかりしているので、ケアしながら乗っています。トモの感じも少しずつ良くなってきて、体もしっかりしてきています。すぐに太くなりやすいタイプなので、気を付けながら乗り込んで行きます」

2019.09.27 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m。キャンター1800mを25-25秒。534キロ。
担当スタッフ「たまに球節回りに熱を持つ時もありますが、ケアしながら進めているので歩様は気になりません。ただ、まだトモに緩さがあるので、当面は無理せずじっくり乗り込んで行きます。ソエは良くなっていますし、飼葉も食べえているので体調は悪くないですね。太くなりやすいタイプなので、馬体重管理にも気を付けて進めていきます」

2019.09.20 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m。キャンター1800mを25-25秒。532キロ。
担当スタッフ「左前に軽いソエがあって触ると反応しますが、乗っていても気になる感じはないので、今週からケアしながら乗り始めています。まだ、全体に緩さがあって、背腰、トモもしっかりしていませんが、少しでもしっかりするように乗っていきたいですね。飼葉は食べていて体調は問題ありません」

2019.09.13 : ミホ分場
マシン60分、ダクとハッキング15分。528キロ。
担当スタッフ「右前の傷腫れは徐々に良くなっています。トモに緩さは残っていますが、体は問題ないので、この後も様子を見ながらペースも上げて行く予定でいます」

2019.09.06 : ミホ分場
マシン60分。
昨日入場しました。競馬でやってきたようで脚に何か所か傷がありますが、腫れは引いてきていますし、治療していけばすぐに良くなると思います。今週は楽をさせて、問題なさそうなら来週から乗り出していきます。

2019.09.05 : 藤澤厩舎→ミホ分場
本日、ミホ分場に放牧。
助手「軽く歩かせていますが、まだ腫れは残っているものの歩様は大丈夫ですね。傷からきたもので、日ごとに引いてきてはいるので大きな問題ではないですよ。検疫が取れたので今日放牧に出しますが、すぐに戻す可能性もあるので、腫れが落ち着き次第乗っていってもらうようにします」

2019.09.04 : 美浦:藤沢和雄厩舎
運動のみ。
藤澤調教師「せっかく滑り込めたのですが結果が出ずにすみません。まだ体がしっかりしていませんし、トモの力もまだまだという感じなのでダートは厳しかったようです。大きな骨折があってまだ2戦しかしていませんし、初戦を見ても芝ならもっとやれるという気持ちもあるので、このまま格上挑戦させていただければと思います。競馬で外傷を負って少し腫れているので一度放牧に出すつもりですが、すぐに乗り出してもらって秋の新潟開催で使えればと考えています。乗り込んでしっかりしてくるのはこれからのはずですし、ずっと見てきて能力は感じているのでそれを引き出せるようにやっていきます」

2019.09.01 : 9月1日レース後コメント(10着)
杉原騎手「一度レースを使ったことで、今日は落ち着きがなかったですね。ゲート内でもソワソワしていてスタートも五分で出してあげられず、後ろ目の位置からの競馬になってしまいました。道中もリズム良く運べてはいたのですが、ペースが上がる場面でもギアが上がらずワンペースで走っていて、前の馬たちに置いていかれてしまいました。この一戦だけでは何とも言えないところはありますが、最後もダラッと走っていましたので、本質的には芝向きなのかなと思います。今日は結果を出さないといけない一戦だったのに、能力を発揮させてあげられず申し訳ありません」

2019.08.29 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
藤澤調教師「今週の想定を見ると新潟は芝もダートも出走は無理そうです。札幌までもっていけばダートで入る可能性はありそうですが、本当の直前輸送となって現実的ではないですし、新潟もほとんど権利持ちで埋まってしまいそうです。色々な意味で上積みが大きそうで二戦目にどう変わるか楽しみにしていたのですが、出走すらできず誠に申し訳ございません。この後なのですが、まだ1戦しかできていず、骨折があって良くなるのはこれからのはずですし、秋の新潟で格上挑戦させていきたいと思っています。今年から降級もなくなって未勝利でも出るチャンスは増えそうですし、上のクラスでどれだけやれるか見てから地方移籍という道もあるかと考えています。ずっと厩舎に置いてやってきたので10日ほど放牧に出すかもしれませんが、10月の新潟に合わせて進めさせていただきます」

【追記】
藤澤調教師「想定の段階では芝の1000m戦以外は出走が厳しい状況だったのですが、D1800mに関しては土日で重複している馬が多かったせいか、最終的に日曜なら入る可能性があるということで投票したところ出走が叶いました。ダートがどうかというのはありますが、状態は良いし上積みもあると思うので何とか変わって欲しいですね。騎手は杉原騎手でいきます」

2019.08.28 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
 坂路 レッドアルマーダ 56.5-40.5-26.3-12.4 馬なり
    レッドサイオン  57.4-41.3-27.0-12.9 馬なり
    
五十嵐騎手「後ろから追いかけて最後は前に出ました。あまり動かないかもという話を聞いていたので気を付けていましたが、終始手応えも良く、最後も少し合図をしたらグッと加速できましたよ。緩いのは緩いですが、これくらいいい反応ができるなら問題ないと思います。ビュッと切れるかと言われるとなんともというところですが、まだまだ余裕もありそうでしたし、長く脚を使えるタイプかもしれませんね。息の入りも良く、仕上がりはいいと思いますよ」
 
助手「芝が本線ですが、出られるようならダートにも投票することになっています。今日の動きを見ても状態は良さそうなので、なんとか使いたいですね」

2019.08.22 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
助手「今日も坂路を上がりました。2歳を誘導するような形でしたがふわっとすることもなく悪くない走りだったと思います。ペースを上げずに状態を整える感じに乗っているので疲れや暑さに負けているということはなさそうですね。前走からほとんど休まず乗ってきているので、来週までやれば息もできると思います。来週の芝が本線ではありますが、出られないようならダートも視野にということになってはいます。ただ、最終週で権利持ちも多く出てくるでしょうからダートでも確実とは言えません。なんとか出走させたいですね」

2019.08.21 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
坂路 61.6-45.7-30.9-15.3 馬なり

杉原騎手「今日も坂路を上がっています。ずっと普通キャンターくらいなので、動き自体は問題ないですね。トモも変わらずというところで緩さもひどくなってはいませんよ。初戦の前は立ち上がったり変なことをしたりしていたのが最近はあまりないので、多少疲れはあるのかもしれませんが、乗っていくのに問題があるわけではないので、このまま進めていけそうです。来週出られるかどうかわかりませんが、状態だけはしっかり整えていきたいと思います」

2019.08.15 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
坂路 64.4-47.8-31.1-15.4 馬なり

木幡育騎手「今日も坂路を上がりました。どうしても左トモの踏み込みが浅いというかバランスの悪いところはありますが、疲れているというわけではなくて元からのものなので問題ないでしょう。大きく変わった感じはないですが、馬体にダメージもなさそうなのでこのまま乗り込んでいけると思います。週末か来週からまたペースを上げて競馬に備えていくことになりますね」

2019.08.14 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
坂路 66.0-48.8-31.9-16.1 馬なり

杉原騎手「今日は坂路を単走で上がりました。歩様はいい意味で変わらずという感じでソエの影響はなさそうですね。まだ緩さは依然として残ってはいますが、そこまでトモに疲れがきているということはなさそうです。もう少し左トモがしっかり踏み込めるといいかなとは思いますが、走り方はすぐには変わらないと思うのでこのまましっかりさせていくしかないですね。続けて使っていける状態だと思います」
助手「ソエはケアしていますが歩様には見せていないので大丈夫でしょう。節で出られるかどうかですが、今のところ新潟最終週の芝1600mを考えています」

2019.08.08 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダクを15分。
助手「今日から乗り出してみました。ソエは押すと少し痛みもあるようですが、ダクまでの歩様には見せていないですね。少し全体にくたっとした感じはありますが、初めての競馬後としては使ったなりというくらいで大きな問題ではなさそうです。日に日に元気も戻ってきていますしね。明日から坂路で乗っていく予定ですが、おそらく新潟の最後くらいでないと節で使えないでしょうし、まずは疲れを取りつついつでも使えるように調整していきたいと思います」

2019.08.07 : 美浦:藤沢和雄厩舎
運動のみ。
藤澤調教師「いかにも経験馬相手の初戦という感じであまりスムーズにいかなかったですね。しっかり乗ってはきましたが、まだ全体に緩いというのもあって直線でも反応しきれない感じでした。それでもこれで次は変わってきそうな感じを受けましたし、騎手もそう感じたようなので、時間はないですがやれるだけのことはやっていきます。競馬後は少しソエ気味ではありますが、歩様には出していないですし、ケアしながらやっていくしかないですからね。新潟の未勝利に出られるのが一番ですが、最終週まで出られない場合は秋に格上挑戦も含め考えるつもりでいます」

2019.08.03 : 8月3日レース後コメント(11着)
北村宏騎手「返し馬の感じが良く、スタートも上手に出てくれました。稽古で右に行きたがるところがあると聞いていたので、外に馬を置いて進めましたが、道中も怯む事無く上手に走っていました。これで伸びてくれれば差せる位置につけられたのですが、流石に直線はトモも疲れた感じでバテてしまいました。まだ緩さがあって体にも余裕のある馬なので、これを使った事で変わって来ると思います。初めてにしては馬混みも気にしなかったですし、レース内容は悪くなかったと思いますよ」

2019.08.01 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダクを15分。
助手「今日はダクだけ乗りました。朝からかなり暑いので汗はかいていますが、元気は良さそうですね。くたっとした感じもなく歩様もしっかりしていました。いまだに急に立ち上がろうとしたり悪さをしようとしたりはしますが、そこまでテンションが上がっているわけではなく、ただはしゃいでいる感じなので、競馬には影響しないと思いますよ。初めてだけになんとも言えない部分はありますが、能力はありそうなのでスムーズに力を出せればですね」

2019.07.31 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
アルマーダ      53.4-38.4-25.3-12.8 馬なり
シークレットアイズ  53.0-38.0-25.1-12.7 馬なり
トレクァルティスタ  54.0-38.8-25.3-12.8 馬なり

木幡育騎手「坂路で途中出し入れしながら追い切りました。坂路だと両方のトモの送りも気になりませんし、真っすぐ走ってくれてコントロールも問題なかったです。大きいわりに瞬発力があって、急なスピードアップにもわりと対応できますね。今日の感じなら脚さえ溜まれば最後は切れる脚を使いそうな雰囲気はありました。初めてなので前半戸惑わずについていけるかどうかというところだと思います」
藤澤調教師「骨折のあとなかなか良くなってこず時間がかかってしまいましたが、走れる状態まではきたと思います。産まれたときから見ていて素質があると思っていた馬なので、いきなりですが能力を見せてほしいですね。勝てるのが一番ですが、この暑い時期に新潟で2回使うのもまだ体力的に不安もあるので、権利を取った場合はそのまま北海道に運ぶことも考えています」
※今週土曜の新潟・芝1600mを北村宏騎手で予定。

2019.07.25 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周
北村宏騎手「他の馬と一緒に軽く乗りました。状態としては我慢できていると思います。先週末追い切りに乗ったときにだいぶしっかりして良くなっている印象を受けましたが、そのときの感じを維持できていますね。昨日、左回りだと少しスムーズさを欠いたようなのでそこは確認しておきますが、新潟ならそこまでコーナーの器用さは求められないので大丈夫だと思います。あとはかなり暑くなってきたので、大きい馬ですし夏負けしないようにしていきたいですね」

2019.07.24 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと本馬場で追い切り。
芝 杉原J 67.8-52.6-38.3-12.4 馬なり
中シークレットアイズ馬なりを5F0.4秒追走1F併せ併入
外レッドクレオス馬なりを5F0.8秒追走1F併せ併入

杉原騎手「今日は一番後ろから出て直線内に併せました。今日は左回りだったのですが、先週の右回りに比べると少しスムーズさを欠く感じがありました。やはりまだ怪我をしたトモを気にするのかスッとはスピードに乗れなかったですね。直線ではそれなりにしっかり走ってくれましたがコーナーでの捌きがポイントになってくるかもしれません。息遣いなどは問題なかったですし、だいぶ気性的にも常識にかかってきたので、来週もう一度左回りでやって少しでも慣れさせておきたいところですね」
※来週新潟芝1600mを北村宏騎手で予定。

2019.07.18 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダクを15分。
助手「今日はダクだけ乗りました。さすがに昨日の追い切りは堪えたようで午後からは元気もなかったですが、今日跨った感じ硬さもなかったですし歩様なども大丈夫ですね。これならなんとか乗り越えてくれそうです。体も輪郭がはっきりしてきていい馬体になってきていますし、ここからまた暑くなるようなので、汗もかいてもう一絞りできそうですね。馬もきついところでしょうが補液などケアしながら進めていきます」

2019.07.17 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと本馬場で追い切り。
芝 70.0-53.6-39.1-12.0 馬なり
内シークレットアイズ仕掛けに5F0.4秒先行1F併せ併入

杉原騎手「今日は本馬場で追い切りました。アルマーダが先に出て、途中一度相手を前に出し、直線また盛り返して併せるという実戦形式の追切でしたがうまく対応してくれていましたよ。コントロールも問題なかったですし、雨で重い馬場で時計はそれなりですが、併せてからの勢いもこちらのほうがよかったですね。だいぶトモがしっかりしてきて瞬発力も出てきたように思います。これまでの感じを見ると、競馬でもあまり急かさずに道中ついていければ最後はいい脚を使えそうな印象を受けました。初めての競馬となると道中どこまでついていけるかがポイントになるかと思いますが、能力はありそうなのでそこさえクリアできれば初戦から頑張れそうですよ」
※8月3日(土)新潟7R(芝1600m)を北村宏騎手で予定。

2019.07.11 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場で軽く乗りました。
助手「今日は軽く乗っておきました。まだもさっとしたところはあるものの、だいぶ体も締まって動きは良くなっていますね。昨日、本馬場でしっかりやりましたが、大きなダメージもなさそうですし、トモに少し疲れはきている感じなので、そこはしっかりケアしておきます。ただ、ここにきて結構煩くなってきていて、午後の歩様チェックでも立ち上がったりわがままな面をみせたりしてきているので、精神面には気を付けて進めていきます。来週までやってみて新潟1週目にいくか2週目にするか決まると思います」

2019.07.10 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと本馬場で追い切り。
芝 67.5-51.7-37.6-12.9 馬なり
中クラヴィスオレア馬なりを5F0.4秒追走1F併せ併入
外ソルドラード馬なりを5F0.8秒追走1F併せ併入

北村宏騎手「後ろから出て直線は内に併せました。確かにまだ緩いところはあるのですが、思っていたよりはちゃんと動けましたね。併せにいくときの反応も良かったですし、大きい馬としては素軽さも感じました。芝で走りやすいのもあったとは思いますが、全体を通して悪くなかったですよ。まだ最後併せてからあれ以上伸ばすと走りがバラバラになりそうでしたし、道中少し右にもたれそうになったりする面はあったので、課題はそのあたりでしょうか。乗り込んで教えていけば解消してくるとは思うので、競馬までにそのあたりを意識していきたいですね。落ち着きもあって精神面は大丈夫そうでしたよ。」
※新潟1週目か2週目を予定。

2019.07.04 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダクを15分。
助手「今日は軽い調整です。いい意味で変わりなくというところですね。まだ体がしっかりしていない中で追い切りを重ねているので疲れも溜まってくるころかとは思いますが、ここまでは頑張って耐えてくれていますよ。少しずつトモも使えるようになってきていますし、先週あたりは少しテンションが心配でしたがこのくらいで収まってくれていれば大丈夫だと思います。飼い葉も食べて体調は問題なくきているのでこのまま乗り込んでいきます」

2019.07.03 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
アルマーダ     53.9-40.0-25.9-12.5 馬なり
クラヴィスオレア  54.3-40.3-26.2-12.6 馬なり

助手「今日は坂路で追い切りました。後ろから追いかけて最後まで伸ばしてみましたが、緩いなりにいい動きをしていましたよ。まだ慣れていないのもあって前の馬に並びかけるときに促さないといけませんが、並びかけてしまってからは楽に上がってくることができました。嫌がっているとか馬を気にしているわけではなくて、ただまだわかっていないだけという感じなので、慣れてくればもう少しスッと加速できるようになると思います。トモもだいぶしっかり入るようになってきていますし、体も締まって動けるようになってきていますよ」
藤澤調教師「やはり動き自体はいいものがありますね。苦しくなってくるころではありますがなんとか乗り越えてもらいたいところです。今のところ新潟の1週目か2週目で考えています」

2019.06.28 : 美浦:藤沢和雄厩舎
坂路1本後、ゲート試験を受け合格。
杉原騎手「雨もさほど降らず馬場も悪くなかったのでゲート試験を受けました。昨日の練習では少しソワソワしていたので少し心配でしたが、何とか気合を付けて入れ、スタートも普通に出てくれました。2本とも入りをこばむ仕草を見せていたように、疲れが溜まって精神的にも堪えているのだと思います。それだけにここで無事に合格できて何よりでした。入厩以来ここまで乗ってきて疲れもピークに達していると思うので、この後は少し楽をさせながら進めて行くことになると思います」
※8月3日(土)新潟7R(芝1600m)を目標に調整を進めます。

2019.06.27 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。ゲート練習。
杉原騎手「軽く乗ったあとに一通りゲート練習をやりました。先週やったときにも大きな問題がなかったですが、今日もスムーズに出るところまでできましたよ。出るのもわりと速いほうなので、これができれば合格できるレベルだと思います。ただ、進めてきてピリッとしてきたというか煩いところを見せだしていて、今日も中で少し怪しいところはあったのでそこは気を付けたいと思います。天気次第ですが、明日試験を受ける予定になっています」

2019.06.26 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと本馬場で追い切り。
芝 70.6-54.7-40.3-12.6 馬なり
内レッドクレオス馬なりに5F0.6秒先行1F併せ併入
外クラヴィスオレア馬なりに5F0.6秒追走1F併せ併入

助手「今日は2番手で追い切りました。ウッドが改装中で使えないので芝に入れてみましたが、芝のほうが適度に硬さもあって走りやすいのかトモの入りも良かったですよ。後ろからクレオスに突いてもらうような形でしたが、ちゃんと反応もしていましたし、やるごとに動きは良くなっていると思います。先週末に追い切ったときは後ろから来た馬を気にして耳を絞るようなところもありましたが、今日はそのようなところもなく慣れてきているようですね。まだ体を使い切れていないですが、徐々にアクションも大きくなってきているのでこのまま乗り込んでいきます」
※新潟開催を予定。

2019.06.20 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。ゲート練習。
杉原騎手「坂路を上がったあとにゲート練習をやりました。入りもすんなりでしたし、中でも大人しかったですよ。初めてだったのでさすがに出るのはわかっていませんでしたが、これは練習していけば大丈夫でしょう。普段は気難しいところも見せているようですが、今日の感じならゲートはそれほどてこずらないと思います。走り自体はまだまだこれからという感じではありますが、走っている間は真面目なので、乗り込みには支障はなさそうですよ。時間もないので乗り込みながらゲートもやっていきます」
※新潟デビューを目標に進めていきます。

2019.06.19 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドコースで調整。
助手「今日はウッドを単走で走らせました。前の誘導を見ながらという形でしたが、この形だと気が入らないのか促さないとスピードが上がらなかったです。進めてきてどうも集中が続かないというか散漫な面が出てきているのもあると思います。日曜に3頭併せの2番手でいったときには後ろの馬につられる感じでいい動きが出来ていたので気持ちひとつだとは思うのですが。普段から少し我の強い面も見せ始めているので、怪我などしないように気を付けていきます」

2019.06.13 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は北馬場で乗りました。やはり自分でトモをかばっているような走りになってしまいますね。そのため緩さが抜けてこず、体全体に疲れがきやすいのだと思います。無理やりにでもトモを使わせるように乗ってきましたが、そうすると自分でバランスを取るのが難しい感じにはなっていました。ここを乗り越えてもらわないと速いところをやっていったときにすぐにガクッときそうなので、トモの強化を重点にやっていきます」

2019.06.12 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドで調整。
助手「今日はウッドに入れてみました。初めてでフワフワするのが嫌だったので、クレオスに合わせてもらいながらという感じでしたが、それなりに走れていましたよ。ただ、まだ体の使い方がわかっていないというか使い切れていないところがあるので、馬自身集中力が続かず惰性で走っているような感じはありますね。そのあたりは体が絞れて体を使えるようになれば、走りも楽になって気持ちも切れないはずなので、そこを意識して進めていきたいと思います。ゲート試験もあるので練習も入れながらやっていきます」

2019.06.06 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
助手「昨日帰厩しました。今日は柴山騎手に乗ってもらって坂路を上がりましたが、いい手応えで落ち着きもあったということでした。1年ぶりのトレセンにしては昨日からテンションが上がったり物見をしたりということもないですし、体も大きくなって成長のあとが見えますね。元々バランスのいい馬でしたが、そこに筋肉がついていい馬体になっていますよ。この後速いところをやっていってトモがどうなるかですが、ゲートもやらなくてはいけませんし時間もないので、できる限りケアしながら進めていくつもりでいます」

2019.06.05 : 美浦:藤沢和雄厩舎
本日、美浦トレセンに移動しました。

2019.05.31 : ノーザンファーム天栄
527キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で15-14を乗っています。先週から大きく変わったところはありませんし、乗り込みながらもトモの具合は良くなっている印象です。飼葉も毎日完食していますし、脚元もケアしながら進めているので心配ありません。今週の入厩はなさそうですが、いつ声が掛かってもいいように調整していきます」

2019.05.24 : ノーザンファーム天栄
527キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で15-14のペースで乗っています。終いのペースを少し上げてみました。まだトモの入りにワンパンチ足りない感じはあるものの、先週よりは良化しています。脚元の違和感もなく、体調も悪くありません。来週入厩のプランもあるので、この調子で進めていきます」

2019.05.17 : ノーザンファーム天栄
530キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で15-15までペースを上げています。ペースを上げる前は動きも良かったのですが、このペースだとトモの入りが甘くなり、全体のフォームも崩れてしまいます。少し疲れも感じるので、入念にケアを行い、しっかり立て直していきたいところです」

2019.05.10 : ノーザンファーム天栄
531キロ。
担当スタッフ「先週末に熱発してしまったので日曜日までは舎飼で様子を見ましたが、熱はすでに下がっていますし、元気もあったので、月曜日からいつものように乗っています。坂路のペースは16-16に落としていますが、動きは悪くありませんし、体調面は問題ありません。来週からはペースを戻して、しっかり乗り込んでいきたいと思います」

2019.05.03 : ノーザンファーム天栄
531キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。引き続き緩めず乗っていますし、左前のソエの痛みも徐々に軽減されています。稽古の動きにも安定感があって良い動きですよ。息もできているので、いつ帰厩の声が掛かってもいいような状態にはあると思います」

2019.04.26 : ノーザンファーム天栄
533キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。まだ左前のソエの痛みはありますが、しっかりケアしているので休まず乗り込めています。坂路の動きは躍動感もあり、体付きもだいぶ良くなって来ました。このまま帰厩に向けて乗り込んでいきたいと思います」

2019.04.19 : ノーザンファーム天栄
532キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。動きや息遣いは良いのですが、追い切った後は、先週から出ていた左前ソエが気になりますね。元々、脚元が丈夫な馬ではないので、コンスタントに負荷を掛け続けられない現状です。それでも楽をさせる日でもフラットワークでジックリ長めに乗るようにしています。今のところ休まず乗れてはいるので、しっかり体調管理しながら進めていきたいと思います」

2019.04.12 : ノーザンファーム天栄
530キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で14-13のペースで乗っています。このペースでも安定して動けていますし、トモの踏み込みも最後まで甘くならずに坂路を駆け上がって来ます。左前に少しソエは出ていますが、しっかりケアしているので、大きな支障とはなっていません。近々帰厩する予定なので、この後もコンディションを整えていきたいと思います」

2019.04.05 : ノーザンファーム天栄
534キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で14-13を乗っています。先週までの動きを見ても着実に良化しているので、終いのペースをもう一段階上げてみました。反応もあってスッと動けていましたね。トモの入りも良い意味で変わりませんし、体調面も良好。帰厩に向けて良い流れで調整ができています」

2019.03.29 : ノーザンファーム天栄
531キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-14を乗っています。トモをしっかり踏み込めるようになってきましたし、稽古後も入念にケアしているので、脚元の違和感もなく乗り進めることができています。ここに来て軌道に乗ってきたので、帰厩に向けて更に状態を上げていきたいと思います」

2019.03.22 : ノーザンファーム天栄
533キロ。
担当スタッフ「トモの感じがだいぶ良くなってきて、脚元の疲れも解消しているようなので、今週は坂路で14-14にペースを上げて乗っています。ここに来てフットワークがしっかりしてきたように感じますし、息遣いなども気になりません。引き続き脚元をケアしながら乗り進めていきます」

2019.03.15 : ノーザンファーム天栄
538キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で15-15にペースを上げています。トモの感じは先週より良くなっていて、フットワークも悪くありません。ただ、バリバリやり過ぎて疲れを溜めてはいけないので、坂路の翌日は周回コースで軽めに乗るなどメニューにメリハリをつけています。焦らず馬に合わせて進めながら状態を上げていければと思います」

2019.03.08 : ノーザンファーム天栄
540キロ。
担当スタッフ「今週から坂路に入れて17-17のペースで乗っています。周回コースで乗り込んでいる時はトモの感じは悪くなかったのですが、坂路でペースを上げていくと、まだ踏み込みに甘さがありますし、トモにも疲れが溜まりやすいようです。入念にケアしながら対応していきますが、ペースアップは慎重に考えています」

2019.03.01 : ノーザンファーム天栄
543キロ。
担当スタッフ「先週まで乗らずに楽をさせていたので、右トモの入りも良くなってきました。今週から周回コースでダクとハッキング程度のペースで乗っています。乗るとまだトモがついて来ない感じはありますが、ケアしながら進めていければ大丈夫だと考えています。馬自体は元気一杯ですので、煩くなり過ぎないように注意しながら進めます」

2019.02.22 : ノーザンファーム天栄
545キロ。
ここまで楽をさせているのですが、いまひとつ右トモの状態が良化して来ませんね。今週はトレッドミルとマシン運動を日替わりで行っていますが、良くなる感じではなく、小康状態といったところです。引き続き脚元のケアを入念に行い、何とかコンディションを上げていければと思います。

2019.02.15 : ノーザンファーム天栄
540キロ。
今週はトレッドミルで調整にしています。右トモの疲れはまだ見られるものの、先週よりは硬さも取れて来たように思います。飼葉は毎日完食していて、体調自体に不安はありませんが、無理はさせられないので、乗り出しのタイミングは慎重に検討していきます。

2019.02.08 : ノーザンファーム天栄
532キロ。
先週までは順調に乗り進めていましたが、ここに来て右トモに疲れが見られるので、今週は大事を取ってマシン運動だけにして様子を見ています。以前も疲れが溜まってきた時に歩様に硬さが見られ、一度メニューを緩めていますが、今回も同じような症状かと思います。故障明けの馬だけに入念にケアしながら慌てず進めさせてもらいます。

2019.02.01 : ノーザンファーム天栄
523キロ。
今週も坂路で15-14のペースで乗っています。カーッといってしまうようなこともなく、落ち着いて走れているのが良いですね。息遣いもしっかりしています。一息入れましたが、乗り出しを再開してからは休まずに調整できています。馬の状態を見ながら徐々にペースを上げていきたいと思います。

2019.01.25 : ノーザンファーム天栄
525キロ。
先週までは軽めのメニューで抑えていましたが、楽をさせたことで疲れも取れていますので、今週は坂路にて15-14のペースで乗っています。少し硬さはありますが、走り出してしまえば動きはしっかりしていますし、息遣いも上々です。乗り出しを再開してからはスムーズに調整ができていますよ。

2019.01.18 : ノーザンファーム天栄
522キロ。
先週までは良いリズムで乗り込めていたのですが、体が硬くなってきて疲れが見え始めているので、今週はペースを落として周回コースで軽めに乗っています。緩めてからは元気を取り戻して飼葉の食いも良くなっています。今週まで現行メニューで様子を見て、来週は馬の状態次第で考えます。

2019.01.11 : ノーザンファーム天栄
525キロ。
今週も坂路にて14-14のペースで乗っています。派手なアクションこそないものの、しっかり動けているので良いかと思います。変わらず順調に来ているのが何よりです。脚元も入念にケアしていますし問題ないですね。帰厩に向けてこの調子で進めていきます。

2019.01.04 : ノーザンファーム天栄
524キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で14-14までペースを上げています。15-15で入念に乗っていたので、ペースを上げても良い走りをしていますし、脚元も大丈夫そうです。早ければ1月末辺りの入厩となりそうなので、引き続き入念に乗り込んでいきます」

2018.12.21 : ノーザンファーム天栄
529キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で15-15のペースで乗っています。速いところを乗る時もガーッと行くわけではなく自分のリズムで走れています。それでいて行きっぷりも悪くないですよ。脚元も問題なくきていますし、飼葉の食いも安定しています。近々の帰厩も視野に入れているようなので、この後も入念にケアしながらやらせてもらいます」

2018.12.14 : ノーザンファーム天栄
535キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で15-15のペースで乗っています。このペースなら楽な手応えで走れているように、動きには良いモノがあると感じています。脚元も入念にケアしながら進めているので、乗り進めても悪化するようなことはありません。今のところ順調に来ているので、このままケアしながら進めていきます」

2018.12.07 : ノーザンファーム天栄
535キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で15-15で乗っています。引き続き動きは軽快ですし、脚元の違和感もないですね。飼葉の食いも安定していて体調も良好です。ここまでスムーズに来ているので、この調子で乗り進めていきたいと思います」

2018.11.30 : ノーザンファーム天栄
532キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で15-15のペースで乗っています。ここまでしっかり乗り込んできたので、このペースでも最後まで鈍らず走れていますし、息遣いも良いですね。脚元も良い意味で変わらず飼い食いも安定しています。寒くなってきたので、脚元のケアは入念に行っていきます」

2018.11.23 : ノーザンファーム天栄
524キロ。
今週も坂路で17-16のペースで乗っています。このペースにも慣れてきて抑え切れない手応えでグイグイ進んでいきますよ。活気があって雰囲気も良いですね。走り終えてもすぐに息が戻るなど、余裕を持って動けています。今は脚元も変わらず来ているので、良い流れで調整できていると思いますね。

2018.11.16 : ノーザンファーム天栄
530キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で17-16のペースで乗っています。終いを少しだけ速くしてみましたが、行きっぷり良く楽な手応えで走ってきますね。硬さもなく体の使い方も問題ありません。息遣いもしっかりしていて、飼葉の食いも良く、こちらで乗り出してからはスムーズに調整ができています」

2018.11.09 : ノーザンファーム天栄
528キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で17-17のペースで乗っています。乗り込むごとに素軽さも出て来たように思いますし、前進気勢のある馬なので、自分から進んでいこうとします。それでも折り合い面は問題なく、乗り手とのコンタクトもきちんと取れています。息遣いも問題ないですし、ここまでは順調に来ています」

2018.11.02 : ノーザンファーム天栄
525キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で17-17のペースに上げています。乗り込みを進めても脚元に違和感はありませんし、動きも力強いですね。折り合いもしっかり付ける事ができますし、やはりセンスの良い馬だと思います。とはいえ大きな怪我を負った馬ですし、慌てずに進めていきたいと思います」

2018.10.26 : ノーザンファーム天栄
527キロ。
担当スタッフ「今週から周回コースと坂路で乗っています。坂路では20-18くらいのペースですが、これくらいなら余裕がありますし、動きも良いですよ。気合い乗りも程良くあって雰囲気も悪くありません。まずはしっかり乗り込みながら体力を強化していければと思います。右トモを中心に入念にケアをしながら対応していきます」

2018.10.19 : ノーザンファーム天栄
540キロ。
担当スタッフ「先週の金曜日に入場しました。こちらでも入念に状態をチェックしましたが、故障した箇所も大丈夫そうですし、歩様も気にならなかったので、2日間はマシン運動で楽をさせましたが、月曜日から周回コースでハッキング2000mを乗っています。休んでいた分、まだ走りや体付きに緩さはありますが、馬自体が動こうという意思を示してくれているのは良いですね。まずはジックリ乗り込んで体力不足を解消していきたいと思います」

2018.10.12 : ノーザンファーム天栄
本日ノーザンファーム天栄に移動。
担当スタッフ「ここまでじっくり進めて来て、歩様や踏み込みが良くなって来たので、今週からキャンターを開始しています。ようやく普通に乗れるようになりましたね。ただ、当然ですが、まだ体が太く緩さもあります。今日天栄に移動するので、向こうでしっかり乗り込んでもらいます」

2018.10.05 : ミホ分場
マシン60分、ダクと軽いハッキング20分。546キロ。
担当スタッフ「故障した箇所は日に日に良くなってきて踏み込みなども気にならないので、今週から乗る量を増やしています。まだ、天栄への移動時期ははっきりしませんが、いつでも移動できるようにケアしながら進めて行きます」

2018.09.28 : ミホ分場
マシン60分、ダクと軽いハッキング10分。536キロ。
担当スタッフ「先週から軽く乗り始めていますが、歩様等問題ないので今週から軽いハッキングを始めました。当初は浮腫んでいたりしていましたが、乗り始めてむしろ落ち着いて来ています。日に日に良くなっているので、近々、天栄に移動する事になりました」

2018.09.21 : ミホ分場
ダク15分。536キロ。
担当スタッフ「今週から軽く乗り始めました。まだ回ったりするとぎこちない感じはありますが、直線では歩様も良いですね。この後もケアしながら急がずにゆっくり進めて行きます」

2018.09.14 : ミホ分場
マシン運動30分。538キロ。
担当スタッフ「先週からマシンで動かしていますが、歩様等気になるところはありません。まだ患部に浮腫みが出たりすることはあるので、しばらくはケアしながらゆっくり進めて行きます」

2018.09.07 : ミホ分場
マシン30分。534キロ。
担当スタッフ「先週末、トレセンの獣医師が診察に来てレントゲンを撮ったところ、順調に回復しているとの事で、今週から少し時間を延ばして運動させています。今週から包帯も外して多少の浮腫みは出ていますが、今まで締め付けていた影響もあると思うので、時間が経てば、徐々に解消してくると思います。歩様も問題ないので、この後もケアしながらゆっくり進めて行きます」

2018.08.31 : ミホ分場
曳き運動15分。529キロ。
担当スタッフ「ここまで歩様等に問題はなく、少しずつですが良くなって来ているので、今週から少し運動時間を延ばしました。今週はトレセンの獣医の都合が合わず、まだ診療に来られていませんが、近いうちに来られる予定なので、その診断次第で今後のメニューが決まると思います」

2018.08.24 : ミホ分場
曳き運動10分。535キロ。
担当スタッフ「まだ軽い運動だけですが、順調に回復して来ています。今週末か来週くらいに獣医に診てもらって、この後どう進めて行くか決めて行く予定です」

2018.08.17 : ミホ分場
曳き運動10分。539キロ。
担当スタッフ「今は曳き運動だけですが、毛艶も良いので内臓面もしっかりしていると思います。順調に回復しているので、この後もケアしながらゆっくり進めて行きます」

2018.08.10 : ミホ分場
曳き運動10分。537キロ。
担当スタッフ「引き続き曳き運動だけですが、庇うところもなくしっかり歩けているので、見た目にも良くなって来ている感じです。とはいえもうしばらくはケアしながらゆっくり進めて行きます。夏バテもなく元気もありますよ」

2018.08.03 : ミホ分場
曳き運動10分。529キロ。
担当スタッフ「その後の経過も順調で、現在は軽い運動だけなので元気も良く、煩いところも見せるようになっています。今のところ8月末くらいから軽く乗って行く予定です」

2018.07.27 : ミホ分場
曳き運動10分。
担当スタッフ「今は無理せず軽めの運動だけですが、夏バテせずに元気もあるので、引き続き運動は続けていけると思います。これまでの経過は順調です」

2018.07.20 : ミホ分場
曳き運動10分。522キロ。
担当スタッフ「曳き運動を始めてから最初は少し煩いところを見せていましたが、日に日に落ち着いて来ています。まだ無理はできないので、暴れたりしないように気を付けながら進めています」

2018.07.13 : ミホ分場
曳き運動10分。519キロ。
担当スタッフ「軽い運動だけで物足りないのか少し煩いところも見せていますが、歩きは良くなっているので、この後も気を付けながらゆっくり進めて行きます」

※今月末の本馬の見学はご遠慮いただきますようお願いいたします。

2018.07.06 : ミホ分場
曳き運動10分。530キロ。
担当スタッフ「金曜日にトレセンから戻ってきました。診療所から今後のメニューを渡されましたが、この後2か月くらいは曳き運動を10分くらい慣らしていく方針とのことでした。動けるようになって煩いところも見せるようになってきましたね。元気が良いのはいいのですが、怪我などないようこの後も気を付けながら進めて行きます」

2018.06.29 : ミホ分場
本日、入院馬房を退院し、ミホ分場に移動しました。当面は舎飼となり、洗い場や体重を量る時などに軽い運動をさせます。

2018.06.28 : 藤沢和雄厩舎→ミホ分場
入院中。
藤澤調教師「手術も問題なく終了しここまでの経過もいいようです。まだ子供のこの時期に長い舎飼生活はストレスもかかるでしょうが、ここまでは我慢してくれていますね。明日ミホ分場に移動予定ですが、獣医さんとも話して立ち上げの時期を探っていきます」

2018.06.27 : 美浦:藤沢和雄厩舎
入院中。
助手「手術は無事に終わりました。患部も問題なく回復しているということで、ここまでは順調にきていますね。ずっと馬房にいるにしては落ち着いて過ごしてくれていますし、飼い葉も全部食べているように患部以外はなにも問題ないですよ。今のところ金曜にまた分場に戻って、状態を見つつ動かす時期を探っていくことになると思います」

2018.06.21 : 美浦:藤沢和雄厩舎
今日、午後から手術。
助手「今回はピンを抜いて回復具合を確認するだけなので、前回の手術よりは負担もかからないと思います。そのまま10日ほど入院馬房に入って、問題なければまた分場に放牧、様子を見ながら少しずつ動かしていくという予定になっています」

2018.06.20 : 美浦:藤沢和雄厩舎
本日、美浦トレセンに移動しました。明日ピンを抜く手術をして10日ほど入院の予定です。

2018.06.15 : ミホ分場
舎飼。
担当スタッフ「6月13日にトレセンから獣医師がきてレントゲンで確認しました。順調に回復しているとの見解で、今月末か7月の始めに一旦トレセンに移動してボルトを抜く手術を行うことになりました。今は脚もしっかりつけていますし、元気も出て来ています」

2018.06.08 : ミホ分場
舎飼。 
担当スタッフ「体重を計る時と洗い場に出る時にゆっくり歩かせていますが、脚はしっかりつけていますし経過は順調に来ています。この後も細心のケアを図っていきたいと思います。馬自身は元気もあって体調も良さそうですよ。体重は499キロです」

2018.06.01 : ミホ分場
舎飼。499キロ。
担当スタッフ「基本は舎飼のみですが、体重を計る時に軽く歩かせたりして気分転換させているので、馬房でもイライラすることも無く落ち着いています。経過は順調です」

2018.05.25 : ミホ分場
舎飼。493キロ。
担当スタッフ「先週より右トモをつく時間も長くなっているので、症状も少しずつ落ち着いて来ていると思います。飼葉は少しずつですが、最終的にはしっかり食べていますし、経過としては順調だと思います」

2018.05.18 : ミホ分場
舎飼。
担当スタッフ「与えた飼葉はしっかり食べていて体調は悪くなさそうですし、トモ脚もつけるようになっています。6月にトレセンの獣医師がレントゲン撮りにくる予定なので、それまでは気を付けながら見ていきます」

2018.05.11 : ミホ分場
本日、ミホ分場に移動しました。

2018.05.10 : 美浦:藤沢和雄厩舎
入院中。
助手「昨日、包帯を巻き替えるときに患部を確認しましたが、順調にいっているとのことでした。これなら移動しても大丈夫ということなので、今週土曜にミホ分場に移動する予定になっています。そのあとは分場のほうで治療を進め、3か月を目途に止めているピンを抜く手術のために再び入院ということになりますね。まだ外で動けるようになるにはしばらく時間が必要ですが、分場でもあまり暴れたりせずに早く治っていってほしいと思います」

2018.05.09 : 美浦:藤沢和雄厩舎
入院中。
助手「引き続き入院中です。さすがに外に出られないストレスも溜まってきていますが、患部は順調に良化しています。手入れをしていて襲ってきそうになるなど精神面は危ういところですが、もう少し我慢してもらわないといけないですからね。今日の午後から患部を巻き替えて状態を見ますが、特に問題ないようなら早ければ週末くらいに退院できるかもとの獣医さんのお話でした」

2018.05.03 : 美浦:藤沢和雄厩舎
入院中。
助手「変わりなくきていますよ。楽しみが飼い葉しかないので餌の気配を感じると鳴くなど催促してきますし、毛艶や体の張りなどを見ても体調自体は問題なくきているように見えますね。2歳のまだ子供の時期にずっと舎飼いで馬も大変ですが、早く治すためにもなるべくストレスが溜まらないようにしてあげたいと思います」

2018.05.02 : 美浦:藤沢和雄厩舎
入院中。
助手「手術後も順調にきています。今日は包帯を巻き替えてレントゲンを撮りましたが、患部も問題なくきているということでした。あと1週間くらい様子を見て回復が順調なら、退院の目途が立つという獣医さんのお話でしたよ。馬房の中で歩様を見るのに少し歩かせたりしましたが、ほとんど痛みもないのか、歩様には見せていなかったです。さすがに少し煩くはなっていますが、食欲もありますし、脚以外は元気にしていますよ」

2018.04.26 : 美浦:藤沢和雄厩舎
入院中。
助手「昨日の午後からの手術は無事に終了しました。手術に当たって改めてレントゲンを撮って中を確認したところ、最初の見立てよりは骨折線が短く、これならプレートは入れずにピンで止めるだけで大丈夫ということでしたので、ピンで固定する手術をおこないました。それに伴い最初は復帰まで1年ということでしたが、順調に回復すればそれより短い期間で競馬に使えるかもという獣医さんのお話でした。一か月弱こちらで入院し、問題なければ近郊の牧場に移動、三ヶ月後くらいに、止めているピンを抜く手術を改めておこなう予定となっています。全身麻酔での手術でしたが、今朝なども元気のいいところを見せていましたし、手術にあたり絶食させていたので、早く餌を食べたいとアピールするくらい食欲もありそうでしたよ。このあとしばらく舎飼いでの生活になってしまうので、なるべくストレスを溜めないようにケアしてあげたいと思います。最初の見立てよりはひどくなくて安心した部分もありますが、これからの回復具合が重要になってくるので、こちらにいる間は注意してみていきます」

2018.04.25 : 美浦:藤沢和雄厩舎
昨日の調教後に歩様が乱れ、レントゲン検査を行ったところ骨折が判明しました。
助手「昨日坂路を15-15くらいで上がったところ歩様が悪くなってしまったので、レントゲンを撮ったところ、右トモの骨折が判明しました。入れ込んだりすることもなく遅いペースで走っていたのですが、途中で少しトモを滑らせるようなところがあったのでそこでやってしまったかもしれません。入厩早々このようなことになり申し訳ございません」
藤澤調教師「右トモの管骨にかけての骨折ということで、獣医さんによると程度としては軽くはないとの診断でした。今日の午後から患部にボルトを入れる手術をしますが、それだけの怪我ということで、競馬ができるまでに一年くらいはかかってしまうかもしれません。牧場にいるときから能力がありそうで、早めにデビューできると踏んで連れてきたのですが、強い調教の前に骨折ということになり誠に申し訳ございません。まずは今日の手術を見守りたいと思います」

2018.04.20 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分、その後、坂路1本。
助手「入厩初日になりますが、運動の時から落ち着いていましたし、坂路下まで来る時も、煩いところも見せずにマイペースで歩いていましたよ。坂路に入る時も落ち着いていて、おろし掛けからハミを取ってスムーズに入れましたし、走りもしっかりしていました。背中の良い馬でパワーもありそうなので、これから乗り込んで行けば楽しみな馬だと思います。牧場の報告書では、時々煩くなることもあると書いてありましたが、今日の感じなら問題ないと思います。飼葉も食べています」

2018.04.19 : 美浦:藤沢和雄厩舎
本日、美浦トレセン・藤澤厩舎に入厩しました。

2018.04.18 : ミホ分場→藤沢和雄厩舎
19日(木)美浦トレセン・藤澤厩舎に入厩します。

2018.04.13 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3600mを25-25秒。496キロ。
担当スタッフ「今のところは乗っていても落ち着いているし、走りもしっかりしています。飼い葉も食べていますね。ただ、調教後などは馬房の中でも煩いところを見せることがあるので、少しでも落ち着かせるようにしています。近々入厩の話もあるので、この後も心身のケアに努め、良い形で送り出せるようにして行きます」

2018.04.06 : ミホ分場
昨日ファンタストから無事に到着しました。
担当スタッフ「到着後に熱を計ったところ、38.3度だったので、すぐに補液を注入したところ午後からは落ち着きました。今日はダクだけ乗って様子を見ています。歩様も問題ないし元気もあるので、明日からはハッキングを始めようと思います。少し緩さは残っていますが、走り出せば気にならないので問題ありません。近々入厩予定になっているので、体調管理に努めながら態勢を整えていきます」

2018.03.30 : ファンタストクラブ
マシン運動30分、常歩2400m、角馬場調整、屋内ダート・坂路調整。
この中間から週2回坂路で15-15を取り入れています。前向きで前進気勢に富んだ動きが出来る子ですね。乗りながら馬体がしっかりしてきましたし、ロードカナロアらしい厚みも増しています。遅生まれのハンデも感じさせずに、入場以来早い組で順調に乗れているのは立派ですよ。調教師から4月に入ったらトレセンに移動させたいと連絡を受けましたが、以前から早期始動は視野に入っていたので準備はできています。初の長期輸送になるので、移動まで体調管理を優先に調整します。

2018.03.15 : ファンタストクラブ
マシン運動30分、常歩2400m、角馬場調整、屋内ダート・坂路調整。馬体重510キロ。
この中間も屋内ダートと坂路を併用して乗り込んでいます。この中間の坂路では18-18と無理はしていません。メリハリを利かせるために少しペースを落としているのですが、それでも休みなく乗り込みながら馬体重がさらに増えています。これは胸部やトモの筋肉が着実にアップしている証拠でしょう。動きも力強さの中にしなやかさもあって好感が持てます。遅生まれでも夏競馬から動けるくらい順調にきています。

2018.02.28 : ファンタストクラブ
マシン運動30分、常歩2400m、角馬場調整、屋内ダート・坂路調整。
メニューは今月を通して変わらず週2回の坂路では17-17を乗っています。坂路では単走、併走どちらでも走らせています。乗り込みを重ねて馬の形が変わってきましたね。筋肉がついて逞しさが出て、それが動きの力強さにも繋がっています。気性の穏やかな馬でしたが、徐々にピリッとしたところが出てきて、これは走る気持ちの面では良いほうに向いてきたと捉えています。問題なく順調なので早期デビューに向けて進めていきます。

2018.02.15 : ファンタストクラブ
マシン運動30分、常歩2400m、角馬場調整、屋内ダート・坂路調整。馬体重500キロ。
この中間も屋内周回コースと坂路を併用して乗り込んでいます。周回では1600~2000m、週2回坂路に入る前は周回で1200mを乗ってから登坂します。坂路では17-17までペースを上げました。坂路調教で左前を大きく振って走る姿を気にされる方もいるかと思いますが、これは肩や膝つきの未成熟な若駒が、気持ちばかり急いている時に見られる走り方ではないでしょうか。心配することではなく、成長と共に解消してくると思われます。馬体は相変わらず立派で動きに力強さがありますし、早期の移動も視野に進めていきます。

2018.01.31 : ファンタストクラブ
マシン運動30分、常歩2400m、角馬場調整、屋内ダート・坂路調整。馬体重500キロ。
この中間も屋内コースと坂路を併用して順調に乗り込んでいます。坂路は週2回20-20で。このペースなら余裕がありますし動きはいいですよ。切れを感じます。普段はおとなしいのに、稽古にいけばしっかり集中してくれるので、とても扱いやすく調整も楽。さほど胴伸びがなく詰まった印象があるので、マイル前後でスピードを生かす競馬が合っていそうですね。父のイメージ通りです。あくまで馬の状態次第ですが、調教師は早期デビューを目指して3~4月の移動することも視野に入っているようなので、それも念頭に置いて調整を進めていきます。

2018.01.15 : ファンタストクラブ
マシン運動30分、常歩2400m、角馬場調整、屋内ダート・坂路調整。馬体重491キロ。
年末年始は5日ほど楽をさせ4日から調教を再開。現在は坂路で17-17の年末までのメニューに戻しています。脚長、腰高に見える馬体ですが、5月の遅生まれですし、これからどんどん良いバランスに変わってくると思います。未完成な現時点でも、背腰に力がついてきて、動きにしなやかさと力強さが増してきたのが普段の動きからも感じ取れます。何の問題もなく順調にきています。このまま進めていきます。

2017.12.26 : ファンタストクラブ
マシン運動30分、常歩2400m、角馬場調整、屋内ダート・坂路調整。馬体重488キロ。
ハッキングキャンター1600~2000m、坂路には週2回入れて併せ馬で20-20を消化。やや詰まり気味の体型はロードカナロアが出ているかと思いますが、動かすと全身を使った伸びやかな走りができる馬です。普段はのんびりしているのに動かすと集中力を発揮するところもいいですね。走らせると良い馬だなというのが今の印象です。遅生まれなのでこれからの伸びしろも大きそうですが、現時点でもトモの甘さなどが解消してきて良い成長曲線を描いています。腰高でまだ大きくなりそうですよ。パワフルな馬に育ちそうです。

2017.11.30 : ファンタストクラブ
マシン運動30分、常歩2400m、角馬場調整、屋内ダート・坂路調整。馬体重479キロ。
20頭ほどの1歳馬と集団調教を行っていますが、イレ込んだりすることもなく穏やかな精神状態で稽古に励んでおり、気性的な問題を見せることはありません。まだ緩さはありますが、バネの利いた動きができますし、間歩が大きくてしなやかな動きを見せています。カナロアの子らしくやや背中は短めですが、今も馬体は成長中なので、ここから横にも伸びるかもしれません。成長を阻害しないように乗り進めていきます。

2017.10.31 :
(ファンタストクラブ)
馬体重473キロ。
馴致も順調に進み、現在はミニダートコースで800mくらい乗るところまで進めています。気性がおとなしくてカリカリした面がなく、普段からリラックスして過ごせているのはいいですね。ロードカナロアの仔なのでこれからスイッチが入ってくる可能性もありますが、馴致にストレスを感じる様子がないのは何よりです。馬体重も順調に増えています。成長中ということで若干体型は崩れていますが、ここを経てまた良い身体に変わってくるはずです。これから徐々に乗る距離を延ばして、まずは走りの基礎と体力強化を重点に。年内はその形でしょうね。問題なく進めていけそうです。

2017.09.29 :
(ファンタストクラブ)
馬体重469キロ。
入場後も特に気になる点はなく、今は馴致を行っています。素直な気性で人を煩わせるところはないですし、ここまではとても順調。写真撮影のときも一発クリアで落ち着いていました。環境の変化で若干肉は落ちましたが、飼い葉は食べていますし、じき戻ると思います。胴伸びの良い馬なのでさらに大きくなりそうですが、体のバランスが良いので完成時には見栄えがしそうですね。

2017.09.21 :
(富田牧場→ファンタストクラブ)
20日(水)、富田牧場からファンタストクラブに移動しました。

2017.08.31 :
(富田牧場)
馬体重450キロ
体重もそうですが、体高154センチ、胸囲176センチと順調な成長を示してくれており、だんだんと身が入ってきました。遅生まれでもあり今後の変化も大きいとは思いますが、毎日の昼夜放牧に耐え、バネの利いた動きを見せる男っぽい若駒へと成長していく姿を、日々とても頼もしく感じています。そんな中で左トモの飛節の下を放牧地でぶつけたようで、まだポコッと腫れが残っているんですけどね。歩様は問題ないですし、痛みもなく馬も気にしていないので心配ないですよ。育成牧場への移動まで、引き続き体調を管理しながら成長を促していきたいと思っています。

このページのトップへ