大久保正陽元調教師が死去 3冠馬ナリタブライアンなどを管理

 JRAは25日、大久保正陽(まさあき)元調教師が病気のために21日に亡くなったと発表した。87歳だった。葬儀等は家族葬として執り行われた。

94年11月6日、菊花賞を制し、3冠馬となったナリタブライアンと大久保正陽調教師(左)

 57年に騎手デビュー。70年に騎手を引退して、71年に調教師免許を取得した。73年に開業。94年にナリタブライアンで3冠を達成、3冠トレーナーとなった。G1級勝利は11勝、重賞50勝を挙げた。通算成績は7007戦597勝。息子の龍志師は現役の調教師。

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。