【シルクロードS】テイエムスパーダ ハンデ気にせず 陣営「2、3番手でもいいよ」

 昨夏のCBC賞を逃げ切ったテイエムスパーダは当時から7キロ増のハンデ55キロを背負う。五十嵐師は「馬格があるし、そんなに気にならない。ハンデは全体に上がっているからね」と力を込める。前走の京阪杯は3番手追走から6着。「好位から勝ったこともあるし、何が何でも行かないといけないわけじゃない。すんなり運べれば2、3番手でもいいよ」とコンビ継続の今村に託した。

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。