【兵庫ジュニアGP】オマツリオトコが重賞初制覇 横山武「力があるのは分かっていました」

 ◇Jpn2・兵庫ジュニアグランプリ(2022年11月24日 園田ダート1400メートル)

<兵庫ジュニアGP>1着のオマツリオトコと横山武史騎手(右から2人目)

 オマツリオトコ(牡2=伊藤圭)が制し、重賞初制覇を飾った。オマツリオトコは父ヴィットリオドーロ、母マツリバヤシ(母の父スマートボーイ)の血統で、ダートでは3戦全勝とした。

 騎乗した横山武は「力があるのは分かっていました。結果を残せてうれしいです。スタートが得意ではないので、そこは気をつけていました。そわそわしていましたけど、デビューとか2走前に比べれば出るようになっていました。内が重たい印象だったので、砂をかぶらないように早めに外へ出しました。まだまだ成長の余地があって楽しみです」と話した。

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。