【ジャパンC】デアリングタクト しまい伸ばした、杉山晴師「疲れはなさそう」

 エリザベス女王杯6着デアリングタクトは池水助手を背に坂路単走。中1週とは思えない力強い脚さばきで4F54秒3~1F12秒6を刻んだ。杉山晴師は「中1週なのでテンはゆったり、馬のストライドに合わせて、しまいを伸ばしました。疲れはなさそう。動きも良かったです」とうなずく。舞台は阪神から東京へ。「オークスを勝っているし、いい条件だと思います」とイメージ。20年秋華賞以来の勝利を目指す。

デアリングタクト
記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。