【ジャパンC】シャドウディーヴァ 仕上げ悔いなし、斎藤誠師「自分の形なら見どころはある」

 今回がラストランとなるシャドウディーヴァは坂路で最終リハ。オメガロマンス(4歳2勝クラス)を1馬身追走し、いっぱいに追われ、馬体を併せてフィニッシュした。時計は4F54秒1~1F12秒6。斎藤誠師は「馬場が重くて時計は平凡だったが、動きは良かった。脚元も治療して、しっかり負荷をかけられた。仕上がったし、自分の形なら見どころはあると思う」と出来に自信。最後にファンを沸かすことができるか。

オメガロマンス(左)と併せて追い切るシャドウディーヴァ(撮影・郡司修)
記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。