【ジャパンC】オネスト 軽やかキャンター、シャペ師「晴れ予報はありがたい」

 オネストは同じくフランスから参戦のシムカミルと一緒に東京ダートでキャンター。前で先導する形を取り、のびやかなフォームで1F15秒台。コースを3/4周した。シャペ師は「自分の馬というより、シムカミルが落ち着くので一緒に調教しています。シムカミルはオネストの後ろ姿を見るのに慣れているでしょう」と快勝した7月パリ大賞(2着シムカミル)をさりげなくアピールした。24日は初コンビのルメールが騎乗予定。「追い切りという感じではないけど、最後の200メートルぐらいスピードを上げる予定。(レース当日まで)晴れ予報はありがたい」と手応え十分だった。

ダートコースで調整するオネスト(撮影・村上大輔)
記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。