【ジャパンC】ボッケリーニ 時計地味も自信、池江師「しまいの反応は良くなっている」

 ボッケリーニは実戦タイプ。最終追いのCWコースはラスト1F11秒3で動いて格下のコバルトブルー(6歳2勝クラス)に1馬身半先着したが、全体時計は6F85秒2といささか地味。それでも池江師は自信ありげ。「今朝は指示を出さずジョッキー(浜中)に任せました。全体の時計は目立たないが、しまいの反応は良くなっている」と話す。前走・京都大賞典は上がりの勝負でヴェラアズールに足をすくわれて2着。「結果は残念だけど内容は良かった。今度は流れが遅くなることもない。舞台はこの馬に合っている」と反撃に手応えありだ。

浜中を背にCWコースにて併せ馬で追い切るボッケリーニ(左)(撮影・亀井直樹)
記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。