【札幌日経OP】ミスターX ボスジラ本命!好走の条件そろう

 タフさを求められる洋芝2600メートルの長丁場。豊富なスタミナが要求される「札幌日経オープン」はスタミナ自慢の個性派がそろった。

 国枝厩舎が3頭エントリー。一昨年のこのレースで2着に好走したボスジラを本命に推す。札幌芝2600メートルの舞台は4走して2勝、2着2回とパーフェクトな成績を残している。ディープインパクト産駒だが、切れで勝負するより、じわじわと長く脚を使うタイプ。時計を要しやすいこの舞台はベストの条件といえる。2走前からブリンカーを着用。その効果でここ2走は4、3着と復調気配を示している。7~9月にかけて【3・3・0・1】と夏場にグングン調子を上げてくる。好走の条件がそろっている。馬単(10)→(2)(3)(4)(6)へ。

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。