【札幌新馬戦】メイショウネムノキ 母は重賞2勝の良血、池添は慎重「使ってどれだけ良くなるか」

 札幌日曜5R(芝1800メートル)でデビューするメイショウネムノキ(牝=池添兼、父ロードカナロア)。母は重賞2勝のメイショウベルーガだ。函館で調整され、3日の最終追いには池添が駆けつけて感触を確かめた。鞍上は「一回疲れが出たみたいでサッと。きょうだいの中では一番(母の)メイショウベルーガに走り方が似ているかな」。目立った時計は出ておらず「使ってどれだけ良くなるか」とジャッジは慎重だ。昨年8月2日に天国へ旅立った母が残した最後の子が初陣を迎える。

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。