【宝塚記念】ウインマリリン 無理せずも復調気配!陣営「器用なので阪神内回りも合っている」

 栗東滞在の関東馬ウインマリリンはCWコースを軽快に駆け抜け、6F84秒7~1F11秒6を馬なりで刻んだ。大村助手は「無理をせずにという感じ。息は整っているし、いい頃の状態が戻りつつある」と好調をアピール。舞台に関しては「距離はいいし、器用なので阪神内回りも合っている」と歓迎した。ここ2走はエリザベス女王杯、大阪杯とも16着と大敗したが、G2・3勝の実力馬。本調子なら激走の可能性は十分にある。

CWコースで追い切るウインマリリン(撮影・亀井直樹)
記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。