【宝塚記念】グロリアムンディ リズム良く1F11秒5、福永「トモが成長して強化されてる」

 タフな馬場なら出番あり。グロリアムンディは2週連続で福永が騎乗、CWコース単走で6F86秒4~1F11秒5をマーク。首をリズミカルに使い軽快に駆け抜けた。鞍上は「先週に続いていい追い切りができたと思います。トモが成長して強化されています」と好感触をにじませた。約8カ月ぶりの芝挑戦が初のG1。「良馬場の時計勝負では厳しいかな。芝でも馬場の悪い時に好走していますし、当日の天候次第ですね」と雨馬場を希望した。

福永を背にCWコースで追い切るグロリアムンディ(撮影・亀井直樹)
記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。