【宝塚記念】アリーヴォ 目を引く動きを披露、杉山晴師「今まで一番いい動き」

 最大の敵は身内にあり!?デアリングタクトの復活Vを阻むのは同じ杉山晴厩舎のアリーヴォか。最終追いの坂路は終始手綱を抑えたままで4F54秒0~1F12秒2。目を引く動きの良さに指揮官は「動きに関しては今までで一番いいと思います」ときっぱり。武豊が騎乗した1週前のCWも秀逸。「リラックスして伸び伸び走れていた。内容に関しては120点が付けられる追い切り」と振り返り、「宝塚に挑戦するにふさわしい状態になった」と胸を張った。

坂路で集中した走りを見せたアリーヴォ
記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。