【宝塚記念】キングオブコージ ストレス抑え感触上々、安田翔師「調教は上手に走っていた」

 今年のAJC杯覇者キングオブコージは「レース前にエキサイトした」(安田翔師)大阪杯(11着)を教訓にストレスを掛けず、かつ過不足ない絶妙の仕上げ。最終追いのCWは調教師自ら手綱を取り、抑えたまま6F82秒0~1F11秒7の時計で締めた。安田翔師は「負荷は掛かっているが息の乱れもなかった。調教は上手に走っていたから、当日を気持ちが入り過ぎないように迎えられたら」とポイントを口にした。

Cウッドを単走で追い切るキングオブコージ
記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。