10歳馬ウェスタールンド引退、乗馬に 20年アンタレスSを制すなど活躍

 20年アンタレスSを制し、20年と21年の東京大賞典で2年連続3着に入るなどダート重賞戦線で活躍したウェスタールンド(セン10=佐々木、父ネオユニヴァース)の引退が決まった。サンデーレーシングが発表。

ウェスタールンド

 今季は4月17日のアンタレスS7着で休み明けを叩き、次走は平安S(5月21日、中京ダート1900メートル)を予定していたが、股関節の動きが良くないことから回避。年齢と負担を考慮し、現役を退くことになった。

 通算39戦6勝、今後は乗馬になる。

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。