【京都HJ】タガノエスプレッソ 逃げ切り障害重賞3勝目!石神は史上単独最多JRA障害重賞22勝

 中京8R・京都ハイジャンプは10歳になってもまだまだ元気!地力の違いを見せつけた。1番人気タガノエスプレッソ(牡10=五十嵐、父ブラックタイド)が逃げ切り、障害重賞3勝目を飾った。騎乗した石神はこれでJRA障害重賞22勝目、白浜の持つ記録を抜いてJRA史上単独1位の勝利数となった。鞍上は「結果を出すことができてうれしいです。まだまだ記録を伸ばしていけるように、一つ一つ勝利を積み重ねていきたい」とコメントした。

中京8R・京都HJで障害重賞3勝目を飾ったタガノエスプレッソと石神騎手(右端)

 レースは道中で10馬身以上離しての逃げ。直線でワーウルフが詰め寄ってきたが、半馬身差で振り切った。五十嵐師は「10歳でよく頑張っています。夏場はいつも休ませているので、この後は秋に備えます」と見通しを語った。

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。