【ヴィクトリアM】(2)ソングライン 大きさを感じる、陣営は前向き「東京マイルは文句ない条件」

 海外遠征帰りのソングラインは疲労感なしに元気いっぱい。ダートコース→坂路(4F74秒9)で汗を流した。関本助手は「サウジの方が寒暖差が激しく気候が厳しかった。その時より乗っていて大きさを感じる。東京マイルは文句ない条件で、内枠でもいい競馬ができている」と前向きな言葉を並べた。東京コースは連対率100%。G1初制覇にはもってこいの舞台だ。

ソングライン(撮影・西川祐介)
記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。