【ヴィクトリアM】パドックのツボ

 レイパパレの前走は外めをテンポ良く周回。バネがあって伸びやかに歩くので良く見せる。今回は東京までの長距離輸送があり、馬体重を維持できていれば理想的。レシステンシアは牝馬と思えない重厚感。前走は気持ち余裕を感じたので多少絞れればOK。デアリングタクトは長期休養を経てボリュームが増した。プラス体重は休養前に減った体が戻った分と成長分。パドックでは気合を前面に出すタイプ。首を下げ、テンポ良く周回する。ソングラインはサウジ遠征明け。当日、極端にチャカついていなければ力を出し切れる。

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。