西の開幕戦はロードジャスティスがV 松山「うれしいです」

 中京1R・3歳未勝利(ダート1800メートル)は大外枠から主導権を握った2番人気ロードジャスティス(牡=安田隆)が2着サドルに6馬身差をつけ、西の22年オープニングレースを制した。

<中京1R> 1Rを勝利し口取り写真に納まる関係者らとロードジャスティス。左端が松山弘平騎手 (撮影・亀井 直樹)

 松山は「スタートが良くて、道中もリズム良く運べました。最後まで余裕があったし、これからもっと良くなる。新年一発目(のレース)を勝つことができてうれしいです」と喜びを口にした。

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。