タイトルホルダー 右後肢痛め休養、昨年の菊花賞制し有馬記念で5着

 昨年の菊花賞馬で、暮れの有馬記念でも5着に健闘したタイトルホルダー(牡4=栗田)が、右後肢を痛めたため休養することが決まった。管理する栗田師は「右トモ(後肢)の具合が良くなくて、力が入らないような感じ」と状況を説明。当初は阪神大賞典(3月20日、阪神)で始動して天皇賞・春(5月1日、阪神)に向かうプランもあったが「これだけの馬なので、中途半端な状態ではレースに出したくない。今後の予定はいったん白紙にして、まずは放牧で休ませて、しっかり治したい」と話した。

有馬記念5着のタイトルホルダー
記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。