【京都金杯】傾向と対策

 過去10年の結果から傾向を探る(21年のみ中京、20年以前は京都で施行)。

 ☆人気 1番人気【3・1・1・5】が安定。2番人気は勝っていないが、3番人気【3・1・0・6】と上位勢が強い。ただし、昨年は12→2→14人気決着で、“中京”での金杯は荒れ模様か。

 ☆ハンデ 中心は55キロ【4・1・0・27】。54キロ【0・2・4・31】、56キロ【1・2・2・31】は苦戦している。狙うなら57キロ以上の実績組。【2・5・2・25】としっかり連に絡む。

 ☆前走クラス オープン(リステッド含む)組【6・1・5・51】が、重賞組【4・7・4・73】を勝率で上回る。条件戦からの上がり馬は一頭も勝てていない。

 結論 ◎ヴェロックス ○エアロロノア ▲メイケイダイハード

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。