ポエティックフレア 社台スタリオンステーションで種牡馬入りへ

 今年の英2000ギニー、セントジェームズパレスSを制したポエティックフレア(愛国、父ドーンアプローチ)が現役引退し、社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが分かった。海外メディアの「サラブレッドデイリーニュース(TDN)」が13日、報じた。3代父がガリレオ、母父がデインヒル直子ロックオブジブラルタル。世界を席巻するサドラーズウェルズ系ながら、日本国内の有力種牡馬は少なく、同馬に懸かる期待は大きい。

記事一覧に戻る

contact
お問い合わせ

入会についてのお問い合わせ、
募集馬についての詳細等
お気軽にお問い合わせください。
資料(無料カタログ)のご請求は
こちらよりどうぞ。

また、皆さまから
多くお問い合わせいただくご質問を
Q&A形式で掲載しておりますので
ご覧くださいませ。