IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」(LWBRR)が発表された。

今回の発表は2021年1月1日から6月6日までに実施された世界の主要レースを対象としていて、レーティング120以上の25頭が掲載された。前回の中間発表以降では、ロッキンジステークス(G1)、マンハッタンステークス(G1)、日英仏のダービーなどが新たな対象となっている。

ランキングトップはパレスピアで、レーティングは125。前回の中間発表では第4位タイ(レーティングは121)だったが、ロッキンジステークスを勝ってトップに立った。第2位は前回トップだったネイチャーストリップでレーティングは123。第3位タイはマンハッタンステークスを勝ったドメスティックスペンディング、前回第2位から順位を1つ下げたミシュリフとミスティックガイドの3頭がレーティング122で並んでいる。

その他ではヴィクトリアマイル(GI)を勝ったグランアレグリア、英ダービー(G1)を勝ったアダイヤー、ベルモントステークス(G1)を勝ったエッセンシャルクオリティ(第1回の中間発表では117で第12位タイ)、コロネーションカップ(G1)を勝ったパイルドライヴァーが第6位タイ(121)に、日本ダービー(GI)を勝ったシャフリヤール、コロネーションカップ2着のアルアーシー、英オークス(G1)を圧勝したスノーフォール、仏ダービー(G1)を勝ったセントマークスバシリカ、ドゥームベンカップ(G1)を圧勝したザーキが新たに第12位タイ(120)になっている。

日本調教馬は4頭が掲載され、グランアレグリア、シャフリヤール以外では、エフフォーリアとグローリーヴェイズがレーティング120で第12位タイとなっている。またグランアレグリアは牝馬のトップになる。

(JRA発表による)