13日(日)東京競馬場で行われるエプソムカップ(GIII)に出走予定のサトノフラッグ(牡4、美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後の国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

(前走の金鯱賞について)
「積極的な競馬で、いい感じできていたのでなんとか、と思っていたのですが、終いは少し脚が上がってしまいました。もう少し我慢してくれればというところでした。特に状態が悪いということもないですが、少し落ち着きすぎかなというところはあります」

(前走からここまで)
「前回使ったあと、1800メートルくらいに距離を縮めてみようかということでこのレースへ。東京コースですし、終い伸びてこられればという気持ちでいます。前走後の放牧から戻ってきて、順調に乗り込んでいます。だいぶ乗り込みましたので、馬はできていると思います」

(最終追い切りは併せ馬で、先行する形だったが)
「前に行って、馬にやる気をもたせてという感じで。動きそのものは良かったと思います。状態としてはいいと思いますが、もう少し闘争心というか、覇気が欲しい気がします」

(となると、気持ちの面がレースのポイントとなる?)
「そうですね。ファイトしてくれればと思います」

(初距離となる1800メートル戦について)
「体をみると立派ですし、むしろ(この距離も)いいかなとも捉えているのですが。あとはやる気の問題という感じがします」

(レースへ向けて)
「弥生賞ディープインパクト記念以降はもうひとつ結果がでていないので、このあたりで頑張ってもらいたいと思います。妹(サトノレイナス)は日本ダービーに出て頑張ってくれましたから、兄にも頑張ってもらいたいです。応援お願いします」

(取材:小塚歩)