阪神12Rの天満橋ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1400m)は11番人気スズカフェスタ(国分優作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒9(稍重)。1馬身半差の2着に1番人気イメル、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気キタサンタイドーが入った。

スズカフェスタは栗東・大橋勇樹厩舎の6歳牡馬で、父ナカヤマフェスタ、母ディアマンボウ(母の父サウスヴィグラス)。通算成績は23戦4勝。

レース後のコメント

1着 スズカフェスタ(国分優作騎手)
「久々でしたが馬がとてもフレッシュな感じで、返し馬からいい感じで体を使えていました。展開も向きました。前が飛ばしていたので単騎先頭のような感じでした。今までにないぐらい直線に向いた時の反応が良かったです。本当に良い時に乗せてもらいました」

2着 イメル(C.ルメール騎手)
「良い競馬をしてくれました。ずっと勝った馬をマークするように外側にいました。最後は伸びてくれましたが、前の馬が止まりませんでした。仕方ないですね」

3着 キタサンタイドー(小牧太騎手)
「ペースが落ち着いた中、よく頑張っています。1400mの方がいい感じに思います」