17日(日)に中山競馬場で行われる京成杯(GIII)に出走予定のヴァイスメテオール(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)について、追い切り後の木村哲也調教師のコメントは以下の通り。

「新馬戦はゲートもしっかり出て、最後もしっかり伸びて自分で抜け出してくれましたから、良かったですね。頼もしく思いました。

勝った後もトラブルなく無事にここまで来られました。(今朝の追い切りは)しっかり折り合って、やる気がある中で最後まで走り抜いてくれればいいな、と思って見ていましたが他の馬と一緒に最後まで頑張れましたし、良かったですね。

今回はコーナー4つの2000mですから器用さも必要になってくるでしょうし、スタートもしっかり出てくれれば......というイメージを持っています。着順が良いに越したことは無いのですが、最後にしっかりと脚が使えるかどうかが普段の調教の成果だと考えていますから、それを彼が前回同様に見せてくれるかどうか、という所をしっかりジャッジしたいなと思っています」

(取材:大関隼)