◎9日(日)新潟競馬場で行われる第12回レパードステークス(GIII)に出走を予定しているラインベック(牡3、友道)について追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

・(初のダート、前走は)芝を使っていた時からあのような(逃げる)レースをして欲しいと思っていました。芝ではなかなかあのようなレースにならなかったのですが、最後まで粘って自分の持ち味を出してくれたレースでした。(道中)後ろから突かれたことも良かったと思います。おそらく競馬で一生懸命走ったのが初めてなんじゃないかと感じています。今回はそれを生かしたいですね。

・レース後はずっと(栗東トレーニングセンターに)在厩して調整を続けました。暑い日が続いていますが負けずに調整を続けています。

・(一週前追い切りは)初めてデムーロ騎手に乗ってもらい馬の感触を確かめてもらいました。それから一週前なのでしっかりと併せ馬でやりました。デムーロ騎手の感触も良く、馬の動きも良かったです。

・今日はもう身体もできているので、新潟までの輸送も考えて、そんなに負荷をかけること無く、サッと乗ってもらいました。いい追い切りが出来たと思います。動きは良く前向きさも出ていい感じでレースに向かえます。

・ちょうど一年前にデビューしましたが、その時から大人びた馬でした。精神的にはそんなに変わりませんが、より落ち着きが出て競馬場に行ってもドッシリしていい感じです。

・今回の一番の懸念は砂をかぶってどうかという点です。理想は砂をかぶらない競馬です。前走のような形で勝負根性を発揮できるレースがいいですね。

・デビューしたのも暑い時期でしたから、暑さに関しては問題無いと思っています。

・(素晴らしい血統です)これまで芝では勝ち切れなかったのでダート界で素晴らしい活躍をしてくれるよう期待しています。

・新潟競馬場のダートは軽く感じます。この馬には合っていると思います。厩舎としても期待の血統で多くの方が応援してくれています。ダート界の頂点目指して頑張ります。

取材:檜川彰人