◎9日(日)新潟競馬場で行われる第12回レパードステークス(GIII)に出走を予定しているミヤジコクオウ(牡3、川村)について追い切り後の釘田優作調教助手のコメントは以下の通り。

・(GIの前走は)決して状態が悪かったわけではありませんが初めての環境というところで精神面で繊細なところが出てしまったのかなという印象です。テンから力みがあったことが序盤の消耗につながったのかなと感じています。ただ今後に向けて経験を重ねたことはプラスに考えています。

・前走後は疲れを取りつつ徐々にピッチを上げては来ましたが欲を言えば気持ちの面で活気が欲しいかなという面はあります。動きに関しては変わりなく来ていますので力を発揮できる状態にあると思います。

・入厩した当初はもう少し線の細い馬でした。しかしこの短期間でもダートホースらしく重厚感が出てきましたのでその点、成長があるのかなと思います。

・(一週前追い切りは)基本的に追い切りでも前半モタモタするところがあるので終い重点のような追い切りになりました。全体の時計はかかっていますが動きに関しては問題無くきています。

・コンスタントに使ってきてはいますので、今週は身体に関してはいつでもレースに出られる状態にあります。ですから今週の最終調整は気持ちをリフレッシュする程度の内容にしました。

・後は暑くなってきましたのでその点のケアもしっかりしていきたいと思います。輸送は問題ありません。左回りも調教で見る限りは問題ありません。後は平常心で臨めたらというところです。ゲートを五分に出て好位で流れに乗ったレースをしてもらいたいですね。

・今後に向けて賞金を加算できるように最善を尽くします。

取材:檜川彰人