船橋競馬場(晴・重馬場)で行われた南関東3歳馬による短距離重賞、ラジオNIKKEI盃第1回若潮スプリント(SIII ダート1200m)は、1番人気のファイナルキング(左海誠二騎手)が1分13秒3で逃げ切り、2連勝で重賞初制覇、そしてこのレース初代チャンピオンの座を掴んだ。3/4馬身差の2着に9番人気のチュラウェーブ、さらに1/2馬身遅れた3着が3番人気のチャンプタイガー、2番人気のエンテレケイアは5着に終わった。

 勝ったファイナルキングは父サウスヴィグラス母ゴールドキャヴィア(その父ゴールドアリュール)の牡3歳栗毛馬、船橋・林正人厩舎の管理馬。通算成績8戦4勝、2連勝で重賞初制覇を飾った。

 なお勝ったファイナルキングと2着のチュラウェーブには、6月29日(火)大井競馬場で行われる優駿スプリント(SII ダート1200m)への優先出走権が与えられ、またファイナルキングには、7月21日(水)船橋競馬場で行われる習志野きらっとスプリント(SI ダート1000m)への優先出走権が与えられる。

●レース後のコメント

1着 ファイナルキング(左海誠二騎手)
「嬉しいです。内から行く馬がいれば、それらを見ながら行こうと思っていましたが、外から他の馬に行かれるのは困るので先手を主張しました。いつもと変わらなかったのですが、最後の100m近くで脚が上がったので、何とかもってほしいと思っていました。頑張ってくれました。力の要る馬場だったので、次につながってくれればいいかなと思います。とりあえず第1回の若潮スプリントを勝ったことでさらに飛躍できれば良いですね。競馬場にお客さんがいないと寂しいですが、今は入ることができないので、(コロナが)収まってもらって、また足を運んでもらえたら嬉しいです。応援ありがとうございました」

1着 ファイナルキング(林正人調教師)
「第1回ですし、素直に特別な思いがあったので、本当に喜んでおります。ある程度先行争いが厳しくなるのではないかとレース前に考えていましたが、そういう感じになりました。最後まで頑張ってほしいとしか思っていませんでした。ホッとしました。これが良い経験になって、またその次へと良い勉強になっていると思います。この後は、無事に行けば優駿スプリントを目標にしたいと思います」

2着 チュラウェーブ(川島正太郎騎手)
「悔しいです。能力の高い馬ですが、気性面との戦い、今日はよく頑張ってくれました。1200mは忙しかったので、1400mくらいあってもいいと思います」

3着 チャンプタイガー(御神本訓史騎手)
「前回が強かったのでもっと伸びると思いましたが、今日は伸びていません。時計ももう少し詰めて欲しかった思いもあります」

4着 ハートプレイス(今野忠成騎手)
「久々の1200mでしたが、いい走りをしました。距離に慣れれば対応してくれると思います」

5着 エンテレケイア(森泰斗騎手)
「砂を嫌がっていました。揉まれるのが良くないのだと思います。スムーズな競馬なら、いい勝負になると思いますが、今日は枠順が良くなかったです」

(取材:大関隼、中野雷太)