6月13日(日)に東京競馬場で行われるエプソムC(GIII)に出走予定のファルコニア(牡4、栗東・高野友和厩舎)について、追い切り後の高野友和調教師のコメントは以下の通り。

「(前走は)同着でしたが、しっかり1着という結果も出ましたし、レース内容も良かったんじゃないかと思います。スタートを決めてから良い位置で収まって、折り合いも欠いている感じもなく、上がり勝負になりましたがしっかり反応できていました。この馬に若い時から乗ってくれている川田騎手が久々に乗ってくれたのですが、2歳時や3歳時より良くなってくれていることを感じてくれたので、良かったと思います。角居厩舎からの転厩馬なので、若い時がどういう馬だったか、というのは実感としてはないのですが、角居先生や関係者の皆さんからの話だと、内臓面も含めて強化され、しっかりしてきた感じがします。

前走後は宮城県の山元トレーニングセンターで調整していただきました。勝った後も大きなダメージなく過ごせて順調に来ましたし、順調に計画通りのメニューをこなして入厩させていただきました。トレセンに入厩してからもずっと良いコンディションを維持していますし、調教はひとつも後退することがなくメニューをこなせていると思います。

1週前は飼い食いも良く、体調も良かったので、併せて負荷をかけていいな、という意図で最後はしっかり追いました。息作りをしたといっても、元々良い動きでしたし、そこでほぼ出来ているな、という感じでしたね。1週前のしっかりした動きを経て、その後の動きも順調でしたから、今日は形としては単走で、精神的にはのびのびさせるという意図でやりました。前に僚馬の併せ馬を見せながら、程よい気を乗せつつ、全体として馬の自由には走らせない、というか、気分はのびのびさせても人間の制御の中に置いた追い切りでした。最後の1ハロンだけ仕掛けて反応を見ましたが、反応良く、予定通りの追い切りでした。(調整過程は)満足です。

この馬の出走履歴を見ると、1走だけ左回りを走って凡走していますが、それが中京コース。今回は東京コースで、同じ左回りでも芝やコース形態は違うと思います。普段の角馬場やCウッドで乗っている感じだと、右回り左回りは特に関係ないというか、気にしないと思います。軽い走りで大跳びでのびのび走る馬ですから、広い東京コースはこの馬にとって走りやすいコースなんじゃないかと思います。

自分の良いリズムで走れれば位置取りはこだわらないのではと思います。以前は最後方から捲って勝ったこともありますし、本当に良いリズム(で行くこと)だと思いますね。ただ、スタートはしっかり出てほしいと思います。

世代限定戦の重賞とは違って、古馬の重賞はそこまでいろいろな修羅場、経験を潜り抜けて勝ち上がってきた馬たちの戦いですから、層が厚い印象があります。容易じゃないレースになると思います。ファルコニアがどれだけやれるか、我々も関心があるところで楽しみをもって臨みたいと思います。

この馬は血統的にも走らないといけない馬だと思いますし、我々も責任重大だと思って仕事に臨んでいます。何とかここは結果を出して、これからの飛躍につなげる第一歩としたいと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)