いろいろと大変だった今年も、残すところあと1週。ここまで

無事に開催スケジュールを完遂できたことに、感謝するばかり

です。

 

ラスト1週間ともなると、気になるのは各種ランキングの行方。

ジョッキー部門ではクリストフ・ルメール騎手が自身二度目の

200勝大台越えを果たし、川田将雅騎手に37勝の大差をつけて

4年連続リーディングジョッキーの王座を確実にしています。

 

トレーナー部門では三冠馬コントレイルを輩出した矢作芳人師

が52勝でトップを走り、札幌のG3クイーンSでレッドアネモ

スを晴れて重賞馬に導いてくれた友道康夫師が50勝で背中を

追撃。今週のG1ホープフルSには、ともに2戦2勝のヨーホ

ーレイクとアドマイヤサーゲの無敗コンビで大逆転にリーチを

かけます。その背後には控えるのは、リーディング上位常連の

堀宣行師。トップに4勝差はキツいような気もしますが、来季

へ向けての明るい展望を切り拓くことができるか?注目したい

ものです。

 

リーディングサイアーは、帝王ディープインパクトが死してな

お健在を誇示!2位ロードカナロアに勝利数で84勝差と引き

離し、賞金差35億円と逆転不可能(ミッション・インポッシブ

ル)な絶対的リードを保って、ゴール前は軽く流す余裕でしょ

うね。9年連続9回目のリーディングサイアー戴冠は当確ラン

プです。

 

しかし、2歳リーディングでは、モーリス、ドゥラメンテの新

顔、キズナ、エピファネイアの2年生種牡馬との激しい戦いが

続き、阪神ジュベナイルフィリーズ、朝日杯フューチュリティ

Sなど大ラスのG1シリーズでレッドベルオーブなどの入着賞

金加算でホッとひと息ついた感じですが、G1ホープフルSの

決着次第では新馬&未勝利の動向も含めて逆転可能性はゼロで

はありません。ディープの2歳戦キャリアは、日本有数を誇る

早熟血統ダイワメジャーに、たった一度だけチャンピオンの座

を譲りましたが、それ以外は王座に君臨し続け、今年は大台10

回目となります。

 

そのディープインパクトは、来年デビューの19年産が事実上

のラストクロップとなります。20年産は種付け数もわずかな上

に、そのほとんどはクールモアなど委託海外牝馬と伝えられま

す。とはいえ、ディープに遺された大仕事は少なくないようで

す。現時点で、父サンデーサイレンスのJRA通算2749勝の不

滅の絶対領域まであと447勝、同じく重賞311勝の金字塔まで

あと65勝!不可能と言われてきたサンデーサイレンス越えの

歴史的快挙へカウントダウンが始まっています。死してもなお、

帝王ディープインパクトから目が離せません。