「競馬は時計では測れない」と言われ、事実その通りの結果に

終わることが多いのですが、デビューしたてで経験の浅い2歳

馬が、競馬の根幹距離とされるマイル戦でこれまで1分33秒

台を切る走破時計で勝った馬は、これまでに3頭しかいません

でした。先週のデイリー杯2歳Sで1分32秒4をマークした

レッドベルオーブは、史上4頭目の記録です。

 

日本記録は2013年にミッキーアイルが京都の未勝利戦で叩き

出した1分32秒3。ベルオーブと同じくディープインパクトの

血を引く彼は、NHKマイルC、マイルチャンピオンシップとG1

勝利を重ね、種牡馬デビューした今年、重賞2連勝のメイケイ

エールをいきなり輩出。ダートでもヤマボウシ賞で1番人気の

レッドソルダードを7馬身ちぎって競馬をさせなかった大物デ

ュアリストを出すなど、持って生まれたあり余る豊かなスピー

ドをバックボーンとするポテンシャルの奥深さを印象付けてい

ます。次いで、昨年にサリオスとレシステンシアがマークした

1分32秒7が続きます。

 

特筆すべきは、32秒台に突入した全馬がG1勝利の金字塔を樹

立していることです。1分33秒0でサウジアラビアロイヤルC

を制したダノンプレミアム、阪神ジュベナイルフィリーズを勝

ったウオッカは1分33秒1と32秒台に到達できませんでした

が、後にダービーのテッペンを極め、七冠馬の栄誉を身にまと

いました。2歳時に芝のマイルで叩き出した1分32秒台は、G1

戴冠への天下御免の通行手形と言えそうです。

 

しかし、課題も幾つかありそう。道中でたびたび頭を上げて鞍

上のコントロールに大きく口を割る仕草で反抗姿勢を示して折

り合いの悪さを露呈したのは、先行きが心配でなりません。し

かし、直線に向いて馬群を割り、コーナーワークで先頭を奪う

と厳しく追われる立場に置かれながら、先を譲るところを見せ

ずアタマ差を凌ぎ切った勝負根性は、称賛に足ると感服しまし

た。クラシックディスタンスに延びても十分に戦えるはずです。