JBBA(日本軽種馬協会)は、もともとが日高の生産者のレベル

向上、活性化をコンセプトに設立された組織。JRAの馬産・購

買・育成に始まり、主に新規馬主開拓を通じた競馬振興を目的

に、ブリーズアップセールなど販売に至るまでの事業運営に重

要な役割を果たしています。また、日本の馬産界全体がサンデ

ーサイレンス系などを中心とした内国産馬の重用に大きく舵を

取る中で、海外の血を積極的に導入して「血統の多様化」の面

で独自の存在感を示しているといえるでしょう。

 

実績を誇る大オーナーブリーダーの挑戦的な生産馬に着目し、

世界の流行を創造するような先端の血でありながら、見た目に

地味で前評判はイマイチでも、来日後に現地に残して来た産駒

が想像を超える活躍を見せ、ポテンシャルに比べてリーズナブ

ルな購入額=種付け料というあたりが戦略的ポイントでしょう

か?

 

最近の実例を見ると、大種牡馬ダンチヒ最晩年の傑作・ウォー

フロントの後継デクラレーションオブウォーは、競走馬&種牡

馬の両面でクールモアの金看板を背負ってきた一流馬です。

 

マクフィは、ドバイミレニアムの血を奇跡的に繋いだドバウィ

産駒初のG1馬。ゴドルフィンに長年重用されただけあって、

今年デビューした日本での初年度産駒は、想像以上に安定した

走りを見せており、芝・ダート双方で日本適性を感じさせます。

 

ノーブルミッションは、全兄フランケルとの競合を避けるため

アメリカで種牡馬生活をスタートさせましたが、生まれ育ちは

カリド・アブドゥッラー殿下と超名門ジュドモントファームの

輝かしいブランドに彩られています。兄同様に高い日本適性を

爆発させれば、思わぬ大物輩出の期待が大きく膨らみます。

 

来年20歳を迎えるバゴは、老いてますます勢いを増していま

す。宝塚記念をぶっちぎったクロノジェネシスは、史上最強牝

馬の称号を狙える底力に凄みを増して、風格を漂わせる昨今で

す。2歳馬からも超新星が誕生!サウジアラビアロイヤルCを

 

圧勝したステラヴェローチェが、来年のクラシックに堂々と名

乗りを上げました。バゴ自身はニアルコスファミリーの出身で、

2004年の凱旋門賞を制した名馬です。来年度はもう50万円(今

年度の種付料)で種付けできないかと思われますが、まだまだ

リーズナブルな印象があり、日高の人気者として花嫁を多数集

めるのでしょう。

 

さらに、九州種馬場に繋養されているスクワートルスクワート

は、10万円と安価な種付け料で九州産馬の質的向上に貢献。今

年はヨカヨカが一般馬を相手に飛び抜けた完成度で堂々の横綱

相撲を披露し、「熊本の星」となったのは記憶に新しいところ。

クラシック候補の声すら掛かるレベルの高さを見せています。

 

これらの種牡馬たちが、日本の馬産を更に盛り上げて欲しいも

のです!