新種牡馬リオンディーズが、この土日で3勝の固め打ち!通算
4勝と、勝ち上がり数で新種牡馬レースのトップに立ちました。
半兄エピファネイアは、牝馬二冠のデアリングタクトを輩出し
大物感を醸し出していますが、その勢いに勝るとも・劣らない
素晴らしいスタートダッシュを決めたものです!

名牝シーザリオと怪物シンボリクリスエスの配合から誕生した
エピファネイアは、皐月賞・ダービーの春二冠は、ともに2着と
取りこぼしましたが、秋の菊花賞では圧倒的パフォーマンスを
爆発させて5馬身、翌秋のジャパンCは4馬身と異次元の競馬で
ファンを唖然とさせました。父がキングカメハメハに代わった
リオンディーズは、朝日杯フューチュリティSのパーフェクトな
レースぶりに代表されるように、父のスピード豊かな持続力を
受け継ぎ一級のマイラーとしてポテンシャルを発揮しました。
しかし新馬を勝ち上がったピンクカメハメハは1800mを克服!
配合や気性によっては幅広い距離適性を見せてくれそうです。

リオンディーズ産駒のセレクト落札馬「アイスパステル20」は
デアリングタクトと同様にSS4x3クロスが熱視ポイントです。
藤沢和雄厩舎にいた祖母ミリオンギフトがサンデーサイレンス
産駒でシーザリオとの出会いで4x3のSSクロスが成立します。
そのミリオンギフトがアメリカに渡って三冠プリークネスSで
クラシックに輝いたストームキャット系シャックルフォードを
付けられ誕生したのがアイスパステルということになります。
シャックルは、上級G1として知られるメトロポリタンHを勝ち
頂上戦のBCダートマイルは2着とマイラー志向が色濃い戦績を
残しており、リオンディーズとの配合で芝もダートも問わない
二刀流マイラーが誕生するかもしれません。

さて、サンデーサイレンス一族の進化の歴史を振り返ります。
①SS直仔の時代(JRA通算2749勝、重賞311勝を達成)
②母父SSの時代(キングカメハメハなど非SS系種牡馬台頭)
③SS系種牡馬の時代(ディープインパクトが父の記録を追う)
④SSクロスの時代(デアリングタクトが牝馬二冠を無敗達成)
おおむねの時系列では、この順番に発展して来ました。現在は
第3フェーズから第4フェーズへの移行期が、始まっています。

しかしラストクロップのマツリダゴッホが先日のG3函館2歳Sを
勝つなど、第1フェーズも完全に終結したわけではなく、今後は
母系に入ってのさらなる発展、第3フェーズの別種展開としての
キズナなどディープ後継馬はじめ、SS孫世代、曾孫世代による
新たな枝分かれも十分に想定でき進化の歩みは止まりません。
偉大なサンデーサイレンスの進化には、注目したと思います。