今年のセレクトセール、1歳市場を駆け足で概観して来ましたが
当歳市場には、この十数年、不動の大黒柱としてマーケットの
成長を牽引して来たディープインパクトやキングカメハメハの
姿がありません。この世代以降から「ポストDK」になります。

「DK不在」のマーケットに産駒をデビューさせる新種牡馬では
ディープ後継の呼び声も高いサトノダイヤモンドがバイヤーの
注目を集めそうです。ダイヤモンド自身の競走実績がG1勝ちは
菊花賞と有馬記念で長距離に偏っているのが気になりますが、
アルゼンチンの名血を配した骨太の血統、気品のある好馬体と
サラブレッドとしての完成度の高さは高く評価されそうです。

マインドユアビスケッツは、昨年の当歳市場で大ブレークした
ドレフォンと同様のアメリカンスプリンターで、ドバイ遠征の
G1ゴールデンシャヒーンを鋭く追い込んで連覇したキレモノ!
吉田照哉さんが馬主に加わってからは、適正領域を広げるため
マイルG1メトロポリタンH、1800mのG1ホイットニーSと距離
延長を試され、いずれも2着と結果OK。配合もそれなりに工夫
されるでしょうから、活躍の場を、どう拡げるか楽しみです。

デラクレーションオブウォーは、クールモア所有馬で現役時は
クイーンアンS、インターナショナルSなどG1を2勝の実績馬。
ダート初挑戦のBCクラシックでクビの上げ下げの3着を最後に
種牡馬入りしてアイルランド、オースートラリア、アメリカの
クールモア拠点で繋養されました。初年度から仏2000ギニーの
オメルド、4歳秋にメルボルンC制覇のヴァウアンドデクレアと
派手さはなくても、着実にG1馬を世界各国で輩出しています。

日本では第3世代のデュードヴァンが、G3ユニコーンS2着など
ダート路線で一級の働きを見せています。アメリカにおいては
シルヴァープロスペクターがケンタッキーダービー最有力候補
ティズザロウに土をつける「ジャイアントキリング」を果たし
全体に「ここ一番!」での大駆けが印象的な血統のようです。
ディープ&キンカメがセリ市場から去る今後は、どんな新星が
日本競馬をますます盛り上げる原動力となって行くのか?
セレクトセールからも目が離せない年月が当分続きそうです。