年初、レッドスパーダ産駒が快調なスタートを決めています。
先週の中山1勝クラスを初年度産駒の4歳馬クラヴィスオレアが
鮮やかな逃げ切り勝ちを収め、今季の産駒初勝利。父ゆかりの
藤沢和雄厩舎の所属馬で大レースを勝ちまくっている先生にも
ことのほか嬉しい1勝だったのではとお喜びを申し上げます。

今週日曜の京都の白梅賞は、西村真幸厩舎のソウルトレインが
好スタートから2番手を折り合う父譲りのクレバーなレース巧者
ぶりで半馬身抜け出しました。再現フィルムを見る思いです。
1番人気の藤沢厩舎のフランケル良血馬オーロラフラッシュは
サドラーズウェルズ3X3の重厚な血統で伸びあぐねて3着まで。
これから成長と飛躍に期待しましょう。人気を背負った敗戦は
先生も悔しいような、でもスパーダ産駒の勝利は嬉しいような
複雑なゴール前だったでしょうか?
ソウルトレインは、この春クラシックシーズンを迎える3歳の
若さが何とも魅力です。大舞台へと上り詰めてほしいですね。

スパーダは、血統的には近年屈指の強豪馬カーリンの従兄弟で
ダート適性に太鼓判が押せる裏付けがありますが、今のところ
産駒は芝の走りが断然良く中央の全勝利は芝で稼いでいます。
とくにマイルの距離は、スパーダが大好物にしたカテゴリーで
ご存じのように関屋記念でジャスタウェイを完封しています。
この大物は新潟の苦い敗戦を糧に次走から毎日王冠、天皇賞秋
そして中山記念、ドバイデューティーフリーと4連勝を達成!
贈られた130ポンドは世界No.1で王者の座に君臨しています。
今思えば、信じられないほどのジャイアントキリングでした。

スパーダはアロースタッドの今季ラインナップから外れていて
心配していたのですが、新冠クラックステーブルに引き取って
いただいたようで一安心しました。
育成を中心に生産も手がけている牧場さんで、先輩種牡馬には
ダート戦線でいぶし銀的な存在感を放つスターリングローズや
東海、南関東を渡り歩いた生え抜きの地方馬でダート界重鎮の
スマートファルコンに何度も食い下がった激戦歴がある個性派
カキツバタロイヤルなどがいます。配合牝馬達に恵まれるには
厳しい環境でしょうが、持ち前の逞しい生命力を発揮し続けて
ファンを喜ばせる産駒をたくさん送り届けてほしいものです。