先週土曜の阪神ダート新馬戦は、超新星サンライズラポールが
雄大なフットワークで軽々と先行すると直線で悠々と抜け出す
大物たっぷりのレースぶりで楽々と勝ち上がりを決めました。
新種牡馬コンスティテューションをお腹に入れて下河辺牧場に
輸入されたカラズマッチポイント(父カーリン)の持込み馬。
母国アメリカでも、いま大きな注目を浴びている旬の血です。

コンスティテューションはタピットの流れ、この系統の美点は
競馬場での成績も素晴らしいのですが、気配の良さや見映えの
する馬体もセールスポイントの一つです。セリ大国アメリカで
産駒が次々と高額取引され生産者の信頼もウナギ登りの勢い!
種付け料が一時は30万ドル≒3000万円の世界一に高騰します。
サンライズラポールも一族の美質を受け継いでいるようです。

コンスティテューションは目下、新種牡馬リーディング首位の
座をアメリカンファラオと激しく争って注目を集めています。
現時点では、走るには走るが全体にやや小粒なイメージもある
アメリカンファラオに対し、こちらは大物が多いと評判です。
気の早い話ですが、ケンタッキーダービーのブックメーカーの
オッズはインディペンデンスホールとティズザロウが1番人気に
並んで支持され、両雄ともにコンティテューション産駒です。

「ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービー」は遥かな彼方に
今は霞んでしか見えませんが、そこに続く険しい道を乗り越え
「コンスティテューション第三の矢」にサンライズラポールが
名乗りをあげる日が果たして、やって来るのでしょうか?