門別に来年から「JBC2歳優駿」が誕生するというニュースに
気が動転したのか伝統の川崎「全日本2歳優駿」が北の門別に
移設されるのかと早とちりしてしました。申し訳ありません。
まぎらわしいコラムで関係者の方々、読者の皆様に少なからず
ご迷惑をおかけしたことを心からお詫びいたします。

正確には、来年から門別競馬場では大井開催のJBCデー同日に
合わせて、北海道2歳優駿を衣替えして、JBC2歳優駿を開催し
川崎では従来通り全日本2歳優駿が挙行され、2歳交流競走では
トップクラスの格を誇る「ふたつの2歳優駿」が誕生します。

競馬場が自立した競馬運営に積極的な海外では、競馬場同士の
趣向を凝らし高額賞金を準備するレースのブランド向上競争が
行われるのが普通ですが、日本もそういう時代がすぐそこまで
きているということなのでしょうか。
しかし「全日本」と「JBC」が対抗する形は、ファンにとって
分かりにくいのも確かです。
どう進んだらいいのか?じっくり考えていきたいと思います。