2023.12.21

兄姉の活躍から期待のかかるコントレイル産駒

兄姉の活躍から期待のかかるコントレイル産駒の2頭をご紹介します。
レッドメデューサの23(牡コントレイル)
母レッドメデューサは不出走でしたが、繁殖牝馬として高いポテンシャルを示しており、これまでデビューした産駒は3歳のレッドロスタムが1勝、4歳のルージュラテールを含むその他の産駒は皆2勝以上の勝ち星を挙げている非常に優秀なファミリーです。
レッドエルザの23(牡コントレイル)
母レッドエルザは未勝利でしたが、全兄に米芝GI6勝のEnglish Channelがいる良血馬で、繁殖牝馬としては実に優秀な成績を収めています。
12/10(日)にルージュアルルが千葉テレ杯(2勝クラス)を勝利したのは記憶に新しいところで、他にも4勝を挙げ日経新春杯で2着と好走したレッドレオン、同じく4勝を挙げてオープンまで出世したレッドアステルがおり本馬にも活躍の期待がかかります。


東京サラブレッドクラブゆかりの血統から誕生した2頭。
父コントレイルはご存じのとおり無敗の三冠馬であり、2023年セレクトセール当歳セッションではコンヴィクションⅱの23が5億2,000万円で落札されるなど注目の高さが伺えます。

レッドメデューサの23、レッドエルザの23にも同世代のライバル、兄姉達に負けない活躍を期待したいところです。