近況情報|募集馬情報

募集馬情報

ライカート18 募集馬

  • 資料請求

近況情報

2020.03.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩2000m、ダク1200m、キャンター2000m、直線1000m。508ロ。
週4回坂路に入れてうち2回強めのメニュー、他の2日は周回キャンターで楽に走らせています。中間は坂路で3F15.9-15.9-15.3秒、2F15.2-15.1秒、3F15.6-14.7-14.3秒、28日に1本目15.3-15.2秒、2本目に15.6-15.1秒を計時しました。コンスタントに強めを消化できていて順調ですが、かん性の強いところがあり、併走馬相手に攻撃的な面を見せることがあります。動きに問題はないので、他馬を意識しすぎないよう、集中して走らせることが今後の課題となってきますね。

2020.03.16 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩2000m、ダク1200m、キャンター2000m、直線1000m。504ロ。
週3回坂路に入れてうち2回は2本登坂のメニューを主体に乗り込んでいます。まだメンタルがどっちに転ぶか分からないような危うさは秘めていますが、この中間は単走でも併走でも騎乗者とのコンタクトが上手に取れていますし、先月辺りから気性的な成長が感じられるようになっています。動きは相変わらず良好で、馬格に見合った力強い踏み込みとバネの利いた走りで、加速ラップにもしっかり対応できています。父の産駒は大型馬の方が好成績を出していますし、その点も雄大な馬格の本馬には心強い傾向なのではないでしょうか。

2020.02.28 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩2000m、ダク1200m、キャンター2000m、直線1000m。500キロ。
週3回坂路に入れて1日2本登坂も継続しています。皮膚炎に関しては問題なく、中間も2F15.6-14.9の時計を計時しました。ひと息入りましたが、それが却って良かったのか、ストライドの大きな走りができるようになっていますし、メンタル面の成長も感じられ落ち着いて動けていました。調教本数に比例して、ラストまで手応え良く走れるようになっていますし、これから更に良化が見込めそうです。

2020.02.14 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩2000m、ダク1200m、キャンター2000m、直線1000m。496キロ。
皮膚炎も治まり週2回登坂、週4周回キャンターのメニューに戻しています。8日の坂路で14.9-14.4、11日は15.9-15.0。少し力みがちで歩様に硬さも感じますが、以前よりも前後の連動が良くなり、体の使い方が上達したように思います。スピード優位のアクションで加速センスも十分ですが、現状それに頼りすぎている面もあるので、今後の課題はいかに溜めを利かせた走りができるかですね。そこを念頭に調教していきます。

2020.01.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩2000m、ダク1200m、キャンター2000m。486キロ。
日に2本登坂も含めて順調に乗り進めていましたが、左前球節裏に皮膚炎を発症し、少し腫れもあるので、傷口が乾燥するまでは周回キャンター調整に切り替えて調整しています。以前の稽古で動きの良さは分かっていますし、ここは慌てずケアを優先させてもらいます。

2020.01.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩2000m、ダク1200m、キャンター2000m、直線1000m。495キロ。
週3回坂路に入れてF17-16秒のペースで乗っています。うち1回は2本乗りの日も設けています。他の日は週2回周回キャンターと週1でトレッドミル調整。走りに無駄がないですね。四肢の動かし方もまとまっていますし、踏む力、蹴る力がともに強くて推進力も十分。ハミをいくらか弾く面があるので、良い位置で受けられるように矯正している最中ですが、着実にその効果は表れています。調教に比例して胸に深さが出ていますし、もう少し筋肉がつけば更に良い馬体になりそうです。

2019.12.27 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩2000m、ダク1200m、キャンター2000m、直線1000m。488キロ。
この中間も坂路主体にしっかり乗り込み強化中です。中間は2F14.9-14.8の時計を計時。力強い動きでしたが、やや力みがちな面は相変わらずですね。もう少し柔軟性を出せるように取り組んでいきます。併せ馬では相手に攻撃に行くようなこともあって、その闘争心自体は競走馬として悪いことではないですが、今は自身の走りに集中できるようにケアしていければと思います。

2019.11.29 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩2000m、ダク1200m、キャンター2000m、直線1000m。475キロ。
この中間から週3回の坂路調整を主体に乗り込んでいます。もともと筋肉質の馬体をしている馬ですが、やや力みがちになってハミを取る分、背腰の筋肉が硬くなりやすいので、そこはしっかりケアしています。動き自体は気合の乗った溌剌とした動きに好感が持てますし、無駄肉が落ちたことで立ち姿なども素晴らしく変貌を遂げています。

2019.10.31 : 社台ファーム
490キロ。
馴致場での駆け足訓練をメインに調整しています。ここまで順調にきているので、近日中に周回ウッドでのキャンター調教を開始できそうです。馬体の充実ぶりが著しく、葦毛でも毛艶の良さが目につきますね。背中の感触も良く、騎乗者の評価の高い一頭でもあります。本格的な調教を開始してどんな動きを見せてくれるのか今から楽しみにしています。

2019.10.09 : 社台ブルーグラスファーム→社台ファーム
10月11日(金)に育成先の社台ファームへ移動の予定です。

2019.09.30 : 社台ブルーグラスファーム
馬体重481キロ。
夜間放牧、日中に乗り慣らし訓練。
この母の子としては馬格に恵まれており、体幹の強さがあります。父と母父の良いところを受け継いでいる印象で敏捷性に富みスピードセンスを感じさせます。本場に移動して馬場でどんなアクションを見せてくれるか今から楽しみです。

2019.08.30 : 社台ブルーグラスファーム
馬体重469キロ。
夜間放牧を行いながら日中に乗り慣らし訓練を行っています。良い感じで体が膨らんできており、メンタルも安定しています。馬体重以上に大きく見せる肉付きの良い逞しい馬体をしていて、動きも大きく好アクションを見せてくれています。前後をバランスよく使えるように心がけて乗っています。

2019.07.31 : 社台ブルーグラスファーム

このページのトップへ