近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドグラティアス牡3歳 大竹正博厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2019.08.22 : 大竹正博厩舎/新潟競馬場
昨日まで曳き運動で調整。本日、新潟競馬場に移動。
大竹調教師「先週のレースで最低限権利を取って次に繋げたかっただけに結果を出せず申し訳ありません。レース後は函館に戻って曳き運動で調整していますが、ソエの痛みが多少はあるものの歩様などは大丈夫そう。今週で函館が使えなくなりますし、この後の札幌には適した番組もありません。厳しい状況にはなりますが、連闘で今週の新潟に投票したいと思い、今日の午前中に新潟競馬場に向けて出発しています。格上挑戦も含め、投票ギリギリまで他馬の動向を見たいと思います。今週除外になった場合は、そのまま新潟に滞在させるか、美浦に一度戻すかはコンディション次第ですが、何とか使えるレースを探していければと思います」
※今週は除外のため、今後については馬のコンディションを確認しながら判断します。

2019.08.18 : 8月18日レース後コメント(6着)
石橋騎手「前走が他の馬に合わせてしまって自分の競馬ができなかったので、今回は距離損を承知で外を早めに上がっていくつもりでした。今までより馬に気が入っていたのもあってスタートから行き脚がつきましたし、内枠でしたが前半で外に出すことができました。モタれる感じがないわけではないですが、そこまで気にならなかったですし、道中は息も入って上手に走ることができました。ただ、3コーナー手前から自分のリズムで上がっていきたかったのですが、外から来られたので一緒に上がって行かざるを得ず、息が整わないうちに仕掛けることになってしまいました。そのぶん最後は苦しくなってしまいました。どうしても最後にもう一段スピードが上がらないですが、止まることなく最後まで頑張ってくれてはいます。着も外してしまい申し訳ございません」

大竹調教師「北海道に来てから、気も入って状態が良かったので期待していましたが残念です。どうしても最後にキレないので、どの距離でも同じような競馬になってしまいますね。勝てるだけの力はあったと思いますが、結果を出せず申し訳ございません。権利も取れず未勝利戦への出走は難しいと思うので、今後についてはクラブ側と相談させていただきます」

2019.08.15 : 大竹正博厩舎/函館競馬場
昨日ダートコースを1周半、本日ウッドコースで追い切り
函館ウッド 55.1-40.0-13.4 馬なり
内ロンギングフレンド馬なりに4F0.4秒先行3F併せ併入

助手「ウッドコースでグラティアスが先行して追い切りました。下ろしがけから落ち着いて走れていましたし、道中もコントロールしやすかったです。先週よりもコーナーワークがスムーズでしたし、手前もきちんと替えられていました。最後まで気を抜かずにしっかり走り切れていて息遣いも良かったです。追い切り後にゲート練習を入りから駐立まで確認しましたが、落ち着いて対応してくれたと思います。大きな上積みは見込めませんが、調子は維持できているので、何とか勝たせてあげたいですね。今週の馬体重は540kg。札幌競馬場には土曜日に移動する予定です」
※今週日曜の札幌2R(D2400m)を石橋騎手で出走します。

2019.08.08 : 大竹正博厩舎/函館競馬場
昨日ダートコース1周半、本日ウッドコースで追い切り
函館ウッド 69.8-54.5-39.6-13.2 馬なり

助手「日曜日の正午に函館に到着しています。昨日はダートコースで軽めに乗って、今日はウッドコースで単走の追い切りを消化しています。美浦に比べて函館のウッドは窮屈なコーナーなので、仕掛け処でスムーズに加速しにくい面はありましたが、手前はきちんと替えてくれましたし、最後まで集中して走れていましたよ。特に乗っていて大きな変化は感じませんが、折り合いを欠く事もなかったですし、悪くはないと思います。ソエも落ち着いていますし、環境の変化にもなじんでよい形で調整できています。飼葉も毎日完食していますよ。予定のレースも決まっているので、この調子で乗り込んでいきたいと思います」

2019.08.07 : 大竹正博厩舎/函館競馬場
先週の日曜日に函館競馬場に移動しています。近況は明日更新します。

2019.08.01 : 美浦:大竹正博厩舎
角馬場で運動。
助手「今日から角馬場で軽めに乗り出しています。下ろしがけは硬さが見られましたが、周回を重ねるごとにほぐれてきたので心配ないでしょう。今週から気温も上がっているので、昨日は少し飼葉も残していましたね。馬体重は538kgと戻せているので、次走に向けてしっかりとコンデション管理をしていきたいと思います」

2019.07.31 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
大竹調教師「使った後なので厩舎周りを曳き運動で様子を見ています。歩様はスムーズですし、ソエの痛みも最小限で抑えられています。飼葉の食いも良好ですよ。権利は取れませんでしたが、ダートの長い距離なら入ると思うので、次走は8月18日の札幌2R(D2400)へ。引き続き石橋騎手を予定しています。札幌への移動は馬の状態などを見ながら決めたいと思います」

2019.07.27 : 7月27日レース後コメント(6着)
石橋騎手「勝った馬が強いと思っていたので、スタートさえまともに出たらある程度出してでも前に行くつもりでした。ただ、仕掛けてもあれ以上は行けず、結果的に嫌な位置になってしまいました。一度下げて外に出すことも考えたのですが、前の馬が楽に行っている以上、下げてしまうと届かなくなりそうでしたしね。他の馬の競馬に付き合う形になってしまい、あそこからのヨーイドンでは厳しくなってしまいました。やはり無理にでも外に出して3コーナー前から自分で上がっていき、最後まで惰性で頑張るような競馬が合っていますね。最後までバテているわけではないのですが、新潟だとこの馬の形になりづらいので、札幌で捲る競馬のほうがいいかもしれません。掲示板も外してしまいすみません」

大竹調教師「内枠で嫌な感じはしたのですが、あの形だと力を出せないですね。右回りを嫌って新潟にしましたが、今日は一番力の出せないに展開になってしまいました。今までの競馬を見ると、やはり途中から動いて捲っていけるほうが良さそうです。権利を取れなかったのでどこで使えるかわかりませんが、競馬の展開的には札幌の方が向きそうな気もするので、右回りということを踏まえてもそちらのほうがいいかもしれません。脚の状態も見ながら次を考えていきます」

2019.07.25 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
大竹調教師「追い切りの動きはしっかりしていましたし、息の入りなども問題ありませんでした。今日は厩舎周りを曳き運動で動かしていますが、出掛けの歩様はスムーズですし、ソエの方も今のところ大丈夫。飼葉の食いも良くて馬体重542kgと夏負けしている感じもありません。レースはギリギリまで相手関係を見極めながら、土日どちらにするか考えたいと思います」
※27日(土)新潟3R(D1800)に石橋騎手で出走します。

2019.07.24 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、坂路にて併せ馬で追い切り
グラティアス   54.1-39.2-25.5-12.8 仕掛け
モエレコネクター 53.3-38.5-25.0-12.4 仕掛け

助手「Aコースを1周してからグラティアスが先行する形で追い切りました。前半は力みが見られましたし、少しトモに疲れがあるのか走りも前のめりになっている印象。それでも気持ちは最後まで切らすことなく、終い促してからの反応もしっかりありました。ソエが悪化した感じもなく、暑さにやられた様子もありません。今週使える状態に仕上がったのでレースまでしっかりコンディション管理を行います。レースは想定次第ですが、今のところ土曜の3レースを考えています」

2019.07.18 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
大竹調教師「昨日の追い切りは動きもしっかりしていましたし、終いの反応も良かったですね。今日は厩舎周りを曳き運動で様子を見ていますが、出掛けの歩様からスムーズでした。飼葉もいつものように完食しています。引き続き左回りを使いたいので、当初予定していた札幌は止めて、来週の新潟D1800を使う方向でいきたいと思います。土日どちらになっても鞍上は石橋騎手にお願いしています」
※馬体重は546kg

2019.07.17 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、坂路にて併せ馬で追い切り
グラティアス   53.8-39.2-25.8-13.0 仕掛け
アテザムール   54.5-39.8-26.2-13.2 強め
モエレコネクター 53.9-39.4-25.9-13.2 強め

助手「Aコースでジックリ乗ってから、坂路にて3頭併せの2番手を進めました。下ろしがけはゆっくり入ったせいもありますが、行きたがる面がありました。トモが甘いところもあってそこまで踏ん張りが利かず、重心が前に行ってしまう分だと思いますが、ペースアップしてからは走りのバランスも良くなるので心配ないと思います。仕掛けどころでの反応も良かったですし、昨日からの雨で馬場が重い中でも最後までしっかり動けていたと思います。上がりの歩様や息も問題なく、状態はあがってきています。まだソエの心配はあるので、この後も入念にケアしていきたいと思います」

2019.07.16 : 美浦:大竹正博厩舎
大竹調教師「右回りの競馬でも大丈夫と思い、来週の福島か札幌の1週目に使う予定で進めていましたが、週末に右回りで軽く乗ってみたところ、左にモタれ気味でスムーズさを欠いたので、今は左回りの方が良さそうですね。福島札幌はやめて、左回りの新潟1週目に向けて進めていくことにします」

2019.07.11 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、坂路にて併せ馬で追い切り
グラティアス   54.5-39.9-26.2-12.7 馬なり
モエレコネクター 53.5-39.1-25.2-12.4 仕掛け

草野騎手「今週も追い切りに乗せてもらいました。下ろしがけは行きたがる面も見せていましたが、すぐに折り合いを付ける事ができましたし、道中も抱えるところを作れて脚も溜められました。終いに切れる脚が使える感じはないものの、長く良い脚を使えていました。全体の動きや息は先週より良化しています」
※馬体重540kg

2019.07.10 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを2周半。
助手「明日追い切る予定なので今日はAコースを2周半のメニューでジックリ乗っています。下ろしがけはハミに頼りながら走っていましたが、2周目からはそういったところも見せずバランス良く走れていましたよ。今のところ飼い食いも良くて夏負けしている感じもないので、ここまで順調に調整ができていると思います」

2019.07.04 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、坂路にて単走で追い切り
坂路 40.1-44.5-29.4-14.5 馬なり

草野騎手「坂路を15-15くらいのペースで追い切っています。気合い乗りがよく、動かしている分には硬さも感じませんでした。力のある馬なので、雨で緩んだ馬場も気にする事なくしっかり走り切れていました。このペースなら終始楽ですし、息遣いも問題ありません。立ち上げ1本目の追い切りとしては良かったと思います」
大竹調教師「脚慣らし程度の追い切りでしたが、馬場が悪い中でもフォームを崩すことなく走れていましたし、体調面もしっかりしています。まだ、どの競馬場で使うか思案中ですが、今日の感じなら続戦しても問題ないですね」
※馬体重540kg

2019.07.03 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを2周半。
助手「先週末に背腰を中心に電気針治療を行いました。今は疲れもだいぶ引いて来ましたし、ソエの方も大丈夫そうですね。今日はAコースを長めにジックリ乗っていますが、歩様なども問題ありませんし、夏バテの兆候も見られません。飼葉の食いも良好です。明日立ち上げ1本目の追い切りを消化する予定です」

2019.06.27 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周半。
大竹調教師「いつもよりレース後のソエの痛みが軽いようで、乗ってみても歩様は気になりませんでした。ただ、背腰に疲れは見られます。レース直後でまだ馬も気が張っている分、大きなダメージは感じませんが、一度放牧に出して緩めたら、ガクっと来そうな感じもしますので、このまま厩舎に置いて入念にケアしながら進めていきたいと思います。まだ次走の予定はハッキリ決めていませんが、グラティアスは暑さに強いタイプでもないですし、札幌の開幕週にD2400の番組があるので、そこを使えればと考えています。ただ、まだ確定ではなく、馬の状態次第では福島や新潟の目も残しています」
※馬体重536kg

2019.06.26 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「使った後なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。今回は左前のソエに痛みが出ていますが、これまでよりは痛みが治まるのも早く、歩様も気になりません。レース後も飼葉は食べているので、今のところバテた感じはありません。まだ今後の予定は決まっていませんが、状態を見て明日から乗り出す事も考えています」

2019.06.23 : 6月23日レース後コメント(3着)
石橋騎手「ゲートで落ち着かずガタガタしていたので出足がつかなかったですが、自分のリズムで上がっていきたかったので内には入れずに進めました。折り合いには問題ない馬なのでこの距離はいいと思っていましたが、向こう正面からジリジリと思うようにポジションも上げられました。ヨーイドンの競馬では分が悪いというのがあったので外を回るのを承知で早めに動かしていきましたが、最後までしっかり脚は使ってくれています。結果的には早かったかもしれませんが勝った馬は強かったですね。できればもっと他の馬の切れ味が削がれるようなパサパサの馬場の方が良かったかとは思いますが、グラティアス自身もバテることなく最後まで頑張っていますよ。切れ味勝負になるときついのでまくりのきく福島などはいいかもしれないですね」
大竹調教師「もう少しなんですけどね。今日は勝ち馬に馬場も味方してしまったかもしれません。最初のうちにもたれるところがあったので左回りを意識して使ってきましたが、だいぶしっかりしてきましたし、今日の競馬を見ると右回りでも大丈夫そうですね。まずは戻ってのソエの状態などを確認しますが、なんとか勝たせられるように続戦のつもりでいますよ」

2019.06.20 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
大竹調教師「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。追い切った後は少しソエを気にする素振りはありましたが、運動中の歩様は大丈夫そうですし、気候もそこまで暑くなっていないので、夏バテの兆候も見られません。今回は距離が延びて競馬もしやすくなると思うので、この馬の走りがしっかり出来ればチャンスも大きいと思います」
※馬体重は545kg

2019.06.19 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、ウッドコースで追い切り、最後にゲート練習
ウッド 53.0-38.0-12.7 馬なり
外タイキウォレス馬なりを4F0.4秒追走1F併せ併入

助手「グラティアスが追走する形でしたが、前の馬を意識し過ぎたり、道中でムキになったりする事もなく平常心で走れていました。この馬なりにしっかり体も使えていましたし、トモの入りも悪くなかったです。終いはスッと動ける感じではないものの、先週よりは反応が良くなっているように思いました。追い切り後のゲート練習では入りから駐立までやっています。少しチャカチャカしたところはありますが、レースを使って来ている分、慣れも見込めますね。身体が太い感じもしませんので、良い状態にあると思います」
大竹調教師「追い切りを重ねて動けるようになってきましたし、レースに向けて態勢は整いました。予定通り今週日曜の東京を石橋騎手で使います」

2019.06.13 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、ウッドコースで追い切り
ウッド 84.3-69.0-54.5-39.6-12.8 馬なり
内ホウオウピースフル馬なりに6F0.3秒先行1F併せ併入

助手「2歳馬の誘導もあったのでグラティアスが先行しましたが、下ろしがけから折り合いも付けられましたし、走りのリズムもしっかりしていました。終いにキレる感じはありませんが、最後まで長く脚を使えていましたよ。ここ最近、梅雨時期で涼しいので、夏負けの感じもありません。このままの調子で来週のレースに向かいたいですね。今週の馬体重は547kgでした」
大竹調教師「動きが大幅に良くなった感じはしませんが、夏バテもしていませんし、しっかり乗り込めているのは何より。今週末、来週と追い切って予定通り来週使う方向でいきたいと思います」

2019.06.12 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコース2周半後、ゲート練習。
助手「ソエは大丈夫そうですし、運動中の脚取りもスムーズですね。ゲート練習は入りからスタートまで通しでやりましたが、中でも我慢できていましたし、発馬もすんなり出てくれて、以前より上手になっていました。今のところ暑さにやられている感じもないですし、明日は追い切りを消化する予定です」

2019.06.06 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様も問題ありませんし、ソエも右前を触ろうとすると構えて脚を上げる素振りは見せるものの、触診してみると痛がる感じはなかったですよ。追い切り後も飼葉は完食していて、馬体重は548kgと先週から増やせています。あとは夏負けしないようにレースに持っていきたいと思います」

2019.06.05 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、ウッドコースで追い切り
ウッド 69.8-54.4-39.7-12.8 馬なり

助手「テンから掛かる事なく走れていましたし、1頭でしたがフワフワすることもなかったです。時計はそこまで速くありませんが、最後までスムーズに動けていたと思います。以前に比べて息遣いがハァハァと重く、暑さに弱い面があるかもしれませんが、レースに向けて何とかコンディションを上げていけるように対応していきます」
大竹調教師「帰厩して1本目ということもあって、まだモッサリした感じだったので、乗りながら良化してくればと思います。一戦ごとにレースでの行きっぷりは良くなっていますが、距離を延ばした方がジックリ構えられそうですし、もっと末脚を生かせるのではないかと考え、今回は6月23日の東京6R(D2100m)に石橋騎手で向かう事にします。あとは暑さですね。今日は曇りでそこまで気温も高くなかったので大丈夫でしたが、昨日は暑くて運動後の息遣いも荒かったので、暑さには強いタイプではないのかも知れません。レースまで夏負けしないようにしっかり調整していければと思います」

2019.05.31 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを2周半後、ゲート練習。
助手「昨日帰厩しました。今日はAコースを2周半ジックリ乗ってから、ゲート練習。ソエも落ち着いていて、乗った感じでも歩様はしっかりしていますね。気が入り過ぎるような事もなく、ゲート練習も駐立までやりましたが、大人しく対応してくれました。飼い食いも問題なく、馬体重は540kgあります。次で決められるよう良い状態に仕上げていきたいと思います」

2019.05.30 : 美浦:大竹正博厩舎
本日、美浦トレセンに移動しました。

2019.05.29 : 松風馬事センター→大竹正博厩舎
明日、美浦トレセンに移動します。

2019.05.24 : 松風馬事センター
550キロ。
担当スタッフ「今週も周回コースと障害練習を日替わりメニューで行っています。18-18くらいにペースを上げていますが、走りのバランスは問題ありませんし、硬さも見られません。障害練習でも前回こちらで調整していた時より飛越が上手になっています。ここまでは順調に進められていますし、体調面も良いので、早ければ来週に帰厩のプランもあります」

2019.05.17 : 松風馬事センター
551キロ。
担当スタッフ「先週末から角馬場で軽めに乗り出しています。右前のソエも落ち着きましたし、乗っていても歩様はスムーズ。今週からは周回コースで20-20くらいのペースと障害練習を日替わりメニューで行っています。立ち上げてからは今のところ心配ないので、次の東京開催を使う予定で進めていきます」

2019.05.10 : 松風馬事センター
546キロ。
担当スタッフ「先週木曜日こちらに入場しました。右前のソエの痛みが残っているので、火曜日まではマシン運動で脚元のケアを優先し、中間も補液を入れて対応しています。水曜日からロンジング運動を始めていますが、歩様には出ていないものの、まだ慎重に進めます。今日の午後の脚元チェックを受けて、ゴーサインが出たら明日から軽めに乗り出す事も考えています」

2019.05.02 : 大竹正博厩舎→松風馬事センター
本日、松風馬事センターに移動。
大竹調教師「今日も曳き運動で様子を見ました。歩様は問題ないものの、まだ右前のソエが痛い感じがします。飼葉は完食していて体調は良さそうですが、ここは無理をさせたくないので、今日、松風馬事センターに放牧させる事にします。まずは脚元のケアを優先して進めてもらいます。乗り出してからは前回同様に障害練習も取り入れてもらう事にしますよ」

2019.05.01 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
大竹調教師「レース後は両前のソエが出てしまいました。左前の痛みは抜けて来ていますが、右前は触診するだけで脚を上げていて痛みが残っている状態。歩様に硬さはなくスムーズな脚取りなので、まずは脚元のメンテナンスをしっかり行っていきます。もう少し様子を見ながら進めますが、権利内で使う事にはこだわらず、放牧に出すことも念頭に進めます」

2019.04.28 : 4月28日レース後コメント(2着)
石橋騎手「スタートはそこまで速くなかったですが、立ち遅れることなく出てくれました。道中ではハミを抜いてくる仕草を見せていたので、気持ちを切らさないように終始肩ムチを入れていました。エンジンの掛かりが遅めの馬という意識で、仕掛け処では早めから促していきました。直線の入口でもまだトップスピードになっていなかったですし、ジリジリと脚を使っていましたが、走る気を切らさなかったのは良かったと思います。残り200mでは、これなら前を捕まえられるという感触通りに脚を伸ばしてくれて先頭に。押し切れたと思ったのですが、最後は勝ち馬に目標にされてしまったのもあって…。悔しいですね、上手く乗られてしまいました。あそこまできたら何とかしなくてはいけなかったのですが…すみません。間髪入れずに促しておかないと、まだ走っていても馬自身が満足してしまう面があるように精神面の幼さはありますが、レース振りは良かったと思いますし能力はある馬ですから、無事に成長していってくれたら楽しみです」

大竹調教師「勝ったと思ったんですけど、早めに先頭に立った分、相手に良い目標にされてしまいましたね。慣れも出てきているのでスタートも悪くなかったですし、上手く立ち回ることができていたと思います。権利が取れたので続けて使いたいと思いますが、脚元にソエが出やすい馬ですので、まずレース後は体のメンテナンスをしっかりおこなうことにします。石橋騎手も言っていたように、道中ではハミを抜いてこようとするなどズルい部分もまだありますので、今はメンコだけにしていますが他の馬具も考えていきたいと思っています」

2019.04.25 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。追い切った後も脚元は問題ありませんし、ソエも出ていませんね。気合い乗りも程よくあって、飼葉の食いも良いですよ。良いコンディションに整いましたし好走を期待しています。今週の馬体重は543kgでした」

2019.04.24 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、ウッドコースで追い切り、最後にゲート練習。
ウッド 52.7-37.8-12.8 強め
外ワンネス馬なりを4F0.4秒追走1F併せ併入

草野騎手「今週も追い切りに乗せてもらいました。追走する形でしたが、トビが大きく動きがダイナミックなので、見てくれは行きたがるように見えたかもしれますが、乗っている感じでは折り合いを欠くようなところはありませんし、先週よりもコントロールはしやすくなっていますよ。追い切りを重ねて動きもだいぶ素軽くなっていますし、息の戻りも時間は掛かりません。ゲート練習は入りから駐立までやりました。隣に馬が居る時は少し気にするような素振りは見せましたが、ある程度はどっしり構えられています。状態は良いと思うので、レースにいってしっかり走ることができればチャンスはあると思います」
大竹調教師「追い切る毎に動きは良化しています。今日も前半の立ち回りからスムーズでしたし、最後も余力を残して動けていましたよ。レースでも力を発揮してほしいですね。予定通り今週日曜の東京2Rに石橋騎手で投票します」

2019.04.18 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコース1周後、ウッドコースで追い切り
ウッド 82.0-67.0-52.8-38.4-12.5 馬なり
外ピースワンパラディ馬なりを5F0.6秒追走1F併せ併入

草野騎手「今日はウッドコースにてグラティアスが追走する形で追い切りました。下ろしがけはハミを噛んで行きたがるような素振りを見せていましたが、道中では抜くところも作れましたし、以前よりもコントロールしやすくなっています。前半はハミを噛んでいましたが、終いは促せば脚を使えていましたし、動く馬相手でしたが、最後まで食らいついていましたね。息遣いもしっかりしていました。ゴール板を過ぎてからもまだ余力も残っていたので、追い切りでも動けるようになってきていると思います」
大竹調教師「今日の追い切りからクロス鼻革を着けてみましたが、コントロールもしっかり利いていましたし、併せた馬は稽古駆けする馬ですが、最後まで踏ん張ってくれていました。全体を通しても良い動きだったと思うので、来週のレースに向けて、この調子でしっかり乗り込んでいきます」
※馬体重は547kg

2019.04.17 : 美浦:大竹正博厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にゲート練習。
助手「明日追い切る予定なので、今日は坂路を軽めに1本乗ってからゲート練習を行っています。力んで走るようなところもありませんし、いまはリズム良く動けていますね。ゲート練習は入りから発馬まで通しでやりましたが、中でも我慢して待っていられましたし、スタートも1歩目からスッと出るわけではありませんが、その後しっかりリカバーできていたので、この馬なりに対応できていると思います。飼葉も完食しているので、体調も良好です」

2019.04.11 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコース1周後、ウッドコースで追い切り、最後にゲート練習
ウッド 71.2-55.1-40.4-13.8 馬なり

助手「予定通りウッドコースで追い切りました。単走でしたが以前よりもハミ受けが良くなっています。それでも掛かるところはなく、走りのリズムは良かったと思います。仕掛けどころでのギアチェンジに時間が掛かるタイプですが、エンジンが掛かって、直線に向いてからは長く良い脚を使えていました。今日はペースもそこまで速くありませんが、息遣いなどはしっかりしていましたし、これから本数を重ねて状態を上げていければと思います。最後にゲート練習を入りから駐立まで行いましたが、落ち着いて対応できていました。飼葉も完食していて馬体重は548kgです」
※4月28日(日)東京2R(D1600m)を石橋騎手で予定。

2019.04.10 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周。
助手「先週の土曜日に帰厩しました。今日はAコースを1周軽めに乗っています。ソエも落ち着いていますし、運動中の脚運びも気になりません。煩い面も見せていないので集中して稽古に取り組めています。明日追い切りをかける予定なので、ここからしっかり状態を上げていきますよ」

2019.04.05 : 松風馬事センター→大竹厩舎
556キロ。
担当スタッフ「今週は角馬場で障害練習の日と周回コースを18-17で乗る日の日替わりで調整しています。障害の高さを80cmまで上げていますが、臆する事なく飛越していますし、先週よりもリラックスしていて集中して走れています。乗りながらも脚元は落ち着いているので、ここまでスムーズに調整できていますね。検疫が取れれば明日トレセンに帰厩する予定になっていますよ」

2019.04.03 : 松風馬事センター
4月6日(土)美浦トレセンに移動の予定です。

2019.03.29 : 松風馬事センター
560キロ。
担当スタッフ「今週は角馬場での障害練習と、周回コースで18-17を日替わりで乗っています。障害の飛越もだいぶ板についてきましたし、キャンター時のフォームもだいぶしっかりしてきました。ただ、気持ちが行く気になっている時は集中しているのですが、気分がそぐわない日は集中が散漫になってしまうので、帰厩までに出来る限りの改善策を図っていければと思います」
大竹調教師「入厩前の確認のため今日見て来ましたが、もう少し精神面での成長を促したいので、もう少し牧場で乗り込んでから入れることにします。来週以降、納得のいく状態に整い次第入厩させる予定です」

2019.03.22 : 松風馬事センター
553キロ。
担当スタッフ「今週は角馬場で障害練習をしてから、周回コース1周のメニューで軽めに乗っています。障害練習の影響かバランス良く走れるようになっていますし、馬には良い気分転換になっていると思います。運動量の多いメニューですが、この中間はとても飼葉の食いが良く、馬体重も大幅に増やせています。リズム良く調整ができているので、更に体調強化をしていきたいと思います」

2019.03.15 : 松風馬事センター
537キロ。
担当スタッフ「先週の土曜日に両前にショックウェーブ治療を行いました。ソエは落ちついて歩様も良くなっています。今週からはロンジング運動後に角馬場で障害練習、最後に周回コース1周のメニューです。先生から『体力強化に努めて欲しい』と要請があったので、障害練習も取り入れて40~50cmの低い障害を飛ばせています。まだ慣れていませんが、促せばちゃんと飛んでくれますよ。しっかり負荷をかけていますが、疲れも見せていません。飼葉の食いは良いので、あとはそれがしっかり実になってくれればと思います」

2019.03.08 : 松風馬事センター
540キロ。
担当スタッフ「火曜日に入場しました。厩舎サイドから聞いていた通り、歩様が硬く両前にソエが出ていて、特に左側に痛がる素振りを見せています。飼葉は完食していて体も戻せています。今週まではマシン運動で楽をさせ、明日両前ソエにショックウェーブ治療を行う予定です。落ち着きがなく、常にチャカついているところが見られるので、その辺りもしっかりと矯正できればと考えています」

2019.03.06 : 松風馬事センター
昨日、松風馬事センターに移動。
大竹調教師「レース後は曳き運動で様子を見ていましたが、歩様に使ったなりの硬さがあって両前にはソエも出ている状態。特に左前の方が触診で痛がる素振りを見せていました。権利も取れなかったので、無理せず昨日松風馬事センターへ放牧に出しています。次は左周りに戻そうと考えていて2回東京開催で使えればと思っています。まずは脚元と体のケアをしっかり行い、様子を見ながら立ち上げてもらいます」

2019.03.02 : 3月2日レース後コメント(9着)
※北村宏司騎手の落馬負傷により、内田博幸騎手に乗り替わりとなりました。

内田騎手「ゲート内でチャカつくところがあると聞いていましたが、ちゃんと我慢していましたし、勢いが良すぎるくらい出は良かったですね。ただ、スタートが良かった分、前半からハミを噛んできて行きたがるところを見せていましたし、外枠で前に壁を作れなかったので脚もそこまで溜められませんでした。3、4コーナーからはずっと左に張りながら走っていて、直線でも上に上にいくようなフォームで苦しそうでしたね。初めて乗せてもらうので比較はできませんが、今日の走りからは左回りの方が合っていそうな印象を持ちました。飛びが大きい馬なので、広いコースの方が良いのではないでしょうか。チャンスがある馬に乗せてもらったのに結果を出せずすみません」

大竹調教師「北村騎手が落馬負傷のため内田騎手に騎乗をお願いしました。こちらが予想していた以上にスタートが良かったのですが、前半から掛かり気味で走っていましたし、左にモタれながら走っていてスムーズなレースができなかったですね。直線でも頭を上げて走っていたように、最後は早々に一杯になってしまいました。内田騎手も言っていたように左回りの広いコースの方が良いのかもしれません。権利も取れなかったので、この後の状態を見ながらどうするか決めさせてもらいます」

2019.02.28 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様も良かったですし、落ち着いていたので問題ないですね。飼葉もいつものように完食しています。馬体重は534kgでした。一度使った事で、稽古の行きっぷりも良くなっていますし、2戦目で更に良い走りができればと思います」

2019.02.27 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、ウッドコースで追い切り、最後にゲート練習。
ウッド 55.5-40.8-13.7 馬なり
内ペイシャコンヌ一杯と4F併せ0.4秒遅れ

助手「Aコースでジックリ乗ってからウッドコースで追い切りました。3頭併せの3番手から進めましたが、一度レースを経験した事で下ろしがけから行く気になっていますね。多少掛かり気味にはなりますが、ダラーっと走っているよりも気持ちの面でもピリっとしているのは悪くないと思います。終いは手応えでは見劣りましたが、最後まで必死に食らいついていたので、レースを使って心身ともに良化していると思います。ゲート練習でも我慢は利いていますし、体調も良好。上積みはありそうなので、距離延長が良い方向に出てくれればと思います」
大竹調教師「追い切りの動きも悪くなかったですし、コンディションも保てていますので、予定通り今週土曜の中山(3R)を北村宏騎手で投票する事にします」

2019.02.21 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコース1周後、坂路にて単走で追い切り、最後にゲート練習
坂路 59.8-43.8-29.1-14.2 馬なり

助手「今日はAコースで運動してから、坂路でサラッと追い切っています。単走でしたがフワフワ走っているようなところもなかったですし、フットワークもしっかりしていました。競馬を1度使った事で、終いの反応も良くなったように感じましたし、息遣いも良化しています。最後にゲート練習を駐立まで確認しましたが、中でソワソワしているところは少しあったものの、以前よりは落ち着いていると思います。飼葉の食いも安定していて、馬体重は540kg。来週のレースを使う事になったので、脚元のケアも入念に行いながら進めていきます」
大竹調教師「レース後からここまで特にどこか傷めたわけでもありませんし、順調に乗り込めていると思います。権利もあるので、来週土曜の中山D1800mを使う方向で考えていますよ。同日に同じ条件があるので、どちらにするかは想定を見てから考えますが、鞍上は引き続き北村宏騎手にお願いしています」

2019.02.20 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを2周半。
助手「今日はAコースを2周半ジックリ乗っています。レースの疲れも取れてきましたし、歩様の硬さも和らいできたように思います。変に煩くなったりするようなところも見せていませんね。飼葉の食いも安定していますし、体調も良いので、この後もしっかり乗り込んでいければと思います」

2019.02.14 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコース1周。
草野騎手「今日から乗り出しました。多少硬さはあるものの、そこまでガクッと来た感じはないですね。至って元気ですし、レースの疲れもだいぶ抜けてきているように思います。今日跨った感触ならこのまま続戦しても大丈夫だと思います」
※馬体重532kg

2019.02.13 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「使った後なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。レースを使ったなりの硬さはありますが、覇気もありますし、飼葉も与えた分は食べてくれています。先生も『状態面に問題がなければこのまま厩舎に置いて続戦させたい』との事でしたので、今日の午後からもう一度状態を確認して、大丈夫そうであれば明日から乗り出していく予定です」

2019.02.10 : 2月10日レース後コメント(3着)
北村宏騎手「ゲートでは少しソワソワしていたところもありましたが、偶数枠で後入れだったこともあって何とか我慢してくれていました。結果的に出負けはしてしまいましたけど、この馬としては出てくれていたと思います。走りがワンペースなので前半から追っ付けていましたが、自分から止めてしまう感じはなかったですよ。直線に向いてからもスパッと切れる脚ではなくジリジリという感じでしたが、最後まで気持ちを切らさずに3着に食い込めたのは収穫だと思います。まだ乗っていて精神的にも幼い面はありますけど、無事に成長していってくれれば面白いですよ。まずは次走へ向けて、今日ここで実戦を経験したことでの変化に期待したいですね。飛びが大きい馬なので広いコースが合っていそうですし、距離はこれくらいか、もう少し延びても大丈夫だと思います」

2019.02.07 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので厩舎周りを曳き運動のメニューで調整しています。スムーズな脚取りで動けていましたし、気合いも乗り過ぎず、程よい緊張感で運動できていました。飼葉もしっかり食べているので、530kgと大きく減っていません。除外が続きましたが、状態は良いので何とか今週使いたいですね」

2019.02.06 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、ウッドコースで追い切り、最後にゲート練習
2/3(日)坂路 57.1-41.4-26.8-12.9 馬なり
2/6(水)ウッド 北村宏J 53.3-38.7-12.9 一杯
外ワンネス馬なりを4F0.4秒追走1F併せ併入

北村宏騎手「今週も追い切りに乗せてもらいました。ウッドコースで追走しましたが、雨の影響でチップも締まってグリップも利きやすかったので、終始バランス良く走れていたと思います。溜めるところも作れて、終いもスッと動ける感じではないものの、反応はしっかりあって最後まで脚を使ってくれました。ビッシリやった分、上がり時の息は荒かったですが、しっかり負荷を掛けられたのは収穫です。ゲート練習も今までで一番落ち着いていたと思います。レースでは観客もいて競馬場の雰囲気やシチュエーションも異なるので、今日のようにはいかないと思いますが、リラックスして走れるようにエスコートしてあげたいと思います」
大竹調教師「先週のレースも除外になって予定より2週延びてしまいましたが、その分、追い切り本数を増やす事ができたのは良かったと思います。動きも週毎に良化していますよ。予定通り今週日曜の東京を使います。分は良いとは言え、今週も権利内での抽選対象ではあるので、何とかクリアして出走させたいですね」

2019.01.31 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので厩舎周りを曳き運動で調整しています。運動中も煩いところは見せなかったですし、脚運びもしっかりしていました。覇気もありますよ。馬体重は533キロと数字的には減っているものの、飼食いはしっかりしているので心配ないですよ。今週も5頭枠に入るかどうかですが、何とか抽選をクリアして出走させたいですね」
※今週の競馬は除外のため来週に回ります。

2019.01.30 : 美浦:大竹正博厩舎
Aコースを1周後、ウッドコースで追い切り、最後にゲート練習
1/27(日)坂路 57.3-41.9-27.0-12.9 馬なり
1/30(水)ウッド 54.7-39.3-13.1 馬なり
外ロジシルキー馬なりを4F0.4秒追走1F併せ併入

北村宏騎手「今週も追い切りに乗せてもらいました。先週のウッドコースは馬場が乾いていて馬も走りにくそうにしていましたが、今日は比較的良い馬場だったので動きもしっかりしていました。追い切り本数も重ねて息遣いも問題ありませんし、終いの反応も先週より早かったです。1週延びた事は却って良かったと思いますね。ゲート練習も中でソワソワしていたものの、風も無かったのでこの馬なりには集中してくれていました。走れる態勢にあると思うので、あとは今週使えるかどうかですね」
大竹調教師「先週のレースは除外になってしまいましたが、1週延びた事で余計に追い切れたのはこの馬にとってはプラスだったと思います。今日は動きも良かったですしね。今週3日の東京4R(D1600m)を北村宏騎手で投票しますが、今週も権利持ちの頭数が多いですが、何とか抽選を突破できるといいのですが」

2019.01.24 : 美浦:大竹正博厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り、最後にゲート練習
ウッド 北村宏J 53.9-39.4-14.1 一杯
外スマイルスター馬なりを4F0.2秒追走3F併せ0.4秒遅れ

北村宏騎手「今週も追い切りに乗せてもらいました。ウッドコースで追走する形でしたが、今日のウッドはチップが乾燥していてグリップが利きませんでした。例えれば廊下をスリッパで全力疾走しているような感じですね。下ろしがけから最後まで走り辛そうにしていましたよ。風も結構強くてコーナーでも煽られるくらいだったので、脚を取られて転倒しないように気を付けて乗っていました。トビの大きな馬なので、余計に走りに影響したと思います。それでも上がりの歩様や息の感じは悪くないので、実戦にいけば走れる態勢にはあると思います。最後にゲート練習を駐立までやりましたが、向かい風もあって少しソワソワしていたものの、この馬なりに我慢してくれていたので、レースでもゲートさえクリアしてくれれば流れに乗せられると思います」
大竹調教師「今日は強風の影響もあって馬場も乾いていたので、走りにくそうにしていましたね。それでもここまで追い切り本数を重ねて馬のコンディションは悪くないので、今週から投票していきますよ。権利持ちが多いので、5頭枠で入るかどうかだと思います」
※今週の競馬は除外となりました。

2019.01.23 : 美浦:大竹正博厩舎
坂路下馬場で運動後、Aコースを1周。
助手「今日は坂路下の馬場で前運動してから、Aコースを軽めに1周乗っています。テンションが上がる感じもなく、しっかりと稽古に励んでいました。脚元も問題ありませんし、飼葉はいつも完食しているように体調も良いと思います。明日の追い切りも北村宏騎手に乗ってもらう予定です」

2019.01.17 : 美浦:大竹正博厩舎
ダートコースを半周後、ウッドコースで追い切り
ウッド 北村J 85.0-69.1-54.0-39.8-14.2 馬なり

北村宏騎手「今日は追い切りに乗せてもらいました。ウッドコースで単走でしたが、走りに対して前向きでハミ掛かりの良い馬なので、下ろしがけからハミを噛んで来るところはありました。それでも前の馬を壁にしていったら、道中では抜いて走る事ができましたね。前半で脚を溜められましたし、切れるタイプではないものの、終いも反応良くスムーズに動けていました。ウッドコースで追い切ったのは初めてのようなので、上がりの息遣いはまだ荒かったですが、物見などもなく集中して走れていたのは収穫です。この調子で乗り込んでいけば、体と息が出来てくると思います」
大竹調教師「ウッドコースに入ること自体が初めてでしたが、躊躇するようなところはなかったです。今日は前のリードホースを見る形で速いところをやりましたが、動き自体もしっかりしていたと思います。坂路でも追い切りを重ねていますし、ウッドで追い切った事で、また馬も変わってくると思います。納得できる動きを見せてくれたので、レースは来週27日の東京3R(D1600m)から投票していくつもりです」
※馬体重544キロ。

2019.01.16 : 美浦:大竹正博厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路2本
1本目 72.5-53.1-35.0-17.2 馬なり
2本目 69.9-51.7-33.5-15.8 馬なり
助手「坂路下馬場で体をほぐしてから坂路を2本乗っています。金曜日にゲート試験を受けた後もテンションは高くなっていませんし、コンディションや脚元も問題ありません。飼葉も安定して食べています。明日は北村宏騎手を背に追い切る予定になっています」

2019.01.11 : 美浦:大竹正博厩舎
ダートコースを半周後、坂路1本、最後にゲート試験を受け合格。
坂路 60.1-43.6-28.4-14.0 馬なり

北村宏騎手「今日はダートコースと坂路で体をほぐしてからゲート試験でした。厩舎サイドから聞いていた通り、駐立でソワソワしましたが、ゲート内で右側に顔を向けていたらギリギリ我慢してくれて、何とかスタートまで位置を保つ事ができました。1、2本目ともスタートは悪くなかったので、無事に合格する事ができました。今日はもう1頭パートナーがいて、2頭で試験を受けられたのも良かったのではないでしょうか。ただ、まだ駐立は怪しいですし、レースでは待たされて嫌気をさす事も考えられるので、今後も日頃から練習していった方が良さそうですね」

2019.01.10 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
大竹調教師「昨日追い切りとゲート試験を行ったので、厩舎周りの曳き運動で調整しています。歩様は特に問題ありませんし、飼葉も完食しています。心身の状態を見ても問題なさそうなので、明日もう一度ゲート試験を受ける事にしますが、今回はジョッキーを乗せて受けたいので北村宏騎手にお願いしています」
※馬体重は545キロ。

2019.01.09 : 美浦:大竹正博厩舎
ダートコース半周、坂路1本後、ゲート試験を受け不合格
坂路 60.1-43.6-28.4-14.0 馬なり

助手「ダートコースで体をほぐしてから、坂路で15-15を切るくらいのペースで単走で追い切りました。動きはだいぶ良くなって来ましたし、これくらいのペースなら楽に動けますね。ゲート試験は1、2本目とも前回よりは出てくれましたが、肝心の駐立が良くありませんでした。1本目は我慢できていましたが、2本目は馬が飽きてしまって、待機中にソワソワし始めて両前膝を落とし、ゲート内で座りそうになっていました。スタートはそこまで悪くなかったので、何とか今日で合格させたかったのですが」
大竹調教師「スタートは前回の試験時よりも良くなっていましたが、駐立は両膝を地面に付こうとする感じでしたし、そこが課題になりますね。ゲートの試験員からも『スタートは大丈夫ですが、駐立がまだ合格レベルではありません』といわれました。この後も試験の合格に向けていろいろと考えて調整してききます」

2019.01.03 : 美浦:大竹正博厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路2本、2本目追い切り、最後にゲート練習
坂路 56.1-40.8-26.7-13.3 馬なり

助手「今日は坂路の2本目に単走で追い切りました。本数を重ねて来ているので、動きもだいぶ板に付いて来たように思います。しっかり動けていますね。最後にゲート練習を入りから駐立までやりましたが、追い切ってガス抜きが出来ているのに、以前よりも中でソワソワする面が目立ってきました。体は大きいのですが、気の弱いところがあるようで、そろそろ慣れて欲しいところですが。早いうちにゲートで縛る事も考えたいと思います」
大竹調教師「昨年末に練習のつもりでゲート試験を受けましたが、駐立で怪しくスタートも反応できず大きく遅れて不合格になってしまいました。今日の追い切った後に練習をやっていますが、内容を見てもまだ練習が必要と思います。根気強くゲートは怖くないという事を教え込んでいきますよ」
※馬体重は543キロ。

2018.12.20 : 美浦:大竹正博厩舎
厩舎周りを曳き運動。
大竹調教師「昨日の追い切りは手応えこそ馬なりでしたが、まだギアチェンジがスッといかないなど動きはまだこれからという感じですね。今日は曳き運動で調整していますが、歩様などは問題ありません。明日ゲート試験を受ける事も考えていましたが、もう少し練習して慣れさせてから受けた方がいいと思うので、来週受けることにします」
※馬体重は547キロ。

2018.12.19 : 美浦:大竹正博厩舎
ダートコースを半周後、坂路にて単走で追い切り、最後にゲート練習
坂路 55.3-40.2-26.2-13.0 馬なり

助手「ダートコースでジックリ乗ってから坂路で単走の追い切りです。先週追い切ったことで徐々に動けるようになっていますね。大型馬なので、まだスッとギアチェンジは出来ませんが、走りそのものは悪くないので、慣れてくれればその辺りも良くなって来そうです。息遣いもしっかりしていますよ。最後にゲート練習をしましたが、やはり追い切り後だとガス抜きが出来ているのか、大人しく練習に臨むことができ、駐立も我慢できるようになっています。いまはスタート練習は控えていますが、以前やった時は促せばちゃんと出てくれていたので、この後の状況次第では金曜日にゲート試験を受ける可能性もあります」

2018.12.13 : 美浦:大竹正博厩舎
ダートコースを半周後、坂路にて単走で追い切り、最後にゲート練習
坂路 55.7-41.1-26.5-13.4 馬なり

助手「今日はダートコースを半周してから、坂路にて単走で追い切りました。ハロー明けの良い馬場だった事もあって動きはしっかりしていましたね。単走でしたし初めての追い切りだったので、終いは少しモタつきましたが、最後まで馬なりの手応えでしたし、全体の内容は悪くありません。大型馬らしくパワーも兼ね備えています。追い切り後にゲート練習をしてみましたが、負荷を掛けて制御が利いたのか、課題の駐立も我慢できていましたよ。何度か入りから駐立までやってみましたが大丈夫そうでした。グラティアスには今日のようなメニューが合っているのかもしれません。この中間、飼葉の食いは安定していて、乗り進めてきましたが体調は良好です。今週の馬体重は544キロでした」
大竹調教師「やはり追い切りを消化してガス抜きしてからゲート練習した方が、馬も落ち着いて練習に取り組めるようです。いまはこのやり方が合っていると思いますが、追い切りを重ねていくと普段のテンションから高くなってくる事も考えられるので、馬の状態を見ながら臨機応変に進めていければと思っています」

2018.12.12 : 美浦:大竹正博厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にゲート練習
坂路 70.2-52.2-33.6-16.9 馬なり

助手「先週の金曜日からメンコを着けて稽古をしています。ゲート練習の感じから即効果があったとは言えませんが、坂路ではしっかり動けていますし、悪い感じではありません。今日のゲート練習も駐立の練習がメイン。後ろで待機している馬が多かったので、少し気にしてソワソワする素振りがありました。入りは問題なかったです。今日は数回出し入れするにとどめていますが、先生は、『少し速いところを混ぜながらゲート練習を進めることも考えている』とのことだったので、明日は追い切ってからゲート練習することも視野に入れていますよ」

2018.12.06 : 美浦:大竹正博厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にゲート練習
大竹調教師「練習のつもりでゲート試験を受ける事も考えましたが、気持ちが入りやすい馬でピリピリし始めているので、受験はやめておきました。無理に攻めてゲートに対して嫌なイメージも持たせたくなかったので、今日は入りから駐立までの練習。中でじっと待てずにイライラして立ち上がる素振りもありましたし、この馬は段階を踏んで慣れさせていった方がいいと思います」

2018.12.05 : 美浦:大竹正博厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にゲート練習。
助手「坂路を1本乗ってからゲート練習。先週の金曜にも練習しましたが、その時同様に入りからスタートまでを通しで1本です。入りは少し躊躇していたものの、促せばスッと入ってくれました。ただ、先週に比べて駐立時にピリピリしていて、立ち上がりそうな素振りを見せていました。落ち着いたところで発馬させましたが、大型馬らしく1完歩目がモッサリという感じでしたね。それでも馬自身に走る気はあるので、そのまま押していけば反応もあって、行き脚も付きました。最後にもう一度、駐立を練習しましたが、やはり安定して待っていられなかったので、その辺りが良くなってくれればと思います」
大竹調教師「先週に続きゲート練習を中心にやっています。駐立時に我慢できていませんが、それ以外は入りも悪くないし、スタートも1歩目こそ速くないものの、そこからリカバーできています。明日は練習のつもりで試験を受ける事も考えています」

2018.11.30 : 美浦:大竹正博厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にゲート練習。
助手「今日は運動初日ということで坂路下の馬場で運動後、坂路を軽めに1本、最後にゲート練習。ゲート練習は最初に前扉を開けた状態で何度か通過をさせてみました。はじめは躊躇しているようでしたが、促せば納得して進んでくれましたね。最後に消音ゲートでキャンターで出してみましたが、駐立も我慢できていましたし、大型馬なのでスタートの一歩目ははゆったり出る感じですが、行く気は見せてくれて、その後のリカバーもしっかり出来ていたので遅い感じはしませんね。坂路の動きにはまだ緩さがありますが、気持ちは前向きです。良い形で立ち上げることができたので、今後も環境に慣れさせながら、ゲート試験に向けて進めさせてもらいます。昨日の飼葉は完食してくれて馬体重は555キロでした」

2018.11.29 : 美浦:大竹正博厩舎
本日、美浦トレセン・大竹厩舎に入厩しました。

2018.11.23 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。564キロ。
担当スタッフ「右前の骨瘤はケアしながら進めていて、歩様は気になりません。ただ、先週末に乗った後、左前の中筋に張りが出て来たので、獣医にしっかり治療してもらい、今週はケアしながら乗っています。症状は当時よりは落ち着いて来ています。近々入厩の話も出ているので、良い形で入厩できるようにして整えていきます。検疫が取れ次第の入厩とのことです」

2018.11.16 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。553キロ。
担当スタッフ「右前の内管に少し骨瘤が出ましたが、ケアしながら乗っていて歩様も気にならないので引き続き乗っています。そろそろ入厩の話も出ているので、良い形で送り出せるように管理していきます」
※検疫が混み合っているため、検疫が取れ次第入厩の予定。

2018.11.09 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。558キロ。
担当スタッフ「トモに緩さのある馬で、前だけで走ろうとするところはありますが、来た当初に比べると少しずつしっかりしてきています。大型馬ですが、今のところ脚元は問題ないので、ケアしながらいつでも入厩できるように態勢を整えていきます」
※検疫が取れれば今週末にも入厩の可能性があります。

2018.11.02 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。549キロ。
担当スタッフ「火曜日に右前の蹄の内側を削蹄してもらい、爪の感じが良くなって来ました。少し煩いところもありますが、歩様はしっかりしていて力強さがあります。飼葉も食べているので、体つきも良くなっていますよ。馬体をケアしながら入厩に向けて乗り込んで行きます」

2018.10.26 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。553キロ。
担当スタッフ「馬場に出すとテンションが上がる時はありますが、走りはしっかりしています。徐々にですが駐立もジッとしていられるようになっているので、精神面の成長も見られますね。大竹師が来場して歩様を確認しましたが、少し爪に弱いところがあるとのことで削蹄師に綺麗に整えてもらうよう指示を受けました。この後、特に問題がなければ入厩も近いと思います」

2018.10.19 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25-25秒。544キロ。
担当スタッフ「大きい馬で飼葉もしっかり食べているので、今週から距離を延ばして乗っています。乗っている時に少しテンションが高くなる時がありますが、歩様とかは問題なく気難しいところも見せないので、この後も色々覚えさせながら乗り込んで行きます。少しずつ駐立などは良くなっていますよ」

2018.10.12 : ミホ分場
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25-25秒。535キロ。
担当スタッフ「先週末に入場しました。輸送熱もなく飼葉もしっかり食べているので、今週からキャンターで乗り始めましたが、大きい馬でまだ器用さがない感じがします。それに我がままなところがあって、駐立もしっかりできないところがあるので、この後色々覚えさせながら進めて行く必要がありそうです」

2018.10.05 : ミホ分場
担当スタッフ「今朝到着しました。すぐに熱を測りましたが、平常で問題なかったです。念の為に補液をうって、今日いっぱいはゆっくりさせ、明日から軽く跨がって歩様などを確認します。問題なければ徐々に距離も延ばして行きます」

2018.10.03 : 社台ファーム→ミホ分場
10月4日(木)の積み込みで、ミホ分場へ向けて出発する予定です。

2018.09.28 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m。馬体重536キロ。
この中間も速めも含めて本数をこなしており、移動も視野に入れたハードトレーニングを積み重ねています。今週は直線走路で3Fから45.2-28.6-14.4を消化しましたが、この程度なら余力があります。欲を言えば、強めを乗った時の終いの動きにもうワンパンチあればというところなので、そこを伸ばしていけるようなメニューを考えて乗っていきたいと思います。

2018.09.14 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m。馬体重540キロ。
9/11に直線で51.8-36.9-24.4-12.7の強めを消化しました。まだシュッとした脚は使えませんが、時計的には十分ですし、長く良い脚を使えるようなイメージです。毛艶、馬体の張りがよく、あとは背肉がついてくればといったところ。もうひと息なのでこの後もしっかり鍛えていきます。

2018.08.31 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m。馬体重536キロ。
この中間もコンスタントに時計を出せており、今週は3F38.0-24.4-12.7で動かしました。動きは力強く、よい雰囲気で調整ができています。速いところばかりではなく、合間にF15の調教も取り入れてメリハリを利かせて乗っています。乗りながら体格も良くなっていますが、この体ならもう少し背肉がついてもいいかなという気はします。移動も視野に入れながら今後もしっかり乗り込んでいきます。

2018.08.15 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m。馬体重536キロ。
前回お伝えしたウイルス感染の影響はなく、徐々にペースを上げて週1回は15-15、10日に一回は3Fから強めの稽古を課しています。8月11日は直線30.7-15.0を消化しました。まだ太め残りですが、動きは一頓挫を感じさせず良いですね。上がりの息の戻りも早く、このままペースを上げていけそうです。そろそろ移動も視野に入ってきそうなので、本数を重ねて締まりを出していきたいところです。

2018.07.31 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m。馬体重540キロ。
この中間も順調に時計を出していましたが、先週直線2Fから29.7-14.7の時計を出した後に、発熱、下痢、後肢球節あたりの腫れに見舞われました。獣医師に診てもらったところ、ウイルス感染によるものとのことで注射と投薬治療で対処したところ、ほどなくして症状は治まり、現在はトレッドミルを経てキャンター調整まで進めています。一過性のものだとは思いますが、しばらく慎重に進めていきます。

2018.07.17 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重541キロ。
この中間も順調に乗り込みを進めています。中間は29.7-14.7の時計をマーク。2週に一度は速めを消化しているように変わりなく順調です。前進気勢十分に活気ある動きが出来ているので、もう少し絞り込んでいければいいですね。そうすればもっと素軽い動きが出来るようになると思います。

2018.06.29 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重538キロ。
順調にF15秒のメニューを消化しています。速めは2週に一回のペースで課していて、今週は3Fから41.3-26.6-13.4の時計をマークしています。体重はありますが、太め感は感じられず、馬体の張りも良化しています。これで背肉がついてきたら尚いいですね。さらに強めを課して入厩態勢を整えていきます。

2018.06.15 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重532キロ。
この中間も直線走路主体に乗り込まれ、コンスタントにF15のメニューもこなしています。3Fから時計になるところは10日に一回のペースで消化しています。先週は1本目に2F31.7-15.8、2本目に31.5-15.6のメニューでしたが、前進気勢が旺盛でよい格好で走れるようになっています。体はまだ緩さが残るので、これからしっかり本数重ねて締まりを出していきたいところです。

2018.05.31 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重530キロ。
この中間も状態面に不安はなく順調に乗り進めています。今週は直線走路で3Fから44.1-28.1-14.0を消化しましたが、動きに良かった頃の感触が戻ってきましたし、やった後も蹄や脚元に不安は出ていません。先日、大竹調教師に本馬をチェックしてもらったところ、「この調子であとひと月ほど乗り込んだ後の状態を見て、移動を含めた次のステップに向けて具体的に検討していきたい」とのことでした。蹄のケアは継続しながら、定期的に強めを消化して更に状態を上げていきたいです。

2018.05.15 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重530キロ。
周回外回りコースと直線走路を併用して順調に乗り込んでいます。5月に入って2本強めの時計を消化しましたが、やるごとに反応が良くなっています。脚元に不安も出ていませんし、全体に良い方に変わってきたように思います。右前蹄の方は欠かさずケアしていますが、現状調教する上で特に問題はありません。大型馬特有の緩さはありますが、走りに重苦しさはないですし、これから気温が上昇してくれば更に良化が期待できそうです。

2018.05.01 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重526キロ。
引き続き周回外回りコースと直線走路を組み合わせたメニューで乗り込んでいます。先週は3Fから44.5-27.9-14.3の時計をマークしています。右前骨瘤は強めを消化した後に熱を帯びることがありますが、調教を休むほどではなく、しっかりケアしながら乗り固めていく方針です。右前の蹄に裂蹄線が見られますが、これも特に問題になるほどではなく乾燥しないようにケアだけしています。以前よりも体の使い方が良化して動きは良くなっているので、体調管理に気をつけながら進めていきます。

2018.04.13 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重516キロ。
この中間、周回外回りコースから直線走路に入るメニューも開始しています。今週は足慣らしで2F31.2-15.4の時計を出しましたが、稽古後に古傷の右前骨瘤を触ると反応がありました。動きに関しては背中の伸縮もあるし前肢の伸びも良くなって、以前よりも良い格好で走れるようになっていますが、今後も稽古後の骨瘤のリアクションには注意していきます。普通キャンターで乗ったぐらいでは触診反応はないので、状態を見ながら適正負荷をかけていきます。

2018.03.30 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重518キロ。
前肢を装蹄して乗っているのでソエは気にならず、週3~4回は直線走路に入れてトレーニングしています。今週は2F31.1-15.2の時計をマークしましたが、飛びの大きな良い走りを見せてくれました。まだ腹回りを中心に体には余裕があるので、これから締まりを出していきたいです。乗りながら脚元も固めて行きたいですね。

2018.03.15 : 社台ファーム
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重516キロ。
右前のソエも治まって普通キャンターで乗り出しています。蹄鉄を履かせることで脚元も安定しているのでこのまま進めていけそうです。14日には直線走路で2F29.8-14.8の時計を出しました。久々の割に動きは悪くなかったですが、まだ後肢に力が付き切っていないので、フォームの完成はこれからですね。立派な馬体に見合った筋力強化と芯からしっかりした中身をつくっていければと思います。

2018.02.28 : 社台ファーム
マシン運動120分、トレッドミル調整。馬体重508キロ。
乗り進めてきたところ、右前肢にソエを発症したため、消炎剤を投与しました。痛みはすぐに治まりましたが、念のためマシン運動とトレッドミルの調整にとどめてケアを優先しています。状態を見ながらになりますが、間もなく騎乗再開できる見込みです。

2018.02.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重500キロ。
中間右前管に骨瘤ができましたが、痛みや熱感もなく稽古は休みなく消化。先週金曜日には直線でラスト2F31.4-15.8の時計をだしましたが、その後、骨瘤に熱感。騎乗を控えたらすぐに熱感は治まり、今週の火曜日からまた馬場入りを再開しています。今のところ乗りながら固めていけそうなので、このまま進めていきます。力みの強いタイプでハミにもたれて想定以上に時計が出てしまうタイプでしたが、ここにきて力みの方は解消されつつあります。

2018.01.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重490キロ。
この中間も直線走路主体に順調に乗り込んでいます。週2回は2本乗りの日も設けていますが、疲れも見せず日々元気に走路を駆け上がっています。乗りながら走りがしっかりしてきましたし、力強さも増してきたように思います。ただ、それに伴ってハミに頼りがちな面が出てきてそれが力みにも繋がっています。この手のタイプは背腰の筋肉に疲れが出やすいので、オーバーワークは避けて、気性の成長を促しながら進めていくことにしています。

2018.01.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重486キロ。
この中間から直線走路で15-15を2本乗るメニューを開始しました。しっかり乗り込まれて馬体重は20キロ以上減りましたが、細くなったというより引き締まってきた感じですね。動きの方は力強さを増していますよ。やや力んで走る面が現在の課題なので、もう少し気持ちに余裕を持った走りができるようアシストしてやりたいです。

2017.12.26 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重512キロ。
この中間も順調にメニューを詰まれ、週2回は直線走路で終いF15秒のラップを課しています。直近では今週2F31.6-15.6の時計を計時しました。周回コースやトレッドミル、マシンなども併用してしっかり乗られながら馬体重が増えているように、今時期にしては全体にしっかりしているし、体のバランスも良好です。掛かり気味に走る面があるので、良い位置でハミが受けられるよう指導しながら進めています。

2017.11.30 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重504キロ。
週3回直線走路でキャンターを主体に、他の日は周回ウッドコースでキャンターやトレッドミル調整などを織り交ぜています。素直で前向きに調教の取り組めるのはこの馬のいいところ。大柄でもドタドタした感じもなく良い雰囲気で動けています。ただ、前向きさが過剰になると、たまに熱くなって瞬間的にハミの操作が利かなくなるようなことも見られます。パワーのある馬なのでそういう時の力は強靭。そうしたことの今後の課題として、乗り手とのコンタクトをしっかり取りながら、馬自身が納得できるように調教に取り組んでいきます。

2017.10.31 :
(社台ファーム)
馬体重518キロ。
10月半ばに来場して放牧は継続しながら日中に馴致場で駆け足訓練を行っています。大型でまだ緩さはありますが、重苦しさは感じませんし、体を上手に使って動けています。見た目通りに力強い動きの出来る馬ですね。不安な点はないので、これから強制運動を課してどんどん絞り込んでいきたいと思います。

2017.10.10 :
(社台ブルーグラスファーム→社台ファーム)
10月13日(金)社台ファームに移動予定となりました。

2017.09.29 :
(社台ブルーグラスファーム)
馬体重504キロ。
マシンを使った初期馴致を経て厩舎内での背馴らし訓練を進めています。馴致においては別段問題もなく順調にきています。放牧地では気が強く動きも体も大きいので、迫力や威圧感が他の1歳馬とはまるで違います。大型ですが動きに重苦しさはなく総じて印象良好です。

2017.08.31 :
(社台ブルーグラスファーム)
夜間放牧。マシンを使った初期馴致。馬体重476キロ。
放牧と平行してマシンを使った初期馴致を始めています。強い気性でヤンチャな面はありますが、人の手を煩わせるものではないので、競走向きのタイプではないでしょうか。普段から先陣を切って走るようなところがありますし、雄大な馬体通りに力強さがあります。骨格に見合った筋肉がついてくれば楽しみです。今後は騎乗馴致に向けて進めていきます。

このページのトップへ