近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドサーシャ牝3歳 黒岩陽一厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2020.02.13 : 美浦:黒岩陽一厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので、厩舎周りを曳き運動のメニュー。出掛けの歩様からスムーズでしたし、運動中もリラックスして歩けていましね。飼い葉の量も先週から増えていて、馬体重も460kgと変わらず維持しています。ここまで不安なく調整できているので、引き続きレースに向けてしっかり乗り込んでいきたいと思います」

2020.02.12 : 美浦:黒岩陽一厩舎
Aコース半周後、ウッドコースで追い切り
ウッド 69.6-54.7-40.6-12.8 馬なり
外カイザーヴェッター馬なりを5F0.4秒追走1F併せ併入

助手「Aコースで体をほぐしてから、ウッドコースで追い切りました。サーシャが追走する形でしたが、下ろしがけから落ち着いていましたし、掛かる感じもなく折り合いも付けられたと思います。直線でも格上馬相手に馬なりの手応えで追いつけましたし、最後も持ったままでした。息遣いも良化していますし、追い切り毎に体をしっかり使えるようになっていますね。ここまでは順調だと思います」
黒岩調教師「今日は準オープンの馬と併せました。時計はそこまで速くないものの、サーシャの方が良い手応えだったと思います。追い切りを重ねて動きや息遣いも良くなっているので、来週22日の東京6R(芝1800m)を内田騎手でいきたいと思います」

2020.02.06 : 美浦:黒岩陽一厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「今日は厩舎周りの曳き運動で様子を見ました。歩様は気にならなかったですし、落ち着きもあってコンディションは良さそうです。追い切りを重ねてきて飼食いも落ちており、馬体重も460kgまで減っています。ボディラインは細く映りませんが、これ以上は減らしたくないので、飼葉も工夫しながら、今の体付きを維持していければと思います」

2020.02.05 : 美浦:黒岩陽一厩舎
Aコース半周後、ウッドコースで追い切り
ウッド 68.0-53.1-39.4-12.6 馬なり
中ケンシ一杯を5F0.4秒追走1F併せ0.2秒先着
外ソドゥバスク馬なりを5F0.8秒追走1F併せ併入

助手「ウッドコースにて3頭併せの3番手から進め、最後は内に入れました。テンからリズム良く走れていましたし、先週追い切ったことで気持ちもだいぶ乗ってきて、そこまでフワフワすることもなく集中して走れていましたよ。終いの反応も良くなって、最後もしっかり脚を使えて最先着しました。促した分、最後はハァハァと荒い息でしたが、平常に戻るまでにそこまで時間は掛からなかったです。今日は思っていた以上に良い動きをしてくれたと思います」
黒岩調教師「3頭併せでしたが、終いの手応えはサーシャが一番でしたし、良い動きだったと思います。レースは、もう少し乗り込んでいってから決めようと思いますが、この感じなら東京開催中に投票することも視野に入れたいと考えています」

2020.01.30 : 美浦:黒岩陽一厩舎
Aコースを半周後、ウッドコースで追い切り
ウッド 70.2-55.2-40.7-13.0 馬なり
外ヤマニンシーベリー馬なりを5F0.4秒追走1F併せ0.1秒先着

助手「今日はウッドコースで追走する形で追い切りました。全体を通してまだフワッと走っているような感じはしますが、前の馬を意識しながら走らせたこともあり、そこまで集中力を欠くところはなかったですよ。直線はスッと反応こそできなかったものの、促せば加速してくれました。ペースはそこまで速くないにせよ、最後まで手応えもしっかりありましたよ。息遣いも悪くないですし、体調面も良いのではないでしょうか。馬体重は470kg。以前より締まっていますが、飼葉の食いは安定しています」
黒岩調教師「前回在厩時に坂路で追い切った時よりも動きは良化しているように思いました。体付きも締まっていますね。まだ課題はありますが、追い切りを重ねながら、着実に力を付けていければと思います。1回東京か2回中山開催で使うことを目標にしてやっていきます」

2020.01.29 : 美浦:黒岩陽一厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本。
黒岩調教師「先週金曜日に帰厩しています。日曜日に坂路で脚慣らし程度に時計を出しています。まだ動き切れていない面はありますが、以前よりは動けるようになっています。明日追い切る予定なので、内容を見て目標のレースを決めていければと思います」

2020.01.24 : グロースフィイールド→黒岩陽一厩舎
485キロ。
担当スタッフ「周回3000mの残り1000mを14-14のペースで乗っています。ペースをもう一段上げてみましたが、併せ馬でやっているせいもあって、最後までしっかり動けています。息遣いも問題ないですね。体付きもだいぶ締まってきたように思います。検疫が取れて今日の移動になりますが、良い状態で送り出せると思います」

2020.01.17 : グロースフィールド
484キロ。
担当スタッフ「今週も周回コース3000mのメニューの中で、残り1000mを15-15のペースで乗っています。速いところは併せ馬でやっていますが、抜かされそうになると、相手に負けじとしっかり食らいついていますし、自分から動けるようになっていますね。以前は稽古後に球節周りが浮腫みやすかったのですが、今はそういったところも無いですし、脚元もスッキリしています。帰厩も近いので、引き続きしっかり乗り込んでいきます」

2020.01.10 : グロースフィールド
488キロ。
担当スタッフ「今週も周回コースを3000mのメニューの中でラスト1000mを15-15のペースで乗っています。現行メニューでも余裕を持って動けるようになっていますし、乗り込むにつれて体のシルエットも締まって来ました。黒岩先生から『今月末に帰厩させたい』との連絡がありましたので、この調子で乗り込んでいきたいと思います」

2019.12.27 : グロースフィールド
487キロ。
担当スタッフ「今週も周回コースを3000mのメニューの中で、残り1000mを15-15のペースで乗っています。先週よりも終いの動きには余裕が見られましたし、併せ馬をおこなっていることで、良い意味で相手を意識してくれていますよ。体つきもしっかりしていますので、ここまでは不安なく乗り込めていると思います」

2019.12.20 : グロースフィールド
492キロ。
担当スタッフ「今週は周回コース3000mのメニューの中で、残り1000mを15-15のペースで乗っています。最後のペースを1F伸ばしたことで、終い少しフワッとなっていましたが、全体の動きはしっかりしていますし、息の入りなども問題ないですよ。このままの流れで進めていきたいと思います」

2019.12.13 : グロースフィールド
489キロ。
担当スタッフ「今週は木曜日に周回コース3000mのメニューの中で、ラスト半マイルを15-15のペースに上げてみました。このペースにも慣れてスッと加速してくれましたし、最後まで手応えは楽でした。息遣いもしっかりしています。腹回りの無駄肉も取れて馬体がだいぶ締まってきましたし、見た目のシルエットも良い感じに映ります。帰厩予定などはまだ出ていませんので、この調子で乗り込んでいきたいと思います」

2019.12.06 : グロースフィールド
496キロ。
担当スタッフ「先週の金曜に入場し、週末までマシン運動で楽をさせ、今週から周回コースで3000mを乗っています。ペースは24-22くらいなので、どっしり構えて走れていますし、カリカリしたところも見せていません。こちらでしっかり土台を作ってから厩舎に送り出すことになっているので、しっかり乗り込んで緩さを解消していければと思います」

2019.11.29 : グロースフィールド
本日、グロースフィールドに入場しました。

2019.11.28 : 美浦:黒岩陽一厩舎→グロースフィールド
厩舎周りを曳き運動。
黒岩調教師「追い切った翌日なので曳き運動で様子を見ています。追い切った後も歩様や脚元は気になりませんが、飼葉の食いは落ちていますね。馬格のある馬ですが、牝馬ですし繊細な部分もあると思うので、このまま追い切りを重ねていくよりも、一息入れてから土台をしっかり作ってあげた方がいいと考え、明日グロースフィールドに放牧することにしました。馬の状態を見ながらになりますが、騎乗運動はすぐに始めてもらうつもりです」
※馬体重は488kg

2019.11.27 : 美浦:黒岩陽一厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路にて併せ馬で追い切り
サーシャ     54.3-40.8-27.6-14.5 馬なり
シェーンクラート 54.4-40.7-27.5-14.3 馬なり
ケンシ      54.5-40.9-27.7-14.5 馬なり

助手「今日は坂路にて併せ馬の形で追い切っています。3頭併せの3番手から進めましたが、雨で馬場が重かったですし、まだ馬自身にも緩さがあるので、自分から進んでいける感じではなかったですね。それでも最後まで気持ちを切らさず走れていたのは良かったと思います。今日は1本目の追い切りですし、この後本数を重ねて動きや息遣いを良化させていきたいです」
黒岩調教師「先週ゲート試験に合格したので、今週から本格的に追い切りを始めています。まだ慣れないこともあるので、動きなどはこれからという感じですが、しっかりと乗り込んでいきながら、力を付けていきたいと思います」

2019.11.22 : 美浦:黒岩陽一厩舎
ゲート試験を受け合格。
黒岩調教師「昨日の練習の感じではまだ試験を受けるのは早いと思っていましたが、今日の練習でも2本出すつもりでしたし、それなら練習がてら受けてみようと思いました。1本目が遅かったのでダメかと思いましたが、2本目は普通に出えてくれたので合格する事が出来ました。まだまだ練習は必要ですが、この段階で無事に受かって良かったと思います。この後は週末に14-14くらいのところをやって、どのくらい動けるかを確認します」

2019.11.21 : 美浦:黒岩陽一厩舎
曳き運動後、北のCコースをハッキングで1周後、ゲート練習。
木幡初騎手「今日は北馬場でゲート練習をしました。駐立で後ろにもたれる感じなので、しばらくゲートの中で駐立をさせて、物音にびくびくしないよう扉を開けたり閉めたりして慣れさせるように努めました。徐々に乗っている時の背中の緊張感が抜けてきて、そのまま手開けで出したらスムーズに出てくれました。今日は音の出ないゲートだったので、もう少し練習は必要だと思いますが、少しずつ良くなっています」
黒岩調教師「ここまでゲート練習を重ねてきて少しずつ慣れも出て良くなっていますね。中途半端な状態でビシビシやると、気も悪くなると思うので、今後も急がずにじっくり慣らして覚えさせていきたいと思います。今のところ疲れている感じはありませんよ」

2019.11.20 : 美浦:黒岩陽一厩舎
乗り運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分、その後、坂路1本とゲート練習。
木幡初騎手「今日も坂路1本上ってからゲート練習をしました。最初の頃から入りと駐立は問題ないのですが、相変わらずスタートが遅く、今日も駐立の時に後ろにより掛かる感じでした。焦らずにじっくり練習していった方が良いと思います。少しトモにも弱いところがありますし、物音にも敏感なので、丁寧に育てていきたいです」
黒岩調教師「今日も坂路後にゲート練習をしました、1本目はまだ良かったのですが、2本目は遅かったのでもう少し練習が必要だと思います」

2019.11.14 : 美浦:黒岩陽一厩舎
曳き運動後、北のCコースをダクで半周し、その後ゲート練習。    
小野寺騎手「練習に乗せてもらいましたが、入り駐立共に問題はなかったものの、スタートは扉が開いただけで驚いていました。気合をつけたら前に出るのではなく、後ろに下がる感じになっていましたから。それでも追って出していきましたが、まだ何も分かってない感じです。2本目は他の馬と一緒に出すようにして少しは反応してくれましたが、それでもまだ遅いですね。少し時間は掛かりそうですが、悪癖とかがあるわけではなく、まだ慣れていない、分かっていないという状況なので、じっくり練習していけば良くなって行くと思います。気性は真面目なのですが、その分物音などに敏感な感じですね」

2019.11.13 : 美浦:黒岩陽一厩舎
乗り運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分、その後、坂路1本とゲート練習。
助手「ゲートの入りと駐立はスムーズで問題ないのですが、スタートの方は、扉が開いた瞬間にびっくりして固まってしまい、3秒位数えてようやく出る感じでした。まだ乗っていてもトモの緩さを感じるのでこれからの馬だと思います。ただ、ゲートに関しては初日にしては、入りと駐立が良かったので、出も慣れだと思います。今日が練習初日ですからね」
黒岩調教師「まだスタートを分かってない感じなので、これから練習を重ねていきます。明日も引き続き練習します」

2019.11.08 : 美浦:黒岩陽一厩舎
明日9日(土)、美浦トレセンに移動します。

2019.11.08 : グロースフィールド
490キロ。
担当スタッフ「周回コースを20-20のペースで3000m、終いの半マイルから14-13のペースに上げています。サーシャと同じデビュー前の馬と併せましたが、最後まで相手を意識して走れていましたし、このペースでもリズムが崩れることはなかったですね。息の入りも良かったです。早ければ今週末、遅くても来週には入厩の予定です」

2019.11.01 : グロースフィールド
492キロ。
担当スタッフ「今週も周回コースを20-20のペースで3000m乗っています。動きに活気がありますし、最後まで余力を残して走れています。乗り込んできて体付きもだいぶ締まってきました。厩舎の都合で来週の入厩予定となりましたが、コンディションは引き続き良いのでこの感じを維持していければと思います」

2019.10.25 : グロースフィールド
495キロ。
担当スタッフ「今週も周回で20-20のペースを3000m乗っています。終い半マイルから15-14の時計を出しています。乗り込み量も十分なので前進気勢が見られますし、最後まで手応えも楽ですよ。速いところを乗った後でも息の戻りに時間は掛かりません。来週の入厩予定ですが、良い状態で厩舎に送り出せそうです」

2019.10.18 : グロースフィールド
495キロ。
担当スタッフ「今週も周回で20-20のペースを3000m乗っています。終いは半マイルから15-14の時計を出しています。速いところを乗る際は併せ馬ですが、以前は相手について行くような感じでしたが、今は余裕を持って動けていて、追えばまだ更に伸びてくれそうな手応えになっています。息遣いも良いですね。台風の影響で厩舎の馬の入れ替えがスライドしてしまったので、入厩予定は来週以降になってしまいましたが、引き続き乗り込みながら態勢を整えていきます」

2019.10.11 : グロースフィールド
495キロ。
担当スタッフ「今週も周回で20-20のペースを3000m乗っています。引き続き終いのペースは半マイルから15-14の時計を出していますが、動きは安定していますね。乗り込むに連れて体も締まって来たように感じます。今週末の入厩を予定していますが、台風の影響で来週に延びる可能性もありそうです」

2019.10.04 : グロースフィールド
503キロ。
担当スタッフ「今週も周回で20-20のペースを3000m乗っています。終いのペースは半マイルから15-14程度ですが、だいぶ前進気勢が出て自分から進んで行ってくれるようになっています。先週と同じく併せ馬でやっていますが、相手を意識して走れていて、最後まで気を切らさずに集中力も付いています。先生と相談したところ、遅くとも再来週には入厩させたいとの事でしたので、この調子で乗り込んでいきます」

2019.09.27 : グロースフィールド
505キロ。
担当スタッフ「今週も周回にて20-20のペースで3000m乗っています。終いのペースは半マイルから15-14に上げてみましたが、ペースアップしても余裕を持って動けていますし、併せた相手はレースを経験している馬でしたが、最後も遅れずに併入する事ができました。体付きも締まって来たように、今は馬の状態が上がってきていると思います。良い流れで調整ができていますね」

2019.09.20 : グロースフィールド
502キロ。
今週も周回3000mを20-20のペースで乗っています。週2回、終い15-15を消化していますが、今週から併せ馬も取り入れています。パートナーがいる事で良い意味で相手を意識できているので、動きも前向きになっています。息遣いも良化していますし、とても良い感じで稽古に取り組めています。

2019.09.13 : グロースフィールド
505キロ。
周回にて20-20のペースで3000mを乗っています。今週も終い15-15を週2回でこなしていますが、しっかり動けるようになっていますし、動きにもだいぶ余裕が出てきた印象です。この調子で進めて10月中に入厩できればと考えています。

2019.09.06 : グロースフィールド
505キロ。
今週も20-20のペースで3000mの周回メニューを乗っています。今週は終い15-15のペースを2回に増やしていますが、ここまでジックリ乗ってせいか、だいぶ前進気勢が出てきましたし、苦しさから手前をコロコロ替えることもなかったです。トモに疲れが出ることも減っていますし、しっかりとしたフォームで走れるようになっているのでしょう。この調子で乗り込んでいきたいと思います。

2019.08.30 : グロースフィールド
507キロ。
今週も周回コースで20-20を3000m乗っています。火曜日にラスト4Fから15-15のペースをやってみましたが、先週もやっているので最後の1Fも踏ん張りが利いていました。トモに疲れは見られますが、しっかり体を使えている証拠ですし、良い意味での疲労感といったところ。着実に力を付けていると思います。昨日も黒岩先生が来場されたように、この子のことを気にかけてくれています。先生からは『もう少しこちらで乗り込んで欲しい』との事でしたので、引き続き緩めず乗り込んでいきたいと思います。

2019.08.23 : グロースフィールド
507キロ。
今週も周回3000mを20-20のペースで乗っています。火曜日にラスト4Fから15-15にピッチを上げてみましたが、スッとギアチェンジできる感じはなかったものの、促せばスピードに乗れていました。まだペースに慣れていないこともあり、最後の1Fは苦しい感じでしたが、この後の稽古では余裕を持って動けるようになっています。もう少しこちらでの調整になりますが、この夏を乗り越えてくれればもっと良くなると思っています。

2019.08.16 : グロースフィールド
495キロ。
今週も周回で20-20のペースを3000mメニュー乗っています。ペースは上げていませんが、先週から体をしっかり使えるようになっています。トモに疲れは出ていますが、入念にケアしているので、大きくガクって来る感じはありません。ここまでは順調なので、来週は終いのペースを上げてみようと思っています。

2019.08.09 : グロースフィールド
500キロ。
担当スタッフ「今週も周回コースを20-20のペースで3000m乗っています。現状は体力作りを優先に進めていますが、フォームも矯正しながら乗っているので、多少トモに疲れは溜まってきています。それでも体をきちんと使えているからこそ疲れも出るのだと思いますし、稽古後は入念にケアしているので心配はないと思います。飼い食いも安定していて暑さにも負けていないので、引き続き乗り込んでいきたいと思います」

2019.08.02 : グロースフィールド
498キロ。
担当スタッフ「今週から周回3000mを20-20のペースで乗っています。まだ体力不足で手前をコロコロ替えています。特に稽古の終盤しんどくなると馬が勝手に替えてきますね。気は真面目なので集中して走れていますし、まずはしっかり体力を付けていきたいと思います。今のところ飼葉食いなどの心配はないので、ジックリ乗っていきます」

2019.07.26 : グロースフィールド
500キロ。
担当スタッフ「今週から周回コースで22-22のペースを3000m乗っています。まだ筋力が付いていない分緩さがあり、トモも上手に使えていない感じで前のめりに走っています。まずはジックリ乗って土台を作っていきたいと思います。性格の良い馬で乗り手に対しては従順。飼葉の食いも安定していて体調面は良いので、引き続きしっかり乗り進めていきますよ」

2019.07.19 : グロースフィールド
担当スタッフ「昨日到着しました。北海道からの長距離輸送になりましたが、輸送熱などもなく、到着後も飼葉を食べています。まだ体重は計っていませんが、細い感じはしませんよ。黒岩先生も到着してすぐ見に来てくれました。『乗り出してからの状態を見ながら入厩時期を考えていきます』との事です。今週末までマシン運動で楽をさせ、体調面に問題がなければ来週から乗り出していこうと思います」

2019.07.16 : 辻牧場→グロースフィールド
馬体重500キロ
屋外直線コース、トラックコース2000~3000m(ハロン20~18秒)を主体とした調整メニューで進めており、週2回は坂路コースにて3ハロン15-15-15といったメニューも消化しています。17-16くらいのペースで体力強化を意識した乗り込みを重ねてきた効果もあり、ハロン15秒ペースにピッチを上げても体調面に変化は見られず、調教時も確かなフットワークで余裕をもって動くことができています。コンディションに不安のない状態にあることから、先生とも相談して暑さが厳しくなる前に動かそうということになりましたので、明日(水)の積み込みで美浦近郊の育成牧場・グロースフィールドへという運びとなりました。牝馬ながら精神面の安定した馬なので大丈夫だと思いますが、頑張って長距離輸送をクリアしてもらいたいですね。

2019.07.12 : 辻牧場→グロースフィールド
来週17日(水)に北海道を出発、木曜日に美浦近郊のグロースフィールドに到着予定となりました。

2019.06.28 : 辻牧場
馬体重496キロ
メニュー構成は変わらず、この中間も直線・トラック・坂路コースで乗り進めています。もう一段階の体力強化を意識してコースではじっくりと運動量重視、坂路では17-16くらいのところを乗っています。この中間は背腰の状態も悪くないですし、稽古での動きにも余裕を感じます。強い負荷をかけていくのはもうしばらく先に設定し、成長を阻害しないようにパワーアップを図っていければと考えています。精神状態は変わらず良好で落ち着き十分。脚元などに不安もありませんので、この馬のペースで無理なくじっくりと鍛えていきます。

2019.06.14 : 辻牧場
馬体重492キロ
屋外直線コース、トラックコース2000~3000mをハロン20~18秒を主体に、坂路では週1回3ハロン18-17-16というメニュー構成で乗り進めています。15-15に上げることは可能ですが、このペースを継続していくには馬自身まだ不安定なところも。しっかりと継続していけるのであれば移動させようと先生とも話をしていたのですが、まだ成長途上の段階で完全に力が付ききっていないため、緩さもあり背腰に疲れがきやすいというのが現状です。移動時期を秋口に再設定し、ひと夏を越しての成長を見越して改めて体力強化に努めていきます。コースでは長めを丹念に、坂路でも17-16くらいのところをじっくりと乗り重ねていきます。

2019.05.31 : 辻牧場
馬体重488キロ
この中間も変わらず順調に乗り進めることができており、屋内直線コースではハロン16秒前後のところを継続することができています。乗り込みを重ねても馬の精神状態に不安はないですし、もちろん体調面についても問題はありません。6月の移動を意識して進めていますが、馬もしっかりと応えてくれていますので、明日以降もまたキッチリと乗り込んでいけるかと思います。移動に関しての具体的なプランはこれからとなりますが、体調管理も含めてどのような展開にも対応できるように引き続き準備をしていきます。順調にきていますよ。

2019.05.15 : 辻牧場
馬体重489キロ
トラックコース、屋外直線コースを使用してのメニュー構成は変わらず、乗り込みを進めています。この中間、右の口角に切り傷ができてしまったため、傷口が治るまで少し治療優先のメニューに切り替えてきましたが、いまはハロン17秒ほどのペースでの乗り込みをおこなうことができています。毛艶もいいですし、精神的な落ち着きは変わりません。状態面にも特に気になる点はありませんので、このあともペースアップを視野に乗り込みを継続していきます。6月移動を目標に進めていますが暑い時期の移動は避けたいので、仕上がり具合やコンディション次第では秋に備える方向に切り替えましょうという話は先生ともしています。

2019.04.30 : 辻牧場
馬体重490キロ
休養明けよりトラックコース、屋外直線コースを2000~3000m(ハロン20-18秒)という内容で調教を進めています。調教再開後は不安なく進めることができていますので、6月の本州移動を視野に5月より再び15-15での乗り込みを開始する予定です。牝馬ながら精神的な課題も特になく、乗り込みにあわせて体力的にも競走馬らしくなってきました。コンディション的にもペースアップに不安のない状態にありますので、15-15再開後も順調にトレーニングを進めていけそうです。こちらでの調整はあと1ヶ月ちょっとになるのかもしれませんが、総合力の底上げはもちろんですが、この馬の武器になってくるであろうスピード能力にさらに磨きをかけていければと考えています。

2019.04.15 : 辻牧場
馬体重488キロ
坂路コースでハロン15秒ペースまで進んだところで少し背腰に疲れが見られたため、1週間ほど楽をさせてリフレッシュを図りました。すぐに背腰の状態も良くなり、休養明けから軽めの調教で立ち上げていっていたところで口の中を切ってしまったため、その治療を優先で進めていました。大きなトラブルではなく今週から調教を再開していますので、じわりと休養前のメニューに戻していければと思っています。口の治療もあってリフレッシュ期間が予定よりも長くなった格好ですが、もともと精神面に心配はないタイプではあったものの、肉体的に楽になったことで運動時の表情がグンと良くなったように感じます。ここまでの進み具合から黒岩先生も早めの移動を考えているとのことですので、5月末から6月はじめに本州へ運べるよう準備をしていきます。

2019.03.29 : 辻牧場
馬体重485キロ
この中間も不安なくメニューを進めることができており、現在は屋内直線コース、坂路コースにて2000m(ハロン16秒前後)を基本として乗り込みを重ねています。運動量も増えて調教での負荷も徐々に高めていっていますが、食欲が落ちることもないですし馬体重の変動にも波が見られず安定しています。精神面の強さが大きいのは明確ですが、馬自身の成長とトレーニングの成果で肉体的にも充実してきているのだと思います。まだ変化を見せてくれる馬だとは思っていますが、トモや胸前には厚みが増してきて走りも力強くなっていますので、現時点の状態として見ても楽しみと思わせるものがありますね。不安なく進めることができていますので、いい形で次の段階へ進めていくことができそうです。

2019.03.15 : 辻牧場
馬体重485キロ
メニュー構成に大きな変化はありませんが、この中間はハロン16-17ほどにペースを上げて乗り進めています。体力も備わってきていますのでペースの変化にもスムーズに対応できていますし、負荷が高まったことで気持ちが高まってしまったり、食欲が落ちるなど体調に影響が出たりということもありません。牝馬ながら変わらずドンと構えて平常心で稽古に取り組んでいますので、ここから先の調整に関してもいい形で進めていけるだろうと頼もしさを感じています。今後も段階を踏みながら調教の強度を高めていきますが、いい形で全体のレベルアップを図っていけるようにメニュー構成も工夫していくつもりです。このままトラブルなく順調にいきたいですね。

2019.02.28 : 辻牧場
馬体重479キロ
BTCの屋内直線コースと周回コース、また坂路コースを使用しての調整を継続しています。ハロン17-18ほどのペースで乗り込んでいますが、背中など体の使い方もいいですし、フットワークが良く安定感が増してきました。この時期ですけど馬体の張り、艶ともに良好なようにコンディションは変わらず上々。もともと精神面に不安点を感じたことはありませんが、余裕があって大人っぽくなってきましたし、心身ともに確実に上向いて成長を感じさせてくれています。脚元などにも不安はありませんので、この調子で春先へ向けて徐々にペースアップを図っていきたいと思います。

2019.02.15 : 辻牧場
馬体重475キロ
この中間もBTCの屋内直線コースと坂路コースを併用しながらの調整。坂路では1ハロン18秒のペースで乗り進めており、体幹強化をテーマに運動量重視でじっくりと乗り込んでいます。乗り込みを重ねてきましたが精神状態は変わらず安定しており、うるさい面を見せるような場面もなく無駄なこともまずしません。気持ちは前向きで集中力もありますし、教えたことへの理解力も高いのでトレーニングに向かう姿勢としては理想的。しばらくは体幹強化にともなう体力づくりを中心に据えたメニュー構成で進めていきますが、こちらがイメージする状態に良い形で向かっていってくれるのではないでしょうか。これから見せてくれるだろう変化が楽しみです。

2019.01.31 : 辻牧場
馬体重470キロ
坂路調教を再開してからも不安なく順調に乗り込むことができています。現在のメニューは屋内直線コース、坂路コースにて2000mという内容。ペースはハロン18秒前後で、乗り手とのコンタクトやフォームなどを確認しながら進めていますが、乗り手の指示をしっかりと理解してくれていますし、体力がついてきて走りにも安定感が出てきています。気性的な不安を感じさせず学習能力も高い馬。調教を進めていく上で手を焼いた記憶もあまりないので、今後さらに負荷を高めていっても馬自身がしっかりと教えたことを吸収して応えてくれるのではないでしょうか。来月から無理のない形で徐々にペースを上げていきたいと考えていますが、体調面にも気性面にも不安がないのでイメージ通りにメニューを組んでいけそうです。

2019.01.15 : 辻牧場
馬体重467キロ
年末年始は10日ほどリフレッシュ期間を設けましたが、そこまでは坂路で1ハロン18秒ペースでの調整を順調に消化することができていました。現在はフラットコースで進めており、1ハロン20秒のペースで立ち上げています。リフレッシュの効果もあり馬は元気いっぱいですので、来週から坂路調教を再開したいと考えています。現状ではトモに緩いところがあるため、しばらくは坂路で1ハロン18秒のペースまでにとどめ、基礎体力作りとトモ強化に重点を置いて進めていきます。BTCの環境にも慣れて飼葉の食いは申し分ないですし、相変わらず肉付きが良く毛艶も良好。今後の調整もスムーズに進めていけるはずです。

2018.12.25 : 辻牧場
馬体重460キロ
この中間もトラブルなく順調にメニューを進めることができており、BTCの屋内直線コース、坂路コースにて2000m(ハロン20秒前後)を丹念に乗りつつ基礎体力の強化に努めています。コースや施設に慣れさせることも今のテーマのひとつですが、精神的に安定していてバタバタしたところがなく学習能力も高いので、しっかりと自分自身で理解してくれて納得して次に進んでくれますしね。これからいろんなことを覚えて学習していくことになりますけど、こういうタイプの馬ですから心配なくステップアップしていけるでしょう。飼葉の食いも安定していて、乗り込みを進めても体重が大きく減ったりすることもありません。この精神面の強さは今後においても大きな武器になるでしょうね。この時期の2歳馬にしては体の使い方もよくて走りのバランスもいいですから、このまま体力を付けていきながら長所を伸ばしていきたいと思っています。

2018.11.30 : 辻牧場
馬体重458キロ
BTCへ移動してからも環境の変化に戸惑う様子も見られず、順調に調教メニューを消化することができています。現在は屋内直線コース、坂路コースにて、1000~2000m(ハロン23秒前後)という内容で乗り進めています。まだハロン23秒前後のところとはいえ、調教開始後も飼葉の食いが落ちたりということもなく馬体をしっかりとキープできています。牝馬ながら落ち着いた性格で精神的な不安の少ないタイプですので、これからペースアップを図っていく上でもそのあたりはプラスに働いてくるはずです。なかなか雰囲気のあるキャンターをする馬ですし、これからの成長と変化が非常に楽しみです。

2018.10.31 : 辻牧場
馬体重458キロ
馴致も問題なく終了しており、現在は軽めのハッキングでの運動と操作性の向上を目的とした調教をおこなっています。落ち着いた性格で気性面に不安はありませんので、トレーニングを進めながら体の成長を図っていければと考えています。体調も良好ですし、ここまでの調整もスムーズにきていますので、近日中にBTCへ運び、更なる向上を目指した本格的なトレーニングへと移行していくつもりです。

2018.09.28 : 辻牧場
馬体重440キロ
9月19日に様似町の軽種馬共同育成センターへ移動しました。こちらでは日中放牧をおこなっており、洗いなどの初期馴致をはじめています。精神状態も安定しており、変わらず落ち着いて過ごせていることもあり馬体重も順調に増えています。毛艶も良好で体調面に不安はありませんので、馴致を含めBTCでの育成に移行する前段階の準備をしばらくこちらで進めていきます。

2018.08.31 : 辻牧場
馬体重430キロ。
体重も増加して順調に成長しています。厚みと深みのある胸部で筋肉量も多く骨格も良い。牝馬としてはとても恵まれた馬体をしています。いつも落ち着いている気性もセールスポイントで、これは調教を始めてから大きなアドバンテージになりそうです。歩きにも馬体の良さが出ていて、力強いの一言。まだまだ大きく変わってきそうな馬です。

黒岩調教師「最初に見たときもシルエットが綺麗な馬だと感じましたが、全体の雰囲気も父親のスピルバーグに似てきました。放牧地でも元気いっぱいで、歩きも軽くて将来は芝の中距離で良い競馬ができそうですね。今のところ順調な成長過程を踏んでいますので、初期馴致を経てさらなる成長を期待しています」

2018.07.31 : 辻牧場

このページのトップへ