近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドジェニファー牝3歳 大久保龍志厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2019.05.23 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:引き運動
大久保調教師「想定を見て、距離なども考慮して芝1800m戦に向かうことにしました。酒井騎手が東京なので、鞍上は藤岡康騎手。あまりテンからガツガツ行くよりは中団で構えた方がいい馬ですし、手は合いそうなので頑張ってほしいです」
※今週26日(日)京都2R3歳未勝利・芝1800m(外)に藤岡康騎手で出走します。

2019.05.22 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.5-39.0-25.3-12.5 馬なり
大久保調教師「間隔も詰まっているので単走でサッと追いましたが、今週使うには問題のない動きでした。芝のレースが3鞍組まれているので、想定を見てからどこを使うか決めたいと思います」

2019.05.16 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:引き運動
大久保調教師「今朝も引き続き厩舎周りの引き運動で調整しています。昨日の計測で422キロだったので、もう少し回復しているはずです。明日は角馬場で跨ってみて歩様を確認してみます。状態次第では中1週での出走も考えています。」

2019.05.15 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:引き運動
大久保調教師「レース後は厩舎周りの引き運動で調整しています。馬体重も大きく減ってしまっていたので、まずは回復を優先させてからですね。明日か明後日にまたがってみて、歩様を確認してみることにします」

2019.05.11 : 5月11日レース後コメント(3着)
酒井騎手「結構テンションが高くて、返し馬が終わってからもなかなか落ち着いてくれなかったです。前走では少し出していく競馬をしたのでスタートも良かったですし、行かせれば前のポジションも取れましたが、今日は新潟ということもあって無理せず馬なりの位置に収まりました。馬の後ろに入れたら落ち着いてくれて、折り合いを欠くこともなく道中の感じはすごく良かったですよ。あそこから外に回してもと思って内に行きましたが、スパッと切れるわけではなくても最後まで脚を使ってくれました。やはり良馬場で直線平坦の方がいいですね。左回りも問題なかったです。テンションが高くなってきているのは気になりますが、いい馬場ならもう相手ひとつだと思います」

大久保調教師「体重は減っていましたが、細いまではいかず力は出せる状態だったと思います。気が入っているわりには競馬では上手に走っていましたし、やはり前走は馬場もあったようですね。最初から外まで出せていればもっと際どかったかもしれませんが、ジリジリと最後まで伸びたのは良かったと思いますよ。もう少しのところまできているので、テンションには気をつけていきます」

2019.05.09 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:引き運動
大久保調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切り後も状態に変わりはありませんし、週末の天気も良さそうなので、良馬場なら巻き返しは十分可能とみています」
※今週11日(土)新潟4R3歳未勝利(牝)芝1800m(外)に酒井騎手で出走します。

2019.05.08 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 酒井 55.9-40.5-26.3-13.0 強め

酒井騎手「調教師からも感覚で乗っていいと言われたので、時計は気にせず馬のペースに合わせて乗りました。相変わらずまだ芯が入り切っていない印象はありますが、きちんとまっすぐは走れていますし、調教にも落ち着いて臨むことができていました。状態自体は悪くないと思うので、結果を出せるように頑張ります」
※今週11日(土)新潟4R3歳未勝利(牝)芝1800m(外)に酒井騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.05.02 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:坂 助手 66.3-47.9-31.0-15.7 馬なり
大久保調教師「今朝も引き続き坂路で軽めに乗っていて、状態に変わりはありません。明日は酒井騎手に乗ってもらい、フラットコースで追って動きを見てみます」

2019.05.01 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:坂 助手 65.8-45.4-32.6-16.9 馬なり
大久保調教師「この中間も順調に調整しています。角馬場の動きを見ても、具合は良さそうです。金曜日に追い切りをかける予定になっているので、明日も軽めの調整の予定です」

2019.04.25 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路 
坂 酒井 56.3-41.5-27.0-12.9 仕掛け
酒井騎手「55秒くらいの指示でしたが、坂路だとやはり間隔より1秒遅くなってしまいました。バランスよくまっすぐ走れていますし、最後の肩鞭にもしっかり反応できていました。来週はフラットコースでやるかもしれないとのことでしたが、とにかくバランスのいいところで走らせてあげればしっかり走れるので、馬場状態によってはポリトラックコースで追っても良いかもしれません。追いこみすぎないくらいがちょうどいいと思います」
※5月11日(土)新潟4R(牝/芝1800m)を酒井騎手で予定

2019.04.24 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路 
坂 助手 69.8-51.8-33.9-16.8 馬なり
大久保調教師「入厩後も順調に調整が進んでいます。明日追い切る予定なので、今朝は坂路を軽めに上がりました。明日は酒井騎手に騎乗してもらい、感触を確かめてもらうことにしています」

2019.04.19 : グリーンウッド→大久保龍志厩舎
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重435キロ。
予定どおり今週火曜日に1本目の15-15を消化しました。ふだんから一生懸命走っていますが、見た目や調教に動きに大きな変化はなく良化はスロー、非力さも感じます。それでも体調面に問題はありませんし、運動量も積み態勢はほぼ整っているため、あす(土)の検疫で栗東・大久保厩舎に帰厩することになりました。

2019.04.12 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重439キロ。
先週と同じメニューで調整しています。坂路ではF17秒ほどのペースで乗っていますが、力むことはありませんし、体の使い方にも問題はありません。帰厩が近づいてきているので、来週火曜日に1本目の15-15を消化するなどペースアップを図っていきます。

2019.04.05 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重440キロ。
調整は順調で今週月曜日に乗り出しました。周回コースと坂路を併用しており、坂路ではF17秒ほどのペースで乗っています。馬体重が増えたことは好感がもてますが、おなか周りばかりに肉がつき、ボテッと映るのでしっかり運動して引き締めていきたいところです。来週から距離を延ばすなど運動量を増やす予定。時計を出すのは再来週からになりそうです。

2019.03.29 : グリーンウッドトレーニング
トレッドミル調整。馬体重434キロ。
予定どおり今週月曜日からトレッドミルでキャンター調整を行っています。落ち着いていますし、カイバもゆっくりながらも食べているので体重も増えてきました。来週月曜日に乗り出す予定で順調にいけば再来週から速い時計を出し始めることになりそうです。

2019.03.22 : グリーンウッドトレーニング
マシン調整。馬体重426キロ。
きのう(木)入場しました。けさからマシンでの調整を始めていますが、背中や腰に疲れがあるため、きょう(金)ショックウェーブ治療を施しました。馬房ではおとなしく、カイバを食べるスピードもほかの馬より遅いので、今週いっぱいは軽めの運動にとどめて回復を促し、週明けからトレッドミルでの調整を始める予定。乗り出すのは早くても再来週からになりそうです。

2019.03.21 : グリーンウッドトレーニング
本日、グリーンウッドトレーニングに移動しました。

2019.03.20 : 栗東:大久保龍志厩舎→グリーンウッド
調教メニュー:引き運動
大久保調教師「前走は馬場の影響が大きかったように思います。坂があるよりは平坦のほうが良さそうなので、明日一度グリーンウッドトレーニングへ移動させて、京都開催を目標に進めてもらうつもりです」

2019.03.16 : 3月16日レース後コメント(10着)
酒井騎手「返し馬の走りから、一回使ってフォームなどは良くなっていました。ペースが遅くなると思ったので、スタートから出して行きましたが、楽にポジションを取ることができました。道中はハミが抜けるのも前回乗って分かっていたので、勝負どころで揺すって促したのですが、脚がたまっていなくて、外からきた勝ち馬にも全く抵抗できませんでした。非力で今日のような力のいる馬場が合わなかっただけなので、これからトモに力をつけてくれば、良くなってきそうです」

2019.03.14 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:引き運動
大久保調教師「牧場にいるときはまだどうかなと思っていましたが、進めていってみるもので、レース後のほうが馬もパンとしてきて状態も良さそうです。初戦からセンスのいいところを見せてくれましたし、同じ条件で牝馬同士なら期待したいところですね」
※今週16日(土)阪神4R 3歳未勝利(牝)・芝1800m(外)に酒井騎手で出走します。

2019.03.13 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 酒井 55.2-40.2-25.9-12.9 仕掛け 
酒井騎手「今日はキャンターの入りはスムーズにスッと入れましたが、トモはまだ甘いので、様子を見ながら進めました。終い仕掛けてからは一段沈んだ姿勢で走ることができていましたし、先週より状態は良さそうです。先週、今週と調教では大人しいので、あとは競馬場へ行ってテンションが上がりすぎなければいいと思います」
※今週16日(土)阪神4R3歳未勝利・芝1800m(外)に酒井騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2019.03.07 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 酒井 57.2-41.7-26.8-13.0 仕掛け
酒井騎手「キャンターのおろしがけは腰が高く、坂路を走るのはあまり上手くないようです。1ハロン目から促していってしまうと、負担をかけてしまう追い切りになりそうだったので、ペースは遅いと思いましたが、じんわりいきました。ラスト体重をかけていくと良い姿勢で走ることができていましたが、まだ自分からしっかり反応はできていませんでした。全体の時計は遅いですが、今日はそんなにやるつもりはありませんでしたし、レースを使っての出来落ちは全くなさそうなので、時計は気にしなくて大丈夫です」

2019.03.06 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 67.0-49.5-33.0-16.5 馬なり
大久保調教師「この中間も軽めですが、順調に乗り込んでいます。小柄な牝馬なので使った後の飼い葉食いを心配していましたが、むしろ使う前よりいいくらいです。明日はジョッキーに乗ってもらい追い切る予定ですが、あまり速い時計を出すことはしないつもりです」

2019.02.28 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:引き運動
大久保調教師「今朝も引き続き厩舎周りの引き運動で調整しています。明日くらいから乗り出し始めて、問題なければ再来週の同条件の牝馬限定戦に向けて進めていくつもりです。鞍上は引き続き酒井騎手に依頼しています」
※3月16日(土)阪神4R(牝/芝1800m)を酒井騎手で予定。

2019.02.27 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:引き運動
大久保調教師「まだ体が緩い中であれだけやれたので、パンとしてくれば楽しみですね。飼い葉食いが細い馬なので、レース後の馬体重が心配だったのですが、思っていたより戻りは早そうです。明日も引き続き引き運動で疲れを取りながら、様子を見るつもりです」

2019.02.24 : 2月24日レース後コメント(4着)
酒井騎手「まだトモが入りきってこないので促しながらのところもありましたが、センスのいい馬です。道中は内に入れようか迷いましたが、内の馬がかかり気味で外に張ってこられても嫌でしたし、前に1番人気の馬がいたので、これについていけば間違いないだろうと思い、そのままついていきました。直線で追い出してからも最後まで頑張ってくれましたよ。次走、未勝利戦にいくとペースは今日より速くなると思うので、そこに対応できるかがカギですが、この馬自身も使って次はさらに良くなるでしょうからね。距離は最低でも1800mくらいは必要で、広いコースの方が向いていると思います」

2019.02.21 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:引き運動
大久保調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切り後も飼い葉は食べていて状態は変わりないです。想定が思ったより頭数が少なく、今週出走が可能なようです。まだ追い切りの動きはもう一段階良くなってほしいところであるので、最後までしっかり追ってくる酒井騎手にお願いしました。手抜きをしないジョッキーなので大丈夫だと思います」
※今週24日(日)阪神6R3歳新馬・芝2000m(内)に酒井騎手でデビューします。

2019.02.20 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 鮫島良 56.4-39.9-25.1-12.3 一杯
内ダノンテイオー馬なりと併せで0.2秒遅れ
大久保調教師「今週も併せ馬で追いました。脚色は目一杯でしたが、終い2Fは12秒台で上がってくることができたので、この馬なりにはよくなってきていると思います。予定通り今週から投票していく予定でいます」
※今週24日(日)阪神6R3歳新馬・芝2000m(内)でデビューを予定しています。想定から除外はありません。

2019.02.14 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:引き運動
大久保調教師「昨日はしっかり追いましたが、追い切り後もへこたれている様子はありません。最後の芝のレースになり、権利も持っていないので出走は厳しいとは思いますが、来週の新馬戦から投票を入れていくつもりです」

2019.02.13 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.6-39.3-25.0-13.2 一杯
内ルエンヴェルロール馬なりと併せで0.5秒遅れ
助手「相手は調教動く馬で、最後は一杯になり遅れてしまいましたが、先週よりは時計も詰めて良くなってきています。飼い葉も完食とはいきませんが、ガクッと落ちることはなく平均的には食べてくれています」

2019.02.07 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 57.3-40.7- 一杯
内ダノンテイオー一杯と併せで
助手「角馬場でダクを踏んでいるときはグイグイハミを取っていましたが、キャンターにいくとまだそれほどガツンとくるところはなかったですし、最後は一杯になりました。まだ1本目ですし、仕方のないところではありますね。これから乗り進めていけば、少しずつ動けるようになってくれると思います」

2019.02.06 : 栗東:大久保龍志厩舎
調教メニュー:角馬場→Eコース→ゲート
助手「初日の調教後にすくんでしまって、まだ体質的に弱いところがあるのかなという感じがしますが、その後は順調に乗り進めています。今日はゲートで発馬練習を行いましたが、スタートは速かったです。帰厩当初は飼い葉を残していたのですが、配分を変えて昨日くらいからはしっかり食べてくれるようになりました。明日は坂路で時計を出してみることにしています」

2019.02.01 : グリーンウッドトレーニング
坂路1本。馬体重441キロ。
先週の追い切り後に体重が大幅に減ってしまったため、先週末から周回コースでの調整を控えて坂路をF17秒ペースで1本上がっています。毎週火曜日の追い切りも今週は見送りました。調教を軽くした分、体重は戻ってきましたが、カイバ食い自体にそれほど変化はありません。入場後はしっかり乗り込んできたことで体力が備わりつつあるため、あす(土)の検疫で帰厩することになりました。

2019.01.25 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重435キロ。
今週火曜日に13-13を消化するなど調整は順調です。ただ、追い切った翌日から食欲が落ち込み、体重を大きく減らしてしまいました。見た目は細く映りませんが、体重減に歯止めをかけるためにカイバの種類を変更するなどして対処しています。来週以降のメニューについてはカイバ食いや体重を確認したうえで判断することにしています。

2019.01.18 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重448キロ。
調整は順調で今週火曜日に坂路で13-13を消化。併せ馬でしたが、しっかり先着しました。まだハミをかけていないとフワッとすることはありますが、以前より力をつけていますし、体も引き締まってきたことで速い時計にも楽に対応できるようになっています。帰厩に向けてもうしばらく乗り込んでいきます。

2019.01.11 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重452キロ。
今週火曜日に坂路で13-13を、きょうも15-15ほどの時計を出しました。まだ成長途上で芯が入っていないため、フラットワークだとハミに頼って走るなど自分でバランスをとることができませんが、この馬なりに少しずつよくなってきています。体力面に不安はないので主に肉体面の強化を図っていきますが、帰厩まではもうしばらく時間がかかりそうです。

2019.01.04 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重452キロ。
年末から徐々にペースを上げていて、すでに13-13を1本消化しました。1本目だったため手応えにそれほど余裕はありませんでしたが、速い時計を出し始めてからフォームや体の使い方などがよくなってきましたし、気の強いところを見せるようにもなってきました。来週以降も13-13ほどの時計を出すなどして帰厩に備えます。

2018.12.21 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重460キロ。
予定どおり今週月曜日に乗り出しました。現在は周回コースと坂路を併用して調整していて坂路ではF17秒ほどのペースで乗っています。乗るとテンションが高まりますし、緩く感じるなど心身の幼さが目立ちます。来週から周回数を増やすなど調教を強める予定で体力強化を図りつつ、体を引き締めていきます。

2018.12.14 : 島上牧場→グリーンウッドトレーニング
マシン調整。馬体重455キロ。
島上牧場で獣医師のチェックを受けても疲れはまったくないということで、毎日マシンで90分間運動を続けていました。馬房の調整がついたため、きょう(金)グリーンウッドトレーニングへ移動しましたが、今週いっぱいは楽をさせつつ環境にも慣れてもらって週明け月曜日から乗り出すことにしています。

2018.12.06 : 栗東:大久保龍志厩舎
角馬場→Eコース→ゲート練習
大久保調教師「今朝ゲート試験を受けたところ、合格することができました。ゲートから追った時計は15-15で一杯でしたし、まだ体力は不足しているようです。ピリピリしているところもありますし、土曜日に島上牧場へ移動させてリフレッシュすることにします。その後の様子を見て、近郊の育成牧場へ移動させる予定です」

2018.12.05 : 栗東:大久保龍志厩舎
角馬場→Eコース→ゲート練習
大久保調教師「昨日からゲート練習を始めています。通しのみでしたが、前の馬が通っても中々ついて行ってくれず苦労しました。今日は昨日の練習の成果が出て、入りと駐立まではスムーズでしたが、発馬は寄れて出たように、まだまだ時間がかかりそうです。明日よほどまっすぐ出るようなら金曜日に受けることも考えますが、今日の感じなら試験は来週以降になりそうです」

2018.11.29 : セグチレーシングステーブル→大久保厩舎
この中間も順調に周回コースでの乗り込みを継続することができています。速い処はやっていませんが、普通キャンターで運動量重視のメニューを組んできて体調面も申し分ありません。今朝、先生から直接トレセンヘ運んでほしいとの連絡がありましたので、12月1日(土)の積み出しでトレセンへ向けて送り出しますが、少しこちらでやらせてもらう時間をもらえたので体もふっくらとしてきたように思います。あとは輸送で減らなければというところですね。まずはゲート試験合格が目標になりますけど、スムーズに進みそうな雰囲気はありますよ。頑張ってほしいですね。

2018.11.22 : セグチレーシングステーブル
変わらずコースで普通キャンターでの調整。心身ともに馬の状態に問題はないですし、飼葉も食べてくれているので馬体重も477キロまで増えてきました。この中間も距離を延ばしながらいい形で進めることができていますので、あとはこの調子をキープしながら、輸送を考慮してさらに丸みをアップさせていければというところですね。いつ移動の声がかかっても対応できるように体調を整えていきます。

2018.11.16 : セグチレーシングステーブル
今週はコースに出して普通キャンターで乗っています。入れ込む感じもなく精神状態も安定していますし、動きもいいですよ。まだフックラしてきたとは言えないですけど、飼葉も食べてくれているので最初に持ったスッキリとか細いという印象はありません。今週末の移動はありませんので来週以降になりますが、もう少し時間があれば体も良くなってきそうという雰囲気なので、こちらとしてはその点もプラスに考えています。まだグリーンウッドになるのか直接入厩となるのか分かりませんが、好状態で送り出せるようにコンディションはしっかりと整えておきますのでご安心ください。

2018.11.09 : 社台ファーム→セグチレーシングステーブル(茨城)
北海道から7日(水)にこちらへ到着しました。輸送熱もなく脚元や馬体に異常はなかったので、昨日はマシン運動で動かして、今日はトレッドミルで調整をしています。昨日の計測で463キロの馬体重。見た目がスッキリしているので輸送で減ってしまったのかと思ったのですが、減ったのは5キロくらいみたいですね。環境に戸惑ったり入れ込んだりという様子もなく、飼葉もしっかりと食べてくれていますので、減った分はすぐに戻るのではないでしょうか。いつ移動の声がかかったも対応できるように体調を整えていきたいと思います。

2018.10.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m。馬体重465キロ。
周回走路で長めのキャンターを乗っています。力をつけてきましたし、スタミナも強化できています。馬体の厚み、特にトモに厚みが増して見るからに逞しさが出てきました。ただ、乗っている時はさほどではないものの、気性は相変わらず落ち着きがないので、そのあたりを矯正しながら進めていきたいです。皮膚が薄くて敏感なので、その点にも注意しながら取り組んでいきます。

2018.10.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重468キロ。
この中間は週5回周回ウッドコースでキャンター、週2回トレッドミルもキャンターで調整しています。まだ落ち着きのない面はありますが、周回コースでの折り合いは良くなっていますね。全体にどこといって悪い点もなく馬体も徐々に充実しているのですが、もっと変わる手応えがあるので、どこか物足りないと感じてしまうところはあります。それでも予定通りのメニューをこなしていますし、コンディションも良好なので、乗りながらもうひと変わりするのを待ちたいところです。

2018.09.28 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重466キロ。
この中間も直線走路主体に乗り込んでいます。今週は2F27.9-13.6で動かしていますが、折り合い面が良くなっているように感じました。緩めず乗り込んでいる割にガラッと変わってこない面はありますが、現時点では続けて乗れることが大切ですし、体つきを見てもまだまだ変わってきそうな印象ですよ。行きたがる気性の矯正を続けながら鍛錬を重ねていきます。

2018.09.14 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重464キロ。
先週直線で30.3-14.9を消化しましたが、このぐらいだと折り合いもつきます。むしろ速めの時に変に噛んでしまう面が見られます。今週末にも3F強めを消化しますが、引き続き操縦性の矯正に重点を置いてやっていきます。時計はコンスタントに出していて調教量としては十分なので馬体の張り出しなどは良くなっていますが、力みの面などまだ確認したい点が残っているので、もうしばらくこちらで乗り進めます。

2018.08.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重462キロ。
今週は3F39.6-35.9-13.1で動かしています。時計は出ているし、フォームも綺麗になっているので、着実に良化は示しているのですが、まだ馬力が足りない分、力任せに力みがちにハミを噛む傾向があるので、体力強化とともに矯正を図っているところです。全体的には軌道に乗ってきた感じなので、乗りながら更なる良化を目指します。

2018.08.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重458キロ。
8月8日直線39.6-25.9-13.1、8月11日直線終い15.7と定期的に強めとF15をこなしています。終い13秒を切るぐらいの時計も出ているので動きは十分なのですが、乗り込んでいる割にはまだ体つきが幼いです。以前に比べれば張りは出てきましたが、もっと伸びしろがあると思います。今これだけ動けているのだからパンとしたら一層楽しみです。

2018.07.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重456キロ。
皮膚病は完治して直線走路主体に順調に乗っています。先週は3Fから41.2-26.3-13.0をマーク。見た目以上に時計が出ていましたが、それも馬自身に余裕がある証拠でしょう。以前は薄手の華奢な印象だったのが、ずいぶん厚みを増し、中身も出来てきたのだと思います。この調子で進めていきます。

2018.07.17 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重451キロ。
皮膚病で楽をさせた影響もなくその後は順調です。中間は直線3F46.8-31.9-15.5と、同じく3Fから39.7-26.2-13.3と2週続けて時計になるところを乗っていますが、いっぱいいっぱいな感じはなく余裕が感じられます。ただ、まだフォームが固まっていないところがあるので、姿勢よく動けるように良い位置でハミを受けられるように矯正しています。

2018.06.29 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重448キロ。
うなじ回りの皮膚病は完治して騎乗調教を再開しています。直線走路でのキャンター調整を経て今週は15-15も消化。2F31.4-15.6のタイムでしたが、再開後初時計にしては終始動きに余裕が感じられ、切れやシャープさを感じさせる走りでした。馬体の肉付きも良くなってきているので、このままペースを上げていければと思います。

2018.06.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、トレッドミル。馬体重444キロ。
順調に乗ってきましたが、先週頃から皮膚病が出てきたので楽をさせています。特にうなじまわりに症状が広がっています。脚元等の不安はありませんが、皮膚病は疲労からくるケースもあるので、早めの対応としてオゾン水での治療などを行っています。緩まないようにマシンとトレッドミルは継続しています。

2018.05.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重441キロ。
週3回直線走路でのキャンターをメインに周回ウッドとトレッドミルを交ながらメニューを消化しています。この中間もすくみ等の不安はなく、強めもコンスタントに消化しています。今週は直線で2F28.6-14.0をマークしましたが、体が締まってきたことで以前よりも動きに切れが出て前向きさも増しました。まだ成長途中の段階ではありますが、だからこそここからの上昇余地の大きな馬なので、じっくり鍛えていければと思います。

2018.05.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重435キロ。
変わりなく直線主体に乗り込んでいます。中間は終い2F28.8-14.0を消化しましたが、前向きな動きで反応も上々。本数を重ねてきたことで徐々にですが着実な良化がうかがえます。この中間もすくみや球節の疲労感もなく順調に進められていますが、芯からパンとしてくるのはもう少し先といった印象もあるので、緩急を利かせながらじんわり状態を上げていけたらと思います。

2018.05.01 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重432キロ。
直線走路で休みなく乗りこんでいますが、その割にこの中間は体つきに大きな変化はないですね。ただ、極端に細いとかバランスが悪いということはなく、以前よりも筋肉の張り出しは良くなっています。稽古を重ねていけばどこかでガラッと変わってきそうな感触を持っていますし、今はしっかり反復トレーニングを重ねていきましょう。以前にすくみを見せたことがあるので、本馬に合わせた適性負荷をかけて、その時を待ちたいと思います。

2018.04.13 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重430キロ。
この中間も直線主体のメニューに取り組み、今週は2F29.6-14.7を消化しました。中間はすくみも見せていませんし、速いところを乗った後の硬さもなく順調です。ただ、傍目にはきれいなフォームでよく見せていても、騎乗者によると、「まだ飛ぶような感触は得ていない」とのこと。期待の裏返しコメントだと思いますが、まだ芯からの力は付き切っていないようなので、今後もしっかり乗り込んでいきます。

2018.03.30 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重440キロ。
直線走路を週2~3回、それ以外はトレッドミルの調整です。体調面の不安がなくなり、しっかり稽古を積みながら体重が増えてきたのはいい傾向です。定期的に15-15は消化していますが、ちょうど良くなっているところなので、そこまで無理には攻めず、馬まかせの調整を主体にしています。動きは機敏で快活ですし、やれば仕上がりも早そうな馬ですよ。今は下地をしっかりさせて今後に備えたいところです。

2018.03.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重420キロ。
左前のソエも治まり通常メニューで乗っています。以前すくみを見せたことがあるので、無理せず馬任せの調整に切り替えてからすくみを見せることがなくなりました。とびが綺麗なのでストレスかけずともノープレッシャーでF16~15秒ぐらいは動けます。14日に直線で29.3-14.8をマークした時の動きも良かったです。馬に合わせた調整法で状況が好転して馬体重も一気に増えました。この調子で進めます。

2018.02.28 : 社台ファーム
マシン運動60分。馬体重420キロ。
乗り進めてきたところ、左前肢にソエの症状が見られたため、消炎剤を投与して痛みをおさえています。現在は運動調整のみにとどめ、ケアを優先しています。もともと暖かくなるまではじっくり体作りをしていく予定だったので、この期間にもう少し馬体をふっくらさせられればと思います。

2018.02.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重422キロ。
週3回直線走路に入れてうち1回は強めのメニュー。今週は馬なりで31.2-15.9を消化しました。馬体面が良化して動きも良くなっています。この中間はすくみの症状は見せていませんが、動きや馬体がちょうど良くなっているところなので、気温が安定するまでは、焦らず今週ぐらいのラップにとどめて乗り込んでいきます。

2018.01.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重418キロ。
乗り進めてきたところ、中間軽度ながらすくみの症状を見せました。すぐに症状は改善されて、騎乗調教を再開していますが、まだ背中の伸縮が足りず、トモが使いきれていない印象はあります。小柄な馬でも走り自体は大きいので、もう一回り体を大きくしてよりダイナミックな走りができるようにしていきたいです。週2~3回の直線運動とトレッドミルの調整で全身運動を促して鍛えていきます。

2018.01.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重426キロ。
週2~3回直線走路に入れてキャンター調整を行っています。年末に終いの2Fを31.1-14.9で乗ってみましたが、とても軽快な動きでした。気性的にピリッとしたところがあるので、今後はあまり詰めずにトレッドミルなども併用しながら状況に応じたメニューを組んでいこうと思っていますが、速いところをやってみて運動能力の高さが感じられました。乗りながら肉付きを良くしていければと思います。

2017.12.26 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重426キロ。
週3回、直線走路で馬なりキャンター調整を消化しています。現状、線が細くここからの成長待ちですが、気持ち的には前進気勢が十分で行きっぷりも上々。動いている時は馬体を大きく見せますよ。競走馬としての資質は高そうなので、適正負荷をかけて全身運動を促し、器を大きくするよう心がけて取り組んでいきます。

2017.11.30 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重422キロ。
週3回直線走路でキャンター調教を消化しています。気の入りやすい面はありますが、走り出すと操縦しやすくコントロールはできています。小柄ですが、馬体重以上に体を大きく使って走れるところはいいですね。運動神経が良く体の使い方が上手なことと、関節などの稼動域が大きいこともあると思います。心身の成長を促しながら良い面をどんどん伸ばしていきたいですね。

2017.10.31 :
(社台ファーム)
馬体重422キロ。
この中間から周回ウッドでのキャンター調教を開始しています。まだ始めたばかりということで走りに集中していませんが、トモの動きは良いので、乗り込みに比例して動きも良化してきそうです。まだ小柄なので、馬体の成長を考えながらじっくり進めていければと思います。

2017.09.29 :
(社台ファーム)
馬体重417キロ。
ブルーグラスでは夜間に放牧、日中に馴致というメニューを進めてきました。もう少し大きく膨らませたいところでしたが、初期馴致自体はスムーズだったので、千歳の方に移動しています。脚元含めて健康状態は良好ですが、もう少し馬体に厚みを出していきたいので、そのあたりを考慮して進めていきます。

2017.08.31 :
(社台ブルーグラスファーム)
夜間放牧。マシンを使った初期馴致。馬体重410キロ。
夜間放牧とマシンを使った馴致を平行して行っています。馬体重は徐々に増えていますが、まだ線が細くこれからの成長余地が大きそうなタイプですので、あまり詰め込まず心身の成長を促すことに主眼を置いて進めています。まだ放牧地などでも馬群の後ろでお転婆しているように幼いところがありますから、競走馬のスイッチが入るのはこれからでしょう。父の爆発力に期待しつつ素質を引き出していきたいです。

このページのトップへ