近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドアルディ騙4歳 松永幹夫厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2019.09.22 : 9月22日レース後コメント(10着)
西谷騎手「いつもと雰囲気が違うせいか返し馬から物見をしていました。スタートはゆっくり出たので無理せず後方から進めましたが、ひとつ目の障害から近くにいた馬を気にしたり、障害自体を見たりしていました。初障害で緊張やペースへの戸惑いがあったのかもしれませんが、障害が置かれていない平地の部分でもブレーキをかけるくらいでしたしね。飛越は無難にこなしていたので、きょうのレースだけは判断してしまうのは尚早だとみているので、次は間隔をあけずに競馬がしやすくなる新潟で使ってみましょう。多少無理してでも出していけばレースぶりに進境が見られるかもしれません」
松永幹調教師「初障害だったとしても厳しい結果でした。それでも西谷騎手から条件を変えてと進言があったので、このまま厩舎において新潟を目標に進めていきます」

2019.09.19 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害コースにて併せ馬で追い切りました。
 障害ダートコース 西谷J 66.3-50.4-35.8-11.6 仕掛け
内クリノシャンボール 66.8-50.6-36.0-11.6 強め
西谷騎手「障害を飛ばしてからそのままダートコースに入れて追い切りました。併せ馬で実戦に近い内容でしたが、飛越は問題なかったですし、直線も余裕十分でいい動きでした。初障害で競馬のスピードに戸惑ったり、周りの馬の気にして委縮したりしてしまう可能性が高いので、自分の競馬をするためにも頭数が落ち着くのはいいことですね。うまくバラける展開になれば言うことなしです。あすかあさってもう一度練習に行ってレースに臨むことにしています」
松永幹調教師「ジョッキーの話を聞いても、ふだんの様子見ていても状態はよさそうです。初障害で勝ち負けに持ち込むのは難しいでしょうから、まずは完走し、次につなげてもらいたいと考えています」
※今週22日(日)阪神4レース・3歳上障害未勝利(D2970m)に西谷騎手で出走します。

2019.09.18 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路で調整しました。
 坂路 70.0-50.9-33.5-16.3 馬なり
助手「乗ったのは障害試験の前以来でしたが、自分からハミをとって進んでいこうとしていましたし、トモも踏み込めるようになっていました。けさは全休日明けということを加味してもすごく活気がありましたよ。これなら平地でもと感じるくらいで仕上がりに関しては十分と言えるレベルですね。あす(木)は西谷騎手が乗って追い切ることになっています」
※今週22日(日)阪神4レース・3歳上障害未勝利(D2970m)に西谷騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.09.12 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動を行いました。
助手「1時間ほどひき運動を行いました。きのう(水)しっかりやった割に筋肉などに疲れはなく、硬さも気にならなかったです。気になったのは気が小さくて周りの馬などが暴れるとすぐに委縮してしまうところ。もう少し精神面がどっしりしてくるといいのですが。体重は496キロと先週から変わりありませんでしたが、しっかり食べて、ハードにトレーニングを積んでのものなので、いまがベストではないかとみています」

2019.09.11 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースで追い切りました。
 CW 西谷J 82.2-66.1-51.2-38.0-12.3 一杯
西谷騎手「けさは流しを飛んでからCウッドコースで時計を出しました。飛越に関してはだいぶ自信をつけたせいか文句のつけようがないといったところです。追い切りは反応を確かめた程度でしたが、見せムチだけでもしっかり反応していたし、トモがよく動くようになっていて踏ん張りが増していました。この全体時計でもラスト1F12秒台前半でまとめられたように素軽さも出てきましたよ。あすは休ませて次は金曜日に障害練習を行うことにしています」
※次走は9月22日(日)阪神4R(障害未勝利)に西谷騎手で向かう予定です。

2019.09.05 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動を行いました。
松永幹調教師「今週の出走も視野に入れていましたが、これまでCウッドコースの追い切りで動いていた馬が併せ馬で遅れてしまったように本来の動きではなかったですし、長く休んでいたせいか太めに映るので出走予定を先延ばしすることにしました。順調にいけば再来週には態勢が整うとみていますが、西谷騎手もほかの馬の予定を変更するなどして対応してくれるそうです」
助手「追い切り後も疲れは見せていません。出走予定が変更となりましたが、しっかり攻め馬は積んで汗もかいているのに馬体重が496キロと先週から体重が6キロ増えていたので、予定が延びたことは乗り込んで引き締めるためにもちょうどよさそうです」

2019.09.04 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 西谷J 84.5-67.3-52.4-38.6-12.4 一杯
内トーコーブリザード 84.8-67.3-52.0-38.2-12.0 馬なり

西谷騎手「障害練習を行ってからCウッドコース追い切りました。生垣や水壕といった大きな障害にもチャレンジしましたが、飛越自体は問題なかったです。以前より集中していてリズムがいいですし、併せ馬で飛ばしたり、前に馬がいたりする状況でも怖がることもありませんでした。以前のような悪いイメージはまったくありません。追い切りでは最後で甘くなってしまいましたが、きょうしっかり負荷かけたことでさらに素軽くなってくるでしょう。いまのところ今週阪神の出走予定馬が少なく、手薄かもしれないと聞いているので、もしそのとおりなら人馬ともに自信をつけるためにも出走を前向きに検討してみてもよさそうです」
※今週8日(日)阪神4レース・3歳以上障害未勝利(D2970m)に西谷騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.08.29 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースにて追い切りました。
 CW 西谷J 83.3-67.8-52.7-38.7-12.5 強め
西谷騎手「ハロー前のうえに雨で重い馬場での追い切りでしたが、最後まで手応えに余力を感じましたし、トモもよく動いていました。それに息づかいも牧場でしっかり乗り込んでもらっていたのがわかるくらいよかったです。追い切り前の障害練習でもスパン、スパン飛んでいて、いまのところは言うことなしといったところです。来週以降だと中山、阪神の2場でレースが行われますが、少し不器用なアルディにとって、襷コースがあり、左右両方回る阪神コースは不向きだとみているので中山での競馬を考えています」

2019.08.28 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
西谷騎手「久々に乗りましたが、ひと言でいうと別馬。すこぶるよくなっていて、可能性を感じるところまでレベルアップしました。牧場で休みを挟んで再調整してもらったことでトモに力がついて弾んでいますし、いいタイミングで踏み切れるようになり、休む前より飛べる幅も広がっています。練習をはじめてすぐは戸惑っている様子でしたが、飛び始めてからは冷静で、以前のように周りの馬を気にすることもありませんでした。馬の後ろでも怖がることなく走っていましたよ。あす(木)追い切った感触をもとに調教師と次走について検討していきますが、フレッシュなうちに出走させたいので、早ければ来週のレースから視野に入れていきたいと考えています」

2019.08.23 : イクタTF→松永幹夫厩舎
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重509キロ。
先週末以降も調整は順調に進んでいます。脚元の不安もないため、週に2度はしっかり負荷をかけた調教を行っていますし、適度に障害も飛ばせています。飛越に関しては入場当初よりレベルが上がり安定感が出ました。本馬は態勢が整ったため、あす(土)の検疫で栗東・松永幹厩舎に帰厩します。

2019.08.16 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重510キロ。
台風の影響できのう(木)時計を出せませんでしたが、そのほかのメニューは順調に消化しています。ふだんは周回コースをF18秒ほどのペースで乗ってから竹柵などの障害を飛ぶ練習をしていますが、小さなものから大きなものまで臆することなく飛ぶことができています。あすは馬場状態に問題がなければ15-15ほどの時計を出すことにしています。

2019.08.09 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重508キロ。
調整は順調で周回コースや坂路での調整のほかに障害練習も行っています。ふだんはF18秒ほどで乗っていますが、週に2本は坂路で15-15ほどの時計も出しています。動きは問題ありませんし、本数を積んでも筋肉疲労も見られません。それに障害飛越も入場時よりかなり上達しました。帰厩に備えて強めの調教を消化しつつ、飛越の精度も高めていきます。

2019.08.02 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター2000m。馬体重510キロ。
左トモの飛節の傷腫れはすぐによくなったため、予定どおり先週末乗り出しましたが、今週火曜日の朝、右前脚にも傷腫れが確認されました。ごく軽いものでしたが、大事をとって1日だけ騎乗調教は休みました。その後症状も治まったことから騎乗調教を再開、現在は周回コースをF18秒ほどのペースで乗りながら障害練習も行っています。反動も見られないため、あすには15-15ほどの時計を出すことになりそうです。

2019.07.26 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重506キロ。
今週水曜日に馬房から出した際、左トモの飛節の内側に傷と腫れが見つかりました。寝起きの際、蹄鉄でぶつけたのかもしれません。2日間騎乗調教を控え、抗生剤を投与して様子を見ていましたが、歩様はまったく問題ありませんし、患部の状態も回復しているため、再度獣医師のチェックを受けて問題ないことが確認されれば、あすから乗り出すことになりそうです。

2019.07.19 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重500キロ。
引き続き週2本坂路で15-15を消化しつつ、障害練習を行っています。飛越のレベルはだいぶ上向いてきており、踏切りから着地までの動作もスムーズになりました。ぽっちゃり映った体もいい汗をかくようになり引き締まってきています。きのう(木)も背腰中心にショックウェーブ治療を施しましたが、帰厩まで定期的にケアしながら乗り込んでいきます。

2019.07.12 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重503キロ。
ふだんは周回コースをF17秒ほどのペースで乗っていて水曜日と土曜日には坂路で15-15を消化しています。だいぶ気持ちが入ってきていて前向きさが感じられるようになりましたし、数字は変わらなくても見た目はだいぶ引き締まってきました。引き続き週3日は障害練習も行っていますが、踏み切りのタイミングや飛越に安定感も出ています。帰厩に備えてコンディションを整えていきます。

2019.07.05 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重504キロ。
調整は順調で連日障害練習を行いながら週1本は坂路で15-15ほどの時計を出しています。障害に向かう姿勢も様になってきましたし、飛越のタイミングも以前よりだいぶよくなりました。きのう(木)も背腰にショックウェーブ治療を施しましたが、引き続き体のケアを行いながらしっかり乗り込んでいくことにしています。いまのところ小倉開催での出走が見込まれています。

2019.06.28 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重502キロ。
今週水曜日に坂路で15-15を消化、そのほかの日も周回コースで乗ったり障害練習をしたりと調整は順調です。背腰には定期的にショックウェーブ治療を施していますが、疲れが取れて、走りも飛越もリズムよくスムーズになってきました。今後も負荷をかけつつ、オゾン治療を取り入れるなどして体内環境も整えています。

2019.06.21 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重509キロ。
引き続き周回コースや坂路で乗り込みながら障害練習も行っています。根気よく基礎練習を積みつつ、体のメンテナンスをしたことで飛越自体はスムーズになってきました。小さな障害であれば躊躇することなく向かっていきます。来週以降も水曜日と土曜日に15-15を消化して体力をつけていきますが、比較的大きな障害にもチャレンジしていくことにしています。

2019.06.14 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重510キロ。
先週土曜日とおととい坂路で15-15を消化するなど調整は順調です。走路調教のほかに障害練習も続けていますが、コンビネーションジャンプでも生垣や竹柵といった障害もリズムよく飛べるようになるなど少しずつ進歩してきました。来週以降も時計を出しながら体の使い方の改善を図り、よりスムーズな飛越を身につけられるようトレーニングを積み重ねていきます。

2019.06.07 : イクタトレーニングファーム
坂路1本、障害練習。馬体重505キロ。
おととい(水)から坂路での調整を始めました。ペースはF17秒ほどです。体のケアをしつつ障害練習も続けていますが、飛越は日に日に上達、スムーズさはなくてもひととおり飛べるようになりました。いまでは4つのコンビネーションジャンプにもチャレンジしています。今後も周回コースや坂路で乗り込みながら障害練習も行っていきますが、背腰など体を使って飛越できるよう調教していきます。

2019.05.31 : イクタトレーニングファーム
周回キャンター3000m。馬体重512キロ。
乗り出してからは周回コースでF22秒ほどのペースで調整しています。併せて障害練習も行っていますが、背腰に力が入らないせいか小さな障害の飛越でもキレが見られません。まだ疲れが取り切れていないようなので、まずは週末に1度目のショックウェーブ治療を施し、そのあとも定期的な治療を継続することになりました。しばらくはケアしつつ軽めの調整を続けてリフレッシュを図っていきます。

2019.05.24 : イクタトレーニングファーム
乗り運動。馬体重510キロ。
到着後も元気いっぱいで食欲も旺盛です。きのう(木)獣医師のチェックを受けたところ、すぐに乗り始めて問題ないということでけさ角馬場で乗り出しました。初日だったせいかやや緊張気味でしたが、動かしているうちに体もほぐれ、適度に汗をかいていました。障害練習を取り入れつつ、体力や筋肉を強化していきます。

2019.05.17 : 島上牧場
マシン調整。馬体重512キロ。
引き続き90分間のマシン運動を行っています。しばらく楽をさせたことで背腰を中心とした疲れも感じられなくなり、休む前より歩様もだいぶしっかりしています。体重も増えて、立派すぎるほどの体つきになっており、すぐに騎乗調教を始められる状態にあります。

2019.05.10 : 島上牧場
マシン調整。馬体重502キロ。
今週も90分間のマシン運動を行っています。背腰の疲れも解消しつつありますし、元気いっぱいでフレッシュな状態です。グリーンウッドトレーニングの馬房の調整がつき次第、移動する予定です。

2019.05.03 : 島上牧場
マシン調整。馬体重493キロ。
背腰の疲れはだいぶよくなっているため90分間のマシン運動から始めました。元気いっぱいで毛ヅヤや馬体の張りともに良好ですし、食欲も旺盛、内面の疲れはなさそうです。心身のリフレッシュを図ってからグリーンウッドトレーニングへ移動させる予定です。

2019.05.02 : 松永幹厩舎→島上牧場
本日、島上牧場に移動しました。

2019.05.01 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動を行いました。
松永幹調教師「検疫の都合で在厩したままでしたが、あす(木)の移動が決まりました。移動先は島上牧場の予定です。乗らずにひき運動を続けてきたことで背腰の筋肉疲労はやわらぎつつあり、疲労のピークは過ぎたようなので、なるべく早くグリーンウッドトレーニングへ移して乗り出してもらおうと考えています」

2019.04.25 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日障害試験に合格しました。
 障害 102.2-66.1-51.9-38.1-13.3 一杯
西谷騎手「予定どおり障害試験に臨みました。スタートしてすぐの3つある大きな障害はこわがりながらの飛越でしたし、1頭分くらい外に逃げ気味に飛んでいたので、その都度立て直しながら走らせました。向こう正面の連続障害はうまくクリアし徐々にスピードに乗っていきましたが、しばらく速い時計を出していなかったせいか、最後の直線ダートで苦しくなってしまって。バチバチ叩いてゴールまでもたせました。結果は合格。最後まで大きなミスをすることなく、よく頑張ってくれました。ここまで時間はかかりましたが、1度目の受験で合格できてよかったです。現状、すぐに結果を出すのは難しそうですが、レースを使いながら力をつけてもらえれば。これからも頑張ります」
松永幹調教師「出張中で試験は確認できませんでしたが、西谷騎手から合格の知らせが届いてホッとしました。飛越は上達してきているということですが、それ以上に背腰などの疲れもたまってきているのですぐにレースには向かわず、一旦休ませることにしました。検疫次第ですが近日中に島上牧場に移動させることにしています」

2019.04.24 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
西谷騎手「練習は金曜日以来と間があいていたので、正面に3つある大きな障害のうち3つめの池垣を飛ぶときに少し怖がっていましたが、声を出して叱ると飛んでくれました。相変わらず緊張しやすいところはあっても飛越自体は安定していますし、ポテンシャルの高さも感じています。あす(木)の障害試験に申し込みますが、最終的に受験するかどうかは天気や馬場状態を確認してからになりそうです」

2019.04.18 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
西谷騎手「きょうは背腰の疲れもそれほど感じませんでした。治療したと聞いているのでその効果もあるのでしょう。モヤで視界不良だったため、ゆっくりめのペースで大きな障害を飛ばせましたが、急に止まったり、逃たりすることもできるくらいペースだったのに冷静かつ集中して飛んでくれました。だいぶ余裕も出てきたようですし、来週試験を受けるつもりなのであすは試験に近い内容で1周丸々飛ばしてみます」

2019.04.17 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
西谷騎手「久々の練習だったせいか緊張していましたが、竹柵やグリーンウォールなどを上手に飛ぶなど飛越自体は問題ありませんでした。ただ、先週末練習量を増やしことで背腰に疲れがたまっているため、あす(木)の障害試験も見送り、軽めの練習にとどめることにしました。いまが疲れのピークだと思うのでここを乗り越えることでさらに飛越が上達するはずです」

2019.04.11 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
西谷騎手「きょうは角馬場で基礎練習をしてから流しやグリーンウォールなどにチャレンジしました。しばらく練習していなかったので、いつも以上に敏感になっていて、水たまりや音、それに周りの馬も怖がっていましたが、飛び自体は悪くありませんよ。あす(金)の練習の感触次第でいつ試験を受けるか判断したいと考えています」

2019.04.10 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースで調整しました。
西谷騎手「角馬場で簡単な障害練習をしていましたが、大雨でできた大きな水たまりをこわがるなど委縮していたので、障害コースには出ずにCウッドコースでキャンター調整にとどめておきました。きょう練習できなかったので、今週の障害試験は見送りますが、緊張して体がこわばりやすいタイプですし、これまで使っていなかった筋肉を使い始めたことで、背中からトモにかけて疲れがたまりはじめていたので、ちょっとした休養になってよかったのではないでしょうか。あす以降の練習はより試験に近い内容にしようと考えています」

2019.04.04 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
西谷騎手「ひととおり練習してからグリーンウォール、生垣、土塁と一番大きいサイズの障害にもチャレンジしました。一つずつよく見せてから、ゆっくりめに飛ばせましたが、ちゃんと飛ぶことができました。ペースがゆっくりの方が飛ぶのが難しいのですが、集中しているし、センスもあるので難なくクリアできるのでしょう。あとはこの大きな障害を連続で飛べるかどうか。スムーズに飛べるようになれば来週中に試験を受けることができると思います。あすも土曜日も練習しておきます」

2019.04.03 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
西谷騎手「金曜日以来の練習だったので、物見をするなどこわがっている様子でしたが、飛び始めるといつもどおりしっかり飛んでくれました。流しと呼んでいる連続障害も克服しましたし、きょうは水壕、竹柵もあっさりクリア。どんどん上達しています。あす(木)はさらに大きい生垣にチャンレジしますが、それを問題なく飛べれば来週には試験を受けられるかもしれません」

2019.03.28 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
西谷騎手「予定どおり3つの連続障害に挑戦しました。周りで練習している馬や飛び立つ鳥の動きを見て驚いたりしていますが、飛び自体は水準以上。バネがあり、まっすぐ飛べるし、着地も安定しています。無駄な動きをしないところがいいですね。きょうまでは助走のスピードがゆっくりめだったので無難に飛ぶことができましたが、これからスピードを上げたときに同じことができるかどうかがポイントになってきますね。あすまで基礎練習を行い、来週から大きい障害に挑んでいきます」

2019.03.27 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
西谷騎手「障害練習は先週の金曜日以来でしたが、久々にしてはしっかり飛んでくれました。緊張しやすいところはありますし、周りの雰囲気にのまれそうになることもありますが、飛越は着実に進歩しています。ここまではいい感じだと思います。あすは流しと呼ばれる3つの連続障害にチャンレジするつもり。いまの目標は今週中に2コースある連続障害をコンプリートすることです。そのあとさらに大きな障害も飛べるようにならないといけませんが、ノーミスでいければ最短で再来週にも試験を受けられるかもしれません」

2019.03.21 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
西谷騎手「きのうの復習を終えてからもう少し大きいサイズの竹柵やグリーンウォールといった障害を連続して飛ばせました。緊張しやすいタイプなのか、最初だけ飛ぶことができませんでしたが、2回目から上手に飛んでいました。ハミから逃げようとするのでコンタクトがとりづらいところはありますが、タイミングが合ったときはすごくきれいに飛んでくれます。きのう1時間も練習した割に全身の筋肉の柔らかさはキープしていましたし、だいぶ背中を使えるようにもなっています。これまで手先だけで走っていたのが背中を使えるようになれば、ふだんの調教やレースでの走りも変わってくるでしょう。あすも練習しますが、改めて基礎練習をしてから障害コースに出てさらに大きい障害に挑戦してみます。随所にポテンシャルの高さを見せているので、来週中には障害試験など次のステップも見えてくるかもしれません」

2019.03.20 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は障害練習を行いました。
松永幹調教師「ジョッキーの進言もあり、芝の長い距離を試したのですが見どころすらなく、タイムオーバーに終わってしまいました。すみません。幸い馬は傷んでいないので、このまま厩舎において障害練習を始めることにしました。ジョッキーは西谷騎手にお願いしています。しばらく練習してみて適性があるなら試験を受けて障害デビューを目指しますが、もし障害でのデビューが難しいとなったときにはダートの長い距離を試そうと考えています」
西谷騎手「初日から1時間みっちり練習しました。簡単な基礎練習とはいえ、これまでとまったく違う環境に置かれたことに戸惑い、前も横もこわがっていましたが、根気強く練習するうちに小さな障害は飛べるようになりました。柔らかさはあるし、飛んでいるときの背中もいいのでポテンシャルは高そうだと感じました。問題は前進気勢がなく、苦しくなったらやめてしまう気性面。きょうのところは怒ると飛んでいましたが、性格を考えると短期集中で進めていった方がよさそうなタイプなので、あす(木)はひと通り復習してからもう少し高い障害にチャンレジさせてみます」

2019.03.17 : 3月17日レース後コメント(13着)
鮫島駿騎手「芝はストライドが小さくなってしまって合わないですね。ただ、長いところは合っているので使いたくなる気持ちはわかりましたし、これで適性を確認することができたと考えれば無駄ではなかったのではないでしょうか。以前、新潟で騎乗した時より去勢した効果で気性面の成長を感じることができました。前走も着順ほど負けていないので、ダートの長いところならやれると思います」

2019.03.14 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動を行いました。
助手「運動中は厩舎周りで作業する人を見て怖がることはありましたが、慣れてからは落ち着いて歩いていました。馬体重は先週から4キロ増えて488キロ。毛ヅヤはすごくいいですし、馬体には張りもあって雰囲気は悪くありません。ここ最近臆病な面も見せていますが、ピリッとしたとも言えなくはないので、そういった部分が競馬でいい方に出てくれるといいですね」
※今週17日(日)阪神7レース・4歳上500万下(芝2400m)に鮫島駿騎手で出走します。

2019.03.13 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 54.7-39.7-26.1-13.0 強め
内ゼルク 54.7-39.7-26.1-13.0 一杯
助手「テンから併せていきましたが、いつもどおりのアルディという感じで、仕掛けたときに反応はあっても思ったほどギアは上がりませんでした。それでも手応えにはまだ余裕があったので、もう少しなら同じようなペースで走れたかもしれません。大きく変わったところはありませんが、よく頑張っていると思います」
松永幹調教師「ジョッキーの進言もあり芝の長丁場へ。テンからペースが速くなることは考えづらいのでいつもより楽に前目につけられるでしょう。スタミナ面に不安はないので積極的な競馬で粘り込んでほしいと思います」
※今週17日(日)阪神7レース・4歳上500万下(芝2400m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.03.07 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動を行いました。
助手「運動中、後ろでチャカチャカされると気にしていたように、以前より敏感になっています。これが競馬でいい方に出るといいのですが。馬体重は484キロ。見た目は細く映りますが、前走同じくらいの体で動けていましたし、次は芝の長距離を走るので太らせようとは考えていません」
※次走は3月17日(日)阪神7R(芝2400m)を鮫島駿騎手で予定しています。

2019.03.06 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 54.5-39.2-25.3-12.7 強め
内ダンスディライト 53.8-38.7-25.0-12.4 一杯
助手「初めて乗りました。前半は頭を下げてハミを取る位置も低かったのですが、ペースが上がると頭の高さもちょうどいい位置になり、理想的なフォームで走っていました。でも、フォームはよくても首など体を使って走ることができず、ラストは思ったほど伸びきれなくて。バテているわけではなさそうなんですけどね。時間はかかるでしょうけど、フォームの改善に取り組む必要があると思います」

2019.02.28 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は角馬場で調整しました。
助手「きのうで消炎剤の投与を打ち切りましたが、その後も右前脚の爪を気にするようなことはありません。予定どおりけさ乗り出し、角馬場でハッキング調整を行いましたが、いつもどおりといった印象で違和感はなかったです。きょう改めて獣医師のチェックを受けて問題がなければ、あす以降は角馬場で運動してからCウッドコースでキャンター調整をするなど通常のメニューに戻せるでしょう」

2019.02.27 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動を行いました。
松永幹調教師「レース後、馬房に戻ると右前脚をかばう素振りを見せていました。獣医師によるとレース中にぶつけて爪を傷めた可能性が高いということで、消炎剤を打つなど治療して様子をみてきました。トレセンに帰ってきてからは舎飼いを続けてきましたが、けさ改めて獣医師のチェックを受けたところ、痛みは引いていることが確認されたため、40分ほどひき運動を行いました。歩様に違和感はなかったということで、きょうで消炎剤の投与を打ち切りましたが、このまま小康状態を保てれば、あす(木)角馬場で乗ってみようと考えています。そこで少しでも問題があれば一旦放牧に出しますが、大丈夫ということであれば次走に向けて進めていきます。北村友騎手から1度芝の長い距離を試してみてはと進言があったので次は芝の2400mを使ってみましょう。障害練習はその結果を見てからにします」

2019.02.23 : 2月23日レース後コメント(8着)
北村友騎手「乗り味はすごくいいんですけどね。行けるなら行こうと本気で叩きましたが、ほかにも積極的な馬がいていけませんでした。そこからは砂をかぶったこともありますが、嫌気がさしてしまって、ただ下がっていくだけになってしまって。出たなりで進めたり、あえて後方待機策をとったりレースの組み立て方を変えるのもひとつの手かもしれませんが、このまま同じような条件を使っていっても大きな変化は望めないでしょうから、思い切って芝を含めて長距離を試してみてはどうでしょうか」

2019.02.21 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は角馬場で調整しました。
助手「けさは角馬場でハッキング調整を行いましたが、追い切り後でも動きは柔らかったです。馬体重は488キロと少し増えていましたが、体は適度に引き締まっていますし、この時期としては毛は短くて毛ヅヤもすごくいいと思います。先週末のゲート練習でも一緒に練習した馬よりスタートは速かったですし、ここ最近の調教では以前のように自分から走るのをやめようとすることもありません。具合はいいので、まずは次につながる競馬をしてほしいです」
松永幹調教師「シェイプアップしたことや精神面の成長もあり、休む前より動けるようになっています。相性のいい小倉コースなので、勝ったときのようにもまれない位置で競馬ができるといいですね」
※今週23日(土)小倉7レース・4歳上500万下(D1700m)に北村友騎手で出走します。

2019.02.20 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 81.8-66.8-53.0-39.7-13.2 一杯
内スペースクラフト 80.6-66.0-52.2-38.9-12.7 一杯
外リオンリオン 81.5-66.5-52.7-39.4-12.8 強め
助手「ふだん乗っていても力不足で頼りなく感じていたのですが、きょうは道中からしっかりした走りでした。併せた馬は調教でも動くので直線で早めに置かれてしまうかもしれないと考えていましたが、最後まで集中力を切らすことなくスピードを持続、1馬身ほどの遅れで済みました。この馬としてはよく食らいついていた方だと思います。状態はいいので競馬でも変わり身を見せてほしいです」
※今週23日(土)小倉7レース・4歳上500万下(D1700m)に北村友騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.02.14 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動を行いました。
助手「追い切り後も変わりありません。歩様に柔らかさがありますし、雰囲気も悪くありません。先週末からピリピリしだして音に敏感だったので一度メンコをつけてみたのですが、音だけでなく見えるものにまで過剰に反応するようになってしまったので、つけずに調整することにしました。前回からレース間隔が空いているので、あす(金)はゲート練習を行う予定。日曜日には坂路で15-15くらいの時計を出すことになりそうです」

2019.02.13 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 北村友J 81.7-66.1-52.4-39.1-12.8 一杯
内スペースクラフト 81.7-66.1-52.4-39.1-12.8 一杯
松永幹調教師「先週や週末、そしてきょうの動きに不満があったわけではありませんが、来週なら北村友騎手が騎乗できるということで今週の出走は見送り、来週に回ることにしました。けさの追い切りは北村友騎手に乗ってもらって、デビュー前の馬と併せてしっかりやりましたが、自分から走るのをやめることはなく、動きもよかったと思います。騎乗した北村友騎手は『もう少しトモに力強さがほしいと思いました。変な癖はなく、すごく乗りやすい馬でしたが、追っても叩いても同じようなペース走る馬で自分から前にというと感じではありませんでした』と話していました。ジョッキーには砂をかぶらず、スムーズな競馬をしてもらえればと伝えてあります。きょうしっかりやったので来週は坂路でしまいだけ伸せば十分でしょう」
※次走は2月23日(土)小倉7R(D1700m)に北村友騎手で向かう予定です。

2019.02.07 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動を行いました。
助手「運動に出てすぐは周りの馬を気にしてチャカチャカしていましたが、歩いているうちに落ち着いていました。追い切り後も脚元はすっきり見せていますし、硬さも気になりません。馬体重は484キロと前走から16キロ減っていますが、細くは映らないし、体高を考えるとこれくらいでちょうどいいのではないでしょうか。以前のように噛みついてくるなど人に反抗することがなくなって精神面の成長を感じます」

2019.02.06 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 53.1-39.1-25.7-13.3 一杯
外カレンソナーレ 53.2-39.2-25.7-13.2 強め
助手「帰厩してからダラっと伸びて走っていたので、できるだけ収縮させるイメージで乗っています。縮めて乗っている間はトモを使っていい感じでしたよ。きょうはテンから積極的にいったのでラスト100mで苦しくなってしまいましたが、ぱったり止まってはいなかったですし、時計が出やすい馬場状態だったとはいえ、この馬としては速い時計が出ました。全体時計は自己ベストではないでしょうか。息づかいにも休み明け感はなく状態は悪くないと思います」
松永幹調教師「休み明けでも牧場でしっかり乗り込んでもらったのでいつも以上に仕上がりは早そうです。週末、来週の動きがよければ、来週の小倉から投票していくつもりです」

2019.02.01 : グリーンウッドトレーニング→松永幹厩舎
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重492キロ。
調整は順調で坂路やトレッドミルで強めの調教を行い、しっかり負荷をかけてきました。
調教中は集中力を切らさず、気難しさを出すこともありませんし、騎乗者の指示にも従いゴール向けてスムーズに加速することができています。小倉開催での出走に向けてきょう(金)の検疫で帰厩しました。

2019.01.25 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重504キロ。
この中間の調整も順調です。火曜日に13-13、きのう(木)はトレッドミルで15-15を消化しました。あす(土)も坂路で15-15ほどの時計を出す予定。調教の動きは大きく変わりませんが、前向きさは十分に感じますし、フォームなども悪くありません。いまのところ来週金曜日に帰厩することになりそうです。

2019.01.18 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重502キロ。
調整は順調で今週火曜日に坂路で13-13を、けさも15-15ほどの時計を出しましたが、引き続き調教の動きに問題はありません。見た目はふっくらしつつも太め感はありませんし、ふだんから落ち着いていて心身ともにコンディションは良好です。いつでも帰厩できる態勢にあります。

2019.01.11 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重499キロ。
今週火曜日に15-15を、けさもトレッドミルで強めの調教を行うなど調整は順調です。体調面は安定していますし、調教でも集中力を切らすことはなく、速い時計にも問題なく対応しています。次走は小倉開催での出走が見込まれているため、帰厩に向けてあす(土)も坂路で15-15を消化するなど負荷をかけていきます。

2019.01.04 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重499キロ。
年末からペースアップして13-13も始めています。調教を強めてからも脚元や筋肉の疲れはなくフレッシュな状態ですし、しぼりづらい時期でも太め感はありません。きょう(金)も15-15を消化しましたが、あすもトレッドミルで強めの調教を行う予定です。

2018.12.21 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重493キロ。
調整は順調で予定どおり今週から15-13を始めました。まだ体が伸びた状態で走っていますが、1本目でもモタモタせず、騎乗者の指示に瞬時に反応して加速していました。去勢の効果か体は以前より引き締まって見えますし、この時期としては毛ヅヤも悪くありません。帰厩に向けてさらに乗り込んでいきます。

2018.12.14 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重493キロ。
今週火曜日に1本目の15-15を消化するなど調整は順調です。動きは大きく変わっていませんが、ペースアップにも問題なく対応しています。調教を強めた分体重は減りましたが、カイバはしっかり食べているので心配いりません。来週から15-13を始める予定です。

2018.12.07 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重498キロ。
予定どおり今週から周回数を増やしたり、坂路入りしたり運動量を増やしています。ふだんはおとなしいですが、調教中もまじめで乗り手の指示に従って走っています。来週から15-15を始めるなど調教を強めていくことにしています。

2018.11.30 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター1500m。馬体重498キロ。
今週はトレッドミル調整を行いながら周回コースをキャンターで1周半しています。これまでのところ傷口から多少の出血は見られるものの、熱発などの症状は確認されていないため、来週から距離を延ばすなど負荷をかけていくことになりました。

2018.11.23 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター1000m。馬体重504キロ。
熱発などもなく術後の経過も順調であるため、今週水曜日に乗り出しました。現在は周回コースで軽めの調整を行っているところですが、来週から周回数を増やすなど調教を強めていきます。

2018.11.16 : グリーンウッドトレーニング
マシン調整。馬体重496キロ。
火曜日に入場し、水曜日には去勢手術を行って無事終了しています。すでにマシンで調整していますが、術後の経過も順調であるため、週明けから乗り運動を始めることにしています。

2018.11.14 : グリーンウッドトレーニング
松永幹調教師「きのう(火)グリーンウッドトレーニングへ移動しました。このまま少し休ませてレースに使っていっても同じような結果になってしまいそうなので、何かを変えていく必要があると考えており、まずは去勢することにしました。きょうグリーンウッドの診療所で手術をしてもらうことになっています。術後の経過が良好ならそれほど時間がかからずに乗り運動を始められるでしょう。トレセンに戻ってきたところで障害練習などにも取り組んでいこうと考えています」

2018.11.13 : グリーンウッドトレーニング
本日、グリーンウッドに移動しました。

2018.11.11 : 11月11日レース後コメント(15着)
松岡騎手「スタートも出てくれたので、出ムチを入れて積極的に前目の位置を狙いましたが、このクラスだと周りも速く思ったポジションが取れず中団になってしまいました。陣営から聞いていた通り、隣に馬がいてモマれる形になると良くないですね。 終始内ラチと外にいる馬に挟まれる感じで気にしながら走っていて、2コーナーを過ぎた辺りでは既にガス欠状態。勝負処ではもう余力がなく、ただ回って来るだけになってしまいました。返し馬の感触が良かっただけに結果を出せずすみません」

2018.11.08 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「この時期としては毛ヅヤがすごくいいですし、運動中も前を歩く馬にすぐに追いついてしまうなど元気いっぱいでした。馬体重も500キロあって迫力を増した気がします。体調面に不安はなく、やる気も十分。状態のよさを生かして積極的な競馬をしてもらいたいです」
※今週11日(日)福島6レース・3歳上500万下(D1700m)に松岡騎手で出走します。

2018.11.07 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 84.2-69.0-53.9-40.5-13.4 一杯
内リオンリオン 82.5-67.5-52.2-38.6-12.7 強め
中ゼルク 83.5-68.3-53.2-39.8-12.7  一杯
助手「4コーナーから叩き始めてちょっとずつ動かしていきましたが、馬場が重かったこともあり、なかなかエンジンがかかりませんでした。直線は何発もステッキを入れて2F追いどおし。最後の最後でやっと反応して後ろが動き始めた感じでした。どうにか2歳にくらついていたし、時計もまずまず。ここ最近のなかでは頑張った方だと思います」
松永幹調教師「内を回った2歳馬に遅れをとりましたが、バテずに最後まで頑張ったと思います。前走後も本数は積んだし、状態も変わらずキープしています。前回大きく負けたので強気なことは言えませんが、外枠を引いて前目で競馬ができればしぶとさを生かせるはずです」
※今週11日(日)福島6レース・3歳上500万下(D1700m)に松岡騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.11.01 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動で調整しました。
助手「運動中はいつもどおりシャキシャキ、自分のペースで歩いていました。遅い馬を追い抜くくらいの勢いがありましたよ。馬体重は498キロと先週と同じでしたが、ムチムチしていてストレスがなさそうな健康的な体つきに映ります。引き続き体調は問題ありません」

2018.10.31 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 56.1-41.0-26.6-13.4 一杯
内ナンヨープランタン 55.3-40.3-26.0-13.0 強め
助手「相手も調教ではそれほど動く馬ではなかったのですが最後は離されてしまいました。でも、先週より馬場が重かったなかでも自分の時計では走り切っているので及第点といったところでしょうか。気分転換の意味も込めて来週はCウッドコースで追い切ってみようかと考えています」

2018.10.25 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「運動中はシャキシャキ歩いていました。相変わらず食欲旺盛で体重は500キロ近くありますし、この時期としては毛ヅヤもピカピカ。元気いっぱいで絶好調と言ってよさそうです。1度使ってコンディションは上向いているので、状態のよさを競馬で生かしたいですね」
※次走は11月11日(日)の福島D1700m戦に松岡騎手で向かう予定です。

2018.10.24 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 56.2-40.5-25.9-13.1 馬なり
内ゴータイミング 55.2-39.7-25.9-13.2  馬なり
助手「後ろから追いかけてきた併走予定馬が抑えきれなかったようで早い段階で抜かれてしまいました。いつものアルディならそこで心が折れていたでしょうけど、きょうはこれまでと違い頑張ってジワジワ追いかけていました。併せ馬では遅れたので見た目はよくなかったかもしれませんが、前に行こうとする気持ちは感じたし、体もよく動いていました。前回より着実によくなっていると思います。いつでも使える状態にありますよ」

2018.10.18 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「けさもひき運動のみにとどめました。疲れはないし、カイバもバリバリ食べているので馬体重も494キロまで回復していました。以前のように脚元を気にする様子も見られないので、あすから乗り出す予定。初日はCウッドコースを1周することになりそうです」

2018.10.17 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
松永幹調教師「昇級初戦とはいえ、厳しい結果になりました。ただ今回は自分の競馬ができずに気持ちが切れてしまったことが敗因なので、外枠が当たるなど条件が向けばこのクラスでもやれるようになるとみています。しばらく3場開催が続き、出走しやすい状況なのでこのまま厩舎で調整し、福島開催を目標に進めていく予定。右回りで小回り、それにダート1700mと勝ったときとほぼ同じ条件になるのでレースぶりに進境が見られるといいですね」
助手「レースで走っていないので心身ともに疲れはありません。すぐにでも乗り出せそうな状態です。自分のペースで走れないとやめてしまうところがありますし、持ち時計がないので現状このクラスですぐにいい結果を出すのは難しかったようです。周りに左右されることなく、我慢して走れるようになってほしいです」

2018.10.14 : 10月14日レース後コメント(11着)
鮫島駿騎手「モマれたら良くないのは分かっていたので仕掛けて出していったのですが、先手までは取れなかったです。それでも3番手で収まれば良かったのですが、砂を被ったら押しても叩いても進んでいかなくなってしまいました。次々にこられたので外に出すタイミングもなくて、最後方までズルズルいってしまいました。最後まで脚はありそうでも、もう嫌気をさしたのか全く脚を使ってくれなかったですね。今日だけではこのクラスでどうこうは分からないですが、外枠でも引いて砂を被らない位置でスンナリいけないと脆いのかもしれません。いろいろと条件はつきそうですね」

2018.10.11 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 54.1-40.0-26.7-13.5 強め
外ゼルク 55.4-40.9-26.8-13.6 一杯 
助手「後ろからプレッシャーをかけながら進めました。残り2Fで並びかけたところで自分から前に出ようという意思は感じましたが、相手を見捨てるわけにはいかないので我慢させて脚をためることに。どれだけ弾けるのか期待しつつ、最後の最後で手綱をスッと放しましたが、結局いつもどおりの脚色でした。ラストでバタバタになることはなく13秒台でまとめられたのはよかったですけどね。やるべきことはやったのでレースでベストを尽くしてもらいましょう」
松永幹調教師「実戦タイプなので時計は気にしていません。レースではもまれずに運んでもらいたいですね」
※今週14日(日)新潟6レース・3歳上500万下(D1800m)に鮫島駿騎手で出走します。

2018.10.10 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースで調整しました。
助手「予定どおり週末はCウッドコースで15-15くらいからしまいだけ伸ばしましたが、坂路と違ってのびのび気持ちよさそうに走っていましたよ。いいガス抜きになったと思います。けさはCウッドコースを2周。2歳馬をリード役を務めたのでゆったりしたペースでしたが、あすの追い切りに向けていい準備ができました。追い切りはいつもどおり坂路になる見込みですが、すでに運動量は十分で態勢はほぼ整っているので、しまいだけシャッと伸ばせればと考えています」
※14日(日)新潟6レース・3歳上500万下(D1800m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.10.04 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「50分間のひき運動を行いましたが、筋肉疲労はなく、歩様に硬さもありませんでした。馬体重も先週と同じ498キロでブリッと見せています。カイバ食いも旺盛で体調はとてもいいと思います。週末はCウッドコースでのびのび走らせて坂路でうまく走れないもどかしさを解消させてあげるつもり。ただ、これ以上ビシバシやる必要はないのでレースまではソフトな調整を心がけていきます」

2018.10.03 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 54.9-40.4-26.6-13.9 一杯
内ブラゾンダムール 54.2-39.8-26.2-13.4 一杯
助手「テンから併せていって後半は追いどおし、叩きっぱなしでした。促すと反応はするけど、それも一瞬のこと。週を追うごとにどんどん動かなくなってきていますが、これまでの追い切りも全然動いてなかったし、ふだんの調教で負荷は十分かかっているので気にしないようにします」
松永幹調教師「1週前なのでしっかりやりました。後半で馬場も重かったので時計はかかりましたが、動き自体は悪くなかったですし、これがいつもどおりの姿なので問題ありません」

2018.09.27 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「1時間ほど運動しましたが、気になるところはありませんでした。馬体重はレース時と同じ498キロ。もっと増えてもいい馬だと思っていますが、急に大きくなると体を持て余してしまうでしょうから、レースを使いながら徐々に大きくなって、同時に体に見合ったパワーをつけていくのが理想でしょう。500万クラスでも走れる体つきになるにはもう少し時間がかかりそうです」

2018.09.26 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 57.8-41.8-27.0-13.6 強め
助手「テンは格上馬の誘導役に徹しましたが、その馬があっさり抜け出していったので、近くを走る別の馬に目標を切り替えました。でもチップを大量に浴びて追いつけないどころか、逆に離されてゴールすることに。いつものことですが、坂路では思ったように動けないので、週末はストレス解消のためにCウッドコースでのびのび走らせてあげようと考えています。ふだんは落ち着いているし、常歩の感触も抜群。具合はとてもいいですよ。オンとオフがはっきりしてきたように成長も感じます」
松永幹調教師「次走は10月14日の新潟6R(D1800m)に鮫島駿騎手で向かうことにしました。調教の動きは相変わらずですが、これがこの馬のいつもの姿ですからね。時間をかけて乗り込んで息と体をつくっていきます」

2018.09.20 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 55.6-40.3-26.8-エラー 馬なり
内イチバンヤリ 55.7-40.2-26.6-13.6 馬なり
助手「初めて追い切る馬の動きに合わせましたが、相変わらず動かなかったです。最初から最後まで馬なりのままでも併走馬より手応えは劣っていたほどでした。ラスト1Fのラップが表示されませんでしたが、ほぼ併入だったのでラスト1Fは13秒6か13秒7くらいだったとみています。レースまで時間があるので少しずつペースを上げていきます」
松永幹調教師「動きはいつもどおりという感じでした。いまのところ新潟まで待とうと考えています」

2018.09.19 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースで調整しました。
助手「今回も牧場での調整が順調だったとのことですが結構いい状態で帰ってきてくれました。以前より落ち着きがあって調教の行き帰りに落ち着いて歩けるのがいいですね。体重は500キロほどだと聞いていますが、毛ヅヤはいいし、馬体にも張りがあります。この感じならクラスが上がっても上位争いを期待できそうです」
松永幹調教師「具合がいいということで予定を早めて帰厩させました。あす坂路で追い切りますが、動きを確認してからどのレースを使うか判断します」

2018.09.16 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2018.09.14 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重498キロ。
今週から周回数を多くするなど運動量を増やしています。坂路でのペースは変わらずF17秒ほどです。以前より前向きさが感じられますし、力強さも備わってきた印象です。次の火曜日に1本目の15-15を消化しますが、状態がいいので、予定を前倒しして来週中に帰厩することになりそうです。

2018.09.07 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター1500m、坂路1本。馬体重499キロ。
予定どおり今週月曜日に乗り出しました。すでに周回コースと坂路を併用して調整しており、ペースもF17秒まで上げています。来週からは周回数を1周増やしますが、状態は高いレベルで安定しているので早めに帰厩することになるかもしれません。

2018.08.31 : グリーンウッドトレーニング
トレッドミル調整。馬体重498キロ。
入場してから何日かはマシン調整で様子を見ていましたが、脚元など馬体に異常はなく、元気いっぱいだったため、今週月曜日からトレッドミル調整を行っています。すでにキャンターまでペースを上げていますが、馬体も十分回復したので週明けから乗り出すことにしています。

2018.08.24 : グリーンウッドトレーニング
本日グリーンウッドトレーニングへ移動しました。

2018.08.23 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「きょうは45分間ひき運動を行いました。相変わらず口うるさくて、時々暴れてもいましたが、それだけ元気があるということでしょう。1度ガタっとくると立て直しに時間がかかる馬ですが、今回も大きなダメージがない中での放牧なので前回同様、グリーンウッドさんがうまく調整してくれると思います」
※馬体重496キロ。

2018.08.22 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「松若騎手がうまく乗ってくれました。前走阪神で負けたときに最後までびっしり追ってくれたので、アルディ自身気持ちを入れ替えてくれて真剣に走ってくれましたし、2回続けてその松若騎手に乗ってもらえたことも大きかったです。レース後、両前脚の球節がむくんでいますが、ちょっとした疲れでしょうからすぐに治まると思います。ソエは気にしている様子はありません。金曜日にグリーンウッドトレーニングへ移動しますが、いい休みになるといいですね」
松永幹調教師「少し疲れも見られるのでリフレッシュ放牧に出すことにしました。次は秋の福島開催でと考えています。福島は2着した経験もありますからね。これからもローカル、小回りという条件にこだわって走らせていきます」

2018.08.19 : 8月19日レース後コメント(1着)
松若騎手「スタートから多少無理してでもポジションを取りにいきました。今日は前回と違っていきっぷりもよく、道中手綱を持って息を入れられるところもありました。3コーナーでは外から馬がきても張る余裕があり、手応えも十分。直線は一旦前に出られましたが、差し返して最後まで頑張ってくれました。時期も時期なので勝たせることができてよかったです。ありがとうございました」

松永幹調教師「今日はジョッキーがうまく乗ってくれました。プラス体重でしたが、少し太く見えるくらいの方がこの馬は走るのかもしれません。硬くなりやすい馬ですし、勝ち上がってくれたので、この後は放牧に出して一息いれることにします。勝たせなければいけない馬だったのでホッとしています」

2018.08.16 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「50分間のひき運動で疲れを取りました。前後のバランスがとれていて歩様も力強かったですし気持ちも乗っていました。馬体重は492キロと増えていましたが、メリハリがあって見た目もたくましくなっています。体調も最高なのであとは結果だけ。ほかの馬を意識しすぎず自分のペースを守って走ってもらえればと思います」
※今週19日(日)小倉4レース・3歳未勝利(D1700m)に松若騎手で出走します。

2018.08.15 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 54.8-39.7-26.1-13.2 一杯
内レッドエクシード 53.8-38.8-25.4-12.7 馬なり
助手「ラスト1Fのところで併走馬に急に離されてしまったので、そこで気持ちが切れてナヨナヨしていました。もう少しパリッと動いてほしかったですが、全体時計が54秒台に突入するとラスト1Fは13秒台を切れなくなるアルディのいつもどおりの内容になりました。でもふだんの動きはいいし、体調面もすごくいいので、レースでは小回りコースでうまく立ち回れれば善戦は可能でしょう」
松永幹調教師「時計はかかりましたが、この馬なりに順調です。もちろん今回で決めたいと考えていますが、まだ良くなりそうな雰囲気なので、最低でも権利を獲得し、次につなげたいです」
※今週19日(日)小倉4レース・3歳未勝利(D1700m)に松若騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.08.09 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「元気いっぱいで常歩にも勢いがありました。ひいていて疲れてしまうほどでしたよ。馬体重は490キロでしたが、極端に増えたり減ったりしなければ気にする必要はありません。前回放牧に出したときの上向き加減の状態を牧場がうまく引き継いで調整してくれたようで、帰ってきて2週ほど経ったいま、銭形が浮いて状態は抜群。あとは馬の気持ちひとつでしょうね」

2018.08.08 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 56.7-40.4-25.7-12.8 一杯
内ギラーミン 56.4-40.1-25.4-12.7 馬なり
助手「前半は自分のペースで走らせて、ゴールに向かって後ろからプレッシャーをかけてもらいました。残り1Fからは気合いをつけてしっかり追いましたが、ステッキで合図を送ってからの反応は悪くなかったし、これまでよりストライドも大きかったです。12秒台が出たのも充実している証でしょう。ふだんの仕草や常歩も感じもよくなってきていて来週のレースに向けて状態は上向きつつあります」

2018.08.02 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「やる気にみちあふれていて運動中もグイグイ、シャキシャキ歩いていました。硬さは感じなかったです。馬体重は488キロでしたが、太くもなく細くもなくちょうどいいくらいに映ります。暑くても食欲旺盛で体調もよさそうです」

2018.08.01 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 55.5-40.0-25.9-13.0 馬なり
内ヤマニンマヒア 55.5-40.0-26.0-13.1 一杯
助手「テンから併せていきましたが、1本目だったので無理せず馬なりで。乗ったのは半年ぶりでしたが、あのときより背腰がしっかりして力をつけた分、最後までいい手応えで走れるようになっていて、仕掛けたらもうひと脚使えそうな感じでした。息づかいも問題なかったですよ。上がりの歩様もシャキッとしているし、余計なこともしなくなっていて成長を感じました」
松永幹調教師「いまのところ19日の小倉4R(D1700m)へ向かおうと考えています。ジョッキーはもう1度松若騎手に依頼します」

2018.07.27 : グリーンウッドトレーニング→松永幹厩舎
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重495キロ。
今週火曜日に15-13を消化しました。緩めないようしっかり乗り込んできたので、息の入りや体の使い方も問題ありませんでしたし、入念にケアしながら進めてきたので、追い切ったあとも脚元などに反動は見られませんでした。本馬はきょう(金)の検疫で栗東トレセン・松永幹厩舎に帰厩しています。

2018.07.20 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重495キロ。
引き続きF17秒ほどペースで調整しています。ソエは問題ありませんし、体調も安定。猛暑のなかでも運動量は十分確保しています。今のところ、来週火曜日に1本目の15-15を消化する予定で、早ければ来週末にも栗東トレセン・松永幹厩舎に帰厩する予定です。

2018.07.13 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重495キロ。
予定どおり今週から騎乗調教を始めました。坂路でのペースはF17秒ほどです。暑さに負けず元気いっぱいですが、乗り出してから背腰に疲れが出始めたので、来週中に高周波で治療することになりました。15-15程度で追い切るのは早くても再来週からになりそうです。

2018.07.06 : グリーンウッドトレーニング
トレッドミル調整。馬体重490キロ。
今週はトレッドミルでキャンター調整を行っています。入場後に高周波治療やショックウェーブ治療を行ったため背腰の状態は良好ですし、ソエもまったく気にしていません。心身ともにフレッシュな状態まで戻ったので、来週から騎乗調教を始める予定です。

2018.06.30 : グリーンウッドトレーニング
本日、グリーンウッドトレーニングへ移動しました。

2018.06.28 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「けさも運動中は元気でした。馬体重は先週木曜日から増減なしの488キロ。すでに回復していますが、もっとあってもいいと思っているので、この休養で少しでも増えて帰ってくるといいですね。ソエを気にしている様子はありませんが、背腰に疲れがあるので牧場で早めに治療してもらった方がいいかもしれません」

2018.06.27 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「今のところ土曜日にグリーンウッドトレーニングへ移動する予定なので、それまでひき運動を続けますが、レース後もソエはまったく問題ありませんし、筋肉痛などの症状も見られません。体も回復傾向にあって、すでに元気いっぱい。あすから乗り出しても大丈夫そうな状態です。今回は以前とは違いダメージが少ないなかでの放牧なので、牧場でもバリバリ乗ってもらえればと考えています」

2018.06.23 : 6月23日レース後コメント(8着)
松若騎手「前々で競馬をしてほしいと聞いていたので、逃げるくらいのつもりでレースに臨みました。でも周りも速かったし、自分から進もうとする気もなくて、促してやっとあのポジションに。結局、イメージしていた形に持ち込むことができませんでした。直線も叩くとその都度反応してそれなりの脚は使っていたので、走る気持ちがまったくないわけではないのですが。ワンペースなので理想は逃げるか2番手からだと思います」

松永幹調教師「楽に前へ行けると思っていましたが、前回よりも行きっぷりが悪かったですね。また対策を考えますが、権利がなくて、しばらく出走できないので一旦放牧へ。帰厩後は地方交流競走への出走も視野に入れていくことにしています」

2018.06.21 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
松永幹調教師「予定していた日曜日のD1800mへの出走は厳しい状況だったため、想定上で出走可能な土曜日のD2000mに投票しました。ジョッキーは松若騎手です。距離が延びることで楽に前づけできるでしょうし、前回からの上積みも大きいので期待したいと思います」
助手「追い切り後も疲れは見せていません。馬体重は488キロと増えていませんでしたが、Cウッドコース2周の脂肪燃焼系のトレーニングを続けてきたことで、しっかりビルドアップしています。肩やトモの肉付きもいい感じになっていますし、息づかいや息の入りだって前回とは全然違いますよ。レースで集中力を切らさないで走ってくれれば一気に前進できるでしょう」
※23日(土)阪神3レース・3歳未勝利(D2000m)に松若騎手で出走します。

2018.06.20 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 55.4-39.8-25.9-13.0 一杯
外イグレット 54.9-39.6-25.7-12.9  強め
助手「ステッキを入れてしっかり追いました。併せ馬では遅れましたが、アルディ自身ノメりながらも一生懸命走っていました。雨で重くなった馬場で13秒ちょうどだったので、いつもどおりの馬場だったなら12秒台で走り切っていたのではないでしょうか。だいぶ背中と腰の状態が良くなって1本芯が入ってきたので、以前より常歩もしっかりしてきたし、Cウッドコース2周の調整を取り入れてから走ることが楽しくなっているようで心身ともに充実しています。前回とは違いますよ」
※24日(日)阪神3レース・3歳未勝利(D1800m)に岩田騎手で出走を予定しています。想定からは除外があります。

2018.06.14 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「運動に出てすぐは調子に乗ってやんちゃなところを見せていましたが、歩いているうちに落ち着きました。追い切ったあとでもソエは小康状態を保っているので歩様は気にならなかったですよ。馬体重は先週から4キロプラスの488キロとあったので前走と同じくらいでの出走になるのではないでしょうか。力はあってもメンタルの弱さがあり、ここ2戦はすべてを出し切ることなくレースを終えてしまっていますが、今回は調整パターンも替えたし、ブリンカーをはずして臨むので変わり身を見せてほしいです」
※17日(日)阪神2レース・3歳未勝利(D1800m)に出走を予定していましたが、除外のため来週以後にスライドになります。

2018.06.13 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 53.7-39.2-25.7-13.1 一杯
外ユイフェンネル 53.1-38.8-25.4-12.8 一杯

助手「ソエは現状維持で調整は順調です。けさの追い切りはいつもどおり14秒半ばで入り、刻んだラップもいつもどおり。レースが近いことを伝えるためしっかり追いましたが、最後は止まり気味で自分の時計分しか走りませんでしたね。体感だとラスト1Fは13秒台後半くらいでした。それでも内面は前回より確実に良くなっているので、あとは気持ちひとつでしょう」
松永幹調教師「調教の動きはこれまでとまったく変わりませんでした。このような内容でもいい結果が出たことがあるので、それがいいことなのか悪いことなのか判断しづらいところですが。レースは今週土日の2鞍を両にらみでスタンバイ中。福永騎手に依頼しており、どちらか乗れる方のレースに出走させます」
※今週16日(土)阪神4レース・3歳未勝利(D1800m)、17日(日)阪神2レース・3歳未勝利(D1800m)に福永騎手で出走を予定しています。想定からは除外があります。

2018.06.07 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「1時間ほどひき運動を行いましたが、いつもよりおとなしかったです。歩様もまったく問題ありませんでしたよ。体重は先週から2キロ減の484キロでしたが、週末や火曜日にCウッドコースで乗ったのでその影響も多少あるかもしれません。あすはCウッドコースを1周、週末は2周する予定です」
松永幹調教師「前走大敗した敗因がブリンカーを装着したことにあることにあるのか、もまれたせいなのか、まだつかみ切れていませんが、調教の動き自体はいいし、体調も引き続き安定しています。次走は6月17日の阪神2レース(D1800m)に向かう予定で鞍上は現在調整中です」

2018.06.06 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 54.7-40.8-26.9-13.3 一杯
内メイショウフナカジ 54.8-40.9-27.0-13.3 一杯
助手「追い切りが2本目の2歳新馬と併せました。テンの行きっぷりが良かったので時計ひとつ分速く入りましたが、残り1Fで肩ムチを入れて合図を送るとしっかり反応していたし、狙いどおり尻上がりのラップを刻むこともできました。息づかいがだいぶ良くなっていて、その部分がレース前と比べてもっともいい方に変わったところかもしれません。先週からCウッドコースを2周する調整を取り入れていて、いつも気分よさそうに走っているのでアルディにとってこの調整方法は合っているようです。上昇ムードが漂っているので次は巻き返したいです」

2018.05.31 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースで調整しました。
助手「乗り出し日のきょうはCウッドコースを普通キャンターで1周しました。脚捌きに硬さはなく、レース後のダメージはまったくなさそうでしたよ。元気いっぱいで体重計の上でちゃんと立てなかったので正確な馬体重は量れませんでしたが、最低でも486キロくらいはありました。あす以降はCウッドコースを1周目は軽く、2週目は普通に乗るメニューで調整していきます」

2018.05.30 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
松永幹調教師「期待に応えらず、申し訳ありませんでした。ジョッキーの話を聞いたり、レースを見返したりして敗因を探ってもブリンカーが合わなかったことしか思いつかないので、次ははずしてレースに臨んでみます。このまま厩舎において次走を目指す予定で、あすから乗り出すことにしています」
助手「レース後はひき運動で様子を見ていますが、走り切っていないのでソエは問題ありませんし、体もしぼんでいません。元気いっぱいですよ。ブリンカーをはずす以外にもなにかを変えないと変化は望めないでしょうからCウッドコースを長めに乗るなど調教も工夫していくつもりです」

2018.05.26 : 5月26日レース後コメント(15着)
岩田騎手「スタートも決まって前半はスムーズに運べましたが、3コーナーで急に止めてしまいました。そこからは周りを気にして頭を上げて進んだり、ブレーキをかけたりの繰り返しで。砂を気にしているような素振りは見せていなかったので、揉まれたことで気持ちが切れてしまったようです。もっと積極的に出していって逃げてもよかったかもしれません。すみませんでした」

2018.05.24 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「ひき運動中は元気いっぱいでした。ソエは完治したとは言い切れませんが、獣医師に定期的にケアしてもらっていますし、歩様も気にならないので、今回の競馬に影響はないとみています。体重も先週から4キロ増えて492キロありました。牧場から減って帰ってきたのが徐々に増えてきて良かったころの体つきに戻ってきています。競馬も490キロ前後と実績のある体重で出走できるのはないでしょうか。状態面に不安はないので最後まであきらめないで走ってきてほしいです」
※今週26日(土)京都3レース・3歳未勝利(D1900m)に岩田騎手で出走します。

2018.05.23 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 53.5-39.3-25.8-13.1 強め
外メイドインヘヴン 53.8-39.4-25.9-13.2 一杯
助手「きょうもブリンカーを装着して追い切りへ。終始手応えは良くて持ったままでしたが、今週末レースが控えているので残り100mのあたりでステッキを入れて反応を確認しました。正直ビュッとくるところはなかったですが、一杯一杯ではなく、もうしばらく同じようなペースで走れそうでしたよ。全体的にそれなりのラップで動かせたことも良かったと思います。カイバの食いが戻ってきたように体調も右肩上がり。いい感じで競馬に向かえそうです」
松永幹調教師「動き、時計ともにいつもどおりでした。でも実戦にいっていいタイプですからね。うまく前目につけて競馬ができれば勝ち負けになるとみています」
※今週26日(土)京都3レース・3歳未勝利(D1900m)に岩田騎手で出走予定しています。想定から除外はありません。

2018.05.17 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「先週より落ち着いて歩いていましたし、今のところソエも気にしていません。追い切り後もいつもどおりカイバは食べていて馬体重も488キロと先週から2キロ増えていました。徐々に良くなっていますよ。来週1週前追い切りが控えていますが、ビシバシやるとメンタル面や脚元への反動が出てしまうのでやりすぎないようセーブするつもりです」

2018.05.16 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
5/13(日)坂路 58.7-43.1-28.8-14.6 馬なり
5/16(水)坂路 54.8-40.7-26.6-13.2 強め
外メイドインヘヴン 56.2-41.3-26.7-13.3 一杯
助手「きょうの追い切りで浅めのブリンカーを試してみましたが、いつもより集中して走っていたし、手応えにガツンとくるところもありました。ラストだけスッと伸ばしたところクビほど先着。めいっぱいやらなかったので追ったらどれくらいの脚が使えたのかはわかりませんが、楽しみはレースまでとっておきましょう。先週末からカイバを食べるようになったし、だいぶ落ち着いて歩けるようになっています。これからいい方に向かってきそうですよ」

2018.05.10 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「けさもイライラしている感じで運動中はチャカチャカしていました。カイバも食べるには食べていますが、投げ草をあまり食べなくて馬体重は前走時と同じ486キロ。帰ってきたばかりにしては寂しいですね。すでにレースを3回か4回使ったあとのようなテンションですし、もともと食べるのが大好きだった馬なので、違う馬なのではと思ってしまうほどです。早く元の姿に戻ってくれるといいのですが。走る気持ちだけは失わないように来週の追い切りもビシバシやらずある程度の負荷にとどめるつもりです」
※次走は5月26日(土)京都3R(D1900m)に岩田騎手で向かう予定です。

2018.05.09 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 54.7-40.1-26.3-13.3 馬なり
内メイドインヘヴン 54.6-40.0-26.3-13.3 一杯
助手「調教師からの指示は馬なり。テンから併せていきましたが、前半の行きっぷりはすごく良かったです。道中も手応えが悪かった相手を奮い立たせるため、こっちから馬体を寄せていく余裕もありましたよ。ラスト1Fは13秒3と時計がかかりましたが、馬場も悪かったし、抑えてからの再加速でしたからね。自分のペースで走らせていれば13秒フラットくらいでおさまっていたはずです。ソエは今のところ問題なく調整は順調ですが、運動中はイライラしているというのかピリピリしている感じ。トモの甘さも手伝って常歩もまともにできないので、1日でも早く落ち着いてくれるといいのですが」
松永幹調教師「時計は目立ちませんが、もともとそういうタイプですから気にしていません。次走はもうちょっと様子を見てから決めますが、ブリンカーを着けてレースに臨ませるつもりなので調教でも試しておきます」

2018.05.04 : 栗東:松永幹夫厩舎
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重497キロ。
この中間の調整も順調で火曜日に13-13を消化しました。以前より前向きさが出てきて動きもだいぶ良くなりましたし、毛ヅヤや馬体の張りを見ても充実ぶりが伝わってきます。本馬は態勢が整ったため、きょう(金)の検疫で栗東トレセン・松永幹厩舎に帰厩しました。

2018.04.27 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重495キロ。
今週火曜日に2本目の13-13を消化するなど調整は順調です。坂路では先行したり追走したりいろんなパターンで走らせていますが、自分からハミを取るなど前進気勢が感じられるようになりました。負荷をかけ始めてからもソエは問題なく、背腰も定期的にケアしているため疲れもありません。早ければ来週にも栗東トレセン・松永幹厩舎に帰厩する予定です。

2018.04.20 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重500キロ。
予定どおり今週火曜日に1本目の13-13を消化しました。大型馬ですが、さらにパワーをつけた感じで楽な手応えのまま坂路を駆けあがっていました。追い切り後もソエの症状は見られませんし、硬さも気になりません。帰厩に備えて来週火曜日にも13-13ほどの時計を出すことにしています。

2018.04.13 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重498キロ。
この中間の調整も順調で今週火曜日の追い切りでは15-15程度の時計を出しました。前進気勢が強く、行きっぷりもなかなかですが、上手に折り合って走ることができています。追い切ってからも脚元に反動は見られないので来週火曜日は13-13までペースを上げることにしています。

2018.04.06 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重497キロ。
予定どおり今週から周回数を増やしました。負荷をかけてもソエを気にする様子はありませんが、悪化を防ぐため毎日レーザーでケアしたり、骨を強くする薬を投与したりしています。来週火曜日から15-15程度の時計を出し始める予定です。

2018.03.30 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター1500m、坂路1本。馬体重498キロ。
この中間も調整は順調で今週月曜日から周回コースと坂路を併用して調整を行っています。定期的にショックウェーブ治療やレーザー治療を行っているので運動量を増やしてもソエは落ち着いています。来週から周回数を増やし、再来週からは追い切りも始めるなど帰厩に向けてペースを上げていきます。

2018.03.23 : グリーンウッドトレーニング
坂路1本。馬体重491キロ。
今週月曜日から坂路で調整を始めました。ペースはF20秒ほどですが、乗り出してからもソエを気に素振りは見せていないので、来週からF17までペースを上げて、周回コースでも調整を始めることにしています。

2018.03.16 : グリーンウッドトレーニング
トレッドミル調整。馬体重489キロ。
馬体は回復しつつあるので今週からトレッドミルでダク調整を行っています。ただ、きのうの時点でもソエの影響で脚元を気にする素振りを見せていたので、きょう2回目のショックウェーブ治療を施しました。週明けまでに治療の効果が確認できればトレッドミルでキャンター調整を始めることになりそうです。

2018.03.09 : グリーンウッドトレーニング
マシン調整。馬体重473キロ。
入場後の歩様はとくに問題がなかったのでマシンで調整しています。両前脚のソエは、きょうショックウェーブ治療を行い、あわせて骨疾患の治療薬も注射しました。今後も回復状況を見て必要であれば治療を続けていきます。今週いっぱいはマシンでの軽めの運動にとどめ、来週からトレッドミルで調整していく予定です。

2018.03.07 : 松永幹厩舎→グリーンウッドトレーニング
本日グリーンウッドトレーニングへ移動しました。
助手「レースを終えてバンテージをはずしたときにすでに両前脚、とくに左前のソエを気にしていましたし、翌日にはハ行するほど痛がっていました。触られるのも嫌だったのか、人が近づいただけで耳を絞って寄せ付けようとしていなかったので痛みは相当なものだったんだと思います。楽をさせているので日曜日よりは触ったときの反応や歩様はマシになっていますが、今後のためにも休ませてしっかり治した方がよさそうです」
松永幹調教師「ソエの症状はやわらいできたようですが、ここでひと息入れることになり、けさグリーンウッドトレーニングへ移動しました。牧場で治療しつつ軽めの運動を続けてもらいますが、復帰までは少し時間がかかるかもしれません」

2018.03.03 : 3月3日レース後コメント(6着)
福永騎手「最初から最後までハミを取りませんでした。スタートが良かったので逃げてもいいかなと思っていたんですが、自分から全然進んでいかなくて。前回も直線はフワッとしたけど、今回はずっとですからね。流れに乗りやすいこの条件はぴったりだと思いますが、やる気を引き出すためにも次はブリンカーを着けた方がいいのではないでしょうか。気持ちさえ入れば結果はすぐに変わるはずです」

松永幹調教師「集中力を欠いてしまいましたし、スローな流れからのヨーイドンはこの馬に厳しかったです。次はジョッキーの進言どおりブリンカーを着けてレースに臨みましょう。今回は中間に結構攻めたので疲れも出てくるはず。今後については何日か状態を確認してから判断します」

2018.03.01 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「運動中はいつもどおりゴトゴトしていて若干コズミがあるようでしたが、許容範囲というレベルです。あすしまいだけサッと流してひと汗をかかせるつもり。そうすればコズミも取れて体も楽になるはずです。馬体重は486キロと先週と変わりませんでしたが、馬体はパンと張っていて状態もキープしているので、あとは心の問題だけでしょう」
※今週3日(土)阪神3レース・3歳未勝利(D1800m)に福永騎手で出走します。

2018.02.28 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 54.5-40.0-26.5-13.4 一杯
内ギラーミン 54.0-39.6-26.2-13.2 馬なり
助手「いいラップを刻めましたが、いつもどおりしまいは甘くなってしまいました。でも3Fびっしり併せることができましたし、最近ピリピリしだしているので、バチバチ叩くのもかわいそうだったのでこれくらいの負荷でちょうどよかったと思っています」
松永幹調教師「追い切りの動きは相変わらずといった感じでしたが、今回は体を絞って出走させられそうなので、前回よりしまいの粘りにもつながるってくるのではないでしょうか。ジョッキーも2回目の騎乗でどういうタイプの馬なのか把握しているはず。どう乗るかは任させます」
※今週3日(土)阪神3レース・3歳未勝利(D1800m)に福永騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.02.22 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「早く運動に出してくれと言わんばかりに馬房ではソワソワしたところを見せていましたが、外に出てからはおとなしく歩いていました。ソエは治りきってはいないけど、良化傾向にあるようで、多少コトコトしていた歩様もけさはまったく気にならなかったですよ。レースを使う前より脚がしっかり上がっているし、前にも踏み出せるようになりました。カイバの量を制限しているので馬体重は486キロとしぼれていましたが、厚ぼったく映っていた首差しがだいぶスマートになってきたのはとてもいいことだと思います。このままいけば来週のレースにいい状態で出走できそうです」

2018.02.21 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬にて馬で追い切りました。
 坂路 55.3-39.8-25.9-13.0 一杯
外ユイフェンネル 56.0-39.8-25.9-12.9 一杯
助手「けさの追い切りはテンこそ控えましたが、びっしり併せて闘争心をあおる内容にしました。アブミがぶつかり合うくらいだったので、いつもより集中力も高まり、終始手応えもよかったです。途中自分から抜け出そうとするところもありましたよ。正直、12秒台半ばの時計を出せと言われるとなかなか難しいですが、もっと必死に追って叩けばコンマ1秒、2秒くらいなら詰められたかもしれません。1度使って体の使い方なども良くなっていて状態はいいと思います」

2018.02.15 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 65.5-48.2-32.3-16.0 馬なり
助手「予定どおりけさから調教を始めました。65秒くらいでと考えていたので時計もぴったりでした。競馬明けなので少し硬さはありましたが、すぐにほぐれたので気にしないで大丈夫。メンタル面も充実していて元気がいいどころから元気がよすぎる感じですよ。1度使って大きく良くなったというところはありませんが、前回もけっこう良かったので、変わりなくても問題ありません」

2018.02.14 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「直線に向くところで外から被せていけたので先行馬の勝ちパターンに持ち込めたと思ったんですけどね。残念でしたが、また次の機会に頑張ってもらいましょう。レース後もとくに問題ありません。ソエもこれまでどおりケアはしていますが、悪化はしていないので、あまり気にしないで大丈夫ですよ。元気いっぱいなので、あすから乗り出します」
松永幹調教師「レース中の不利も影響しましたが、休養明けで多少体も緩かったですかね。最後は馬自身があきらめてしまったようにも映りました。疲れはまったくと言っていいほどなさそうなので、今のところ中2週で3月3日の阪神3R(D1800m)に福永騎手で向かう予定。次までにはしっかり仕上げたいと思います」

2018.02.11 : 2月11日レース後コメント(2着)
福永騎手「いい位置につけられたと思ったんですが、2コーナーで外に振られる不利を受けてリズムを崩してしまいました。自分からハミに向かってくるタイプではなく、道中は促しながら追走しないといけない馬なので、あの場面での不利は痛かったです。どうにかまたエンジンをかけ直せましたが、捲ってきた馬に抵抗し脚を使ったこともあって、最後もかわせそうでかわせませんでした…すみません。素直で乗りやすいけど、揉まれずに外をスムーズに回ってくる競馬が理想。力量的にも未勝利はすぐに勝てるはずですよ」

2018.02.08 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「追い切り後もとくに変わりありません。先週あたりから気にしだしていた左前のソエも悪化する前から手厚くケアしてきたので小康状態を保っています。けさの運動中の歩様も正常でしたよ。だいぶ落ち着きが出てきたようにメンタルも安定していますし、体調に不安もありません。追い切りで動けなかったのは事実ですが、これまで3戦の内容を見ても実戦タイプと言えるのでレースで頑張ってもらいましょう」
松永幹調教師「雰囲気は悪くありませんが、相変わらず追い切りではラストが甘くなりますね。動きだけを見ると1回使ってからの方がいいだろうと思ってしまいますが、体つきなどはだいぶ良くなってきています。ビュンと動けない馬なのでうまく先行して押し切る競馬が理想です」
※今週11日(祝)京都2レース・3歳未勝利(D1800m)に福永騎手で出走します。

2018.02.07 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 53.9-40.1-26.6-13.7 一杯
外ナンヨープランタン 53.0-39.1-26.0-13.3 強め 
助手「後ろから突いてもらう形で追い切りました。残り400mの地点で並びかけられたときはちゃんと反応してもう1段ギアを上げていましたが、そこから相手の動きに合わせてもうひと伸びすることができず、最後は離されてしまいました。相手の馬には岩田騎手が乗っていたので仕方ない部分もあるかと思いますけどね。最初の1Fを13秒8で入ったのでラストで甘くなってしまったんでしょうけど、せめて13秒前半でまとめてほしかったのが正直な感想です。動き自体は大きく変わっていませんが、体調も気合乗りもいいですよ」
※今週11日(祝)京都2レース・3歳未勝利(D1800m)に福永騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2018.02.01 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「運動中はいつもよりおとなしかったし、歩様もまったく問題ありませんでした。ただ追い切ったあとから若干左前脚のソエを気にし始めた気がします。熱感はほとんどなく、触ると少し反応を示すくらいの軽度なものですけどね。まだ完全に良くなったというわけではないようなので、引き続き水冷や湿布薬でケアしていきます。馬体重は494キロ。見てのとおり体は立派でゴツいけど、成長途上で頼りないところがあるので、成長を促しながら鍛えていきます」

2018.01.31 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 53.3-39.2-26.5-13.7 一杯
外ナンヨーブルジョン 53.7-39.4-26.5-13.8 一杯
助手「集中力を高めるためテンからビッシリ併せました。プレッシャーをかけながら相手の動きを見る余裕もあったんですが、最後の50mで急に手応えがなくなってパタッと止まってしまいました。体力的な部分よりも先に気持ちが切れてしまったような感じです。でも手応えのあるテンからしっかり動かしておきたいと思っていたのでイメージどおりの調教はできました。このひと追いで素軽さが出てくることに期待したいと思います」
松永幹調教師「動きや時計はあまり目立ちませんが、相変わらず毛ヅヤはピカピカで体調はよさそうです。今のところ来週11日の京都2R(D1800m)と考えていて鞍上は福永騎手の予定です」

2018.01.25 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「厩舎を出発してから最初の10分は興奮してバタバタしていましたが、それもいつもどおりのことで、歩いているうちに落ち着きました。歩様も問題なかったですよ。見た目はムキっとしていてパンパンに張っていますし、これだけ寒いのに冬毛は1本も確認できないあたり状態はかなり良さそうです。馬体重は494キロでしたが、以前もお話ししたように先々はもっと大きな体で走ることになると思っているので、これ以上しぼる必要はないでしょう。むしろはちきれそうな体をレースまでどうやって維持していくことを考えた方がいいかもしれませんね」

2018.01.24 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 54.6-40.1-26.5-13.2 馬なり
内ナンヨープランタン 54.1-39.9-26.5-13.4 馬なり
助手「調教はあまり動かないタイプなので1馬身ほど先行する形で進めました。前半は後ろからプレッシャーをかけてもらって、残り300mくらいから併せましたが、ラスト1Fで肩ムチを入れたら思いのほか反応が良くてやる気もアップ。そこからゴールまでは相手の動きを見ながらという感じで余裕たっぷりでしたよ。しっかり追っていればしまいの時計はもうちょっと詰められたと思います。休む前より集中力が高まっているし、行きっぷりもだいぶ良くなりました。カイバを食べることだけじゃなく走ることにも一生懸命になってきたあたり、競走馬としての自覚が出てきたのかもしれませんね」

2018.01.19 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はCウッドコースと坂路で調整しました。
 坂路 69.7-51.7-34.3-17.2 馬なり
助手「いい感じで帰ってきてくれました。けさはCウッドコース1周と坂路1本の両方をキャンターで。どちらのコースでも自分からグイグイ進んでいくなどやる気十分でした。体重も500キロくらいあるみたいですが、もともと年を重ねていけば500キロを超えるまでに成長するだろうと思っていたし、パンとしてすごくいい体つきに映るので、数字は気にしていません。復帰初戦からいいレースができるよう頑張ります」
松永幹調教師「ソエは大丈夫そうですし、リフレッシュして気持ちも乗っているようです。週末から時計を出し始めますが、普段から負荷をかけていけば3本もやれば仕上がるでしょう。2回京都の3週目(2/10.11)を目標に進めていこうと考えています」

2018.01.18 : グリーンウッドトレーニング→松永幹厩舎
きょうの検疫で栗東トレセン・松永幹厩舎に帰厩しました。あすの調教後に更新します。

2018.01.12 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重502キロ。
この中間の調整も順調です。ソエは落ち着いており、今週火曜日には3本目となる15-15も消化しました。坂路での動きのよさが目立ちますが、追い切りになるとより積極性が増し、楽々と坂路を駆け上がっています。早ければ来週の検疫で栗東トレセン・松永幹厩舎に帰厩する予定です。

2018.01.05 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重498キロ。
引き続きソエの治療を行いながら調整していますが、だいぶ良化してきたので、年末から15-15を始めました。入場当初はハミの取り方があまりよくありませんでしたが、賢く、物覚えがいい馬なので、少し教えただけであっという間に改善しました。今月中の帰厩に向けてしっかり乗り込んでいきます。

2017.12.22 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重495キロ。
両前脚のソエは毎日レーザーでケアしているほか、ショックウェーブでも2回治療したことで良化してきました。すでに周回コースと坂路を併用して調整していますが、物見をすることはありませんし、フットワークや体の使い方は悪くありません。来月中の帰厩を目標に少しずつペースを上げていくことにしています。

2017.12.15 : グリーンウッドトレーニング
トレッドミル調整。馬体重495キロ。
今週半ばからはトレッドミルで運動しています。両前脚のソエは毎日レーザーでケアしていますが、まだ触ると反応を示すため、近日中にショックウェーブで治療することになりました。1度目の治療を終えてから軽めに乗り出す予定です。

2017.12.08 : 松永幹厩舎→グリーンウッドトレーニング
本日グリーンウッドトレーニングへ移動しました。

2017.12.07 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「体力がありあまっているようで外に出てすぐは暴れていましたが、厩舎周りの周回を重ねていくうちに落ち着いてくれました。ソエは触ると反応はあるけど、熱感もだいぶおさまってきていて、歩様もいつもどおり問題ありませんでしたよ。予定どおりあす、グリーンウッドトレーニングに移動します」

2017.12.06 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「グリーンウッドへの放牧はほかの馬との兼ね合いで金曜日に変更になりました。移動するまではひき運動のみで疲れを取ることにしています。ソエは左前に1箇所、右前にも2箇所ポコっという感じに出ています。熱感があって触ろうとすると反応を示しますが、歩様には見せていません。しばらくは楽をさせてショックウェーブなどで治療に専念する必要がありそうなので、復帰までは短く見積もってもふた月はかかるのではないでしょうか。休ませればさらにいい体つきになるはずですが、同時にメンタルも鍛えて帰ってきてほしいです」

2017.12.02 : 12月2日レース後コメント(5着)
秋山騎手「今回シャドーロールを装着したことで、返し馬では足跡があるところを走っても、そこまで気にはしていなかったですね。これなら大丈夫と思ってレースに臨みましたが、スタートして最初はスムーズに走れていたものの、ゴール板を過ぎて1コーナーに入る辺りで足跡に驚いたようで、そこからフォームがバラけてしまってポジションが2列目になってしまいました。前走のように前の位置が取れなかったので、道中では脚をしっかり溜める形に切り替えましたが、ペースも落ち着いてしまいましたし、決め手勝負ではこの馬には厳しかったですね。最後も狭いスペースに躊躇していてスピードに乗れなかったように、まだ周りを気にし過ぎる面があります。その辺りが改善してきてくれれば、パフォーマンスの幅も広がると思います」

松永幹調教師「返し馬では問題なかったのですが、レースになって少し走ったぐらいで足跡にびっくりしてしまい、そこからリズムを崩す形。最後も頑張ってくれているのですが、展開とこの馬の脚質を考えると苦しい競馬になってしまいましたね。権利は取れましたが、続けて3回使っていますし、ソエの痛みが出てくる可能性もあります。無理に続戦はせず、ここで一息入れてあげたいと思います。来週の火曜日にグリーンウッドへ放牧に出す予定です」

2017.11.30 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「運動中も元気いっぱい。ソエも小康状態を保っていて歩様も問題ありません。馬体重は486キロで先週から増減なしでした。前回は2着とはいえ、勝ち馬から大きく離された2着だったので強気にはなれませんが、いつも一生懸命走る馬だし、相手次第でしょう」
松永幹調教師「ためてよーいどんというタイプではないので、先行力を生かした競馬が理想ですね。自分でレースを作るくらいの気持ちで積極的に進めてもらいたいと思います。期待しています」
※今週2日(土)中京1レース・2歳未勝利(D1800m)に秋山騎手で出走します。

2017.11.29 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 55.7-41.0-26.7-12.9 一杯
内トップオブウイン 55.0-40.2-26.5-12.8 強め
助手「全体時計を54秒でまとめられればと考えていました。3F目までできるだけ我慢してから仕掛けましたが、思いのほか反応が良くて、そこからのギアチェンジもスムーズ。しまいも甘いには甘かったけどいつもよりは耐えてくれました。馬場が良かったこともありラスト1Fも初めて12秒台が出ましたが、時計は別として、これまでの中では1番内容が良かったと思います」
※今週2日(土)中京1レース・2歳未勝利(D1800m)に秋山騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2017.11.23 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「けさは運動のみ。運動中は常に敏感で自転車や馬運車が近くを通るだけでビクッと反応していました。ちょっと怖がりというか神経質なところがありますね。馬体重は486キロ。調教師の指示でカイバの量は減らさず、少しカロリーを抑え気味にしたダイエット食を試していますが体重に変化はありませんでした。筋肉の元になるたんぱく質の量は変えていないので、それが筋肉として実になり始めているのかもしれません。体つきはムチっというかムキっとしてきましたからね。でもしっかり食べて、乗り込んでの数字なのでこれ以上無理にどうこうしようとは考えずに進めていきます」

2017.11.22 : 栗東:松永幹夫厩舎
(松永幹厩舎)
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。 
 坂路 54.3-39.1-25.9-13.5 強め
内プリュス 53.6-38.7-25.6-13.3 強め
助手「先行して2F目から併せ馬の形に。最後はそれなりにやりましたが、追い出してから甘さを見せて1馬身ほど遅れてしまいました。乗ったのはデビューする前以来でしたが、テンからシャーっと進んでいったように行きっぷりは良くなっているけど、ハミにもたれて走るのは相変わらずでした。仕掛けるとちゃんと反応はあってギアもあるにはあるんですが、まだ力が付ききっていないので最後までスピードを持続するのが難しいのかもしれません。来週の1本でちょうどよく仕上がりそう。きょうはそこに向けていい負荷をかけられたと思います」

2017.11.16 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路1本の調整でした。 
 坂路 64.0-47.4-31.9-16.2 馬なり
助手「シャドーロールを着けて乗っていますが、普通キャンターでは違和感はありませんでした。あとはレースに行ってどう変わるかでしょう。けさは風が強かったし、放馬もあって周辺もザワザワ。そのなかで体重を量るために普段とは別のルートを通ったこともあり、かなり元気というかかなりうるさかったです。もともと敏感なところがある馬ですけどね。馬体重は486キロでしたが、そこまで太くは見えないのでこれ以上太らせなければ問題ないと思います」

2017.11.15 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路1本の調整でした。 
 坂路 69.6-51.4-33.9-16.2 馬なり
松永幹調教師「レースで物見をしていたようだし、体重も増えて動きも重く映りました。次は物見対策としてシャドーロールも装着してレースに臨むつもり。調教で負荷をかけて体も絞っていきますよ。レース後もソエは問題ないということで、きょうから乗り出していますが、元気いっぱいで疲れはまったく感じませんでした。これなら次に向けて進めていけそうです」
※次走は12月2日(土)中京1R(D1800m)に秋山騎手で向かう予定です。

2017.11.11 :
11月11日レース後コメント(2着)
秋山騎手「初めて乗せてもらいましたが、一度レースを使ったことで馬に慣れが出てきたところがあって、道中も番手で上手く運ぶ形で進めることができました。外から被されて終始プレッシャーを掛けられていましたが、そこまで気にする感じはなく走ってくれていましたね。スムーズに立ち回れたのですが、ハローが掛かった綺麗な馬場での走りは気にならないものの、直線に向いてからは返し馬でできてしまう足跡を気にしていたようで、推進力が前にいかずボーンボーンと上に上に走っていました。もう少し勝ち馬に対して抵抗できると思いましたが、道中抱えてた割には脚もジリジリという感じであっさり突き放されてしまいました。能力はありますので順番はすぐに回ってくると思いますが、まだ全体に馬が幼いです。今日は下を気にしていて走っていたので、次はシャドーロールを着けてみてもいいと思います」

2017.11.09 : 栗東:松永幹夫厩舎
(松永幹厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「運動中は終始やる気を見せていて元気いっぱい。歩様は問題なかったし、きのうの追い切り後にチェックしてくれた獣医師もソエは固まったようで心配ないということでした。体重は先週からプラス2キロの488キロでしたが、馬体に張りが出て数字以上に大きく見せています。輸送があるのでお腹周りはもう少し引き締まるはずですけどね。前走後も緩めないようしっかり乗り込んで態勢は整っています。これからのことを考えてもハナにはこだわる必要はないと思いますが、積極的なレースを見せてもらいたいです」
※今週11日(土)福島1レース・2歳未勝利(D1700m)に秋山騎手で出走します。

2017.11.08 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
11/5(日)坂路 59.4-43.4-28.4-14.1 馬なり
11/8(水)坂路 53.8-39.3-26.7-14.2 一杯
外メイドインヘヴン 54.3-39.3-26.6-14.1 一杯
助手「テンから意識的に出していったこともありますが、ラスト100mの馬場状態が悪すぎて最後は止まってしまいました。でも、前の馬を自分から捕まえようとするなど、ノメりだす前までの行きっぷりはかなり良かったので、馬場状態がまともだったら13秒半ばでまとめられていたはずです。調教内容は相変わらず目立ちませんが、胸前などにさらに筋肉がついてメリハリある体つきになっていますよ」
松永幹調教師「全体時計はまずまずでしたが、しまいがかかってしまいました。でも騎乗していた助手は体重が重い方だし、馬場も悪かったみたいなので気にしていません。前回を振り返っても実戦にいっていいタイプだと思っているので問題ないでしょう。アルディが出走した新馬戦のレベルはすごく高かったと聞いています。次はローカルですからしっかりモノにしたいですね」
※今週11日(土)福島1レース・2歳未勝利(D1700m)に秋山騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2017.11.02 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日はひき運動の調整でした。
助手「けさはいつもより元気がよかったです。涼しいせいもあるとは思いますが、追い切って気合いが入ってきたのではないでしょうか。馬体重は486キロと先週から増減なし。数字は変わりありませんが、見た目はダート馬らしくムキムキというかゴツさが出てきました。ソエも落ち着いていて次の競馬までは我慢してくれそうですよ。日曜日に15-15程度の時計を出すことになりそうです」

2017.11.01 : 栗東:松永幹夫厩舎
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 56.1-41.2-27.0-13.5 強め
助手「調教師が少し太く映ると話していたので、きのうはCコース1周してから坂路を1本乗りました。コースで体をほぐしてから、坂路を乗るといつもより首を使ったいいフォームで走っていましたよ。これからも体つきを見ながら毎日のメニューを組んでいきます。けさの追い切りは単走でそれなりにやりました。平均ペースの走りは変わりませんが、だいぶ前向きさが出てきています。併せたらもうちょっと動けたかもしれませんね。ソエは落ち着いていてこれ以上悪くなりそうな感じではありませんが、引き続き冷やすなどケアはしていきます」
松永幹調教師「ソエは悪くなっていないし、追い切りでもまずまず動いているので、来週11日(土)の福島1R(D1700m)を目標に進めていく予定。ジョッキーは秋山騎手に依頼しました。小回りコースなら前回のように先行できれば押し切れるはずです」

2017.10.26 :
(松永幹厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「運動中は非常におとなしかったです。メンタルは安定していますね。歩様も気になるところはなく、ほぐれてくるといい感じにシャキシャキ歩いていました。馬体重は486キロと先週から増減はありませんでしたが、だいぶメリハリがついたいい体つきに映ります。
来週出走させる可能性もあると聞いているので、緩まないようしっかり乗り込んでいきます」

2017.10.25 :
(松永幹厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 60.8-43.8-29.1-14.9 馬なり
助手「予定どおり先週金曜日から乗り出し軽めの調整を続けていますが、ソエは良くも悪くもなっていない状況なので、冷やして様子を見ながら進めていくしかありません。まだ次走も決まっていないため、けさの追い切りの指示も15-15でした。乗った感じではこれまでと大きく変わったところはありませんが、一度レースに使ったことでハミ掛かりがよくなり多少前向きさが出た気がします。時計を出したあとも歩様はまったく問題ありませんでしたよ」

2017.10.19 :
(松永幹厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「けさもひき運動を1時間。精神状態は安定していたし、歩様をチェックしてもソエの影響は見られませんでした。馬体重は486キロとレース時と一緒。カイバをしっかり食べてくれるので回復も早かったです。予定どおり明日から乗り出すことになりました」

2017.10.18 :
(松永幹厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「競馬場に着いてからはとてもおとなしかったです。パドックに出たとき一瞬だけ調子に乗りかけましたが、メンタルに関しては安定していました。これからもあまり心配いらないのではないでしょうか。レース後もカイバは食べすぎというくらい食べていて、ガタッとはきていませんが、一生懸命走ってきたので両前脚にソエが出ています。とくに右前は熱感があって触ろうとすると反応も示すように痛みも少しあるようですが、獣医師によるとこのまま進めても問題ないだろうということなので、水冷を続けて様子を見て、あさって(金)から軽めに乗り出す予定です」

2017.10.14 :
10月14日レース後コメント(5着)
池添騎手「上手にスタートを切ったし、内枠だったので気合つけてハナへ。道中は息を入れながら楽なペースで運べましたが、まだ体に余裕があるので直線で追い出してからモタモタしていました。レース前に聞いていた調教どおりの内容になってしまいましたね。一度使ったことでピリッとしてくるでしょうし、体も引き締まってくるはずなので、次はもっと動けるはずです。距離はこれくらいでちょうどよかったですよ」
松永幹調教師「レース前、池添騎手にはまだ子供なので競馬を教えてほしいと伝えましたが、積極的なレース運びで上手に乗ってくれました。見てのとおり、体つきや精神面もまだまだこれからの馬なので使いつつよくなってくると思います。今のところ続戦させるつもりです」

2017.10.12 :
(松永幹厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「運動中も元気いっぱいで、追い切ったあとでもほとんど疲れはなさそうです。きのうびっしりやったので馬体重は476キロと先週から10キロ減。見た目もいい感じに締まってきました。どちらかというと前駆がかっている印象ですが、鍛えられて走れる体つきになっていると思いますよ。調教ではどちらかというとおっとりしたタイプですが、素直でコントロールは利くので、あとはジョッキーの指示にしっかり反応してくれれば。完成するのはまだ先になりそうですが、本数はだいぶ積んだのでどれだけやれるか楽しみです」
※今週14日(土)京都4レース・2歳新馬(D1800m)に池添騎手で出走します。

2017.10.11 :
(松永幹厩舎)
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 53.6-39.0-26.0-13.2 一杯
外ピュールフォルス 53.3-38.4-25.3-12.5 一杯
松永幹調教師「併せ馬では遅れましたが、それは瞬発力の差。全体時計は出たし、最後もこの馬なりに我慢できていたと思います。本数は十分すぎるほど積んで、体つきにもメリハリがついてきたように出走態勢は整ったので今週出走させることにしました」
助手「目一杯やって最後は遅れましたが、バテたわけではありません。追い切りに関してはまだワンペースの走りだし、併せた馬よりパワータイプなので切れ負けしてしまったのだと思います。大きな声で合図を送って仕掛けましたが、この馬なりにしっかり反応はしていましたよ」
※今週14日(土)京都4レース・2歳新馬(D1800m)に池添騎手で出走を予定しています。想定から除外の可能性があります。

2017.10.05 :
(松永幹厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「きょうから担当することになったのでこれまでとの比較はできませんが、運動中はシャキシャキ歩いていたし、聞いていたよりもおとなしかったです。周りの馬が暴れても大丈夫だったところを見るとメンタルはなかなか強そうですね。馬体重は486キロと8キロ増えていましたが、先週減った分が戻ったとみていいと思います。レースも近いのであすは坂路で乗ってからゲート練習を行うことになりました」

2017.10.04 :
(松永幹厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 83.3-68.2-54.5-40.9-14.1 一杯
中ユイフェンネル 83.9-68.9-54.8-41.0-13.7 一杯
外ナンヨーブルジョン 85.7-70.7-56.6-42.8-14.7 一杯

助手「前2頭を見る形での追い切りでした。自分からはなかなか進んでくれなくて、道中は肩ムチを入れながらの追走に。このままじゃ前の馬に追いつけないと思ったので、しっかり促して3コーナー過ぎから早めに並びかけていきました。3頭横一列に並んだときや抜け出しにかかる場面では、自分からハミをとって、すごくいいフォームで走っていましたよ。きっと併せ馬や後ろから追いかけられるなど近くに馬の気配を感じることで気持ちが乗ってくるタイプなんでしょう。きょうも負荷は十分かけられたし、追うたびに体がしぼれてだいぶ競走馬らしくなってきているので来週はもっと動けると思います」
松永幹調教師「ラスト1Fの時計をもう少し詰められるといいのですが。もうちょっとですね。来週の追い切りで動ければ来週出走させようと考えています」

2017.09.28 :
(松永幹厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「追い切り後も脚元は問題ないし、カイバもバリバリ食べています。運動中はちょっかいばかりかけてきましたが、それもアルディのいつもどおりの姿ですからね。変わったのは馬体重で478キロまで絞れていました。先週から8キロ減ってだいぶお腹周りをすっきり見せるようになっています。これなら動きも素軽くなってくるはずですよ」

2017.09.27 :
(松永幹厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 86.0-70.1-55.6-41.5-14.2 一杯
外ブラゾンダムール 67.1-52.6-39.0-12.3 強め
助手「先行しましたが、向こう正面で何度後ろを振り返っても併走馬はかなり後ろ。馬が近くにいないので、ずっとフワフワしていました。少し後ろから突いてもらうような形で来てもらえればやる気も出してくれはずですが、4コーナーから直線にかけて瞬発力だけで一気にこられたので、反応を示したところで抵抗できませんでした。スーンという感じで抜かれたので直線半ばではアルディ自身があきらめてしまって。うまく併せ馬になっていればもっと動けたはずです」
松永幹調教師「きょうの追い切りの内容次第では今週出走させることも考えていましたが、併走馬とうまくかみ合わなかったとはいえ動き、時計ともに物足りなかったので、来週以降にスライドさせることにします」

2017.09.21 :
(松永幹厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 武豊J 84.3-68.4-53.4-38.6-12.2 強め
外ブラゾンダムール仕掛けを6Fで0.4秒追走、2F併せで併入
松永幹調教師「動きは目立つものではなかったけど見た目以上に時計が出ていました。追い切りに騎乗した武豊騎手は『自分からぐいぐい進んでいく感じではなかったですが、スピードに乗ってからの動きはよかったと思う。乗り味はいいけど、緩くて全体的に幼いので、どんな条件が合うのかについては今の時点では何とも言えません。これから変わってきそうですね』と話していました。来週デビューさせるのか、芝を使うのかダートにするのかなどは、次の水曜日の追い切りの動きを見て最終的に判断させていただきます」

2017.09.20 :
(松永幹厩舎)
本日はCウッドコースで調整しました。
9/17(日)CW 74.3-57.7-41.9-13.9 馬なり
内ブラゾンダムール馬なりと5F併せ併入
助手「日曜日にCウッドコースで4F15-15くらいの時計を出しました。それほどきつい内容ではなかったので楽に動いていましたよ。ふだんからよく寝ているし、カイバもバリバリ食べているので体力面についても心配いりません。あすは武豊騎手に乗ってもらって朝一番にCウッドコースで追い切る予定です」

2017.09.14 :
(松永幹厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「追い切り後も変わりありません。よく食べて、よく寝ていますし、運動中だって元気すぎるくらい。順調ですよ。馬体重は先週から2キロ減の486キロでした。あすは坂路を上がったあと、ゲートでスタートのタイミングだけ確認する予定で、日曜日にはCウッドコースで15-15を消化することにしています」

2017.09.13 :
(松永幹厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 86.0-70.0-54.1-40.0-13.9 馬なり
内メイドインヘヴン一杯に6Fで0.2秒先行、2F併せで併入
助手「先行したとはいえ、直線で軽々と抜け出し、ラストも相手が来るのを待つほどの余裕がありました。上出来でしょう。道中は自分から進んでいかないけど、その分折り合いに不自由しないし、促したら促した分だけ進む感じ。いつもちゃんと動けるかなと思いながら乗っていますが、意外と大丈夫なんです。やればもっと動きそうですよ」
松永幹調教師「相手はアルディと同じような調整過程できているデビュー前の2歳馬。直線半ばではしっかり追われたその馬に、馬なりのまま1馬身半ほど差をつけていました。最後は流したので併入になったし、時計もかかりましたけどね。いい動きだったと思います。まだデビュー戦については決めていませんが、来週、武豊騎手に乗ってもらって追い切る予定です。そこでの動きを見たり、ジョッキーのコメントを聞いたりしてどんな条件が合っているのか確認します」

2017.09.07 :
(松永幹厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「先週まではひき運動でも一生懸命歩いていたのに、けさは途中できょうは運動だけの楽な日と気づいたようで、人にちょっかいをかけて遊んでいました。いつもスーピー、スーピーと寝息を立てて、長時間熟睡しているので体の回復が早く、追い切り翌日でも元気でいられるのでしょうね。体の休ませ方を知っている馬です。馬体重は488キロ。きのうそれなりに時計を出したのでちょっとしぼれましたが、相変わらず見た目はプリプリしていますよ。週末は15-15くらいの時計を出すことになりそう。しっかり鍛えて、デビューを目指します」

2017.09.06 :
(松永幹厩舎)
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 56.5-40.9-26.5-13.3 馬なり
内ワンダーコンセギル一杯に0.4秒遅れ
助手「調教師からの指示は『本格的な追い切りは1本目なのであまりやらないでいい。ビッシリやる予定の併走馬にある程度ついていくイメージで』というものでした。テンからペースを上げていって、残り1Fを切ったところで一杯に追われた相手がスッと前に出たので、そこからは馬なりのままついていくだけ。指示どおりの内容でまとめられましたし、前にいる馬を自分から追いかけようともしていたようにまだまだ余裕もありましたよ。それに馬場がかなり悪かったなかでも1度もノメることもなかったです。しっかり掻きこめているのでしょう。上々の内容だったと思いますよ」
松永幹調教師「相手は今週出走予定の馬で目一杯やったので、その馬に遅れたことは気にしないで大丈夫ですよ。息の入りも問題なかったようですし、厩舎に帰ってきてからも疲れた様子は見せずケロッとしています。ぼちぼちCウッドコースでの追い切りも取り入れていこうと考えています」

2017.08.31 :
(松永幹厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 59.3-43.5-28.6-14.1 馬なり
助手「調教師から追い切り内容についてそんなにやらなくていいと指示を受けたので、とくに促しもしませんでしたが、1頭だと全然進んでいきませんでした。でも近くに馬がいれば一生懸命走るタイプということはこれまでの調教でわかっていますからね。まだ病み上がりなのできょうは足慣らし。これくらいで十分でしょう。スクミの予防策としてカイバにサプリメントを混ぜて与えていますが、今週中にもう1度重曹を打ってもらおうと考えています。体重は494キロと先週から増えていますが、これから調教を強めていくので減っていくよりはいいとプラスにとらえていますよ。週末も坂路で15-15くらいの時計を出す予定です」

2017.08.30 :
(松永幹厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 71.8-53.1-35.5-18.3 馬なり
松永幹調教師「右前の球節はすでに落ち着いていて毎日休まず乗っています。ただ、きのうCウッドコースで調整して馬房に帰ってから、がっつくはずのカイバにも興味を示さなかったし、尿も出そうで出ない状態に。獣医師に診てもらったところ軽いスクミとの診断を受けました。その場で重曹を打つなど処置してもらって、水分もたくさん摂取させたらすぐに症状は改善し、いつもどおりの姿に戻っています。けさは様子見で坂路を1本だけにとどめましたが、もう心配なさそうなのであすは15-15を消化することにしています」

2017.08.24 :
(松永幹厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
松永幹調教師「けさ右前脚の球節、つなぎ付近が若干張っているということだったので、獣医師に診てもらって検査を行いました。担当の獣医師は『もともと爪が立ち気味でバランスも左右対称ではないのでどちらかの脚に負担がかかり、疲れが出やすいのだと思う。それに化骨が進んでいるところで骨も未熟なので負荷をかけたことで軽い炎症を起こしたのでしょう』と話していました。ただなにか治療が必要な状況ではなく、このまま進めていって問題ないということだったので、定期的に獣医師に診てもらいながら慎重に乗り込んでいきます」
助手「歩様はまったく問題ないし、獣医師もほかの馬と同じように動かして問題ないということだったので運動に出ました。とにかくまじめで、さぼらず一生懸命歩くから馬自身も汗だくになっていましたよ。馬体重は488キロと先週と変わらず。あす以降も通常メニューで乗る予定です」

2017.08.23 :
(松永幹厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 59.2-43.3-28.8-14.2 馬なり
助手「1本目なのでどんなものかと半信半疑でしたが、見た目からくるイメージとは違って意外と素軽い動きでした。自分から手前を替えるのは少し苦手のようですが、コントロールがしやすくてすごく乗りやすいです。まだ1頭だと促さないと進んでいかないけど、出したら出した分はきっちり動いてくれますよ。併せたらやる気になってパワーでガンガンいくタイプかもしれません。相変わらずカイバは食べるし、順調です」

2017.08.17 :
(松永幹厩舎)
本日ゲート試験に合格しました。
 坂路 79.2-58.5-38.4-19.1 馬なり
助手「スタートしてすぐ横の馬を怖がって左に逃げ気味でしたし、1頭になると物見をしてブレーキをかけていましたが、無事合格しました。ギリギリだった気もしますけど、1発で決められてよかったです。けさの体重は488キロ。休まず乗っているのに相変わらず食欲が旺盛なので4キロ増えていました。お腹周りはタプタプしていますが、これから強い調教が待っているのでちょうどいいと思います」
松永幹調教師「入りもスムーズで中でもおとなしかったですね。従順みたいです。まだ緩さはありますが、カイバをよく食べる馬で体力もありそうなのでこのまま厩舎において調整していくことにしました」

2017.08.16 :
(松永幹厩舎)
本日はゲート練習を行いました。
 坂路 73.9-55.1-36.3-18.1 馬なり
助手「きのう坂路を上り切ったところで物見をして振り落とされそうになりました。まだ環境に慣れていないし、慎重なタイプなので色んなものに気をとられてしまうようです。けさは坂路を上がったあとにゲート練習へ。入りはスムーズで枠内でも悪いことはなにもしなかったですが、扉が開いてからの反応がやや物足りませんでした。横の馬より半馬身ほど遅れて出ていましたからね。でもきょう練習したことで、あすはもっと速く出られるはずなので、一緒に練習している馬次第ではあす試験を受けるかもしれません」

2017.08.10 :
(松永幹厩舎)
本日はゲート練習を行いました。
 坂路 68.5-50.5-33.4-16.7 馬なり
助手「ゲート練習では枠入りを多少嫌がっていましたが促せば入ってくれたので問題ないでしょう。発進は2本ともスムーズ。2本目は出てから少し気合をつけてみましたが、ギアを上げてスピードに乗ってくると重心が下がってとてもいいキャンターでしたよ。まだ緩さは感じますけどね。あすも同じような練習をして来週試験に臨むことになりそうです。ふだん馬房ではおとなしいですが、初めて見るものなどは苦手で外に出ると物見をしてばかり。早く慣れてほしいです」
※馬体重488キロ。

2017.08.09 :
(松永幹厩舎)
本日はゲート練習を行いました。
 坂路 67.9-50.7-33.3-16.6 馬なり
助手「めちゃくちゃカイバを食べますね。与えたものはなんでも好き嫌いなく残さず食べています。体もパンパンですよ。まだ全体的に緩いので手前を上手に替えられないし、普通キャンターではポコポコした走りですが、後ろから馬に追いかけられる形になると抑えるのがキツいくらい一生懸命走ってくれます。けさは初めてゲート練習を行いましたが、枠入りも駐立も問題ありませんでした。そのあとに消音ゲートを常歩で出して、ダク、キャンターとスピードを上げるところまでは教えましたが、すべてにおいてスムーズでしたよ。この感じだと試験は来週になりそうです」

2017.08.04 :
(グリーンウッドトレーニング→松永幹調教師)
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重502キロ。
※本日の検疫で栗東トレセン・松永幹厩舎に入厩しました。
牧場スタッフ「今週月曜日から乗り出し、現在はF17秒ほどのペースで進めています。合わせてゲート練習も毎日欠かさず行っていますが、いまのところ何の問題もありません。性格は素直で学習能力の高い馬ですよ。きょうの検疫で入厩しましたが、まだ成長途上なのでこれから力をつけていってもらえればと思います」

2017.07.30 :
(セグチレーシングステーブル→グリーンウッドトレーニング)
昨夜(土)グリーンウッドトレーニングに入場しました。馬体重は501キロで輸送疲れは見せていません。この体調に問題がなければ、明日から騎乗調教を始める予定です。

2017.07.28 :
(セグチレーシングステーブル→グリーンウッドトレーニング)
セグチに到着後も目立った問題はなく、馬も落ち着いていて飼い葉も食べています。明日、グリーンウッドに向けて移動予定となりました。

2017.07.24 :
(社台ファーム→セグチレーシングステーブル)
23日(日)セグチレーシングステーブルに向けて移動しました。セグチをワンクッションにグリーンウッドトレーニングに移動の予定です。

2017.07.14 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重506キロ。
担当スタッフ「直線走路主体に定期的にF15-14の時計を出しています。背腰が硬くなりやすいタイプなのでケアは欠かしませんが、今のところ目立った硬さや疲労は出ていません。順調にメニューを消化できています。稽古の動きからスピード能力は感じているので、背腰の筋力強化がなれば加速や反応ともに上向いてきそうな手応えをもっています」

2017.06.30 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重508キロ。
担当スタッフ「中間も順調です。おととい長めから67.5-45.8-29.9-15.2の強めを消化しましたが、しっかり動けていましたし、その後の反動も目立ちません。背腰が硬くなりやすいタイプですが、以前より芯がしっかりしてきたのかそういう面も解消されつつあるようです。この感じならさらにペースを上げても問題なさそうなので上げていきます」

2017.06.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重498キロ。
担当スタッフ「ここにきて休みなく乗れるようになり軌道に乗ってきました。徐々に態勢も整いつつあります。ダンスオンザルーフの15同様に背中の硬くなりやすいところはありますが、その分ケアも念入りに行っています。真面目にハミを取って乗り手を引っ張るぐらいの前進気勢が魅力でもあり、そういう馬ほど力みから背中に疲労が溜まりやすいのかもしれません。しっかりケアしながら更に状態を上げていきたいです」

2017.05.31 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m。馬体重496キロ。
担当スタッフ「ソエは解消に向かいF15の強めも消化できるようになりました。今日は周回外周りコースで速いところを消化していますが、64.7-43.4-27.9-13.8のラップを最後まで集中して走れていましたよ。楽をさせた分まだ無駄肉はついていますが、この調子ならすぐに解消できると思います。今後も一気にペースを戻すのではなく、脚元や背腰の状態などを見ながら徐々にペースを上げていければと思っています」

2017.05.15 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m。馬体重498キロ。
担当スタッフ「左前ソエはまだ出っ張っていますし触ると反応もあります。それでも若干良化傾向にあるので馬場でのキャンターは再開しました。運動制限しているせいか元気が有り余っている感じなので、ガス抜き程度の運動は進めていきます。楽をさせて無駄肉がついてしまったので、徐々に落としていきたいです」

2017.04.28 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m。馬体重496キロ。
担当スタッフ「乗り進めてきましたが、中間左前肢にソエを発症しました。痛みもあるようなので、キャンターは控え常歩運動と治療を優先しています。背腰の筋肉にも張りが出やすいようにまだパンとしていない面もあるので、この期間にしっかり体調を整えて騎乗運動再開に備えたいと思います」

2017.04.14 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重506キロ。
担当スタッフ「直線走路で順調に乗り進めていますが、まだ15-15までは出さず17-16ぐらいのところ。背腰の筋肉に張りが出やすいタイプなので、ゆったり走らせることを覚えさせながら体力強化も図っている感じです。フォームや蹴りは安定感を増して良くなってきているのですが、もう少し牡馬らしい力強さが欲しい気もします。いい馬なのですが、まだどこかが特筆して目立つという感じはありません。それでも全体的に平均以上の評価はできるので、乗りながらさらに良い方に変わってきてくれることに期待しています」

2017.03.31 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重502キロ。
担当スタッフ「リフレッシュを経て直線走路入りを再開しています。少し力みがあってそれが背腰の筋肉疲労に繋がりやすい傾向にあるので、気性の成長を促しながらじっくり取り組んでいきます。走り自体は休ませたことで良くなっていると思います。促せばしっかり反応してくれるし、バランスよく蹴れるようになって安定感が出てきました。疲れを溜めないように適性負荷をかけながら心身の成長を促します」

2017.03.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重502キロ。
担当スタッフ「ダンスオンザルーフ15同様に本馬も背腰の疲労から硬さが感じられたので、早めの予防策としてマシンとトレッドミルの調整を挟みました。疲れも抜けたので今は騎乗を再開して軽めに乗っています。まだパンとしていない面もあるので、オーバーワークは避けて疲労感を残さないように注意していきます」

2017.02.28 :
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル。馬体重500キロ。
担当スタッフ「順調に乗り進めていましたが、背腰の筋肉に疲労感が見られたので、マシンとトレッドミルに切り替えてケアを優先しています。さほど大きなダメージがあるわけではなく、状態見ながら割と早めに騎乗再開の予定ですが、本馬もダンスオンザルーフ15同様に多少なりとも力みがあるので、そうしたところが疲労感につながっている可能性があります。楽にしなやかに体を使った走りができるように努めていきたいですね。馬体に関しては相変わらずバランスの良い見栄えのよい形をしています」

2017.02.15 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重500キロ。
担当スタッフ「引き続き週4回直線走路でF20~18秒を乗っています。終いに脚を使えるよう毎回後傾ラップを心がけています。またトモのバランスを整えつつしっかり蹴れるように指導しているのですが、成果は十分にあるようで、両手前ともスムーズに出ています。気性が前向きでありながら操作性も十分で、騎乗者の評価が高い一頭ですよ」

2017.01.31 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重496キロ。
担当スタッフ「週4回直線走路でF20~18秒を後傾ラップで乗るように心がけています。合間に周回ウッドでの軽めキャンターをはさみ、疲労の蓄積を避けるようにしています。乗り手の指示に従順で操作性の高い馬なので、誰が乗っても問題なく乗りこなせます。これは競馬に行って強みとなるでしょうね。性格も大人しく無駄なことをしない馬でしたが、稽古を重ねるごとに多少の気の強さが出てきました。これが良い方に作用するよう、心身のバランスを考えながら乗っていきたいですね」

2017.01.16 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。
担当スタッフ「直線ダートとウッドを併用して週3回直線登坂、合間に周回ウッドでキャンターとトレッドミルで調整しています。ダクのみの日も設定して疲労感を残さないように気をつけています。馬体の厚みには成長の余地がありますが、張りのある体はパワーを感じさせますし、調教中もバランスよく蹴れています。気性も前向きですし、目だった課題もなく順調にきています」

2016.12.26 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重488キロ。
担当スタッフ「直線走路でキャンターF20~18秒で乗っています。周回ウッドでのキャンターとトレッドミルも併用して順調に乗り進めています。乗るごとに体はごつくなってきましたが、皮膚の質感が良くて代謝の良さを感じさせます。キャンター時の走りに推進力が出てきましたが、その源になっているのが、腰とトモの筋肉の発達ですね。この調子で乗り込んでいきますよ」

2016.11.30 :
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2000m、直線走路1000m。馬体重484キロ。
担当スタッフ「順調に周回コースでのキャンター調整を終え、直線走路でのキャンターを開始したところです。まだ全体に緩さはありますが、バランスは良くなっていますよ。その分、走りのバランスも向上し、全体に良化傾向にあります。背腰の筋力が強化してくれば、推進力がグッと上がってきそうな走りを見せてくれています」

2016.10.31 :
(社台ファーム)
馬体重475キロ。
担当スタッフ「17日に来場後、21日から馴致場での駆け足訓練を開始し、先週からは直線走路に入れてキャンターで乗り始めています。走る意欲が強く前進気勢が旺盛です。その分やや馬力とスピードに頼りがちで力みがあるので、ゆったり動けるように指導してきます。馬格もあって立ち姿は言うことありません。まだまだ変わってきそうな印象です」

2016.10.17 :
(ブルーグラスファーム→社台ファーム)
本日、社台ファームに移動しました。

2016.09.30 :
(ブルーグラスファーム)
馬体重481キロ。
担当スタッフ「放牧を継続しながらサイドレーンを装着しての馴致を行っています。夏の間に大きく成長しましたね。これから調教を重ねて締まりが出てくれば相当良い体に変わってきそうです。今後は騎乗馴致を進めていきます」

2016.08.31 :
(ブルーグラスファーム)
初期馴致。馬体重456キロ。
担当スタッフ「ここまでノートラブル、順調ですね。バランスの良い好馬体で肌艶も良好。体調も良さそうです。男馬らしい気の強さ、活発さがありますが、人には素直なので手を煩わすことはありません。父の産駒も勝っていますし、この馬体と放牧地で見せる躍動感のある動きを見るときっと続いてくれると思います」

このページのトップへ